龍飛岬観光案内所 龍飛館

龍飛岬観光案内所から
旬の情報をお届けします。

龍飛館 冬期もOPEN!!
龍飛周辺道路・階段国道 冬期通行止めのお知らせ
青森駅・新青森駅発着 びゅうバスツアー『冬の竜飛崎号』
外ヶ浜町営バス発着時刻表(H26.3.15発行号)

龍飛観光写真募集


-------- 龍飛岬観光案内所 龍飛館 ---------

太宰治や棟方志功が宿泊した「奥谷旅館」を改修した施設です。

太宰・志功ゆかりの品はもちろん龍飛岬の魅力を紹介する、

写真や絵画などが展示してあります。


【龍飛岬観光案内所 龍飛館】 冬期もOPEN!!

開館時間/9:00~16:00(最終入館15:30)

休館日/無休

料金/無料

住所/〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜5912
Phone&Fax/0174-31-8025

E-Mail/tappikankou@town.sotogahama.lg.jp


$龍飛館だより-マップ

▼現在の龍飛岬のお天気など小ネタが満載!! なう&ツイッター
tappikannow tappikantwitter

▼Facebookユーザーの方はコチラ     ▼龍飛の写真を集めています
tappikanfacebook kankoushashin
▼龍飛館パンフレット等はこちらからどうぞ ▼龍飛岬のお天気です
tappikan-panfu tappitennki



linktitle

▼龍飛岬観光の必需品             ▼これで龍飛岬観光は完全網羅

龍飛館だより-龍飛マップバナー 龍飛館だより-7大スポット

▼外ヶ浜町に残る義経伝説の記事      ▼口コミ情報も満載
龍飛館だより-義経北行伝説(外ヶ浜)

▼アプティネット                                


テーマ:

気温4℃、西の風10m/s。
昨日は荒れていましたが、また晴れました♪
(画像は実際よりも青味が強く出ていますが・・・)
 


ここは龍飛埼灯台ふもとの駐車場からはじまる遊歩道。
「来週行くのですが通れますか?」との問い合わせをいただきましたので、お答えいたします。
 

歩道はご覧のとおり、雪も草もありません!
ただ、特別に風が強い場所ですので、しっかりと防寒をして気をつけて歩いて下さい!
 
 
私は下の方までは歩けませんでしたが絶景です!北海道の松前半島や、渡島小島・渡島大島が見えることもあります(*^.^*)
 
 
せっかくなので、もうひとつ隠れた見所(?)を。
こは『青函トンネル記念館』バス停。広場には青函トンネル工事に使用された機械が展示されていますが、その奥、左側の山の斜面に何か見えませんか??
 
 
場所を変えて、写真中央より少し左手なのですが・・・。う~ん、わかりづらいですね~(゚ー゚;
 
 
実は、「龍飛」の文字が浮き出るように刈られているのです(☆。☆) 観光シーズンに向けて手入れがされると、もっとキレイに浮き出るんですよ♪
 

龍飛岬から三厩方面へ下る急な坂道も、雪は全くありません。
 

昨年に比べると本当に早い雪解けです。
 


福寿草が咲く日も近いかもしれません^^
楽しみですね~♪


龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ
AD
いいね!した人

テーマ:
本日の龍飛は気温3℃、西北西の風8m/s。
昨日は龍飛の底力を感じさせる風速30m/s近いすさまじい暴風と雨(霰)だったのですが、今日は晴天!

「最近の龍飛はどんな感じですか??」という問い合わせも少しずつ増えてきましたので、撮りたてホヤホヤの龍飛岬周辺の写真をご紹介します(*^.^*) 


まずは『青函トンネル記念館』。3月31日(火)までは、展示ホールのみ臨時開館されています。4月1日(水)~4月24(金)までは全館休館となりますのでご注意ください。
 

青函トンネル記念館の前を下って行った先から見下ろせるのがシーサイドパーク。冬期はお休みで、4月25日(土)から営業開始されます。
 

反対を向けば権現崎を眺めるポイントでもありますが、この先道は途絶えます。車で通行できますが、Uターン必須。
 

龍飛埼灯台方面へ戻るように進んでいくと、石川さゆりの『津軽海峡冬景色歌謡碑』がありますが、歌謡碑の奥に広がるのがこの景色。今日は普段よりもずーっと北海道の山々がキレイに見えています!!
 
 
その先、龍飛埼灯台に向かう途中には冬期閉鎖中の階段国道。今のところ4月下旬開通予定となっているようです。正式な開通日は確認でき次第お知らせ致します。
 
 
龍飛埼灯台に行ってみましょう。こちらは灯台に最も近い駐車場。周辺観光マップは当館でも差し上げていますが、ここにもあります♪
 

そしてこれが津軽半島北端の龍飛埼灯台。年に1度、灯台の開放日があります。昨年の開放日には、全国のデザイン灯台や昔の龍飛埼灯台の写真、レンズや灯器の展示もされていました。今年の開放日も、確認でき次第お知らせ致します。
 

そしてそして、灯台を通り過ぎた先が端っこ。駐車場からここまでは上り坂ですが、2~3分程度で到着します。
 

今日は北海道・亀田半島の駒ケ岳も見えました!これは貴重です♪♪ (☆。☆)
 

気温がまだ3℃しかないので、晴天でもまだまだ寒い!
 

灯台から駐車場へ戻る時は、ぜひ上からの龍飛館も見てください。画像左下の白っぽい屋根が龍飛館です(*^▽^*)
 

駐車場に戻る途中に目に入る建物がレストハウス(冬期休業中)で、その奥には文学碑や歌碑が建ち並ぶ『碑の丘』や、隠れた名所?『龍見橋(たつみばし)』もあります♪
 


龍飛崎周辺は冬季休業・休館している施設が多いのですが、龍飛館は毎日開館しています。皆様のご要望に合わせてできる限りご案内致しますので、龍飛へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい!(^人^)



そして午後・・・
龍飛館は『びゅうバスツアー 冬の竜飛崎号』のお客様で大賑わいでした~♪
 


『びゅうバスツアー 冬の竜飛崎号』は、土日祝日の他に、3月10日(火)まで連日運行しています。
公共交通機関を利用して龍飛へ旅行をお考えの方は、こちらもご一緒にご検討ください♪
 




去年よりもう~んと早く春らしい春になりそうな予感がした、龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ
 
AD
いいね!した人

テーマ:
毎月10日発売の月刊誌『旅の手帖(交通新聞社)』3月号、“ローカル線で路線図のさきっぽまで~終着駅の旅”という特集の中で、義経北方伝説と共に三厩(みんまや)・今別(いまべつ)の名所が掲載されています♪


登場するのは、津軽半島のはしっこの三厩駅、義経寺、今別町の本覚寺・・・そして太宰治や棟方志功ゆかりの龍飛館など(*´σー`)


美しい写真と文章で紹介して頂いて嬉しいです♪
関係者の皆様、ありがとうございました(。-人-。)


『旅の手帖』は“ニッポン文化応援マガジン”と銘打つだけあって、写真集のような美しいビジュアルや、ライターさんのセンスが光る細やかな現地情報記事に定評があり、見ごたえ、読みごたえがたっぷりです!!
皆さん、ぜひ読んでみてくださいね(*^ー^)ノ


▼『旅の手帖(交通新聞社)』サイト
http://www.kotsu.co.jp/magazine/tabi/

AD
いいね!した人

テーマ:
気温3℃、東の風10m/s。
今年は龍飛らしい猛吹雪の日はほとんどありませんでしたが、このまま春を迎えてしまうのでしょうか?



今日は久しぶりに龍飛埼灯台付近までカメラを持って行ってきました。
この辺りでカモシカ(こちらでは“アオジシ”と呼びます)が目撃されたようなので、あわよくば私も出会えないものかと期待しつつ( ̄▽+ ̄*)


まずは龍飛埼灯台駐車場から眺める、権現崎(中泊町小泊)。


こちらは北海道・渡島小島(おしまこじま)。


こちらは龍飛岬一帯。


定番の帯島(おびしま)と、その向こうに北海道の山々。


直進すると龍泊(たつどまり)ラインですが、4月24日頃まで閉鎖中です。


ご覧の通り、門が閉まっています。


三厩駅方面に向かう“あじさいロード”も、同じく4月24日頃まで閉鎖中です。一部通行可能な区間もありますが、今はまだオススメできません。


そしてこちらは北海道の函館山。特徴的な台形のシルエット、見えますか?函館山は、龍飛からは肉眼でもなかなか確認できない山なんですよ(*^o^*)


今月末~3月10日まで、「びゅうバスツアー・冬の竜飛号」のお客様がたくさんお越しになる予定です。その頃には春の足音を感じる景色になっているでしょうか?
またご案内致します!


<おまけ>
これはタラの耳石(じせき)です。
耳石は魚の頭の骨に左右ひとつずつあり、日々少しずつ大きくなっていくそうです。この耳石の持ち主のタラは、体長60センチくらいだったそうなので、耳石も2センチ程あります。


この耳石を集めて置物を作った方がいらっしゃいました。
タラの耳石で作ったフクロウ!(*゜▽゜ノノ゛☆


後ろ姿もコロンとしてかわいいです。
何より、アイデアが素晴らしいですね!


調べたところによると、海外では珍しい魚を獲った漁師さんがその魚の耳石でネックレスを作り、お守り代わりに身につけたりする地域もあるそうです。

大きなお魚の耳石が取りやすいそうなので、皆さんもぜひ探してみて下さいね♪



アオジシにはやっぱり出会えなかった、龍飛館・ちゃこでした(*^ー^)ノ

いいね!した人

テーマ:
昨年のこの時期は、日本各地でダイオウイカやリュウグウノツカイ等の深海魚が水揚げされ話題になっていたことを覚えていますか?
龍飛でもとっても珍しい&美味しいオヨ(オオクチイシナギ)が水揚げされたり、アンコウ、タイ、ババガレイが大漁したり・・・と、漁港はとっても賑やかでした♪

しかし・・・
龍飛は今年は数年ぶりの不漁か?と言われていて、嬉しいニュースを聞くことがほとんどありませんでした(´・ω・`)

そんな中!!
高級なイカでお馴染みのヤリイカが水揚げされました!


この時期に漁の最盛期を迎えるヤリイカ、待ってました~( ̄∇ ̄+)


去年も同じくらいの時期に「久しぶりに大漁だ!」とちょっとした騒ぎになりました。今年は去年ほどでは無いけれど、それでも皆さん嬉しそうに仕分け作業♪


「大」「中」「小」「ピン」の4種類のサイズ毎に分けますが、この時期の「小」「ピン」の雌は子っこ(卵)を持っている子持ちイカで、とっても人気があるんですよ(*^▽^*)


キレイに仕分けし、箱詰めをしたら出荷されます。


漁港の荷揚げ場は大変危険ですので、一般開放はされていません


メイさんは「子持ちイカ」を昆布出汁&お醤油で煮て食べたそうです♪はちきれんばかりに詰まった子っこ、美味しそうですね~( ´艸`)


鯵ヶ沢町や深浦町では、ヤリイカが超大漁しているそうです。
龍飛でももっともっと獲れますように!(。-人-。)


撮影:メイ 本文:チャコ


いいね!した人

[PR]気になるキーワード