2014-01-21 22:00:01

まちも、自分も、誇れるように

テーマ:日々のできごと

【手ぬぐいとクッキー】

「食材の撮り方」をスタッフに伝授するために、
その辺にあった手ぬぐいと、いただきもののクッキーを使って、
思いつき講座を開催した際の写真。

大学時代から、
アホみたいに写真にお金を使って
カメラ活動をしてきた私にとってはすでに当たり前のことも、
初めて一眼レフを持つスタッフたちには、
目からうろこのこともあるようで、

どんなものでも、そこにあるものをそれらしく撮る訓練って、
やはり一朝一夕ではできないものなんだなぁと感じた次第でした。

でも、
伝えたら、メキメキ理解して、実践しちゃうのが、
ほんとうに頼もしい。
若いって、ほんとになんて素晴らしいのでしょう♪


…さて、21日は、旧・福岡町の商店主さんたちの会合に参加。

お手伝いしているカタログ制作が佳境に入ってきました。

自分たちの顔が出ていると、単に印刷されたものとは意識も
違ってきますけれども。

このカタログは、単なるお店紹介ではなく、
地域の魅力紹介の延長線上でのお店紹介をしています。

実行委員メンバーの商店主さんたちと顔を併せるたびに、
まちを代表しているんだ!という意識が、
1号にも増して、高まっている!…と実感できます。

「さらりと終わってしまいたいのだけど、
 せっかくならもっとこうしたい」…の連続。

1週間前の会議で、分からなかった地名のこと、
お願いした訳じゃないのに、数名の方が、別々に調べて下さっていました。
…かかわりはじめた頃、
こんな風になることはまったく想像していませんでした。

弊社のHPにも書いていますが、冊子やパンフレットづくりは、「単なる方法」のひとつ。

パソコン ワールドリー・デザイン ホームページ

そこに住む人々が、自分たちのまちを「誇りだ」と言えることと、
その人々が「自分たちがまちを代表しているんだ」と誇りに思えること。
これは、何をするにも原点だし、原動力になると感じています。

とにかく、短い時間ではありましたが、
すごく密度の濃い、お手伝いをさせていただけたような気がしています。

…あとは、修正して送り出すだけ!

明日、無事、上京できますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク