222 静かに 堰を切って開かれた扉から

圧倒的な 祝福の波が溢れ出した

 

私たちは 今 ここで

 

二元性の終わりの世界を目撃している

だからこそ 極と極が 出会っている

 

離れていたもの

真逆のもの

 

自分ではないと 押しやっていたもの

切り離された次元や 分身が

 

いっせいに 戻ってくる

 

 

愛の 奔流!

 

 

帰還してくるもの すべてを ねぎらい

出迎える時

 

自分への 絶対的ないのちの尊厳が

戻ってくる

 

それは 誰にも 伝えようとしなくていい

ただ 宇宙に放たれる

 

その 光線は 時空の壁を 突き抜けて

これまで 閉ざされていた次元を 開いていく

 

自分の中に すべての 時空を抱きしめて

 

そっと 微笑むだけで いいのだドキドキ赤ワイン

 

 

 

言葉にならないものが ある

 

それは いのちの核から 核へ

 

飛び火して 伝わるもの

 

光も 闇も 両方 受け入れ

 

希望と 絶望を 超え

 

夢見た人生に 焼き尽くされ

 

溶鉱炉の火に自分をくべた者

 

その結晶化した 存在の波動でしか

 

伝わらない 次元へ

 

未知の扉は 大きく 開き始めた

 

 

これまでの 自分を 看取り

 

全く新しい存在の 誕生を目撃する

 

勇気ある者に 幸あれ!

 

 

一周まわって完結する 魚座新月へ

 

大きく両手を広げ 自分の宇宙の 中心に立とう

 

 

 

AD