Physiotherapist

整形外科勤務の理学療法士のブログです。

臨床での発見、体験、心境などを紹介していくつもりです。


テーマ:

膝の終末回旋運動は大腿の筋膜により規定される印象です。


ほかの要素もあるのでしょうが半月板の可動性、パテラの可動性ともあいまって大腿の筋膜


が内旋しているとスクリューホームは起きてこないで、っていうよりも最初から外旋してます。


VMもあまりききません。


MCLが損傷するとMMの動きがうまくいかなくなります。LCLはもともとLMとついていないため損傷しても


直接的な影響はありません。伸展するとMMは伸展と、外旋により前方、後方とカウンターの動きになり、


結局はあまり動きません。しかしMCLが損傷するとそこでのインスタビリティーがおきてMMの損傷が起


きます。筋膜から脱線してしまいましたがMMが損傷するとさらに固定要素が必要となり、


膝はインしてきます。そうすると大腿の筋膜は内旋してきます。


内旋すると下腿は外旋になるのででしょうか。ACLとPCLがきかなくなって膝は離開してきます。


今度は筋膜は伸びます。どんどん膝はいうことをきかなくなってASかPSにして対応しているようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇