ザ・コミュニケーション ”達人への道”(改)  今夜はブルーズ・ナイト♪

妙にブルーズが聴きたくなると言うときってありませんか?それでプレイしている彼らとは、一体、どの様な人物なのでしょうか?これからご紹介するユニークなアーティスト。彼らの生き様がアナタの人生において素敵なスパイスになりますように。

<< 訃 報 >>
☆ 
ファッツ・ドミノ死去


【ニューヨークAFP=時事】
ロックンロール創始者の一人
とされる米黒人歌手ファッツ・ドミノ さんが
24日、南部ルイジアナ州で死去した。

 89歳だった。地元の検視官が25日、
確認した。自然死とみられている。

 ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に、
49年にデビュー。

直後の「ザ・ファット・マン」のヒットで
全米にその名を知られる。

50年代の全盛期には
エルビス・プレスリーと並ぶ人気を誇った。
やはり同時期に活躍した
チャック・ベリーらと並び、

現在の音楽の主流を占めることになる
リズム・アンド・ブルースや
ロックンロール
創始者の一人と言われており、

「ローリング・ストーンの選ぶ
歴史上最も偉大な100組のアーティスト」
において第25位だった。



テーマ:

<<1925年ファースト・レコーディング!>>





1904年7月10日

テキサス州

ヒューストンで

生まれた彼女は、

 

 

 

 


 

 

 

音楽家、ソングライターで

音楽出版行者だった


開拓ブルーズと

ブギウギ・ピアニストの

George W. Thomas Jr.を

父を持ち・・・。

 

 

 






「それから

彼女の叔母は

伝説的なブルーズ・シンガー

Sippie Wallace

だったのでした。」

 

 

 

 






彼女は1916年に

叔母のWallaceと

一緒に暮らすために


ルイジアナ州ニューオリンズに

引っ越して、


そこで

地元のパーティーや

Storyvilleの赤線地区で

 

 

 

 

 

 

Sippie Wallaceと

歌ったのです。






「彼女は

バレルハウス・

ピアニストとして


彼女の叔母の歌唱力と

彼女の父の才能を

受け継いだのでした。」







1923年に、

彼らは一緒にシカゴに

移って、


1925年に

叔父のHersal Thomasにより

 

 

 

 

リードされた

グループの代表で

最初の録音がなされます。





「その録音には

Louis Armstrongもいて、

 

 

 

 

 

叔父の

Hersal Thomasのピアノは

"Fish Tail Dance"や

その他で聴かれたのでした。」

 

 

 


 

 

☆Hociel Thomas & Hersal Thomas -

Fish Tail Dance (1925)♪







<<ホシール・トーマス2!>>


今回ご紹介するシンガーは

引き続きホシール・トーマスです。

 

 

 

 

 

 

 

そのLouis Armstrongが

彼女をセッションの

バックにつけ録音したのですが・・・。




「ハイ」




彼との吹き込みは

彼女には合わなかった

みたいです。





「ホウ~♪」





そして彼女の評判も

あまり芳しくなかった様です。

 

 

 

 


 

 

 

 

「そうしますと

彼女は

別のチームに鞍替えをするとか

しなかったのでしょうか?」






そうですね。


彼女は1926年2月まで

持ちこたえ、



それから間もなく

ショービジネスから

引退していったそうです。






「いくら優れた才能を

受け継いでいた

としても・・・。」


「やはり相性って

あるみたいですね。」






そうですね。


その才能を充分に引き出せないと

やってる方も辛いばかり

でしょうから・・・。





「そうですね。」






1940年代初期に、

彼女はカリフォルニア州

オークランドへ引っ越して、



1946年に、彼女は

Circle label用に

Mutt Carey と

7曲を吹き込んだそうです。

 

 

 


 

 

 

そして

それが彼女の

最後の録音になったのです。





「・・・・。」

「ちょっと一抹の淋しさを

感じてしまいましたが・・・。」





それがですね。

この最後の録音の内容

と言うのが

驚異的だったそうです。





「と言いますと?」





彼女は魂のこもった

"seen it all"の

ヴォーカリストで、


その演奏は

彼女の父の伝統に

強く根ざしていたそうです。





「やはり彼女の原点は

そこにあったのですね。」





そうですね。


それから彼女は1948年に

サンフランシスコの

Kid Ory's Orchestraで

働いたのですが・・・。

 

 

 


 

 

 

 

「ん?」

「彼女、どうしたのですか?」




彼女は姉妹と致命的な

喧嘩を引き起こしまして、




「ハイ」




彼女の姉妹は

亡くなって、


彼女は盲目になって

しまったそうです。

 

 

 


 

 

 

 

 

「それは悲惨な事件でしたね。」





そうですね。


それで彼女は

殺人の嫌疑をかけられたのですが、



「はい」



無罪判決で慰謝料の

支払いを免除されたそうです。




「そうですか」

「詳細が分からないので

彼女としては良い判決であった

と言うコトでしょうネ!」






そうですね。

ところが

彼女はその2年後に

心臓病により

亡くなってしまったのでした。




「・・・・。」

「そうですか」





ハイ。


彼女にとって

スポットライトは

決して明るくなく


そして

しばし1度だけ

輝いたのだ

と言われています。



 

 

 





☆Hociel Thomas & Hersal Thomas -

Fish Tail Dance (1925)♪

☆Hociel Thomas & Hersal Thomas -

Worried Down With The Blues (1925)♪

☆Hociel Thomas, Lillie Delk Christian - Ain't She Sweet (1927)♪

☆Hociel Thomas & Lillie Delk Christian,I Must Have That Man♪








 

 

☆ホシール・トーマス


Hociel Thomas

(1904年7月10日~1952年8月22日)



古典的な女性のブルーズのスタイルの

アメリカのブルース・シンガー。





<<バイオグラフィー>>




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Louis Armstrong

 

 

 

 

Fletcher Hendersonとの

 

 

 

 

1年間の契約の後

シカゴへ戻ったときに、


彼は彼女をセッションの

バックにつけ録音した。


その翌日,

最初の"Hot Five" のサイドは

制作された。

 

 

 

 

 

☆Louis Armstrong andhis

Hot Five Complete Volume 1♪




しかし、

アームストロングと一緒の

これらの録音は

いろいろな理由で

彼女の才能のための

最高のショーケースではなかった。


そして

ジャズのバフの間での

彼女の評判は

良くはなかった。







彼女は1926年2月まで

持ちこたえた


アームストロングとの

トリオ・セッションで

よく活躍した。




しかし、これらは

20年の間彼女の

最後の記録を証明したのだ。





彼女は20歳で

その年の後

疲れ果てて、


そして

彼女はショービジネスから

引退した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






世界恐慌の間、

彼女のキャリアは

少なくなった。



そして彼女は

音楽以外分野で働いた。



1940年代初期に、

彼女はカリフォルニア州

オークランドへ引っ越した。



1946年に、彼女は

Circle label用に

Mutt Carey と

7曲を吹き込んだ。

 

 

 

 

 

 

それは最後の録音だった。


☆Ostrich Walk -

Mutt Carey & His New Yorkers (1947)♪




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1946年に、彼女は

カリフォルニア州

オークランドに現れた。



Rudi Bleshの

Circle Recordsで

ピアノを弾いて

Mutt Careyとデュエットを

録音した。



これらの記録に関する

彼女の仕事は驚異的だ。



彼女は魂のこもった

"seen it all"の

ヴォーカリストで、


彼女の演奏は

彼女の父の伝統に

強く根ざしていた。





数ヶ月間、彼女は

サンフランシスコ・リバイバル

・シーンに加わって、

Kid Oryの

Creole Orchestraに出演した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





彼女は、1948年に

サンフランシスコの

Kid Ory's Orchestraで

働いた。

 

 

 

 

 

 

しかし、彼女が

彼女の姉妹が致命的になった

ある喧嘩の後、


殺人の嫌疑を受けたときに

これはすべて終わってしまった。





その過程で彼女は

盲目になったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





1948年または1949年に

彼女は彼女の姉妹のひとりと

喧嘩をして

彼女は視力を失い、

 

 

 

 

 

 

彼女の姉妹は

亡くなった。



殺人の嫌疑を受けて

彼女は裁判にかけられて

無罪判決だった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼女はこれら慰謝料の

支払いを免除されたが、


彼女は2年

刑務所からの解放より

長生きするだけだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




彼女は

1952年8月22日

心臓病により亡くなった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼女は

その出生の真ん中と

すぐ後に存在する

すべての実際的な目的で

ジャズの草分けだった。

 

 

 

 

 

 

彼女にとって

スポットライトは

決して明るくなく

そして

しばし1度だけ

輝いたのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                (ウィキペディアより抜粋)

―――――――――――――――――――――――

◆編集後記はこちら
_______________________


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。