龍飛岬観光案内所 龍飛館

龍飛岬観光案内所から
旬の情報をお届けします。


外ヶ浜町営バス発着時刻表(H26.3.15発行号)
龍飛観光写真募集


-------- 龍飛岬観光案内所 龍飛館 ---------

太宰治や棟方志功が宿泊した「奥谷旅館」を改修した施設です。

太宰・志功ゆかりの品はもちろん龍飛岬の魅力を紹介する、

写真や絵画などが展示してあります。



【龍飛岬観光案内所 龍飛館】

開館時間/9:00~16:30(最終入館時間16:00)

料金/無料

住所/〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜5912
Phone&Fax/0174-31-8025

E-Mail/tappikankou@town.sotogahama.lg.jp


$龍飛館だより-マップ

▼現在の龍飛岬のお天気など小ネタが満載!! なう&ツイッター
tappikannow tappikantwitter

▼Facebookユーザーの方はコチラ     ▼龍飛の写真を集めています
tappikanfacebook kankoushashin
▼龍飛館パンフレット等はこちらからどうぞ ▼龍飛岬のお天気です
tappikan-panfu tappitennki



linktitle

▼龍飛岬観光の必需品             ▼これで龍飛岬観光は完全網羅

龍飛館だより-龍飛マップバナー 龍飛館だより-7大スポット

▼外ヶ浜町に残る義経伝説の記事      ▼口コミ情報も満載
龍飛館だより-義経北行伝説(外ヶ浜)

▼アプティネット                                


テーマ:
ご存知ですか?
10月18日は、「統計の日」です。
国民の統計に対する関心と理解を深めるため、
昭和48年の閣議了解によって定められました。

10月18日は過ぎてしまいましたが、
今日は青森県と青森県民についての
おもしろい統計データをご紹介致します!



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

■青森県の概要

本州の最北端にあり、北は津軽海峡を隔てて北海道と対し、
南は秋田・岩手の両県に接している。
青森県とほぼ同じ緯度に位置する世界の都市には、
ニューヨーク、マドリード、イスタンブール等がある。

総面積:9644.70km² (全国比:2.55%、順位:第8位)
人口<H24>:1,349,969人(男:634,196人、女:715,773人)
世帯数<H24>:519,453世帯


■気象概況<H24>
青森:平均10.5℃、最高極36.1℃、最低極-10.1℃
    降水量1295.5mm、日照時間1669.1h、最深積雪152cm
八戸:平均10.3℃、最高極35.7℃、最低極-9.3℃
    降水量897.0mm、日照時間1861.7h、最深積雪37cm
むつ:平均9.7℃、最高極34.7℃、最低極-17.8℃
    降水量1134.0mm、日照時間1514.5h、最深積雪78cm
深浦:平均10.5℃、最高極32.0℃、最低極-7.9℃
    降水量1885.5mm、日照時間1559.7h、最深積雪72cm


■青森県の日本一

 りんご <H24>・・・収穫量446,000tで全国の56%
 にんにく <H23>・・・収穫量14,000t、作付面積1,390ha
 ごぼう <H23>・・・収穫量50,100t、作付面積2,300ha
 ながいも <H23>・・・収穫量60,000t、作付面積2,290ha
 フサスグリ(カシスなど) <H22>・・・収穫量5.9tで全国の91%
 子供の体格 <H24年度>・・・幼稚園(5歳)の平均身長・体重

 白神山地のブナ天然林・・・青森県側12,627ha
 弘前公園のソメイヨシノ・・・1882年植栽で日本最古
 五所川原の立佞武多・・・高さ23m、重さ19tのねぶた
 青函トンネル・・・長さ53.85kmで世界最長の海底トンネル
 深浦町のイチョウの木・・・目通り幹周22m
 つがる市のりんごの木・・・1878年植栽で日本最古
 鶴田町の鶴の舞橋・・・全長300mの木造の三連太鼓橋、総ヒバ造り


■青森県民のお買い物データ
 家計調査 都道府県庁所在市及び政令都市別ランキング(H22~24年平均)より

 ほたて貝購入金額・・・1位/3,509円(全国1,265円)
 さけ購入金額・・・1位/6,634円(全国4,064円)
 塩干魚介購入金額・・・1位/22,399円(全国14,734円)
 いか購入数量・・・1位/5,457g(全国2,463g)
 さんま購入数量・・・2位/2,975g(全国1,642g)
 もやし購入数量・・・1位/9,618g(全国7,209g)
 なす購入数量・・・2位/6,277g(全国4,480g)

 カップめん購入金額・・・1位/5,686円(全国3,392円)
 中華めん購入数量・・・2位/12,131g(全国9,577g)
 カレールウ購入数量・・・1位/2,011g(全国1,741g)
 ソーセージ購入数量・・・1位/7,074g(全国5,432g)
 やきとり購入金額・・・2位/3,021円(全国1,904円)
 炭酸飲料購入金額・・・1位/7,032円(全国4,038円)
 果実・野菜ジュース購入金額・・・1位/13,488円(全国8,618円)
 ウイスキー購入数量・・・1位/2,634ml(全国908ml)
 ティッシュペーパー購入金額・・・1位/2,738円(1,999円)


■青森県の1日<H24> 
 出生:25人 死亡:47人 
 結婚:16組 離婚:7組
 県外からの転入:58人 県外への転出:73人
 交通事故:14.3件 火災発生:1.4件
 乗用車新車登録台数:74.4台
 青森空港乗降客:2,246人
 スーパーの食料品販売額:289百万円
 

資料・参考▼▼▼
青森県統計データランド
青森県民手帳(2014年)ふるさと便利帳


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


青森県の色々な統計データをご紹介致しましたが、
いかがでしたか~?
青森県民は外食をあまりしない家庭が多いそうです。
気候の影響が大きいのでしょうか。
お買い物データにも現れているかも( ̄∇ ̄+)

もっと知りたい!という方は、
青森県統計データランドを見てみてください。


龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
気温15℃、西の風2m/s。
肌寒いですが、昨日から穏やかな天候の龍飛です。


国内屈指の強風を期待して龍飛へいらっしゃる方も多く、
そういった方にはガッカリされてしまうのですが・・・
今日はのんびりと散策や釣りを楽しまれる方が目立ちました。


階段国道付近も、だんだん赤く色づいて来ています。
灯台から見下ろすとキレイでしょうね♪


三厩方面も、見ごろまでもう少しのようです(´∀`)
近々、周辺の紅葉を探してきますので、どうぞお楽しみに♪


驚いたのが、この紫陽花。

龍飛館の建物裏は、隠れた紫陽花の名所(?)なのですが、
未だに枯れ切っていない花がいくつか残っていたのですΣ(・ω・;|||
ゲリラ豪雨、夜間の気温10℃を切る冷え込み・・・
様々な試練を乗り越えて来た逞しい紫陽花なのでしょう。
彼らの気が済むまでそっと見守ることにします(*^o^*)




紅葉シーズンということで、
龍飛周辺の宿泊施設は引き続き混み合っているようです。
宿泊ご希望の方は、事前のお問い合わせ・ご予約をお願い致します。

龍飛館でもお問い合わせは承っておりますので、
お気軽にお電話下さい。
よろしくお願いします(。-人-。)


龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
昭和50年に開館した『棟方志功記念館(青森市)』。

平成24年に『棟方板画館(鎌倉市)』と合併したことにより、
板画のみならず、倭画、油絵など幅広い棟方作品をほぼ網羅し、
国内最大の収蔵数を誇っています。

「作品を一点ずつじっくり見て欲しい」という棟方志功の意向により、
テーマに沿った選りすぐりの作品を展示。
また、代表作「釈迦十大弟子」は常時見ることができます。


秋の展示は、「装飾とデザイン」がテーマ。
感性豊かな棟方志功によって生み出された
デザイン性の高い作品が見られるとのこと。
(秋の展示は9/9~12/7迄)




というわけで、休日を利用して、
私ちゃこが行ってまいりました♪


入り口から進んで行くと迎えてくれるのが、

季節の移ろいとともに四季折々の風情を感じさせてくれる
池泉回遊式日本庭園。


この日は特別に、トンボさんも歓迎してくれました。


もう、とにかく美しい!!


池の金魚たちも気持ち良さそうです。


朝、昼、夕方・・・
この美しさは、時間帯によってもまた変化するのでしょう。



しばらくボーッとしてしまいましたが、
奥に見える校倉造りを模した建物の中に展示室があります。
展示物を撮影することはできないので、
ゆっくり、じっくり見学させて頂きました。

個人的に最も印象に残ったのは、
アルファベットを彫り込んだ“ホイットマン詩集抜粋の柵”。
自由で大胆で華やかな志功さんの色が、
洋風の作品でもキラリと光っていました。
芸術に国境は無いんですね!(なんちゃって)


他にも、文字を大胆にデザイン化した“いろは板画柵”や、
草花の一部分を模様のように表現した“萬朶譜(ばんだふ)”など、
ユニークな作品鑑賞を楽しめました。


また、ロビーでは棟方志功のDVDを鑑賞することもでき、
現在は「彫る 棟方志功の世界(38分)」を上映中です。
志功さんの魅力が詰まった貴重な映像もぜひご覧下さい♪



最後にご紹介するのは、庭園に置かれた裸婦像。
彫刻家・高田博厚(たかた ひろあつ)作の“海”という作品で、
志功さんはこの作品をとても気に入っていたそうです。
展示室入口の志功さんの肖像もこの方の手によるもの。
庭園を見守るようにひっそりと佇むこの像も必見です。


見どころいっぱいの『棟方志功記念館』は、
とても居心地の良い施設でした。
皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね♪


龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ



棟方志功記念館------------------------------
【住所】青森市松原2-1-2
【電話】017-777-4567
【開館時間】9:30~17:00
※ねぶた祭期間中は9:00開館
【休館日】毎週月曜日
※祝日及びねぶた祭期間中は開館

【観覧料】
一般500円、大学生300円、高校生200円、小・中学生無料
【公式サイト】http://munakatashiko-museum.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
春の大会に続き、今秋もムッキムキ&パワフルな馬が大集合!


先着200名様には、無料のどんこ鍋を振舞います♪

逞しい馬の雄姿をぜひご覧下さい。





日時/10月19日(日)午前8:00~
場所/外ヶ浜町役場北側 特設ばん馬場



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今朝のお話。


開館前の龍飛館に館長・メイさんが出勤すると、

龍飛館の玄関に既にお客様の姿が。



特徴的な色の小さな小鳥、


ヤマガラ(山雀)さん。

間違ってたらどなたか教えてください・・・(゚ー゚;



龍飛周辺では頻繁に目にする鳥ですが、

この子はパタパタと羽ばたこうとするものの、

どこか痛めているのかうまく飛べず

すぐにジッとしてしまいます・・・。

このままでは、カラスや野良猫に狙われてしまうかも!?


見かねたメイさんがいったん保護。

ヤマガラは飼育禁止の野鳥なので、

このまま飛べない場合の対策を調べながら

(野鳥の保護については各自治体の「自然保護課」「自然環境課」等にご連絡下さい)


ふたの無い箱にそっと入れて様子を見ることに。

それからしばらくは箱の中でジッとしていたヤマガラさんですが、

1時間ほど経った頃、箱の外へと飛び出しました。

パタパタパタパタ、室内を飛び回るヤマガラさん。


元気になったことを確認したメイさんは、

飛び回るヤマガラさんをそっとつかまえ、


外に放してあげたそうです。




今頃、龍飛の山で虫でも捕まえて食べているでしょうか。



ヤマガラは人馴れしやすく、学習能力も高いため、

江戸時代には芸を仕込ませ披露させる

「ヤマガラ芸」なるものもあったとか。


実際に、メイさんが手を出すと自ら飛び乗ってくるほど


懐こい一面も見られました。


とっても可愛く賢い鳥なので、

無事に飛び立ってくれて本当に良かったです!




とってもとっても珍しいお客様でした。




龍飛館・ちゃこ(*^ー^)ノ

いいね!した人  |  コメント(8)

[PR]気になるキーワード