名前をつけてやる。

本当はそれで本当はそのままで何もかも素晴らしいのに。


テーマ:

伊賀市2位のユーチューバーやぞ!

 

とかいうパワーワードがまた目に入ってきてしまいました。

伊賀市て。2位て。

 

先日はこの人のおもしろ動画のおかげで本題を外してしまいました。

今日はその本題を。

 

カラオケが好きなんですよ。

 

最近はちょこちょことお呼ばれしてカラオケに行く機会もあるのですが、以前のようななんというかノリのいいカラオケが少し不得手になってきています。

 

大人の階段を登ったというか、例えばPERFECT HUMANのダンスなどはもろに腰にきてしまいますし、やたらダンサブルな曲は息切れがするといいますか、下手したらサライとか歌っても息切れしてますからね。もうそれ老いですやん。というか実際体が老いてるわけなのですが、こういう状態でいつまでもはっちゃけたカラオケをしている場合じゃないと思うのです。いつまでも夢見る少女じゃいられない。

 

それでもカラオケは好き。

悔しいけどあかん。あんたよう忘れられん。

ストレス解消にもカラオケは最適です。

 

そこで僕なりに理想のカラオケというのを考えてみました。

 

一つは「一人カラオケ」です。

 

というとここで話が終わってしまいますが、一人カラオケの難点は一人で歌っているために自分で歌いながら次の曲を選曲しなければならないことと、この年になって一人で歌っていることを客観視して泣いてしまいそうになることです。

 

もう一つは受付でこいつこのおもしろルックスで一人カラオケか。と店員さんから見られているような気がして辛いことなのですが、これは先日の飲み会で「数人でカラオケの受付に行き店員トラップを回避したうえで各自一人カラオケを行う」という解を提示され、この点はほぼ解決したと思います。天才とはこのことだと思いました。

 

それはさておき、一人で好きに歌えるという点は素晴らしいメリットとなりえるのですが、できれば数人で歌うほうが楽しく張り合いもあることには間違いなさそうです。

 

もう一つは「少人数でカラオケに行き、一番でみんな切ってどんどん次に回していく」という、これは僕の高校時代の友人数人で行う形式です。これはこれで満足度が高いのですが、お互いにある程度手の内を知り合っている仲間内でないと出来ない、割とアクロバティックな形式であるかもしれません。一番で切るのは普通ではないかもしれないですし。

 

そこで、「皆その曲にまつわる思い出を語ったうえで歌唱する」という形式を考えてみました。

 

僕は特にその傾向があるのですが、曲にはそれぞれ思い出がつきものだと思います。

その曲を通じてお互いの人となりを知るという、シックなカラオケもあっていいのではないでしょうか。

 

 

大学時代、あるドラマを見て己の大学生活とのあまりの落差、己の不甲斐なさに下宿で号泣した、そのドラマのテーマソングです。

 

あすなろ白書のテーマ。藤井フミヤでTRUELOVE。

 

 

とか、

 

初めての彼女に振られた直後、放心状態で友人と遊びに行った遊園地。友人は女友達と遊園地で合流し、二人でジェットコースターへ。なんとなく一緒に並んでいたため仕方なく男一人でジェットコースターに乗って、降りたら恐怖で張り裂けそうな己の画像がPC画面に出ていて「よろしかったらお写真いかがですか?」とか係りの人から言われ、いろんな思いが去就して泣きそうになった。というか少し泣いた帰りに頭の中でリフレインしていた曲。

 

BOOWY わがままジュリエット。

 

とか、そういうことでいいんですけど。

 

 

うん、こういうことばかり考えているから、自分が提案した飲み会やカラオケには破滅的に参加者が少ないのだと思いました。

 

誰か参加しませんかね?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

 

小規模事業者には同族経営が多いと思いますが、そんな中でも意思を統一し、経営におけるゴール地点を目指すソリューションは必要となってまいりますよね?

 

新年早々衝撃を受けた電話営業のフレーズから今年はスタートしてみました。そこで「はい」って答える人間少ないだろうしいろいろと失礼だろ。

 

さて、今年はブログの更新を定期的にやるという目標を掲げ、さっそく更新しようとしましたところパスワードを覚えていない。

 

パスワードを忘れた場合。のメールアカウントもどれかわからないという、だけど僕にはピアノがない。君に聞かせる腕もない。みたいな状況に陥り、さっそく躓きかけて大変往生したわけですが、ようやくマイページに入ることができました。

 

人間あきらめなければどうにかなるものです。

 

なんでブログを今年は更新していこう!と思ったかといいますと、

 

ユーチューバーなめとったらあかんぞ!全世界配信やぞ!

 

という頭の中に発泡スチロールでも詰まってるの?と思わざるを得ないパワーワードにインスパイアされてよっしゃ僕も全世界配信や!と思ったからなのですが、今となってはなぜあれであんなに盛り上がったのか分からない。一時間前の僕を正座させて問い詰めたい。

 

そもそも「全世界配信やぞ」と言いながら己のおもしろボディをさらけ出し、なかなかチェーンソーのエンジンを起動できないさまを全世界配信とかすごい。ユーチューバー半端ないって。普通できひんやんそんなの。

 

と思いますが、僕もツイッターやブログで己の恥を全世界に発信しているわけで。

インターネット怖い。

 

多少なりともお金になっている分、チェーンソーの人のほうがましかもしれません。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大変なシーズンでしたが、J2残留を決めてくれました。

 

本当にアンフェアな状況だった。

 

日本中のサッカーファミリーの温かい後押しは本当にありがたかったですが、

結局Jリーグ側は「熊本という局所で起きた災害だから、しばらく待ってやる

し今期の赤字は不問にしてやるけど、出来なかった日程はどこかで消化し

なきゃならんしそれで負け続けるんだったら黙ってJ3に落ちていけ」という

回答をしてきたのであって、色々なエクスキューズはあるとしても本質は

変わらないと思う。

 

一か月ろくに練習もできずに実家が全壊した選手もいて、東日本大震災とは

異なりその間にほかのチームは日程を進めていて。

震災後に消化できなかったゲームは、最も不得手としている夏場のミッドウイーク

に組み込まざるを得なくて。

 

それだけではなく、昨年は毎週テストマッチを組んで控え組の底上げや試合勘の

維持を図っていたところ、今期の過密日程でそれも出来ず。

天皇杯での周平や鈴木の出来を見るにつけ、そこも相当大きな損失だったと思う。

 

正直なところ、よく残留してくれたというのが本音だし、開幕ダッシュがなければその

まま降格の淵まで落ちていた可能性は相当高かったろう。

それぐらいのハンディキャップを、熊本は負うていた。

 

熊本一チームだけが、ハンディキャップを負い続けてシーズンを進めていた。

 

Jリーグは、本気で考えたほうがいいのではないか。

 

あの後、震度六弱の地震が鳥取県でも起きた。

過去には大火や水害なども日本では起きており、局所的に甚大な被害が出て、ある

一チームが今期のロアッソのように、一方的に不利益を被る可能性はある。

 

うちは残れたからいい。

ほかの土地で同じことが起きたら、また同じハンディキャップマッチを強いるのか。

 

震災直後に山本昌邦氏が「今期の熊本が残留できれば、優勝ぐらいの価値がある」

「Jリーグは、現時点で熊本を残留させる措置を考えてもいいのでは」と書いていた。

 

例えば「J1昇格を断念すれば、今期のJ3降格はないこととする」みたいに、当該クラブ

に選択肢を与えてもいいと思うんだけど、何か考えないといずれ悲劇が起きると思う。

 

 

ともあれ。

今年の熊本は、降格してはいけなかった。

 

まだまだ小さなクラブだし、今後そういう危機はあるかもしれないし、ぶっちゃけ落ちる

可能性だってあると思う。

 

でも今年だけは、絶対に降格してはいけなかった。

そこをしっかり守ってくれた。

 

つい最近、「確かに今年はちょっとしたイレギュラーがあったけど」みたいなことを

某所に書いてあるのを見たけど。

 

全然ちょっとしたイレギュラーなんかではなかったと思うし。

先述したように、震災後一か月にとどまらず、夏場もそのあとの選手層の底上げと

いう意味でもダメージを与え続ける、本当に致命的に近いハンデだった。

 

おそらく被災民であろう、サポーターにも一部そういう物言いをする人がいる状況。

これは今の熊本で感じてる温度差ではあるので、仕方ないとは思うんだけど。

 

それでも、そもそも監督も選手たちも、そのことを言い訳にはせず。

ひたすら被災地を背負って戦い続けてくれたのであって。

 

本当に今期を走り切ってくれた選手たちに感謝したいと思います。

 

今期の復帰直後の千葉戦や町田戦。

過密日程解消後も熊本ゴールに刺さり続けた相手のスーパーゴール。

 

その都度、サッカーに神様なんていないと思ったけど。

 

最後、ホームでカモンロッソできたのは、頑張った選手やサポーターへのささやかな

ご褒美だったのかも知れませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。