名前をつけてやる。

本当はそれで本当はそのままで何もかも素晴らしいのに。


テーマ:

大変なシーズンでしたが、J2残留を決めてくれました。

 

本当にアンフェアな状況だった。

 

日本中のサッカーファミリーの温かい後押しは本当にありがたかったですが、

結局Jリーグ側は「熊本という局所で起きた災害だから、しばらく待ってやる

し今期の赤字は不問にしてやるけど、出来なかった日程はどこかで消化し

なきゃならんしそれで負け続けるんだったら黙ってJ3に落ちていけ」という

回答をしてきたのであって、色々なエクスキューズはあるとしても本質は

変わらないと思う。

 

一か月ろくに練習もできずに実家が全壊した選手もいて、東日本大震災とは

異なりその間にほかのチームは日程を進めていて。

震災後に消化できなかったゲームは、最も不得手としている夏場のミッドウイーク

に組み込まざるを得なくて。

 

それだけではなく、昨年は毎週テストマッチを組んで控え組の底上げや試合勘の

維持を図っていたところ、今期の過密日程でそれも出来ず。

天皇杯での周平や鈴木の出来を見るにつけ、そこも相当大きな損失だったと思う。

 

正直なところ、よく残留してくれたというのが本音だし、開幕ダッシュがなければその

まま降格の淵まで落ちていた可能性は相当高かったろう。

それぐらいのハンディキャップを、熊本は負うていた。

 

熊本一チームだけが、ハンディキャップを負い続けてシーズンを進めていた。

 

Jリーグは、本気で考えたほうがいいのではないか。

 

あの後、震度六弱の地震が鳥取県でも起きた。

過去には大火や水害なども日本では起きており、局所的に甚大な被害が出て、ある

一チームが今期のロアッソのように、一方的に不利益を被る可能性はある。

 

うちは残れたからいい。

ほかの土地で同じことが起きたら、また同じハンディキャップマッチを強いるのか。

 

震災直後に山本昌邦氏が「今期の熊本が残留できれば、優勝ぐらいの価値がある」

「Jリーグは、現時点で熊本を残留させる措置を考えてもいいのでは」と書いていた。

 

例えば「J1昇格を断念すれば、今期のJ3降格はないこととする」みたいに、当該クラブ

に選択肢を与えてもいいと思うんだけど、何か考えないといずれ悲劇が起きると思う。

 

 

ともあれ。

今年の熊本は、降格してはいけなかった。

 

まだまだ小さなクラブだし、今後そういう危機はあるかもしれないし、ぶっちゃけ落ちる

可能性だってあると思う。

 

でも今年だけは、絶対に降格してはいけなかった。

そこをしっかり守ってくれた。

 

つい最近、「確かに今年はちょっとしたイレギュラーがあったけど」みたいなことを

某所に書いてあるのを見たけど。

 

全然ちょっとしたイレギュラーなんかではなかったと思うし。

先述したように、震災後一か月にとどまらず、夏場もそのあとの選手層の底上げと

いう意味でもダメージを与え続ける、本当に致命的に近いハンデだった。

 

おそらく被災民であろう、サポーターにも一部そういう物言いをする人がいる状況。

これは今の熊本で感じてる温度差ではあるので、仕方ないとは思うんだけど。

 

それでも、そもそも監督も選手たちも、そのことを言い訳にはせず。

ひたすら被災地を背負って戦い続けてくれたのであって。

 

本当に今期を走り切ってくれた選手たちに感謝したいと思います。

 

今期の復帰直後の千葉戦や町田戦。

過密日程解消後も熊本ゴールに刺さり続けた相手のスーパーゴール。

 

その都度、サッカーに神様なんていないと思ったけど。

 

最後、ホームでカモンロッソできたのは、頑張った選手やサポーターへのささやかな

ご褒美だったのかも知れませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく二度にわたったハンディキャップマッチが終わったわけですが、

これをもって条件はイーブン!言い訳なし!というわけでもない。

 

ようやくほかのチームと同様に当たり前の休みをとれ、練習ができる

ようになるだけであって、ここまでの蓄積疲労は考えないといけない。

直ちに好転する保証はないです。

 

それでも、当たり前に試合ができるようになる。というのは、相当大きい

と思うんですよ。

 

愛媛戦の4-1-4-1は、高柳と周平を並立させる一つの方法だと

思うし、そこまでうまくいかなかったけど、これはサイドバックであり、両

センターハーフが前を追い越さないと攻撃がなかなか成り立たない。

 

一生懸命やってましたが、疲労の影響がそこは大きかったと思うので、

当たり前に試合ができ、コンディションを整えられるのはいい。

変わり身が期待できると思う。

 

さて。

スタジアムやネットで、辛辣な意見も目に耳にしますが。

 

熊本地震が起きたのは今年四月のことだと、もう忘れてるかのよう。

 

地震のせいにするな。

というのは己の戒めとして言う言葉であって、他人に強いることではない。

 

みんな被災者で、みんな地震から立ち直ってここまで来てるわけで。

 

もちろんリーグに復帰したからには地震の影響とばかりは言ってられなくて、

勝ち点を取っていかないと未来がなくなる。

 

七月八月の猛暑の時期に目一杯延期試合を詰め込まれて、延期しといて

やったんだから、これで無理なら黙って落ちていけや。とばかりの仕打ちを

リーグから受けているわけですが、それも乗り切らないといけない。

 

それは分かってるんですが、同じ熊本で被災したサポーターが、後ろから撃つ

かのような罵声を浴びせるのはどうなんですかね。

走れ、もっとやれ、●●いらねえとか、それが厳しくするってことかね。

 

地震忘れたの?早すぎねえ?

 

みんな多かれ少なかれ怖い思いをして不便を体験して、家が損傷した人も

いるでしょうし、精神的にいまだ落ち着かない人だっている。

本棚から落下したエロスあふれるDVDを、嫁に見つかった人だって少なからず

いるはずです。

 

必要以上に称賛する必要もないですが、それを無視してやたら批判するのが

フェアだとはどうしても思えない。

 

まあ、罵声を浴びせるのも勝手なのかもしれず、あえて止めはしませんが。

 

せめて、地震があっても熊本に残ってくれ、熊本のためにボランティアなどを

行ってくれ、そして熊本のために戦ってくれる選手スタッフを、僕はリスペクト

して応援していきたいと思いますよ。

 

落ちるときは俺も一緒に落ちるから。

コンディション整えて、もう開き直ってやってほしい。

 

あと、DVDは本棚に隠さないほうがいいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

采配ミスとか断じてる人も多かったですが、イーブンからやや

ロアッソのペースでスコアレスで進んでいる中、カードを切る

のは難しいと思うんですよね。みんなそれなりに機能してた

から、イーブン以上で進むわけで。そこに手を入れるのは。

 

自分なら二枚目で若干早めに雄登を入れたかもしれませんが、

これも結果論で。それでバランスを崩す可能性もある。

 

一点取られてから二枚変えても遅いみたいな論調が多いですが、

一点取られてなきゃ二枚同時にオフェンシブに変えないですね。

一点取られたからああしたわけで、最初からあそこで二枚切る予定

なはずはなくて。

 

スコアレスで行ってれば、少なくとも一枚はギリギリまで残しておく

のがセオリーだと思います。

 

まあ責任を取るのは最終的には監督ですし、大変な商売ですよね。

 

 

それはともかく。

 

代表でもクラブでも、負けが込むと「もっと厳しい目で見ないと」みたいな

声が出ますが。

 

厳しい目で見ないと好転しない。

 

という理屈がわからない。

 

厳しい目で見るのは構わないし、自由ですけどそれが状況を好転させる

ために必須である、もっと言えば「こんなことは言いたくないけどチームの

ために」みたいに構えられてしまうと、首をかしげてしまう。

 

自分は飛ばさないけど罵声も結構だとは思いますが、それがホントに

チームのためになるかというと、はなはだ疑問なわけです。

 

試合中のスポーツから発する熱というのはすごくて、そこで自分の思う結果に

ならなかったら文句も言いたくなるんだろうし、そのへんはパッションの一つの

帰結だと思うので、試合後のカオスの中で罵声などが発せられるのは分かる

んですよ。分かるし、みんながスタジアムで聖人君子であるわけはない。

 

でも、それはあくまで、自分の感情を弾けさせてるだけだと思うのでね。

 

僕もだらけたように見えれば文句の一つも言いますし、すべての試合でよく

頑張ったねって拍手するわけでもないですが、その文句で選手たちがよくなって

くれるとは全然思ってない。

 

言いたいから言ってるだけ、我慢できないからいうだけです。

チームのためだとは思わない。

 

JFL昇格の年、ロッソは一年でJに上がることを目標にしていました。

当時のサポーターは、上がれなければそこで熊本のチームは終わると思ってて。

 

シーズン終盤、勝てなくなると今よりも少なかった観客の雰囲気は、どんどん

ギスギスし始めて。

 

試合後挨拶して回る選手たち、そんな中泣いている森川拓巳、泣きそうな顔で

うつむくまだ若き守護神飯倉。一歩前に出てサポの声を聞くキャプテン。

あの時期だったか翌年だったか覚えてませんが、高橋泰が「もう少し僕たちの

ことを信じてくれないだろうか」って、ブログで訴えたこともありました。

 

あの体験をすると、どうしてもそういう雰囲気がチームをよくするとは思えない

んですよね。

 

しょうがなかったと思うんだよ、あの時期は。

僕も含め、上がれなければロッソ熊本は無くなると、本気で思っていたんです。

だからこその感情の発露だったとは思うんだけど。

 

それを考えても、スタジアムの雰囲気は厳しかった。

 

 

かといって、どんな試合もほめるのがいいとも思わんし、それも無理だと思う。

残り12試合の状況を見ると、なかなか厳しいんだけども。

 

今週末の愛媛戦が終われば、うちだけのハンディキャップマッチは終わります。

 

そこからが試されるんじゃないのかな。

チームの底力も。サポーターの矜持も。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。