2012-07-22 11:56:50

血の魅力、地の魅力。

テーマ:日々のできごと
勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【クロモジ】すごくいい香りがする…

こんにちは。

日曜日、溜まりに溜まった家事を片づけて、
そろそろお仕事しなくちゃです。

外は、雨降ってません。
くもり…というか晴れ。
紫外線はいかにも多そうな、白い晴れの日。

冒頭の写真は、先日お邪魔した土山散策で教えてもらった「クロモジ」の木。

お茶のお菓子などに添えられてでてくる、
ちょっとおしゃれな楊枝は、このクロモジからつくられるそうです。

すっかり乾燥したものしか知らなかったけど、
とったばかりの枝の香りをかぐと、なんともいえないいい香り。

散策の前には、クロモジ茶もいただきました。

すごいな~…自然のめぐみ。
山に生えている草木は、どれひとつムダじゃない。

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【土山の土】

土山という地域に足を踏み入れたのは、まだたったの2回。

地元の方の信心深さとか、なんでもやっちゃう自立心や豊かさとか、
軸がしっかり土地にあるということを、羨ましく感じてしまいました。

田んぼや山をお世話しながら、お勤めもして給料も稼ぐ。
娯楽はみんなで集まって、わいわいやること。
…地域一体となって助け合って暮らしている。

みなさん、基本が兼業だ。
「半農半X」なんて言われる前から、
各家の暮らしにも地域のつながりにも「農」がある。


私は、いろんなところをフラフラとしてきましたし、
いろんな方に育てていただきましたけど、
足はまったくおぼつかない。頭ばっかり膨らんでる。

その土地にずーっと生きてきた人の前では、
私の血や肉になっているはずだと思っていた考え方も生き方も、
瞬時にかすんでしまう。


私の父も祖父も、ずーっとサラリーマンですから、
特に土地に縛られて生きて来ませんでしたし、私の今の仕事や生活だって、移動可能です。

だからこそ、移動できない…その土地とともに暮らす人々に、
なんとも言えない憧れを感じてしまう。
(老舗のお店とかにも、やたら憧れがありますね)

「土地に縛られている」という言い方もできますが、
やっぱり「地に足がついている」というのは、何物にも代えがたい力だと感じました。


一流のスポーツ選手や芸術家が、
物心ついたころから、それ以外のことをすべて投げ打って、
ひとつのものに打ち込む姿には、
何物にも代えがたい迫力や魅力がある(藤原正彦さんは、それを「血の魅力」とおっしゃられていた)のと同じで、

その土地に縛られながら、風土と人と一緒に、
どっこい生きてきた人たちにも、ものすごい魅力がある。

血の魅力、地の魅力…。


…そんな暮らし方、できるようになりたいなぁ。


…といいつつ、そろそろ事務所へ行って、
Macちゃんに向き合わねば。打ち込みます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク