2014-07-08 23:35:47

知恵は現場にある。

テーマ:日々のできごと

【音川加工さんにて】

初めてお邪魔する音川地区へ。

約30年前から、地元産の野菜をつかって、
漬け物やおもち、味噌などの加工食品を作られている、
音川加工さんへ。

地元のおかあさん方、めっちゃ元気。
で、みんなお肌、きれい。


【音川加工さんにて】

かわいい色のかんもち、
お料理にも使える梅ジャム、
色とりどり、添加物なしのお漬け物…。

作り方は、最初からずーっと一緒なんだって。

…最近、こういう組合さんのパッケージやビジュアルについて、
ご相談をいただくことが多くなった。
本当にありがたいことです。


私は、グラフィックデザイン畑ではなく、
まちづくり畑で育っているので、
実は、パッケージやデザインそのものより、

一緒に新しいイベントをつくったり、
新たな商品をつくったりするお手伝いの方が多かった。
それらの活動を通じて、
その地域全体を活性化する!…みたいなこと。

…だから、
こういう風に、商品を作っている方々とお話できるのは、
めちゃくちゃ嬉しい。

宝物はすべて現場に(ごろごろ)あるし、
知恵はすべて作り出してきた人の手の中にあるから。

それは「当たり前」じゃなくて、
「驚愕の事実!」な場合もある。

すごい昔からやってきたこととか、
トラブルがあって仕方なく方法を考えたらこれになったとか、
そういうことが知恵の結晶だから。

すんなりと「専門」を語る人ほど、
知恵がなかったりするんだよね…(笑)。


…さて、
こんなステキな方々と出会えたことに、
どうやって恩返ししようか?

お母さんがたに喜んでいただけるよう、
お母さんがたがつくったものを手に取る方に喜んでいただけるよう、
精一杯、わくわくしながら考えよう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク