警視庁は21日、酒気帯びで覆面パトカーを運転したとして、道交法違反容疑で、第7方面交通機動隊の警部補(49)を書類送検した。停職6カ月の懲戒処分とし、警部補は同日付で辞職した。
 送検容疑は4月1日午前、東京都江戸川区内の同隊小松川分駐所から江東区内の同隊本部に向かう際、酒気帯び状態で覆面パトカーを運転した疑い。
 同庁によると、警部補は休暇だった3月31日深夜、ビール3本と焼酎水割り10杯を飲んだ。1日も休みだったが、中隊長に業務報告するため、分駐所で書類を作成した上で、同隊本部に出向いたという。 

【関連ニュース】
【動画】エビスビール記念館が恵比寿にオープン
【動画】2010年サッポロビールキャンペーンガール
警視庁警部補を追送検=酒気帯びと下着窃盗の容疑
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走

5歳女児に虐待容疑=母親と祖父母逮捕―千葉県警(時事通信)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
<北教組不正献金>木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑(毎日新聞)
参院比例に元レーサー=みんな(時事通信)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)
AD