国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件で、警視庁は公訴時効(15年)を迎えた30日、捜査結果概要を公表し、「オウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)の意思の下、教団信者グループにより敢行された計画的、組織的テロであったと認めた」との所見を明らかにした。
 こうした公表は異例で、概要では幹部らを匿名のアルファベット呼称で記載。31日以降、同庁ホームページでも30日間、掲載する。
 概要と捜査関係者によると、元教団諜報(ちょうほう)省トップ(40)は事件当時、埼玉県川越市にいた。供述は信用性があると認められる。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷

市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」-地域主権戦略会議(時事通信)
【もらってうれしい贈り物】柿の葉ずし 総本家平宗(産経新聞)
水害 荒川決壊で121万世帯停電 中央防災会議が報告書(毎日新聞)
<エフエム東京>40分の中断事故、放送が無音に(毎日新聞)
<偽装献金>鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」(毎日新聞)
AD