2014-12-15 23:37:26

天才じゃないから

テーマ:日々のできごと

【東富山駅周辺】やぐらみたいな電信柱

さかのぼってます。
12月15日も、もくもく作業日。

1分も1秒も惜しいと思いながら、
Macとにらめっこの日。

…だけど、社内的な打ち合わせや来客などもあって、
集中力はいつも暴力的に断ち切られる。

…これにイライラしていたら身が持たないので、
いつも、夜からが作業本番と思って臨んでいる。

以前、残業がもっとも多い業界が、
コンサル関係とデザイン関係というデータを見た記憶がある。
ウチの会社はまちづくりとデザインだから、
まさにこれに当てはまる。

時間通りに仕事を仕上げられる人を「優秀」というなら、
私はかなりの「出来損ない」だ。

「時間」は確実にもっとも大事な尺度なんだけど、
それだけ守っていても、やっぱりどうやったって、
いい仕事はできないだろうなと思う。…私の場合ね。

会社にいなくたって、
「あの人のあの部分、どうしようかな」とか、
四六時中考えているわけで、

会社の自分の席に座った瞬間からその席を離れるまでだけが、
お仕事の時間だと割り切ってしまったら、
何事もなせないのでは?という恐怖心がある。

私は天才でも何でもないから、
全身全霊でやらないと、人に伝えられないし、喜んでもらえない。
…ただ、それだけなんだと思う。

一生懸命やったものを評価されれば嬉しいけど、
テキトーに流したものを評価されるのは恥ずかしい。

結局は、自分に恥じぬようにしたいだけなのかもね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク