龍飛岬観光案内所 龍飛館

龍飛岬観光案内所から
旬の情報をお届けします。

びゅうバスツアー『竜飛崎号』 4/25(土)~のコース バス
龍飛周辺道路・階段国道 冬期通行止めのお知らせ
外ヶ浜町営バス発着時刻表(H26.3.15発行号)

龍飛観光写真募集


-------- 龍飛岬観光案内所 龍飛館 ---------

太宰治や棟方志功が宿泊した「奥谷旅館」を改修した施設です。

太宰・志功ゆかりの品はもちろん龍飛岬の魅力を紹介する、

写真や絵画などが展示してあります。


【龍飛岬観光案内所 龍飛館】

 開館時間/9:00~16:00(最終入館15:30)

休館日/無休

料金/無料

住所/〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜5912
Phone&Fax/0174-31-8025

E-Mail/tappikankou@town.sotogahama.lg.jp


$龍飛館だより-マップ

▼現在の龍飛岬のお天気など小ネタが満載!! なう&ツイッター
tappikannow tappikantwitter

▼Facebookユーザーの方はコチラ     ▼龍飛の写真を集めています
tappikanfacebook kankoushashin
▼龍飛館パンフレット等はこちらからどうぞ ▼龍飛岬のお天気です
tappikan-panfu tappitennki



linktitle

▼龍飛岬観光の必需品             ▼これで龍飛岬観光は完全網羅

龍飛館だより-龍飛マップバナー 龍飛館だより-7大スポット

▼外ヶ浜町に残る義経伝説の記事      ▼口コミ情報も満載
龍飛館だより-義経北行伝説(外ヶ浜)

▼アプティネット                                

NEW !
テーマ:
本日の龍飛は気温8℃、南西の風10m/s。やっと春らしい空気になってきました。3月7日の記事で紹介した花々にも、変化があったようです。(撮影:メイ)

こちらは3月7日の福寿草。

↓今は満開になっています!



スイセンは??

↓まるで違う植物かのような成長を見せています。開花間近ですね♪



そしてクロッカス。3月7日時点ではまだまだ赤ちゃんでしたが、

↓ひとつだけ、仲間を差し置いてグングン成長しています!こちらも開花間近(*^.^*)



さらに…なぜかチューリップの葉が1枚だけ突然生えてきたようです。

調べたところ、チューリップは花を咲かせるまで(栄養を蓄えた球根ができるまで)に6年もかかるようなので、もしかしたらこの葉は成長途中なのかもしれません。数年後になるかもしれませんが、龍飛生まれのチューリップ、ぜひ花を咲かせて欲しいですね♪



さて…
『春は出会いと別れの季節』と言いますが、私ちゃこがこうしてブログを更新するのも、今日が最後となります。一昨年末から1年3ヶ月の間、大変お世話になりました。
新年度からは新しい担当に替わりますが、今後とも龍飛館をよろしくお願い致します♪(。-人-。)



やっぱり寂しくなって、朝からメイさんとウルウルしてしまった、龍飛館・ちゃこでした♪(*・ω・)ノ


AD
いいね!した人

テーマ:
4月25日(土)~9月27日(日)の土・日・祝日(4月29日除外)以下のコースでびゅうバスツアー『竜飛崎号』が運行されます。
JR東日本サイトをご確認の上、ぜひご利用ください。

JR東日本サイト 駅たびnet


AD
いいね!した人

テーマ:
本日3月24日(火)の龍飛は気温4℃、西北西の風15m/s、雨がポタポタと降っています。
昨日は今日よりも気温が低く吹雪くこともあったため、今朝は5センチ程度の積雪を確認できました。あっという間に解けてしまったので、道路はそんなに悪くないかと思います(^-^)b

------------------------------------------------------

先日、龍飛館でステキな画像をたくさん発見しました。それらは観光ポスターに使用されたものや、龍飛岬観光案内所「龍飛館」オープン当初の職員が撮りためていたものです。今日はそんなステキなお写真とともに、春~夏の龍飛の観光スポットを改めてご紹介いたします!(^∇^)


まずは『青函トンネル記念館』。現在は冬季のため展示ホールのみの開館となっていますが、4月25日(土)からは日本一短い私鉄のケーブルカーで海面下140mまで潜る“体験坑道”をお楽しみ頂けます!体験坑道を含めた所要時間の目安は45分。ぜひお時間を調整してご利用下さい♪※4月1日(水)~24日(日)迄はメンテナンスのため全館休館となりますのでご注意下さい。【問い合わせ】0174-38-2301/青函トンネル記念館


続いて、青函トンネル記念館から海手に進んで行った先の『シーサイドパーク』。ヒバ材を使用した開放的なケビンハウスやバンガローが建ち並んでおり、ご家族連れの方や海外からの観光客にもよく利用されています。


さらに進んだ先は、通称『裏龍飛(うらたっぴ)』。龍飛崎周辺の景色を100%満喫するには外せない!?個人的にも大のお気に入りの場所です。ただし、この先行き止まりになるのでUターン必須です。(画像は龍飛埼灯台を振り返る形で撮影)


夏は三厩~龍飛を結ぶ『あじさいロード』もご利用下さい。紫陽花の開花は7月中旬頃から咲き始めます。(2011年撮影)


もちろん、日本で唯一の『階段国道』も紫陽花に彩られます。(撮影:2011年)


龍飛埼灯台ふもとの駐車場から見える『レストハウス』。(2011年撮影)


その奥へ進むと、『龍見橋(たつみばし)』があり、さらに先には文学碑等が建ち並ぶ『碑の丘』があります。(2011年撮影)


また、歩くのが好きな方は、遊歩道を散策してみるのも良いと思います。7月頃にはニッコウキスゲ、8月頃にはチコリ(キクニガナ)等の花々も楽しめます。


そして…夜にはちょっぴりロマンチックな龍飛漁港の夜景が♪(*゚ー゚*) 龍飛の夜空は星もものすごくキレイなんですよ。流れ星遭遇率も高いと思います♪


そして…太宰治や棟方志攻・高橋竹山等、数多くの著名人が投宿した“旧・奥谷旅館(おくやりょかん)”を改修してできた『龍飛岬観光案内所「龍飛館」』!!観光案内はもちろんのこと、館内の展示物を無料でゆっくりとご覧頂けます。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい(^-^)/



【おまけ】
皆さん!これが津軽半島北端ですよ~!\(^_^)/
この写真は10年以上前に撮影されたものと思われ、龍飛の観光ポスターにも使用されました。


続いて龍飛埼灯台。こちらもポスターに利用されました。


夏に撮影された龍飛岬一帯。(2007年撮影)



いつか自分で空から&沖から龍飛を撮ってみたいなーと思った、龍飛館・ちゃこでした(*゚ー゚*)ノ
AD
いいね!した人

テーマ:
びゅうバスツアー『冬の竜飛崎号』は3月29日(土)で運行終了となりますが、4月25日(土)~9月27日(日)までは新コースで『竜飛崎号』が運行されます!


新コースは青函トンネル入口広場(今別町)、龍飛崎周辺、さらに立佞武多の館(五所川原市)まで楽しめる、大変充実した内容となっております。

JRさんのサイト「えきねっと」にはまだ掲載されていない情報ですが、びゅうプラザ等で手に入る「びゅうJR東日本 北東北(青森・岩手・秋田)」にてご確認いただけます。


その他、詳細はお電話にてお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】びゅう国内ツアー :03-3843-2001
いいね!した人

テーマ:
気温6℃、西南西の風12m/s。本日は快晴です~♪
 

数日前は荒れに荒れていましたが、猫と一緒に日向ぼっこでもしたくなるかのような穏やかさ。



 
今日と同じような穏やかなお天気だった8月8日(日)。帯島付近で面白い雲を見たので写真を撮っておいたので・・・


「ちょっと消えかけていますが、縦に伸びる雲が“飛んでいる龍”・・・のように見えません!?ヾ(@°▽°@)ノ 」
 
 
と説明しながら館長に見せたところ・・・
「ちゃこちゃん、これ、竜巻だよ!すごいねー!!(*^▽^*) 」と。


竜巻!?w川・o・川w 
 

ちょっと龍っぽく見えただけでも嬉しかったのに、まさか竜巻だったとは!!沖では漁師さんがよく竜巻を目撃しているらしいですが、帯島付近ではなかなか見られないとか。

記念にブログに残しておかなきゃ!!



昨年は「トド」、今年は「竜巻(龍)」。またしても帯島で貴重な体験をしてしまった、龍飛館・ちゃこでした(^-^)/
 

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇