ザ・コミュニケーション ”達人への道”(改)  今夜はブルーズ・ナイト♪

妙にブルーズが聴きたくなると言うときってありませんか?それでプレイしている彼らとは、一体、どの様な人物なのでしょうか?これからご紹介するユニークなアーティスト。彼らの生き様がアナタの人生において素敵なスパイスになりますように。

☆ちょっとアナタ
お知らせします。

次回ご紹介する
ブルーズ・シンガーは
引き続き
エスタービーグーです。 



長く失われていた
ニューオリンズの女性シンガー

エスタービーグー
(c.1895-c.1936)によって、

完全に唯一の
既知の録音を評価するために、

あなたは、歌われている
ジャズとブルーズのための

従来のスタンダードを
すべてを忘れる必要がある。

 ◆1935年引退、
     そして1936年頃に・・・。♪
4月29日(土)公開予定!

どうぞご期待下さい♪

テーマ:
<<彼女はヴォードビル志向♪>>




彼女は、

1895年のルイジアナ州

ニューオリンズで生まれました。





「ホウ」





彼女の大家族の

数人のメンバーは、

最も音楽的な才能がある

家族の1員で、


ドラマーの

*Paul Barbarinは

いとこだったそうです。








*Paul Barbarinとは?


ニューオーリンズの
ジャズドラマーで


ルイス・コトレル
(Louis Cottrell、Sr.)
のもとで学んだ

ビッグバンド時代の
ジャズドラマー。






「 O H ! 」


「彼女は家系的にも

音楽的な才能が

期待されたワケですね。」







そうですね。


ところが

彼女のはジャズの血統

にもかかわらず、


彼女のスタイルは

ブルーズと

ジャズのサウンドよりも、



ヴォードビル志向の

傾向があったそうです。










「ホウ」

「それはそれで

エンターテナーとしての才能

と言う意味では、

期待できそうですネ!」







<<エスタービーグー登場!>>





今回ご紹介するシンガーは

エスタービーグーです。



(今回ご紹介するシンガーは
エスタービーグーです。)






1913年彼女は脚本家の

Irvin C. Millerと

歌うために







ヴォードビルの

ツアーを始めたのでした。







「1913年と言いますと

彼女は17~18歳ですね。」


「高卒でツアーを

開始したのですね。」








そうですね。

ちなみに

彼らは後に結婚したそうです。







「なるほど」

「一緒にいる時間が長いと

気心も知れる

と言うコトでしょうか?」








そうでしょうね。


1917年彼女は

ニューヨークと

フィラデルフィアの

Standard Theater、




(Standard Theater)





ニューヨークの

Lafayette Theater




(Lafayette Theater)





そして

メリーランド州

ボルチモアの

Orpheum Theaterで




(Orpheum Theater)





ミラーよって書かれた

ミュージカル・レビュー

"Broadway Rastus"の






歌手、ダンサー

そして独唱者として

出演したそうです。






「 O H ! 」


「大劇場ではないですか!」



「おそらくは

彼女のヴォーボビルダーとしての

才能が遺憾なく

発揮されたのではないでしょうか!」







そうですね。


その頃です・・・。





「ハイ」






Mamie Smith

Crazy Bluesが

ブルーズのレコードとして

驚くべき成功を収めたのでした。







☆Mamie Smith - Crazy Blues (1920)♪





「ホウ~♪」


「ひょっとして?」


「彼女は二匹目のドジョウを

狙って・・・。」



「でしょうか?」







どうやら

それは彼女だけでは

ありませんが、


・・・その様です。






「やっぱり!」






彼女は1921年の秋の間に

彼女の最初の蓄音機録音を

カットして、







そして

1923年12月の録音が

彼女の最後の出演になった

フルタイムの

ヴォードビル女優だった

と言われています。






「彼女!

結構、短期間で

録音を終えていますね」







そうですね。


彼女の演出は

他の女性ヴォーカリストとは

根本的に異なっていたそうです。






「ホウ」





それは曲のニュアンスを

捉えるよりも、


この女性の筋肉質な、

各々のパフォーマンスを

通して、


感覚的で、

でも洗練さのナイ調子で

歌ったのだそうです。






「・・・。」






そして更には

ほとんどまったく

匿名の

ヴォードビル・ピットバンドが

バックについたのだそうです。






「これはコンポーザー

泣かせのシンガーですね。」


「しかも、バックも

雑多なメンバーを

揃えていますネ!」






そうですね。






「彼女、何処か虫の居所が

悪かったのでしょうか?」







それはどうでしょうか?



ともかく!



彼らの音楽は

完全に彼らの時代に属していて、



ポストモダニズム的な

音楽家によって

決して再形成されることは

出来ない

と言われているそうです。







「ウ~ン」

「それは

評価が分かれる

トコロではないでしょうか?












☆Esther Bigeou~ St. Louis Blues♪


☆Esther Bigeou West Indies Blues (1923) ♪


☆Ester Bigeou- Beale Street Mama ♪


☆Ester Bigeou- The Hesitating Blues ♪














☆エスタービーグー

Esther Bigeou




(1895年 - 1935年または1936年)






アメリカのヴォードビルで

ブルース歌手だった。

彼女は

"The Girl with

the Million Dollar Smile"

(百万ドルの笑顔の女の子)

と名乗り、


1920年代に人気のある

クラシックな

女性ブルース歌手の一人だった。









<< キャリア >>





彼女は、1895年のルイジアナ州

ニューオリンズで生まれた。


彼女の大家族の

数人のメンバーは、

音楽家で、

ドラマーのPaul Barbarinは

いとこだった。




(Paul Barbarin)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルーズ・シンガー

エスタービーグーは

10代と1920年代

ニューオリンズで


最も音楽的な才能がある

家族の1員で、


ドラマーのPaul Barbarinは

いとこだった。




彼女のはジャズの血統

にもかかわらず、


彼女のスタイルは

ブルーズとジャズのサウンドより

ヴォードビル志向の傾向があった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






1913年彼女は脚本家の

Irvin C. Millerと

歌うために

ヴォードビルの

ツアーを始めた。


彼らは後に結婚した。








1917年、彼女は

フィラデルフィアの

Standard Theaterで



(Standard Theater)




ペンシルバニア、

ニューヨークの

Lafayette Theater




(Lafayette Theater)





そして

メリーランド州

ボルチモアの

Orpheum Theaterで



(Orpheum Theater)





ミラーよって書かれた

Broadway Rastusのレヴューに

歌手、ダンサー

そして独唱者として出演した。




(Broadway Rastus)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼女は

1917年ニューヨークと

フィラデルフィアで行われた

ミュージカル・レビュー

"Broadway Rastus"の

シンガーとして

傑出した。





彼女はMamie Smith

Crazy Bluesの





☆Mamie Smith - Crazy Blues (1920)♪




驚くべき成功の後

ブルーズのレコードを

録音した。





そして

ブルーズの流行に気づいた

多くのヴォードビル・シンガーの

ひとりだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼女は1921年の秋の間に

彼女の最初の蓄音機録音を

カットして、







そして

1923年12月の録音が

彼女の最後の出演になった

フルタイムのヴォードビル女優だった。




彼女のプレゼンのやり方は

10年の中で

後ほど

女性ヴォーカリストに

期待されるようになったことと、

根本的に異なっていた。






曲の音のニュアンスよりも

むしろ歌詞の内容を

強調する彼女の声を使って、


この女性の筋肉のある、

各々のパフォーマンスを

通しての自分の道は、


感覚的で、

でも洗練されてなく歌い、

ほとんどまったく

匿名のヴォードビル・ピットバンドが

バックについたのだ。








これらの

代わる代わるに眠さを覚えるか

弾む様な

アンサンブルの不可解な音は、


完全に彼らの時代に属していて、

ポストモダニズム的な

音楽家によって

決して再形成されることは出来ない。




彼女は

W.C. Handyの作品の幾つかを

取り扱った。




(W.C. Handy)



彼女の録音以外は

貴重なヴォードビルの遺物として

最も評価される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    (ウィキペディアより抜粋)

―――――――――――――――――――――――

◆編集後記はこちら
_______________________
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。