◆ お気楽写真帳 ◆

SL風景・スナップ・花などの写真撮影と仏巡りを中心としたブログです。宜しければご笑覧下さい。

●所在地・・・京都府木津川市加茂町例幣海住山境外
●山号・・・補陀落山
●宗派・・・真言宗智山派
●御本尊・・・十一面観音菩薩
●創建年・・・伝:735年(天平7年)
●開基・・・伝:良弁


聖武天皇の勅願で735年(天平7年)良弁十一面観音を本尊として建立し、観音寺と称したのが始まりとされています。1137年(保延3年)焼失、一時廃絶していましたが、笠置寺の解脱上人貞慶が再興し、海住山寺と改めました。

 

 

 

 

2015年夏以来の再訪

 

 

 

 

海住山寺は、山道をくねくね登った山頂付近にあります。以前はその山道の入口付近が完全にクリマ1台分の幅しかないような細い道で、対向車が来ると大変なことになっていましたが、現在は砂利道ですが、上りと下りの別ルートの道ができていました。

 

 

 

 

前回同様、まずは弘法大師空海が出迎えてくれます。

 

 

 

 

■五重塔【国宝】鎌倉時代

 

 

室生寺の五重塔に次いで小さい塔です。

 

 

 

 

 

京都非公開文化財特別公開!

 

 

 

 

 

 

五重塔内部公開!!鎌倉時代建立の唯一の塔。初層内部の四点柱内の須弥壇の上に四方共に扉が設けられ、大きな厨子のように造られています。その中には、解脱上人慈心上人伝来の仏舎利がお祀りされています。厨子内部は、鎌倉時代の壁画が綺麗に残っています。

 

 

 

 

 

少しずつ紅葉が始まっていました。

 

 

 

 

 

■本堂

 

 

 

●本尊:十一面観音菩薩【重文】

 

海住山寺で購入したポストカードより

 

 

間近で拝することができます。光背といい、観音さんといい、とてもシンプルでスッキリしています。

 

 

●十一面観音菩薩【重文】(奥ノ院):平安時代

海住山寺で購入したポストカードより

 

 

解脱上人の念持仏と伝わります。

 

 

 

 

京都非公開文化財特別公開!

 

 

 

普段は奈良国立博物館に寄託されていますが、京都非公開文化財特別公開ということで、海住山寺に帰ってきていました。前回、【仏旅】2015年夏の時は、お逢いできなかったので、今回、お逢いしに来ました。とても可愛らしいちょこんとした十一面さんです。

 

 

 

 

 

■文殊楼【重文】

 

 

 

 

                  ナスと紅葉。

 

 

前回、訪れた時、心残りだった奥ノ院十一面さんにお逢いすることができました。大変満足です。こちらの本堂内もとても雰囲気が良く、落ち着くような感じがします。

 

 

 

★御朱印

2015年夏拝観時の御朱印

 

 

 

 

さて、これで、魅惑の秘仏さんとお逢いする旅【仏旅】2017晩秋は、お開きです。今回は京都非公開文化財特別公開を中心に普段お逢いできない仏さまとお逢いしました。とても貴重な仏さまとお逢いできて満足です。それにしても、特別公開ということで何処も非常に混んでいました。仏さま好きな人がこんなにもたくさんいるのだなと改めて感じました。今回は、貴重な普段お逢いできない仏さまとお逢いしたので、私が大好きな『仏さまと自分たちだけの空間』という時間がありませんでした。これは仕方がないですね。とにかく、貴重な出逢いの数々でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。