申請していた介護タクシー許可が
無事に出て、許可証を受領です。

毎度ながら、一安心。

 
 
最近はありがたいことに、関東運輸局の
担当者さんの協力もあって、
標準審査期間の2ヶ月にてばっちり
許可となっております。
やはり、この許可証を受け取るまでは、
なんとなくモヤモヤしますので。

一番は申請者さんがモヤモヤされて
いるものとは思うのですが。

今回は茨城県でしたが、弊所では関東圏内であれば、
どこからの介護タクシー許可申請にも対応可能です。

介護タクシー許可(運送業許可)は営業所や車庫などの
各種法令への抵触、合致の確認を怠ると
許可は出ませんし、大きな費用を無駄にします。
慎重な事前の調査は絶対です。

ご自身にて許可申請をされている方で、
本来であれば事業を行ってはいけない場所で
営業所を構えてしまってるなんてこと見かけます。

許可が出てるんだからそんなことないでしょって、
思われるかもしれませんが、あくまでも審査は、
運送業法上の要件に合致しているか否かを見てますので、
他法令への抵触を見落として許可が出るケースが
あったりするんですよね。

なので後でもめ事にならないよう、
申請書類には「宣誓書」ってのがついてます。

最近、東京を中心に密告が増えているようです。
大きな団体さんが法令順守を小規模の事業所に
促しているとも聞きます。

色々と意見はあると思いますが、ルールはルール。
ひとまずは従った上で、異論があるなら、
政治家の方々に頑張っていただきましょう。

 自宅で許可を受けたら、本当はNGな場所だったりして、
急いで別の場所に事務所借りたら家賃が月10万円。

こんなことになったら年間120万円の損失です

「損して得取れ」

心配な方はぜひ、お任せくださいね 

 ★ 介護タクシーの開業を目指す方は以下のサイトもご参考ください!

☆ 介護タクシー開業ホームページ    

☆ 介護事業開業ホームページ 
訪問介護指定申請  / 通所介護指定申請 
AD