2015-09-28 16:06:29

大学時代の友人と私に再会する

テーマ:fromケータイ
{BD94F25D-B3A5-46D7-914A-6B4103B61AA3:01}

{C4746725-1BE6-4B9C-8E77-E7E6B719E4A1:01}

{F4D24950-A041-452D-9415-A75980FA8BE1:01}

{D8CEA8B8-6463-4BB1-BEC0-B08EE6FECEED:01}

{AE6EEF37-ACEF-488E-A862-70FBA8A1DA24:01}

{A571B8BD-6915-479A-9049-BFF5494DFF83:01}

{773F1405-EC89-41FF-9BDE-49305CCDC931:01}

{19D29B88-B804-4A63-87F1-60782C2D45E6:01}

{D9B22383-9058-4783-AA91-5EDA5F458DEE:01}

{6400879A-F663-4860-90B3-2149E1B210A6:01}

{53892B16-1112-423B-B10D-114A03D16A8F:01}

{96766A1A-6DA3-4841-94D8-17ECACF88EE3:01}

今日は大学時代の友人Cが富山に来たので、
Levoさんでランチ。

夜のお料理は楽しませていただいてきたけど、
実は初のランチ。

価格から言って、シンプルな組み立てかと思っていたら、
夜と変わらない品数と見せ方で、嬉しい裏切り。

もっともよいと思ったのは、
周囲が明るいから、きれいにお料理が撮影できる♪ということ。
夜はいつも、うまく撮れなくて四苦八苦するけれど。

…でも、こういう日に限って私は
ミラーレス一眼にメモリーカードを挿入し忘れていたので、
結局ケータイカメラでの撮影でしたけれどもね。

Levoさん、
夜もいいけど、昼はかなりお得感があるなと確認した次第です。





友人との会話は、基本的に他愛ないので、詳細は申しません。

確実に私たちは年をとり、
考えも体つきも丸くなったな~と、改めて感じていました。

私の大学の卒論のテーマ、
時計仕掛けのオレンジの映画に描かれていない最終章みたいに、
とんがっていた若いころの気持ちは、
賞味期限も過ぎ、やさしく腐って、いまはよい思い出になっている。

歳を取ると同時に、大人らしくてねむたいことが喜びになり、
なんであんなにとんがっていたのかすら、どうだってよくなってしまう。

一時期は毎日のように血を出していたのに、
いつの間にか、ケガの仕方すら忘れてしまうのだ、と。

今日再開した彼女と出会った頃の
ジュウクハタチの私が、今の私を見たら、
きっとツバを吐いてあざ笑うだろうな。
「なんてつまらない生き方してるんだ!」って。

でも、
「子どものあなたにはわからないことが、いっぱいあるのよ」って、
今の私も、嘲笑い返して言ってやるんだ。


…とニヤニヤ妄想をしながら、
友人Cを富山駅に送り届けたのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク