2015-09-20 18:35:45

ありがとうさようなら

テーマ:日々のできごと
{092BCD7F-D5A9-43F6-8BAF-B87771A3C57B:01}
【旧愛車のおしり】

愛車の車検が思った以上に高額だったので、
そのお金を頭金に、新しい車を買うことにしました。

メカにも車にも興味がない私は、すごくテキトーに契約。

その後、手続きが進むごとに丁寧に連絡をくださる
ディーラーさんに途中で辟易。
テキトーに決めているから、
連絡のたびに「もっと考えなさい!」と責め立てられているようで(汗)。

納車の日、前の相棒のおしりを見ながら、
申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

あっさり新しい車を買っちゃったけど、
あと2年がんばって乗ってもよかったんじゃないか…?って。

ごめんね、ずっと乗ってあげられなくて。

新しい車は、
操作性や乗り心地が格段にいいからこそ、
相棒というにはどこか可愛げが足りなくて、
細かいデザインもいちいち可愛くなくて気に食わない。

自分で別れを告げたくせに、
元彼を未練がましく思い出してるみたいな気分。

…こんな気持ちがまだあったかと、自嘲してしまう。



そういえば、最近読んだ論語の一節に、

子謂衛公子荊、善居室、
始有曰苟合矣、少有曰苟完矣、富有曰苟美矣。


というのがありまして。

孔子が公子荊という貴族について話していて、
内容としては、
蓄財がうまい人というのは、
少し謙遜して事実を語るものだ
と伝えているものだと思います。

1.苟合:いささか合う
 なんとかやりくりできようになった(=蓄財をはじめたとき)
2.苟完:いささか完(まった)し
 なんとか体裁が整った(=少し財産ができたとき)
3.苟美:いささか美(よ)し
 ようやく一人前の財産ができた(=かなりの財産ができたとき)


私が気になったのは、
この文章全体の意味ではなくて、

富むという段階が
合→完→美で表現されていること。

三段階めの「美」を見て、ドキッとした。

合うだけで、本当は十分なのに、
完全やその先の好ましさやかわいさまでをも
求めてしまう自分とその環境が恐ろしいと感じた。

だって、車は運転してまだ2年だからね。
要望言えるようなドライバーとは言い難い。

そんな自分のなかにあるおごりを、
無言でたしなめてくれるかのような、
旧愛車のおしり。

今までありがとうね。

やっぱり、やってきてくれた新しい相棒を
ちゃんとかわいがろうと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク