渋谷クラブ(ゴルフ・コンペ)

テーマ:

昨日(7月18日)、

 

地元市会議員の後援会主催によるゴルフコンペが

 

小田急藤沢ゴルフクラブで行われた。

 

 

参加人数は54名、IN、OUTに分かれて

 

9時に1組目スタート。

 

 

この日の天気予報は曇りで、

 

午後3時頃から雷をともなった雨だという。

 

おそらくギリギリで回避出来るだろうと

 

楽観視していたが・・・。

 

私の組は3組目でスタート。

 

 

フロント9は、8ホールまででダボを4つ叩いて10オーバー。

 

9番(パー5)はドラコンホールだったので、

 

「力まず・・・軽~く振り抜くぞ!」と口に出しながらも、

 

力んでシャンク。Σ(=°ω°=;ノ)ノ

 

隣のショート・ホールまで飛び込んだ第2打。

 

木々の間を低く抜け出す予定が、

 

枝に接触して、深いラフへポトンと落ちる。

 

よくみるとそこだけ凹んだ窪地のへりで球は止まっていた。

 

第3打、4打目もラフにつかまりショット・ミスして・・・。

 

そこから先は頭の中真っ白で、

 

どうホールアウトしたかおぼえていないが、

 

7オン、2パットで9も叩いてしまっていた。

 

結果50。(x_x;)

 

昼食をとり気持ちを切り替えて

 

バック9へ。

 

10番から13番までの4ホール、パー。

 

調子が出てきたぞ~♪(^ε^)♪

 

と喜んでいたら、今日の天気予報通り

 

雷警報発令。

 

ラウンド中の全組にクラブハウスまで

 

一時避難指示が出た。

 

大雨も降り出し、ガラス越しには、

 

雷が落ちる落ちる。(・・;)

 

どこかに落ちたのかクラブハウスは停電。

 

「こんな機会はめったになくて良い経験だけど、」

 

「ラウンド中止になるのは残念だね」と

 

仲間と話していた。

 

約40分後、雷雲去り、雨もあがり

 

ラウンド再開。o(^▽^)o

 

ちょうど良い休憩になったのか、

 

13番に引き続き14番もパー!

 

5連続パーは初めてかもv(。・ω・。)ィェィ♪

 

16番でトリを叩くが、久しぶりのハーフ41でラウンド終了。

 

 

この日、9番ホール以外、

 

ドライバーが好調だった私は、ドラコン一つゲット。

 

3ホールほど「推定飛距離300ヤードです」と

 

キャディさんが教えてくれた。(*`▽´*)絶好調

 

新ペリでハンデ15.6がついてコンペ順位は18位。

 

当日賞と、前後半の打数の差が9打あったので

 

大波賞もゲット。

 

グロスでは5位(タイ)だった。(;^_^Aもうちょいもうちょい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

Back to the Future

テーマ:

先日、家族でレンタルDVDを借りに行った。

 

私は行かなかったが、

 

東林間でお世話になっている料理屋兆治の

 

店名由来となった映画「居酒屋兆治」を借りてきてもらった。

 

まだ見れてないけど・・・(;^_^A楽しみ

 

息子達二人は相変わらず「~レンジャー」物。

 

娘は何を借りたのかきいてみると、

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」1作目だと言う。

 

30年前(正確には32年前か)、

 

中学生だった頃に見た懐かしい映画。

 

DVDでは、主人公マーティーの声が違っていて

 

(調べたら山寺宏一さんが担当している。

私の見た年代当時は三ツ矢雄二さんか、宮川一朗太さんらしい)

 

違和感を感じたが、面白さは変わらず、

 

昨日、たまたまゴルフ・コンペの打ち合わせに来ていた

 

千葉ちゃん(彼と私は同い年)と、妻(も同い年)、

 

そして娘の4人で見入ってしまった。(((o(*゚▽゚*)o)))

 

ところどころ記憶がなくて、

 

「このシーンおぼえてないな~」と私が言うと

 

「この後、こうなるんだよね」と言う千葉ちゃん。

 

(-。-;)先に言っちゃうのね・・・千葉ちゃ~ん。

 

 

見終わった後、あらためて良く出来た話だと3人で感嘆。

 

映画の中の「時」設定が、また私と娘の妙な符合もあった。

 

マーティー17歳。

 

その親が17歳の頃(30年前)の過去に

 

タイムトラベルして話が始まる。

 

と言う事は親の実年齢は47歳。

 

私・・・現在46歳。

 

娘・・・16歳。

 

私がこの映画を見た年が、

 

先にも触れたが30年前の16歳。

 

ちょうど30年経ってまたこの映画を見ている。

 

余談だが、2作目は30年後の未来だから

 

マーティー47歳の設定なのだ。

(2015年10月21日にタイムトラベルする話)

 

 

ちょっと不思議な感じ。(^~^)

 

 

30年ぶりに見て一番驚きだったのが

 

DVD特典のメイキング映像の中で、

 

主題歌「パワー・オブ・ラヴ」を歌ったヒューイ・ルイスが

 

映画の中で特別出演していたこと。

 

あの場面のあの人が、

 

ヒューイ・ルイスだったなんて。

 

\(゜□゜)/知らなかったよ~!

 

AD

手に汗・・・

テーマ:

 

昨日の午後、仕事も一段落した頃、

 

私の携帯電話が鳴った。

 

「木村です・・・」

 

大和のライブ・ハウスAsoBのオーナーさんだった。

 

「ゴルフのコンペがあるんだけど・・・」

 

その言葉を聞いて、私は内心ホッとした。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

昨年の9月に、木村さんから

 

「まじ、たもつの歌の世界なんて!企画やってみようよ(^ω^)♪」原文ママ

 

というメールを頂いた時から、

 

ずっと「どうしようか?」と悩んでいた。

 

 

だって木村さんのライブハウスって

 

普段プロのミュージシャンばかりが出演していて、

 

*ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのベーシスト新井武士さんや、

キャロルの内海利勝さんなど錚々たる顔ぶれ。

「悲しい色やね」の上田正樹さんも何度か出演していて

木村さんとは、お友達のようだ。

 

 

私からすれば演奏者も歌い手も別格な人達。

 

そんな人達が立っているステージで

 

自分メインでやるなんて・・・

 

想像しただけでブルってしまい、

 

あっという間に時間だけが過ぎていた。( ;゚─゚)ゴクリ

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

「ゴルフ・コンペは今度の○日なんだけど・・・」

 

「というのは建前で、ゴルフを通して」

 

「もう少したもっちゃんとの関係を親密にして」

 

「ライブやってもらおうって言うのが」

 

「僕の魂胆なんだけどね♪」

 

木村さんは・・・とても正直な人だ。(^_^;)

 

「だってこのままだと100年経ったって」

 

「何も起きないまま終わっちゃうでしょ」

 

「とにかく1回やれば、2回、3回って次の話も出てくるだろうし」

 

 

私のプレッシャーや緊張は、

 

この3回目のオファー(一月ほど前にも連絡があった)で通り越して、

 

ありがたい・・・と心から思った。

 

プロでもなんでもない私の歌を

 

「俺はたもっちゃんの歌が聴きたいんだ!」と

 

言ってくれた木村さん。

 

「バックは、知り合いのプロ・ミュージシャン呼ぼうかと考えているんだ」

 

 

(=◇=;)そ、そこまでして・・・ですか?

 

 

 

三顧の礼・・・

 

自分ごときにこんな例えを出しては申し訳ないが、

 

この思いを無視すること、

 

それはしてはいけない・・・そう思った。

 

打ち合わせに訪れたAsoB閉店後、

木村さん(ギター)、お店の子(ピアノ)で、

 

3曲ほど遊んだ。

 

まだ日程も決まっていないのに、

 

手に汗握りっぱなしの夜だった。

 

 

 

 

 

 

AD

ライブ画像と嬉しいFB記事

テーマ:

昨日の七夕ライブ。

 

地元S・ハウスの方々や、

 

以前からバンド・サポーターとして駆けつけてくれる石やん、

 

20代の若者たちまで見に来てくれた。≧(´▽`)≦

 

 

前回よりベースのタナベ氏の紹介で、

 

とある女性が来ている。

 

音楽(特にロック)に精通した方のようで、

 

私たちバンドにとって、

 

嬉しい記事をアップして下さっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像もすべて、この方から了承を得て頂いたもの。

 

 

以下フェイス・ブックより抜粋

 

 

GAWA様、ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。(^^)

ライブ画像と嬉しいFB記事

テーマ:

昨日の七夕ライブ。

 

地元S・ハウスの方々や、

 

以前からバンド・サポーターとして駆けつけてくれる石やん、

 

20代の若者たちまで見に来てくれた。≧(´▽`)≦

 

 

前回よりベースのタナベ氏の紹介で、

 

女性が来ている。

 

音楽(特にロック)に精通した方のようで、

 

私たちバンドにとって、

 

嬉しい記事をアップして下さっている。

 

 

画像もすべて、この方から了承を得て頂いたもの。

 

以下フェイス・ブックより抜粋

 

GAWA様、ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。(^^)

推定飛距離320ヤード?

テーマ:

昨日、前回コンペで初めてグロスで勝てた

 

正木さんよりお誘いを受けて、

 

プライベート・ゴルフに行ってきた。

 

コースは、正木さんのホーム・コースで

 

サンメンバーズ・カントリー・クラブ。

 

フロント9(IN)は、

 

43、43で同スコア。

 

後半勝負で挑んだバック9(OUT)。

 

一瞬気が緩んだ私は、

 

2ホール目(OUT2番)で、まさかのダブル・パー(>_<)

 

3ホール目もショックから立ち直れずトリ。

 

その後もパーは1ホールのみで、

 

上がってみれば4打差がついての負けで、(93、89)

 

それは奇しくも前回私が勝った打数と同じ数だった。 

 

見事にリベンジを果たされてしまった。(x_x;)くやしい

 

「また8月行こうよ」と

 

正木さんは誘ってくれた。

 

しばらくは、良い勝負が出来そうだ・・・と

 

思って頂けたのかな(*゚ー゚)ゞそれはそれで嬉しい

 

*ちょっと自慢させて♪

 

今回、INコースの15番ホール(パー5)。

 

504ヤードのコースで、

 

 

ドライバー・ティー・ショットがバカ当たり。

 

 

私の球は、推定飛距離320~350ヤード飛んでいた。

 

 

2打目もラフから残り150ヤードを

 

フライヤーを計算に入れて

 

8番アイアンでピンハイ3メートルにつけた。

 

 

イーグル・パットは、打ちきれず1Mショートしたが、

 

なんとかバーディー・ゲット。

 

(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆(この日2個目)

 

ちなみに・・・

 

国内男子プロの平均飛距離ランキング(2017年7月現在調べ)

 

46歳の私・・・よく頑張った♪

 

 

今月は、武者修行のように4回の予定が入ってしまった。

 

実践で着々と力をつけていきたい・・・(。+・`ω・´)キリッ

 

 

そうそうサラちゃん、手紙届いたよ~!、

 

ありがと~~≧(´▽`)≦

 

 

みんなにきいて、予定ついたら連絡するね(-^□^-)

 

 

ミント・パスタ

テーマ:

昨日は、ゴルフ&呑み仲間の

 

千葉ちゃんが我が家へ来た。

 

8月に行われるコンペの打ち合わせだ。

 

生意気盛りの息子達も

 

千葉ちゃんには懐いていて、

 

ちょっかいを出しに来ては

 

千葉ちゃんの反撃にあい、

 

撃退される。ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ逃げろ~

 

 

一時も落ち着かない息子達。

 

食事は好き嫌いが激しく、

 

「出された物をちゃんと食べなさい」と

 

よく叱る・・・特に長男。

 

その長男が、

 

「昨日、ママが作ってくれたミント・パスタが」

 

「すごく美味しくていっぱい食べたよ」∩(´∀`)∩♪

 

私にそう報告してきた。

 

「そうか、そうか~」( ´∀`)

 

そう言葉を返しながら、

 

頭の中でミント・パスタなるものを、

 

想像していた。

 

ミントとパスタ?

 

暑いから?

 

見た目と味はどんな感じ?

 

 

また・・・不思議なパスタを

 

作ったもんだね~。( ̄_ ̄ i)???

 

 

その後、妻と二人きりになった時に、

 

それとなくたずねてみた。

 

「ミント・パスタってなあに?」

 

「子供達に大好評だったみたいだけど・・・」

 

 

(*_*)ん?

 

 

「あ~、ミートソースのパスタね」(*’艸3`):;*。 プッ

 

 

 

・・・σ(^_^;) なるほどそういうことか

 

 

でも、後でクックパッド調べたら

 

あるんだね~「パスタ・ミント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノとクラリネット

テーマ:

 

昨日は、懇意にしている木村の綾ちゃん(ピアノ)が、

 

クラリネット奏者を連れて、東林間までライブをしに来てくれた。

 

木村の綾ちゃんは、

 

過去にも何度かブログに書いているが、

 

彼女がまだ音大生の頃からの知り合いで、

 

↓音大生だった頃、一緒にライブをしてくれた

 

すっかり綺麗な女性になったな~と実感。(´∀`)

 

 

 

それにもまして

 

音楽的にも更に洗練され、

 

表現豊かな演奏となっていた。(*´∀`)

 

 

そんな彼女が連れてきてくれた

 

クラリネット奏者、北村真梨奈さん。

 

今回もPAで陰ながらお手伝させてもらったのだが、

 

リハでの演奏時、すでに鳥肌ものだった。

 

バラード曲では、

 

「泣きのギター」ならぬ

 

「泣きのクラリネット」というものを

 

初めて聴いた。

 

涙こそ流さなかったものの(男の子だからね)、

 

感動しきり。(ノ_-。)良いね~

 

 

自己紹介でちょこっと弾いてくれた

 

ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の冒頭部。

 

クラリネットの音域の広さと

 

テクニックなどの説明を織り交ぜながら

 

クラリネットの魅力を語ってくれた。

 

また、私の大好きな竹内まりやの「駅」の

 

ラストで流れるソプラノ・サックスの音色を

 

クラリネットで見事に表現したのには

 

驚きだった。(@ ̄Д ̄@;)

 

 

私が働くお店のお客様で、

 

唯一、一人だけ声をかけさせて頂いた方も、

 

ご夫婦で来てくださり、

 

喜んでいただけたようだった。(^~^)

 

また機会があれば

 

是非、二人の音楽をゆっくり、じっくりと堪能したい。

 

 

 

終了後は、トミーノも引き語り。( ´艸`)

カワイイ人だ(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールインワン記念パーティー

テーマ:

先日参加した

 

地元の「球友会」ゴルフ・コンペ。

 

そこでホールインワンを出した方がいた。

 

私がゴルフをやり始めて、

 

こうした場面に出来くわすのは初めての事。

 

こういった場合の「しきたり」というか

 

暗黙の了解みたいなものがあって、

 

ホールインワンという偉業を成し遂げた人は、

 

周囲の人にその幸運をお裾分けしないといけない・・・らしい。

 

その為の保険もあるくらい。

 

ということで、

 

主催者よりパーティーの依頼連絡が

 

妻のお店に入った。

 

人数は15~18人。

 

妻一人では手に負えない人数だ。

 

そこで私も急遽仕事の休みをとり、

 

お手伝いをすることにした。

 

前回記事にした料理の件でも

 

妻とは思わぬタタカイがあったが、

 

徐々に方向性が見えてきて、

 

お互い納得のいく所に落ち着いた。

 

前日から仕込みを開始して、

 

パーティー開始ギリギリまでかかった。

 

 

 

パーティー開始。

 

司会進行は千葉ちゃん。

 

同い年だが、

 

年寄り相手に堂々たる司会ぶりで・・・大したものだとつくづく感心。

 

今年から代わった球友会・新会長は

 

諸事情で来れなかったが

 

これまた新副会長(私のゴルフ・師匠の息子)より挨拶があり・・・

 

主賓(ホールインワン達成者)より挨拶。

 

その後は、吞めや、

 

歌えやで、宴も盛り上がり

 

無事に閉会。

 

心配だった料理も好評頂いた。(*^.^*)それが一番嬉しい

 

 

しかし、まぁ、

 

お金のかかることなんだね~

 

ホールインワン出しちゃうと。

 

 

私もそろそろ、

 

ホールインワン保険入ろうかな。ε=(。・д・。)万が一があるからね