3月11日(日)
高田馬場TAOプレイスリラックスワークに参加してきました。


テーマは
『心とからだを開く 服気法アラカルト②』
~生命エネルギーを活性化する呼吸法~

 

 

服気法とは、気を服する観想(イメージ)を伴った呼吸法。
宇宙、自然とつながる呼吸法。

 

前回は
背骨を意識した陰陽服気法やキラキラなエネルギーで頭を洗い流す洗脳服気法を習いました。

今回は太陽服気法や三段服気法を習いました。


服気法も色々あるんですね。
観想(イメージ)を使うととてもやりやすかったです。

 

特に今回一番ビビビ!っときたのは、
人体を乾電池に例えた日常のエネルギー管理のワークです。
(気のエネルギーと心の関係)

自分の日常のクセ、習慣を改めて振り返れる時間となりました。


・気(エネルギー)を浪費する
・気(エネルギー)を奪う
・気(エネルギー)を高める
・気(エネルギー)を方向づける
↑の具体的な要因を学びました。

 

知らず知らずに自分で自分のエネルギーをだだ漏れさせていることにびっくり(゜ロ゜)!
せっかくエネルギーを充電しても、漏れ漏れでした…。

 

私のクセの1つは
すぐに自己否定に矢印が向くこと。


①「これはやろう!」、「いいこと学んだ!」、

「目からうろこ落ちちゃった!衝撃的な感動!」などと思った出来事があった。

②しばらく経つと忘れている

③再び習ったときに
「あの時衝撃的だったのに、私すでに忘れている(^-^;ガビーン。」

④「なぜ、なぜ貴方は忘れたの!」と自分に矢印が向く(否定)

⑤ため息(エネルギー漏れ漏れ)

という負のスパイラルに落ち入りやすいクセ。


多分、完璧意識やいいこちゃん意識が出てくるのかな。
いやぁ~無駄なことしてる(笑)

 

なので~これからは、
多分また色々忘れちゃうけど、自分を責めずに、
「またいいこと知れた!」
「繰り返して学べるってありがたい!」
「繰り返し教えていただけるのは、重要なことなんだ!よし、今度は忘れないようにしよう!」
という気持ちに変換していこうと思います。(自己宣言(^^))


意識(心)で変えられる、切り換えられる。

そして、改めて自分の呼吸と向き合えた時間となりました。
最初は背骨が動いていない呼吸だったけれど、

身体と心が緩んだあとの呼吸は、自然と背骨が連動して動く。
天と地とつながる呼吸。

 

相対で組んだ方の言葉が印象的でした。
「夜寝てから、朝また起きれることってすごいよね、当たり前にできることに感謝したい。」

 

帰り道、いつもよりゆっくり歩きたくなっている自分がいました。

今回も、ありがとうございました!

 


次回は4月8日(日曜日) 
テーマは
『ハートとつながる瞑想法』

 

 

※あくまでこの文章は私個人的な感想です。感じ方は人それぞれ。
今回のイラストは
「エネルギーだだ漏れ~蛇口バージョン~」

 

 

 

 

 

 

 

 

2月11日(日)
高田馬場TAOプレイスリラックスワークに参加してきました。


テーマは
『心とからだを開く 服気法アラカルト』
第一回 (全二回)
~生命エネルギーを活性化する呼吸法~

 

服気法とは、気を服する観想(イメージ)を伴った呼吸法。
宇宙、自然とつながる呼吸法。

イメージを使うと、その他の雑念があまり出ず集中しやすかったです。

自分の身体をエネルギー体(波動) 
として捉え、自分の外と内のエネルギー交流をしていく。

 

練気でもよく言われますが、
大事なことは
・脱力&背骨の意識
・下半身安定(上虚下実)
気血の流れをよくする。


私は普段頭で考えすぎたり、心配しすぎたり、スマホやテレビ等で情報過多になったり、
上虚下実の逆の上実下虚?になっていることが多いなぁ。
その時に横押しされたら下半身フラフラ不安定だろうなぁ。
エネルギーだだ漏れ状態(^-^;
だからこそ、普段の意識が大事だなぁ。

 

ワークでの
「背骨揺らし」と 
「背骨の運動」で 
椎骨1つ1つを意識。
1つ1つを意識すると、背骨全体が意識しやすくなりました。 

 

意識しやすくなると、 
中心軸をいつもより感じていました。
地に足がついている グラウンディング感覚が 強くなりました。
まさに、上虚下実! 

 

服気法のおかげで、「呼吸」もエネルギーを活性化する方法として体感することができました。

エネルギーはあまり見えないけれど、
見えなくてもある。
見えないものをないものとしない。ようにしていきたいです。

 

相対ワークから、
自分の外側のエネルギーのふち(へり)が、どこまでか分からないなぁ~と感じました。
『気配を感じる』ということも、なんだかそう考えるとおもしろい。

今回も、ありがとうございました!

 


次回は3月11日(日曜日) 
テーマは
『服気法アラカルト』
(二回目)

 

※あくまでこの文章は私個人的な感想です。感じ方は人それぞれ。
そして、今日の工作は…
瓶のキャップからの「椎骨ちゃん」
若干、椎間板が出ていますが、ご愛嬌(笑)

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

その他の皆さんの感想は

こちら「メルマガ/バックナンバーブログ」

からご覧ください。

 

 

 

先日、メルマガに更新した内容をシェアします!

 

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

弓道の達人と弟子の問答から学ぶ

「弓と禅」シリーズ①

 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 
 
 
 

2018年の

「TAOプレイスお正月修練」のテーマは、

『脱力が語る心の境地』

〜無為自然の生き方を体感する〜

でした。

 

 

今回は、

「弓と禅」という著書の

一部をご紹介しながら、

日本の武道である

弓道の極意を通して

TAOプレイスの学びの

方向性を体感していきました。

 

 

「弓と禅」の著者、

オイゲン・へリゲルと、

弓道の達人、阿波研造師範

とのやり取りは、

TAOプレイスで学んでいる

修練生にとって、

とても参考になる

興味深いエピソードが

たくさんあります。

 

 

そのいくつかをシリーズにして、

ご紹介していきます。

 

 

戦前の日本、

大正から昭和初期にかけて

ドイツからやって来た哲学者

へリゲル氏の気持ちを

想像しながら読んでみて下さい☆

 

 

日々の修練の方向性を確認する

手助けにしていただければ

と思います。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■

【1】「弓と禅」シリーズ①

■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

ドイツ人哲学者の

オイゲン・ヘリゲル氏は、

大正13年(1924年)、

東北帝国大学に招かれて

哲学を教えるべく来日し、

昭和4年(1929年)まで

講師を務めます。

 

 

へリゲル氏は、兼ねてから

禅に興味を持っていました。

 

日本武道が禅の影響を強く

受けていることを知ったヘリゲル氏は、

日本文化の真髄を理解しようと、

当時、仙台で弓道師範として

その名を轟かしていた

阿波研造師範に弟子入りし、

弓道を学び始めます。

 

さて、

阿波研造師範のもとで

弓道修練を始めたヘルゲル氏に対して、

師はまず自分の射を見せ、

そして修行の初期段階から

脱力することの重要性を

説いていきます。

 

 

 

|――《「弓と禅」より》——————

| 師範のすべての動作は、

| 単に大変立派であるばかりでなく、

| しごく造作のないもののように思われた。

|—————————————————

 

 

 

初めて師範が弓を引く

姿を見たヘリゲル氏は、

そのときの印象を

このように表現しています。

 

師範の射は、

ただ立派なだけではなく、

“しごく造作のないもの”

のように映ったのです。

 

それはまさに、

『無為自然』の射

と言えるでしょう。

 

 

 

|――《「弓と禅」より》——————

| それからいよいよ

| 師範が教えてくれた。

| あなたも同じようにしてください。

| しかしその際、弓を射ることは、

| 筋肉を強めるためのものではない

| ということに注意してください。

| 

| 弓の弦を引っ張るのに

| 全身の力を働かせてはなりません。

| 

| そうではなくて

| 両手だけにその仕事をまかせ、

| 他方腕と肩の筋肉は

| どこまでも力を抜いて、

| まるで関わりのないように

| じっと見ているのだということを

| 学ばねばなりません。

| 

| これができて初めてあなたは、

| 引き絞って射ることが

| “精神的に”なるための

| 条件のひとつを満たすこと

| になるのです。

|—————————————————

 

 

原文のままでは、

少し分かりにくい表現が

あるかもしれなせんが、

師範に、このように言われた

へリゲル氏は戸惑ってしまいます。

 

 

「弓の弦を引っ張るのに

全身の力を働かせてはなりません⁈」

 

力を入れずにどうやって

弓を引くことが出来るのか⁈

 

おそらくそう思ったことでしょう。

 

さらに

「腕と肩の筋肉はどこまでも力を抜いて、

まるで関わりのないように

じっと見ているのだということを

学ばねばなりません。」と。

 

つまり

脱力するだけではなく、

その自分をじっと

「観察する」ことが重要

であることを説かれます。

 

それこそが、

弓道が精神性を高めるための

修行であるということを

教えられたのです。

 

しかし、

実際に弓を引いてみると、

師範が言われたことが

途方もなく難しいことを

身を以て思い知っていく

ことになるのです。

 

 

 

。。。。《続く》。。。。

 

 

 

 

次回をどうぞお楽しみに♪

 

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました♪ 




 

 

 

 

 

 

 

★☆…………………………… 


 

▼ご意見やご感想をお待ちしています。

infotaopl★gmail.com

★を@変えてください 


 

 

▼バックナンバー(過去記事)

http://taoplace-news.blogspot.jp/ 


 

 

▼体験見学のお申し込み

http://www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

▼公式ホームページ

http://www.taopl.com 


 

 

▼たおやか通信(オフィシャルブログ)

http://ameblo.jp/tao-oneness 


 

 

▼フェイスブックページ

https://www.facebook.com/taoplace/ 



 

 

 

★☆……………………………… 


 

3月・4月の休講日

テーマ:

3月・4月は

お休みが変則的になっています。

 

そこで

3月〜4月までの「休講日」と

振替修練日等について

お知らせいたします。

 

お間違えのないよう

よろしくお願いいたします。

 

 

Index————————————

【1】3月の休講日

【2】4月の休講日

【3】3月のセミナー

———————————————

 

■□■□■□■□■□■□■

【1】3月の休講日

■□■□■□■□■□■□■

 

■3月24日(土)

 全コース 休講

 (振替修練日 3月31日)

 

■3月26日(月)

 内功探求コース 休講

 

■3月29日(木) 

 少林内功一指立禅コース 休講

(19:00〜「TAOセルフチューニング講座」開催)

 

■3月30日(金)

 全コース 休講

 (フォローアップ修練も休講)

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■

【2】4月の休講日

■□■□■□■□■□■□■

 

 

■4月17日(火) 練気柔真法コース 休講

 

■4月23日(月) 内功探求コース 休講

 

■4月30日(月) 内功探求コース 休講

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■

【3】3月のセミナー

■□■□■□■□■□■□■

 

 

■3月29日(第5木曜日)

「TAOセルフチューニング講座」

 

☆チラシはこちら☆ 


https://drive.google.com/open?id=1A1GNjZyBbBHpbvGbGum8lPphhe3aUffL

 

・19:00〜21:00

・9:30開場

・どなたでも参加可能

(単発参加可)

・3,000円

・講師 宮崎剛史

 

☆ 会場(TAO プレイス道場)はこちら☆    

http://www.taopl.com/access/index.htm

 

☆ お申込み(TAOプレイス事務局)はこちら☆  http://www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

……………………………… 



 

 

■3月25日(第4日曜日)

「心と身体にやさしい健康セミナー 
」

 

【テーマ】
 

『春がきた*自律神経を整えよう!』

~外部刺激に反応しない心身の調整法いろいろ~

 

☆ チラシはこちら☆ 



https://drive.google.com/open?id=0BwnOt34b4B53b2xjQ2V0ak5ySDJaQ1lQLUZsSVZjampzZEpn

 

 

・2018年3月25日(第4日曜日)

・10:00〜12:00

・9:30開場

・どなたでも参加可能

(単発参加可)

・2,000円

・講師 鳥居由美子

・和乃会主催

 

☆ 会場(TAO プレイス道場)はこちら☆    

http://www.taopl.com/access/index.htm

 

☆ お申込み(TAOプレイス事務局)はこちら☆  http://www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

...........................................

 

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました♪ 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

少林内功一指立禅 自分メモ(2月15日)
@高田馬場TAOプレイス

 

 

腕の通関技法での気づき

 

 

私はずっと、

腕の通関技法は「身体の痛い所や気になる所を、手の気のボールでヒーリングして癒す」位に捉えていたことに自分でびっくりした!

「気を通りやすく(流れやすく)する」ということを意識していなかった。

 

身体の硬かったり、痛かったり、気になる所に、手の気を当てて緩め、流れをよくする(脱力する)。

気を当てることでどんどん緩み、余計な力が抜けていき、より脱力し、グラウンディングが深まる。
胸鎖関節、胸、脇のあたりに手を当てて気を通してみたら→より腕の力が抜けた感じがした。

 

導引体操でも身体の緩みにくい所に手を当てたり呼吸を通したりする。
手の気で緩めていたんだった!(゜ロ゜!
つい、違うもの(形)になると、繋がらずに違うように考えたりしちゃう。

 

同じなのになぁ。

 

一指立禅1年11カ月目。
なんかやっと大事な感覚に気付けた気がした。

ちょっとワクワクした。
ゆっくりゆっくり歩んでます。

 

今月の練気柔真法のテーマが「沈肩墜肘」だから胸鎖関節、胸、脇を緩めるということが意識にあったから気づけたのかな。

 

通関技法は自分でやろうとせず、手の気のボールにおまかせする感覚。
不思議と導いてくれる感覚がたまにある。おもしろい。

 

練気の技ができないとき、先生が私の力が入っているところを見抜いてそこにフワッと手を触れてくれると、なんかできちゃったりする。

 

その気を当てられて緩んだ身体の感覚が本来の生まれ持った感覚なんだろうな。
長年生きてきて、緊張の感覚に慣れてしまっているけど(^-^;

 

繰り返し繰り返し、感覚を思い出す作業。そんな習い事に出会えて嬉しいです。

 

あくまで個人的な感想です。
感じ方は人それぞれ。

 

 

(引用↓)
「少林内功一指立禅」とは…
中国の福建省にある少林寺に伝わる練功法(気功法)です。

「梯形手勢」という一指立禅独特の姿勢で行います。

経絡(気の流れる道)を刺激し気血の流れを調え、手指から出る気を強化し、内気外放(身体の中の気を外に投射すること)を可能にします。

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

ただいま

2018年新期コース生を募集しています♪

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ♪

https://secure02.blue.shared-server.net/www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

 

 

 

 

たいへんお待たせいたしました!!

 

ベル「内功探求コース」2018年度 新期生募集のご案内です。

 

 

「内功探求コース」は

TAOプレイスにはめずらしく、

4月からの1年間のカリキュラムが

組まれているコースです。

 

募集は、年に1度、この時期限定になっています☆

興味のある方は、ぜひご参加ください!!

 

 

チラシはこちらです。

 

 

☆お申込み・お問合せはこちらからどうぞ☆

https://secure02.blue.shared-server.net/www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 2018年4月生《第21期生》募集中!

「少林内功一指立禅と小周天気功コース」

 

 

昨日から今日にかけての暖かさで、

ここ、高田馬場の桜たちは

ほのかなピンク色のつぼみを

一気に膨らまし始めました!

 

いよいよ春がやって来ます♪

 

TAOプレイスのコースでも

4月から新学期を迎えるコースがあります。

 

 

ベルチラシはこちらです。

 

4月から1年間の期間限定のコースです。

(途中からのご入会lはできませんのでご了承ください)

興味のある方はぜひご参加ください♪

 

 

☆お申込み・お問合せはこちらからどうぞ☆

 

 公式ホームページ「お問合せ・お申込み

https://secure02.blue.shared-server.net/www.taopl.com/contact/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

先日、 
TAOプレイスの道場に 
声優の青木瑠璃子さんが 
太極拳の体験取材にみえました♪ 
 

 

その体験レポートが 
「月刊ニュータイプ」公式サイト 
KADOKAWA「WebNewtype」のコラム 
に掲載されました(2/26更新)☆

 

 

青木さんは 
とてもチャーミングで、 
しかも理解力があり、 
体験レポートは 
おもしろ楽しく、 
それでいて 
TAOの学びのエッセンスも 
しっかりと盛り込まれ 
ていました。 


また写真を見ると、 
太極拳の型もキマっています!!


☆ 青木さんの体験記&写真はこちら☆ 
 



KADOKAWA「WebNewtype」 
コラム(2/26更新) より

.................................................................................................................

    青木瑠璃子のリアルダンジョントラベラー

 

 青木瑠璃子よ、太極拳で地球を感じろ! 
.................................................................................................................



みなさんこんにちは、 
青木瑠璃子です。 
 

今回お邪魔したのは 
「TAOプレイス」さん。 
 

太極拳を体験して参りました! 
 

わたしの中の太極拳のイメージは、 
“中国のおじいちゃんが公園で 
朝やっているやつ”。 
 

以前中国に行った時に 
やっている人がいて、 
日本のラジオ体操みたいな 
ものなのかな? 
と思っていました。 
 

しかし 
実際にやってみると 
ただの体操・運動ではない!  
 

TAOプレイスさんで 
行なっている太極拳は、 
脱力流体による太極拳。 
 

体の力を抜いて、 
自分の体を個体ではなく 
液体のように捉える。 
 

そして体を動かす上で何を考え、 
どんなイメージをして、 
どこに重心を置いていくか。 
 

頭で考えるだけではなく、 
まさに「考えるな! 感じろ!」 
といった体験をさせていただきました。 
 

一つ一つの動きが 
ゆっくりな太極拳ですが、 
先生が言うには 
「ゆっくりと動く理由は、 
その間に自分に起きていることに 
気づくことができるから。 

地球・自然・自分とのつながりを 
意識することで、世の中の見え方、 
自分の見え方が違ってくる」 
とのこと。 
 

体を動かすと心も動くって、 
太極拳のみならずスポーツでも 
単純なトレーニングでも 
実感できることですよね。 
 

今回の太極拳の場合、 
それを意識しながら動いたので、 
その実感具合がすごくてやばくて 
わかりみが深い。 
って感じでした。 
 

突然語彙力がなくなりましたが、 
書いて表せるものではないのだこれは!  
 

それじゃあコラムの意味がないって!?  

ええい! いいんだもん!  
 

ポーズもかっこいいし服も可愛いし、 
いい感じの写真が撮れるんだもん!  
 

写真みて興味あったらやってみてくれ!  
 

わたしはこの太極拳の後に 
マッサージに行こうかと 
思っていたんだけど、 
体を動かしてリラックスした結果 
行かなくても 
なんか体がポカポカしたから 
「えっこれ太極拳に通おうかな」 
って真剣に考えているぞ!!




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆