修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ

どんな夫婦にも問題はあるのがあたりまえの時代です。
夫婦カウンセラーは心のトレーナーです。

クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

 

《20分無料電話相談受付中!!》

   

平日:10時~20時土日祝:12時~20時

  

相談受付電話 070-6965-5522

   

   無料メール相談はこちら 右矢印 右矢印Mail  

                                    

$修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ       修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ-メッセージボード


電話に出られないときがあります。

申し訳ありませんが、しばらくしてからおかけ直しください。

こちらからコールバックはしておりません。



メールマガジン「夫婦の処方箋」登録はここからダウン

Benchmark Email


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー
NEW !
テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「たえる・・・という美徳!? 」がブログ村離婚相談
注目記事1位になりました
ありがとうございます


夫婦問題があるとき
多くの方が言うのが「仕事があってよかった」と。

「もしも仕事がなければ
自分を保てなかったかもしれない」と。

家庭という場所だけだと、
逃げ場もないし、問題があるときは
自分を否定されたような気持になるし、
行き場のない感じ。
悩みから逃れたくても逃れられない。

でも、自分だけの別の場所があると
なんとかやっていけますし、平衡を保つことができます。

それは気分が切り替わるということだし、
身近な人との悩みというのは
切り替えていくのがとても難しいものですから。

何か自分の中で鬱々とかかえていると
周囲に当たってしまったり、
自分は間違っていないとむやみに正当化したり、
あまり心身がよい状態とは言えなくなってきます。
だってまず自分が気分が悪いでしょ。
それを周りにまき散らしたところで
なーんにも解決なんてしませんから。
グチグチ言っていても、
やっぱりなーんにも解決しませんから。
嫌な自分になっていくだけです。


嫌な気分をサッと切り替えていかれるのは
ひとつの技術で、
どんなときもちょっとした幸せを感じられると
けっこう自分にとってもメリットが大きいんです。
取り返すことのできな時を無駄に使わずに済むし、
いつでも多少のアップダウンはあっても
その中でも心穏やかに過ごすことが
結果、できるようになりますよ。



20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「自分の守り方」 の記事

テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「コミュニケーションの質」がブログ村
離婚相談注目記事1位になりました
ありがとうございます


ようやく太陽がチラッと
今日は見えましたけど、
また夜になって東京は雨です。
ほんとにどうなっているんですかね。
皆さんのところではいかがですか?

古~い頭の中身の人と暮らしていくのは大変です。
「母親だからできてあたりまえ」とか、
「妻なんだからそうするのが当然」みたいな。

じゃあ男性が昔の男みたいか
というと、全然そうではなくて、
一家の大黒柱、なんてほぼ死語ですから。
若い世代になればなるほど、
共働きはあたりまえですし、
妻の方が収入が多い、なんてことはザラに
なってきています。

でも頭の中身が古~い男の人は
まったくそんなことに気づいていない。
「女だから」「男だから」にこだわっているのは
圧倒的に男性に多いように思います。

頭の柔軟性が乏しいといいましょうか。
しかたないですけれど、性差みたいなことは
必ずあるわけですから。

日本人はたえるのが美徳とされてきたこともあって、
我慢はいいこと、みたいな意識が
どこかにあるのもあります。
もうこれは多くの人が逃れられないようなところがあります。

だけど、たえてもただひたすら
たえるだけなんて、
私は無理だと思っています。
それは美徳でもなんでもないし。
それがいつも報われるか、というと
そうとも言えない。


報われたとしても
ものすごい年をとってからとか、
どうにもならないようなことになってから
報われても、それは大切な人生の時間の
無駄遣いではなかろうか。
結果よりプロセスのほうが大事なのではないか、
と思うことも多々あります。

自分の人生ですからね。
自分でチョイスをしていっていいんだと思います。
自分でチョイスするってことは
痛みも伴うけれど、
晴れ晴れとしているはずです。



20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「コミュニケーションの質」がブログ村
夫婦再構築注目記事1位になりました
ありがとうございます


夫婦問題が起きて、よく「制裁を加えたい」と
いう言葉を聞きます。
浮気した夫に対してとか、
理不尽な離婚という提案に対してとか、
ずっとバランスが悪いまま
自分だけが我慢したのではないか、
と思えるようなときに。

制裁か・・・と思うんです。
自然に下るんじゃないか、とも思ったりします。

どこからそんな気持ちがわいてくるのかな、と
想像するのですが、
裏切られた感というのでしょうか。
そんな気持ちになるでしょうね。

裏切るつもりはなかったとしても。
裏切られた方は「裏切られた」と
受け取るので、
そんなときに制裁を
下したくなるのはわかる気がします。


裏切りというのは浮気ばかりではなく、
一生懸命支えてきたのに、
仕事がうまくいったら「離婚」と言い出したり、
リストラされて支えてきたのに離婚とか、
いろんな裏切りがあります。
小さな嘘の積み重ねもあまりに
重なっていけば、裏切りに感じます。

問題が起きた夫婦は
どこかで何か必要以上のことをしてしまっている。
もしくは、それ以上はやってはいけないことをしてしまう。
そして一方では、それを受け入れてしまっている。
そのまま問題が起きずにいけばいいんですけれどね。
人がとやかく言う問題ではないですから。

夫婦って誰かと暮らすっていうことですから、
そこには守らなければいけない生活があって、
そのために、むしろふたりでいるがために
負担が大きくなってしまうと
そして、それが続くとやはりうまくいかなくなるんでしょう。

生活ありきのときもありますが、
夫婦ありきにしたほうがいいことも多々あります。
生活ばかりにエネルギーが行ってしまうと
夫婦が疎かになるということもあるんだと思います。

その疎かになったときに
大きな失敗をして、一方は
制裁を加えたい――と思いたくもないことを
思ってしまうんではないでしょうか。




20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)