池袋の脱力集中整体 ガッチガチをほどく姿勢動作法

ガッチガチな首、肩、背中。そして足。
押したり、矯正すると痛みがでます。

ですが姿勢から。動きから必要なゆるみや筋肉をつけていけば
痛みが再発しない「脱力」が体得できるのです。

姿勢の専門家、理学療法士による脱力の整体院です。

NEW !
テーマ:
調子はいかがですか。
池袋・目白の脱力集中整体、院長の田中孝祥です。

ナポリタン専門店に行ってきました^^
ミートソースとナポリタンしかないお店。
めっちゃ男性向けです 笑
こういうエッジのきいたお店、面白いですね。

ナポリタン

さて。

目の周り、まぶたは黒ずんでいませんか?


・パソコン仕事が多い人
・画面を見続けることが多い人
のなかには
目の周りが黒ずんでいるのが見受けられます。


これは、目の周りに血行障害がおこっているからです。


目が疲れてくると、まわりの筋肉や筋膜も疲れて動きが鈍くなりますから
毛細血管の流れも阻害されてきます。
血行がわるくなると、血液は青黒く変色してくるのです。

これが黒ずみの原因。


原因がわかれば、対処法は簡単ですね。

・そもそも疲れないようにする
・目のまわりのマッサージで、疲れをとる
・目のまわりの血行をよくする


まあ、疲れないようにするのは、仕事をしていると難しいですから
筋肉をマッサージして疲れをとったり、血行をよくしましょう。



写真のように
まぶたの上下に指を置き、まぶたの筋肉をストレッチしていきましょう。

まぶたストレッチ

また、血行をよくするのであれば
暖かいタオルを目の上に置くのも効果的ですね。



目の周りが黒ずんでいるのは、血行がよくない場合が多い。
対処法としては、目のまわりのマッサージや血行をよくしていきましょう。

マッサージはすぐできるので、試してみてくださいね^^

脱力集中整体
web予約

コンセプト / 整体内容 / 院長プロフィール / お客様の声 / アクセス

お電話でのご予約は 03-6912-9484

ご利用いただいているお客様
肩こり、首こり、腰痛、むくみ、めまい、頭痛、膝痛、腱鞘炎、指の痛み、O脚
池袋、板橋、練馬、広尾、恵比寿、新宿、杉並、目白、赤羽 
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
調子はいかがですか。
池袋・目白の脱力集中整体、院長の田中孝祥です。


渋谷まで金魚展をみにいってきました。
さいきん、渋谷西武はニッチな展覧会をわりかしやっているので、
好きで観にいきます。

1回行くと、次の展覧会のチケットいただけるし^^;
商売上手だなあ・・・

金魚



さて。
自律神経失調症 という病気は聞いたことがありますか?

身体のホルモンバランスや、内臓機能をコントロールする神経を
自律神経
というのですが

自律神経の機能がうまくいかないとき
自律神経失調症
と病院で診断されることがあります。



まあ、確定診断の方法は確立されていないので
吐き気や胃痛、睡眠不足の症状があり、内臓の明らかな病気がない場合、
自律神経失調症と診断名がつくことが多いです。



さて、ここからが本題。
例えば。
自律神経失調症があって、肩こりがつらい。
あ、その前に子宮も手術しているんです!
治りますか?

というご質問をいただきました。


当院では、自律神経失調症と、肩こりを分けて考えます。
自律神経へのアプローチはもちろん行いますが、背骨まわりの動きをだしたりと、
比較的細かいアプローチになり理解しにくいので

わかりやすい所から行います。


今回は、腹部。
お腹を手術して切開しているときは、腹筋や腹膜も切っているので
腹筋まわりが癒着したり、機能が落ちていることが多い
です。

腹筋が癒着して伸びにくくなると、胸筋や肩は身体の前側に引っ張られてきますから
肩が前に巻いて、こりやすくなってしまいます。

ということは、腹筋まわりの癒着をとり、腹筋をトレーニングすれば、肩こりは治るのです。


このように、自律神経失調症をふくめなくても
身体への負担を大きく減らすことができます。

自律神経失調でお悩みがあっても
身体にできることは、たくさんあります。
まずは、いまの自分にできるところからやっていきましょう。

すると、症状もとれやすくなってきますよ^^

脱力集中整体
web予約

コンセプト / 整体内容 / 院長プロフィール / お客様の声 / アクセス

お電話でのご予約は 03-6912-9484

ご利用いただいているお客様
肩こり、首こり、腰痛、むくみ、めまい、頭痛、膝痛、腱鞘炎、指の痛み、O脚
池袋、板橋、練馬、広尾、恵比寿、新宿、杉並、目白、赤羽 
いいね!(73)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
調子はいかがですか。
池袋・目白の脱力集中整体、院長の田中孝祥です。

昨日、ひさしぶりに埼京線をつかったら
サミットの影響か、警官がたくさんいました。
悪いことはしてなくても、見張られてると思うと緊張しますね^^;



さて
電車のホームの端って、歩きにくい
と感じたことはありますか?


ホーム

とある人と話をしていたときに
電車のホームの端を歩いていたら、ぐらぐらして落ちるかと思った!
という話題になりました。



じつは
電車のホームは、傾いています。

歩く側から、ホーム側に向かって、若干の傾き。
数字としては1%ほど。
これは雨が降ったとき、ホーム内水がたまらないように工夫しているようです。



その弊害として
以前、ホームに介助用車椅子を置いたら、
車椅子が進んでしまってホームに転落してしまった事故がありましたね。

転落は極端な例ですが
ホーム端を歩いているとき、不安定なことはあるようです。



とくに
足首が弱い人。

人間がバランスをとるときは
足首や股関節の動きで調節するのですが
最優先は足首、とプログラムされています。


その理由としては、足首でバランスをとるのが身体として効率がよいから。

股関節や膝関節でバランスをとろうとすると、どうしても反応が遅くなり
頭のブレも大きくなってしまいます。
その点、足首でバランスをとると、床の傾きを感じ取ってからの反応が早くすみますから
効率が良い。


逆に言えば、足首が弱いと
ホームの傾きといった変化への反応が遅れて
ぐらぐらして落ちそうになってしまう!


ということも起こり得るのです。



電車のホーム端で、ぐらぐらしてしまう。
不安定な人。
じつは理由があるんです。

足首まわり、大丈夫ですか?
チェックしてみてくださいね^^


脱力集中整体
web予約

コンセプト / 整体内容 / 院長プロフィール / お客様の声 / アクセス

お電話でのご予約は 03-6912-9484

ご利用いただいているお客様
肩こり、首こり、腰痛、むくみ、めまい、頭痛、膝痛、腱鞘炎、指の痛み、O脚
池袋、板橋、練馬、広尾、恵比寿、新宿、杉並、目白、赤羽 
いいね!(39)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
調子はいかがですか。
池袋・目白の脱力集中整体、院長の田中孝祥です。

かなり湿度が高くなってきました。
蒸しますね。
蒸すけれど、水分はとらないと暑い・・・

水入れ

僕はふだんコーヒーやお茶を飲みますが
麦茶用の入れ物を買ってみました。
冷たい飲み物が飲める♪



さて。
股関節の痛みには、体幹を鍛えるのが効果的です。

それは股関節が
骨盤(体幹)と大腿骨でつくられている関節だから、当然といえば当然。
体幹をきっちり鍛えられれば、股関節はかなり改善します。



体幹トレーニングをしても、股関節の痛みが残る場合があります。



内臓機能に負担をかけすぎているとき。


骨盤、腹筋の奥には小腸や大腸があり
体幹には他に胃や肺といった臓器があります。

小腸や大腸、肺といった臓器も動きがあり、筋肉とも物理的につながっていますから
明らかに内臓に負荷をかけすぎていると、体幹筋力は発揮できません。


具体的には、便秘がながーく続きすぎている人や、睡眠不足で心臓に負担がかかっている人は
体幹に力が入りにくいのです。



先日、股関節に痛みがある人で
コーヒーを1日10杯以上のみ、コーラも大好きで、夜眠れない!
という話題になりました。

体幹を鍛えるのはもちろんですが!
内臓も大事ですからね。



好きなものでも、健康によさそうなものでも
過剰に摂取したら、負担になってきますから。

好物をとりすぎていませんか?
股関節の痛みは、好物のとりすぎで内臓と体幹に負担がかかっているからかもしれません。


好きなものは、たまにだから希少価値があるんです。
ふだんは質素に、ハメを外すのはたまーに!
これが原則ですよ^^
脱力集中整体
web予約

コンセプト / 整体内容 / 院長プロフィール / お客様の声 / アクセス

お電話でのご予約は 03-6912-9484

ご利用いただいているお客様
肩こり、首こり、腰痛、むくみ、めまい、頭痛、膝痛、腱鞘炎、指の痛み、O脚
池袋、板橋、練馬、広尾、恵比寿、新宿、杉並、目白、赤羽 
いいね!(48)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
調子はいかがですか。
池袋・目白の脱力集中整体、院長の田中孝祥です。


今日は蒸し暑かったですね。
出張中に走ったりもしましたが、汗でじゃっかんベタベタします。
デオドラントスプレーの出番ですかね、そろそろ。
庭園

さて
膝が痛いのは、筋力が弱いからだ!
よし鍛えよう!

と一生懸命うごかしているだけの人は、、、まさか居ないですよね。

さいきんは、健康のために運動する人も増えて
痛みがあるときは、筋力をつけたらよくなる、という考えもでてきています。



ですが
大きな間違いをしている場合があります。

例えば
左膝の痛みがあるが、筋肉量は左膝のほうがあるとき。
左右で比べて、左側のほうが筋肉量があるのにもかかわらず、痛みが左側にある。


痛みの側と、筋肉量の側が一致しないときです。


ちなみに筋肉量は、大まかに言えば 脚の太さ でわかります。
ですから痛い側の脚の太さを測って、痛くない側より太い場合。
かつ、浮腫んでいないとき。

このときは、筋力を強くしても痛みはかわりません。




なぜなら
痛くない側の筋力が弱くて、
逆側に体重を逃した結果、
痛みがでてきているから。


痛みを改善したいのなら
痛みの場所にとらわれるのではなく
原因の場所、逆脚の筋力を強くして体重を支えられるようにする。

物事には、順序があるのです。


そして、痛みのある側の脚が、じつは筋力があるということは
往々にしてある
ことです。

痛みと、原因は一致しません。
まずは全身の姿勢をみて、チェックしていきましょう。
脱力集中整体
web予約

コンセプト / 整体内容 / 院長プロフィール / お客様の声 / アクセス

お電話でのご予約は 03-6912-9484

ご利用いただいているお客様
肩こり、首こり、腰痛、むくみ、めまい、頭痛、膝痛、腱鞘炎、指の痛み、O脚
池袋、板橋、練馬、広尾、恵比寿、新宿、杉並、目白、赤羽 
いいね!(72)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)