自民党の中山太郎元外相(85)は25日午前、党本部で大島理森幹事長と会い、自らが求めていた国政選挙の定年制の撤廃が受け入れられなかったとして、離党届を提出した。
 同党は、国政選挙の比例代表候補に関し、衆院選では「公認時に満73歳未満」、参院選では「任期満了日に満70歳未満」と内規で定めている。
 会談後、中山氏は記者団に「年齢制限は憲法に触れる問題だ」と強調。参院選で他党から出馬する可能性については「全く白紙だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

北日本太平洋側、警戒続く=大雨や大しけの恐れ―気象庁(時事通信)
首相「閣議決定したい」=福島党首、署名拒否伝える―普天間(時事通信)
小杉元文相の妻ら逮捕 支援者から9000万円詐欺(産経新聞)
KEN ISHIIの実験サイド、Flareの廃盤名作2枚をパッケージ
もんじゅを一時停止=原子力機構(時事通信)
AD