ザ・コミュニケーション”達人への道”

コミュニケーションについて大切なコト。それはまず相手の方に心から関心を持って共感するコトです。これからご紹介するユニークな人物を、読んで、観て、聞いて、味わって見ては如何でしょうか。彼らの生き様がアナタの人生において素敵なスパイスになりますように。

☆ちょっとアナタ
お知らせします。
今回ご紹介する
ブルーズマンは引き続き

ボー・カーターです。

   



ボー・カーター
(Armenter "Bo" Chatmon)は

下品なイメージを専門とする
彼の曲の中で

性的な比喩を創造するための
無比のキャパシティーがありました。

30年代で最も人気のある
ブルーズマンの一人で、

彼はいくつかのリリースした
アルバムのための十分な素材を
録音したのです。
 
◆その実力はホウカム
(猥褻でユーモラス)を超えて♪
ただいま公開中!
どうぞご覧下さい!
 

テーマ:
<<レコーディング・デビューして・・・>>





彼は1890年後半にミシシッピ州の

音楽一家に生まれました。






「しかも兄弟は全部で11人。」






彼の父親は元奴隷の

フィドル奏者で、


そして

母親もシンガーで

ギターリストでした。






「この父母の影響で

奴隷の頃から白人達のために


パーティなどで音楽を演奏する

古い家柄だったために・・・。」








彼の兄弟も小さい頃から

楽器に慣れ親しみ、


全員がひとりで

幾種類もの楽器を扱えたのでした。










「その中でカーターは

Alec Johnsonをバックに

1928年に

レコーディング・デビューして・・・。


そしてすぐに

ソロとして録音を始めたのでした。」








<<ボー・カーター2!>>



今回ご紹介するブルーズマンは

引き続きボー・カーターです。




(今回ご紹介するブルーズマンは
引き続きボー・カーターです。)






「さぁ!ソロ活動の始まりですネ!」





その前に

ちょっと、この曲を

聴いて頂けますか?




(Banana in Your Fruit Basket)



☆"Banana in Your Fruit Basket,"♪
(君のフルーツ・バスケットにバナナを)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Banana in your fruitbasket recorded

by Bo Carter (Chatman) on 4th June 1931

in New York City for Columbia.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




I've got a brand new skillet,

(僕はブランドの新しい
フライパン<恋人>がいて、)



i've got a brand new lead,

(僕はブランドの新しい鉛<生活>を送って、)



all I needs is a woman,

(僕が必要とするのはひとりの女性さ、)


just to burn my bread.

(僕のパン<お金>を焼く<求める>ためのネ!)





And I'm tell in' you baby,

(そして、僕は言うのさ、可愛いい君!)


I sure ain't goin' tonight.

(僕は今夜 イッテ いないんだ。)



Let me put my banana in your fruitbasket

(君のフルーツ・バスケットに

僕のバナナを入れよう。)



and i'll be satisfied.

(そして僕は満たされるんだ。)




<Lyric Wikiaより抜粋>(訳:宮下秀一)







「これは・・・。」


「ちょっと、

お下品(げひん)とも

取れる曲では

ないでしょうか?」







そうですね!



彼は、

しばしばホウカム

(猥褻でユーモラス)な

影響下で

覆われるコトがあって、



曲の中では

リスキーで

下品な歌詞と比喩を

使用したそうです。




(Banana in Your Fruit Basket)






「ウ~ン」


「これはやはり

黒人だけではなく、


白人層も含めた

あらゆる観客に

受けるタメに・・・。」







そうですね。


ある意味

観客に受けすぎて、



彼も方も

辞(や)められなくなったのカモ

しれませんネ!





「 O H ! 」





ちなみに他の曲のタイトルだけ

ご紹介しますと、



”Let Me Roll Your Lemon",
(君のレモンを転がせて)


"Banana in Your Fruit Basket",
(君のフルーツ・バスケットにバナナを)


"Pin in Your Cushion",
(君のクッションにピンを)


"Your Biscuits Are Big Enough for Me",
(君のビスケットは僕には十分すぎる)


 "Please Warm My Wiener"
(僕のウィンナーを温めてくれ)



そして

 "My Pencil Won't Write No More".
(僕の鉛筆は思いの外、書ける)

の様な猥褻な歌で

彼は有名になったそうです。






「ウ~ン」

その曲タイトルのすべてが

明らかに

意味深(いみしん)ですネ!」











そうですね。






「もしかしますと!

芸人が

有名になった役どころから

抜け出せない様に、


このままでは

彼もこのイメージに喰(く)われて

しまいませんか?」







そうですね。


このスタイルのために

ブルーズ研究家の中には

彼の存在を取り合うことなく、


時々見落されていたコトも

あったそうです。






「 O H ~ 」







それでも

特にキャリア後半に

彼は、よりシリアスな


ブルーズ・ナンバーを

録音したそうです。






「 O H ! 」

「ちょっとダケ、

希望の光が見えてきました!」







そして彼はまた

最初に


スタンダード曲

 "Corrine Corrina" (1928)

を録音したのです。



(Bo Carter ”Corinne Corrina”)




☆Bo Carter - Corinne Corrina♪






「 O H ! 」

「実に和やかな雰囲気ですネ!」






そうですね。



この曲は後に

Big Joe Turnerのヒット曲になり、



(Big Joe Turner)


☆Corrine, Corrina
by Big Joe Turner 1956 ♪






色々なミュージカル・ジャンルの

スタンダードになったのでした。





「ウ~ン」

「これはコレで、

実にノリが宜しいですね。」





そうですね。


彼の才能と言うコトになりますと、


彼の曲の中で

性的な比喩を創造するための

無比のキャパシティーがあったコトと・・・。






「ハイ」






30年代で最も人気のある

ブルーズマンの一人で、



彼はいくつかのリリースした

アルバムのための十分な素材を

録音したと言われています。






「 O H ! 」






そして彼は

並外れた

最初のギター弾きだったそうです。




(そして彼は並外れた
最初のギター弾きだったそうです。)






「ナルホド!」





彼の才能は

より深刻な

ブルーズのテーマのため



リスクのあるビジネスを越えて

拡がっていったのでした。







「ウ~ン」


「彼の様に

実力のある者は、


何もやっていても

周囲を引きつけて止まない

何かがあるのでしょうネ!」







そうですね。


その証拠に彼の亡くなった後

1968年に3枚のアルバムが

Yazooからリリースされましたが・・・。



(Bo Carter 1931-1940)




「ハイ」





実は、彼は幾つかの

異なるチューニングを使い。





「 O H ! 」





その録音のほとんどが

ソロ・ヴォーカルとギターによる

パフォーマンスだったそうです。






「なるほど!」



「彼はひとりでも

十分やっていける自負もあり、


そして、


その彼のソロ活動が

Mississippi Sheiksの人気にも


一役買ったと言うのも

うなずけますネ!」










☆Bo Carter- Pig Meat Is What I Crave♪

☆Bo Carter - Ants In My Pants ♪

☆Bo Carter - Pussy Cat Blues ♪

☆'Twist It Baby' BO CARTER,
Delta Blues Guitar Legend♪


☆Bo Carter- Beans ♪











☆ボー・カーター

Bo Carter

(1893年<6月30日?>3月21日~1964年9月21日)


アーメンター・チャットモン

(Armenter Chatmon)は

ボー・カーターとして知られており、



初期のアメリカのブルーズ・

ミュージシャンだった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボー・カーター

 (Armenter "Bo" Chatmon)は

 
"Banana in Your Fruit Basket,"
(君のフルーツ・バスケットにバナナを)








 "Pin in Your Cushion"
(君のクッションにピンを)





そして


 "Your Biscuits Are Big Enough for Me”
(君のビスケットは僕には十分すぎる)



の様な下品なイメージを


専門とする

彼の曲の中で

性的な比喩を創造するための

無比のキャパシティーがあった。




30年代で最も人気のある

ブルーズマンの一人で、

彼はいくつかのリリースした

アルバムのための十分な素材を

録音した。





そして彼は

並外れた最初のギター弾きだった。


でなければ

それらのアルバムの3枚は

Yazooによって発売されなかった。

(カーターは彼の録音で

幾つかの異なるチューニングを使った。








そして

そのほとんどが

ソロ・ヴォーカルとギターによる

パフォーマンスだった。)






カーターの才能は

より深刻なブルーズのテーマのため

リスクのあるビジネスを越えて

拡がった。





そして彼はまた最初に

スタンダード曲 "Corrine Corrina" (1928)

を録音したのだった。



(Bo Carter ”Corinne Corrina”)




☆Bo Carter - Corinne Corrina♪





カーターと彼の兄弟Lonnieと

Sam Chatmonもまた

シンガーでギターリストの

Walter Vinsonと一緒に

Mississippi Sheiksのメンバーとして

録音したのだ。




(Mississippi Sheiks)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






< 経 歴 >



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソロ・アーティストとして、

ボー・カーターはまた

かなりのレコーディング成功を楽んだ。



そして、

しばしばホウカム

(猥褻でユーモラス)な影響下で

覆われてしまい、


彼の歌の中でリスキーで

下品な歌詞と比喩を使用した。




(Banana in Your Fruit Basket)





彼のスタイルにより

真摯な(態度)としての彼の音楽は


ブルーズ研究家には

考えられず、

時々見落されていた。




それでも特にキャリア後半に

彼はよりシリアスな

をブルーズ・ナンバーを録音した。




そして、彼は1928年に

スタンダード曲 'Corrine Corrina'を

吹き込んだ最初の人物だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1960年代以来カーターは

”Let Me Roll Your Lemon",
(君のレモンを転がせて)



"Banana in Your Fruit Basket",
(君のフルーツ・バスケットにバナナを)



"Pin in Your Cushion",
(君のクッションにピンを)



"Your Biscuits Are Big Enough for Me",
(君のビスケットは僕には十分すぎる)



 "Please Warm My Wiener"
(僕のウィンナーを温めてくれ)




そして

 "My Pencil Won't Write No More".
(僕の鉛筆は思いの外、書ける)



の様な猥褻な歌で有名になった。




しかしながら

彼の表現は

際どい曲だけではなかった。





1928年に、彼は

”Corrina、Corrina”のオリジナル版を

録音した。



その曲は後に

Big Joe Turnerのヒット曲になり、




(Big Joe Turner)



☆Corrine, Corrina
by Big Joe Turner 1956 ♪






色々なミュージカル・ジャンルの

スタンダードになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






彼は110サイドを録音、

1930年代の支配的な

ブルーズ録音のひとつになった。




彼はまた

家族のグループMississippi Sheiksで

そして幾つかの活動で

プレイして運営した。




(Mississippi Sheiks)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カーターは The Mississippi Sheiksに

ギターや時としてヴァイオリンで

参加していたこともあるようですが、


そのバンド以前に

(彼が 1928年、Mississippi Sheiksの方は

 1930年が初録音)既に

レコーディングも経験しており、




一人で充分やって行けた

せいもあるのでしょうが、

個人としての活動に専念していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






彼とSheiksはしばしば

黒人のための

ブルーズ・レパートリーの様に


白人客のために

その日のポップのヒット曲や

白人が求めるダンス曲を

プレイした。


                    (ウィキペディアより抜粋)

―――――――――――――――――――――――

◆編集後記はこちら
_______________________
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。