ザ・コミュニケーション ”達人への道”(改)  今夜はブルーズ・ナイト♪

妙にブルーズが聴きたくなると言うときってありませんか?それでプレイしている彼らとは、一体、どの様な人物なのでしょうか?これからご紹介するユニークなアーティスト。彼らの生き様がアナタの人生において素敵なスパイスになりますように。

☆ちょっとアナタ
お知らせします。

今回ご紹介する
ブルーズマンは

引き続き
ロバート・ペットウェイ
です。
 



アフリカ系アメリカ人の
ブルーズ・シンガーでギターリスト。

実は、彼については
ほとんど何も分かっていないのです。

彼がミシシッピー州
ヤズーシティ近くの
J.F. Sligh Farmか

そこ(ヤズーシティ)で生まれた
と推測されているくらい。

でも、そこは彼の親友であり、
ブルーズマンの
Tommy McClennanの
誕生地でもあったのでした。


◆俺の為に
     釣ろうとしているんだ♪
只今公開中!
どうぞご覧下さい!
 

テーマ:
<<キャリアは収束して>>





彼は1907年に誕生した彼は

ヤズーシティMSの

周囲で育ち





(yazoocity)






「ミュージシャンとして

パーティー、ロードハウス、



そして他の会場で

プレイを重ね・・・。」








そんな彼にも

相棒(Tommy McClennan)が

出来ます。





(Tommy McClennan)






「そして

彼らはデルタ周囲の

ジュークジョイントで

活動して、


生計を立てるのに

おそらく10年を

費やしたのでした。」








その内McClennanが

Lester Melroseに誘われ




(Lester Melrose)



北部のツアーに出発。








「それから2,3年後の

シカゴでの録音には


彼は参加して吹き込みを

行っています。」









そこで彼は8本のトラックを

カットして

その全ては公式に

リリースされて,



それから次の年にも

彼はもう8曲を

カットしたのでした。







「その数ヶ月後に

第2次大戦が勃発して



(第2次大戦が勃発)




彼の短いキャリアは

収束してゆくコトに

なったのです。」












<<ロバート・ペットウェイ3!>>



今回ご紹介するブルーズマンは

引き続きロバート・ペットウェイです。




(今回ご紹介するブルーズマンは
引き続きロバート・ペットウェイです。)






1941年と42年の

レーベル用の

録音セッションを越えてからは



彼のの人生については

ほとんど何も

分かっていないのだそうです。





「ホウ」

「謎多き人物ですネ!」





そうですね。


更にはこの様なお話しも

実(まこと)しやかに

語られる様になったそうです。





「ホウ」

「さて、そうれはどの様な

お話しなのでしょうか?」






実は彼とTommy McClennanは

同じ時期に録音、活動を

共にしていたワケですが・・・。





「そうですね。」


「彼らは

パートナーでしたから・・・。」






そうです。


そして消息が不明になったのも

その時期が重なるトコロから






「ハイ」





実は彼、

ペットウェイは

Tommy McClennanの

別名でではないか?






「 O H ! 」





そう考えられているそうです。





「でも、ですヨ!」





ハイ。





「Tommy McClennanが

1942年に録音した


 "Boogie Woogie Woman"には


彼とのバックを

聴くことができています。」







そうですね。


それに彼らが

デルタ周囲の

ジュークジョイントで



いっしょに10年間

生計を立てるために


活動を共にしている

トコロからみますと・・・。










「そのお話しは

杞憂(きゆ)に過ぎない

カモしれませんネ!」






それから

彼についての続いての

ナゾと言いますと・・・。






「ハイ」






彼の死についても

これも

公式または非公式で

記録がないのだそうです。





「ナルホド」





Honeyboy Edwards自叙伝にある



(Honeyboy Edwards)




彼の公的な

人生の最後の記録について



書かれた内容から

見てみますと・・・。






「ハイ」






ブルーズ研究家

Jason Rewaldの調査から






彼が1978年5月30日シカゴで

亡くなったのかもしれない

と提案したそうです。






「なるほど」


「ひょっとしますと、

誰かのインタビューか何かで


その死亡した日を

特定したのでしょうネ!」







そうですね。


で、それでも!

・・・です。





「ハイ」





エドワーズによりますと・・・。





「ハイ」






彼がシカゴに引っ越した

カモしれないが、


エドワーズも

そこ(シカゴ)で

生活してたのですが・・・。





「はい」





彼と出会うコトは

なかったのだそうです。






「ウ~ン」


「彼、まったく持って

消息不明だったのですネ!」






そうですね。






「ひょっとしますと彼は

シカゴ界隈で

泥の中に潜って、



心密(こころひそ)かに

誰かに

釣られるコトを

望んでいたのでは?





などと想像してしまいますが

如何でしょうか!」





(Robert Petway”Catfish Blues)




☆Robert Petway - Catfish Blues♪





<☆"Catfish Blues"♪>


<前略>・・・・



Well, if I were a catfish, mama
(さて、もし俺がナマズだったなら、ママ)



I says, swimmin' deep down in the blue sea
(俺は言うのさ、深い青い海の中へ沈み泳ぐ)



Have these girls now, sweet mama
(今これらのオンナたちがいるんだ。ママ)



Settin' out, settin' out hooks for po' me
(釣ろうとしている、(便器の様に惨めな)

俺を釣ろうとしているんだ。)







Settin' out hooks for-h'or me
(彼女か俺の為に釣ろうとしているんだ。)


Settin' out hooks for-h'or me
(彼女か俺の為に釣ろうとしているんだ。)



Settin' down hook for me
(俺の為に釣ろうとしているんだ。)


Settin' down hook for me
(俺の為に釣ろうとしているんだ。)


Settin' down hook for me
(俺の為に釣ろうとしているんだ。)


・・・<後略>



(対訳:宮下秀一)















☆ROBERT PETWAY ' Ride'em On Down '
 Delta Blues Guitar Legend♪

☆Robert Petway - Rockin' Chair Blues ♪


☆ROBERT PETWAY SLEEPY WOMAN BLUES♪


☆Robert Petway cotton pickin' blues♪











☆ロバート・ペットウェイ

Robert Petway


(おそらく1907年10月18日- 1978年5月)





アフリカ系アメリカ人の

ブルーズ・シンガーでギターリスト。





<< 不確かな生と死 >>




彼については

ほとんど何も分かっていない。



彼がミシシッピー州

ヤズーシティ近くの

J.F. Sligh Farmか




(ヤズーシティ)




そこ(ヤズーシティ)で生まれた

と推測されている。


そこは彼の親友であり、

ブルーズマンの

Tommy McClennanの誕生地だ。




(Tommy McClennan)




しかしながら

最近の調査では

彼はアラバマ州ジーベンド

(Gee's Bend, )で



(Gee's Bend)




生まれたかもしれないコトを

示唆している。






彼の名前は

生まれた時には

Pettwayまたは Pettiwayと

綴られたのかもしれない。






彼の社会保障登録によると、

彼は1907年に生まれた。

しかし幾らかの関係者は

1902年を提案した。




彼の死と

死亡の原因は

知られていない。







<< キャリア >>




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1941年と42年の

Bluebird Records用の

録音セッションを越えて

Robert Petwayの人生は

ほとんど何も分かっていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数年後に1941年と42年の

Bluebird Records用の録音は

"Catfish Blues"を含んだ。




(Robert Petway ”Catfish Blues”)




☆Robert Petway - Catfish Blues♪






そしてそれは

Muddy Watersの

”Rollin Stone”に使われた。




(Muddy Waters”Rollin Stone”)


☆Muddy Waters -
Rollin' Stone (Catfish Blues) ♪







これらの制作で高品質なものは

都市に渡り、電気化する前に



我々にデルタブルーズの

本物の響きを与える。






1942年2月20日に

最後のスタジオ・デートの

相手以後

シカゴでロバートの運命は

まったく分かっていない。





実際にRobert Petwayは

彼が協力して

同じ時期に姿を消した

他のブルーズマン、


Tommy McClennanの

別名であることが

推測されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロバートについて

更なる何も分かっていない。

そして

この謎の初期のブルースマンの

1つの既存のイメージだけがある。




もちろんその日付以降

Tommy McClennanについても

はっきりしていない。


そして

彼らが全く同一人物である

推測に至るのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











<< 失踪と死 >>




ペットウェイの死について

公式または非公式で

記録がない。




彼の公的な人生の最後の記録は

Honeyboy Edwardsの



(Honeyboy Edwards)




"nobody I know heard what become of him."

(私が知る誰もが彼に起こったことを

耳にしなかった)

からの引用だ。







ブルーズ研究家の

Jason Rewaldは



(Jason Rewald)




社会保障記録に基づいて




ペットウェイは

Petwayが、1907年10月18日に

アラバマ州のGee's Bendで

生まれ、




そして

1978年5月30日シカゴで

亡くなったのかもしれない

と提案した。





彼の自叙伝では、

エドワーズは、

彼がペットウェイがシカゴに

引っ越したかもしれない。



そこでエドワーズは

生活していた。


しかし彼は決して

そこでペットウェイと

出会うことはなかったのだった

と述べた。



                    (ウィキペディアより抜粋)

―――――――――――――――――――――――

◆編集後記はこちら
_______________________

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。