修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ

どんな夫婦にも問題はあるのがあたりまえの時代です。
夫婦カウンセラーは心のトレーナーです。

クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

 

《20分無料電話相談受付中!!》

   

平日:10時~20時土日祝:12時~20時

  

相談受付電話 070-6965-5522

   

   無料メール相談はこちら 右矢印 右矢印Mail  

                                    

$修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ       修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ-メッセージボード


電話に出られないときがあります。

申し訳ありませんが、しばらくしてからおかけ直しください。

こちらからコールバックはしておりません。



メールマガジン「夫婦の処方箋」登録はここからダウン

Benchmark Email


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー
NEW !
テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「もがいている」がブログ村夫婦再構築
注目記事1位になりました
ありがとうございます


夫婦問題というのは
気づくか気づかないかで、
その後が大きく違ってきます。

なんだかおかしいな、最近。
と気づいた人は早くに問題に対処したり、
何が問題かにたどりつくことができます。

一方気づかない人は、問題が問題として
かなり大きく噴出してからでないと
気づくことができません。

どっちがいいかって、
気づく方がいいです。

サインを見落としていると
気づくのが遅れます。
あとになって気づいても
どうにもできません。


言葉に直接的に出てくる以前に、
もっともっとたくさんサインは出ているはずです。
必ずといっていいくらい出ているものです。
ただ、見えて、気づいていないだけです。

サインに気づくこうとしていないし、
自分の気持ちでいっぱいな人は
気づくなんてできません。

もしも相手からちょっとびっくりするような
ことを言われたり、求められたら、
頭に来てしまう前にひと呼吸。

頭に来て、反射的に言葉を返してしまうと
気づくことから遠のきます。

なんでこんなことを言うのだろう?
という少しズレた第3者的な見方ができると
いいのではないかと思います。

まあでもそれが夫婦という密度の高い関係では
かなり至難の業なのですが・・・。

でも心がけてみてください。
カウンセリングでそんなことを話すと
だいたいの人は気づくことができます。

気づかないと、問題が爆発するまで気づかないか
悪化することばかりを重ねることになります。
たまに爆発していても気づかない人もいますけれど。





20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「夫婦問題」 の記事

テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「ひと言の反論」がブログ村離婚相談
注目記事1位になりました
ありがとうございます


蒸しっとした感じ!?
あ~、梅雨近し、で憂うつ。
湿度は苦手です。
得意な人は少ないとは思いますが・・・。

もうわからなくなってきた・・・。
そんなふうに夫婦問題に直面しているとき、
思うことがあります。

やってもやっても壁にぶち当たり
何をやっているのやら、といった気持ちに。

そんなときはクールダウンしてみるのも一考です。
問題の最中にあるとき、というのは
ある種の興奮状態です。
もしくは緊張状態。
つまりは自分の平時ではない状態です。

まったく別の方向を向いてみます。
そうすると違う立ち位置でモノゴトが見えたり、
今の状況把握が冷静にできたりします。

平時ではない状態で見ていても
自分ではないような状態なわけですから、
何がなんだか、ちょっとしたことで揺らいできます。

視点を変えてみると
違うことが見えてきます。


もがいているとますます苦しくて
ますます見えるものも見えなくなります。
そうなると難しいです。
改善も、自分が立ち直るのも。
ほんと蟻地獄みたい。

だからこそ、その場を離れてみます。
違う場所で見てみて省みてみます。
そうすると見えてくることがあるし、
それができれば改善すべきはどこかが、
少しわかってきます。

少しわかってきて、実行に移して、
それが実を結んでくると、どんどんわかってきます。

もうわからなくなってきた、と思うときは、
一旦問題から離れてみることです。
その中にいてもわからなくなっていくばかり。
もがくばかりの悪循環です。





20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「やっちゃった」がブログ村夫婦再構築
注目記事1位になりました
ありがとうございます


夫婦でよく見受けられるのが
ちょっとした反論。
ひと言反論してしまう。
言われたことに対して、ひと言言わせてもらう。

このたったひと言が、
まあ~、大きな夫婦問題につながっていくことが
よくありますね。

なんでしょうね、この心理。
黙ってはいられないということでしょうか。
つい否定の方向に力が働いてしまう。

だから夫婦問題になるともいえるのですが、
徹底的に回避してみることを意識すると
できないことではないのですが、
つい、スイッチが入ってしまう。

でひと言言ったことの見返りとして、
やたら大きな夫婦問題の火種になったり、
場合によってはそのひと言が
取り返しのつかないことへの序章になる。

なーんてことがよくあります。

まず否定、これだとうまくはいかないです。
せめて肯定してから反論を。
言われたことがダイレクトに入ってくるんでしょうね。
夫婦って。
なぜだかストレート。

でこちらもついストレートでひと言返したくなる。
黙ってはいられない。

なんでだろう。
なんでそんなにスイッチが入ってしまうのだろうか。

うまくいく夫婦というのは、
そこをうまく処理している気がします。
反論はしない。
もしくは違う形で反論する。

少なくとも肯定的であることは確か。
「そうね」「そうだよね」
そんな言葉があれば、いいんじゃないでしょうか。

目の前にいる人を肯定できないままに
うまくやっていくのは難しいです。
肯定的に考えていくか
否定的に考えていくかで
先に行っての夫婦の姿はずいぶんと違ってくるのでは、
と思えます。

否定したくなったとき、
ちょっと待てよ、と
立ち止まってみてはどうでしょう。
ほんとにそうなのか、と自問自答してみる。
そのちょっとしたことが
何か違う行動に
つながっていくかもしれません。






20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)