1 | 2 次ページ >> ▼ /
2015年06月24日

羽田空港の航空機の新ルートについて、国土交通省の説明会が行われます

テーマ:国政

国土交通省は、羽田空港の機能強化を目指し、飛行経路の見直し等の具体化に向けて、和光市中央公民館などでオープンハウス型の説明会を開催します。あらたな飛行予定ルートの一部は和光市上空となりますので、積極的にご参加ください。

9月13日から三日間、場所は中央公民館です。詳しい時間はリンク先をご参照ください。


なお、この問題については市として地域の国会議員や県会議員を通すなど、さまざまなルートから国、県に市民の生活への十分な配慮等について、要望してきたところです。

http://www.city.wako.lg.jp/home/shisei/kihonseisaku/renkei/haneda.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月20日

6月21日、新倉ふるさと民家園「麦秋祭」が開催されます

テーマ:和光市ネタ

毎年恒例となっている新倉ふるさと民家園(下新倉2-33-1) の「麦秋祭」が本年も開催されます。

じゃがいも掘り体験、ふかしいもの試食、白子囃子の演奏会、地元農産物の販売コーナー等もあります。

また、白子囃子の太鼓体験も毎年、お子さんたちに大人気です。

ぜひ、この機会に民家園に足をお運びください。

6月21日(日) 10:00~13:00です。

http://homepage2.nifty.com/niikura-minnkaen/


昨年の動画がありますが、残念ながら、スマホ撮影のため、音が割れています。

https://www.youtube.com/watch?v=A7MAt48eN_w

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月18日

和光にも夏野菜の季節がやってきましたね

テーマ:農と言える和光

写真は本日の地元野菜の木曜市の戦利品。とうもろこしに枝豆、サニーレタスです。ちなみにヨーカドー和光店近くの直売センターでもお求めいただけます。

9

これらのラインナップが直売センターに並ぶと「ああ、夏だなあ」という感じがしますね。

他にジャガイモやインゲン、ピーマン、トマトなどからこれから、旬を迎えます。

実は、直売センターの売り上げが圧倒的に多いのも6~9月なんです。


直売センターの営業時間などについてはリンク先をご覧ください。

http://www.city.wako.lg.jp/home/kurashi/nougyou/nousanbutu/_5922.html

また、農家さんの庭先販売めぐりも楽しいですよ。

http://www.city.wako.lg.jp/home/kurashi/nougyou/nousanbutu/sei_5_7_0.html


8


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年06月15日

マグナカルタ制定800年~今こそ憲法について自分自身で考えよう

テーマ:自由の価値

今日は英国の大憲章(マグナカルタ)が制定されて800年という記念日です。

英国では、各地で記念行事が行われている、という報道が流れています。

下記は日経の記事の頭の部分です。


「英のマグナカルタ制定800年、各地で記念行事 民主主義の礎
 【ロンドン=小滝麻理子】中世イングランドで王権に対する規制が「マグナカルタ(大憲章)」として明文化されてから15日で800年を迎えた。成立の地とされる南東部ラニーミードで開かれた記念式典にはエリザベス女王やキャメロン首相が出席。同首相は「マグナカルタは正義と自由の議論を発展させてきた。これからもこの原則を守り続けよう」と話した…」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15HCQ_V10C15A6CR8000/?n_cid=TPRN0005


さて、現在、安保法制について議論が行われています。

わが国では外国特派員クラブで長谷部先生、小林先生が「安保法案は違憲である」という趣旨の会見を開き、注目を集めました。この日にこのような会見をすることのメッセージ性について考えると、お二人の決意とともに、海外(特に英米)への発信をしたいという思いがよくわかります。


今、大切なのは、われわれ日本人が憲法というものの役割やありかたと正面から向き合うことなのではないかと思います。その際に必要なのは日本人の多くが被ってしまっている「護憲」とか「改憲」という鎧をまず外すところから始める必要がある、ということです。


まず、憲法は、最高権力者とその周辺の方々にとっては「自分たちを縛る鬱陶しい鎖」であり、最高権力者は常にその鎖を緩め、あるいはかなぐり捨てたい、という思いとともにあります。それが権力というものの「性」です。


一方で、その他の人々にとっての憲法とは、まさに権力をうまく使いこなすための道具であり、われわれは権力というものとうまく付き合うほど、安定した社会、平和な社会、平等な社会などのより良いと思われている社会に近い社会が手に入ります。


われわれ一般の人間にとって、大切なのは憲法というものの本質である「道具としての有用性」とは何か、ということを常に考え、判断することであって、憲法を聖なるものとして信仰したり、不磨の大典としてあがめることは百害あって一利なし、ということを知らなければなりません。


さて、日経の記事には本質的な誤りがあります。800年前、貴族とともにジョン王と対峙したのはあくまでロンドン市民ではなく、ロンドン市の有力者たちです。彼らは団結することで一時的に王と対等の力を持ち、マグナカルタを王に押し付けました。

そして、マグナカルタですが、ジョン王はしばらくするとそれをほごにしました。それだけ、権力を縛る鎖とは最高権力者にとっては邪魔なものなのです。


そういう本質があるものを、政党や国会議員たちの言いなりで考えるのではなく、護憲とか改憲という固定的な価値観で考えるのでもなく、自分たちの頭で考えて使いこなしませんか。

そんな思いを込めて、私はリンク先のようなメッセージを今年の小学校の卒業式で6年生に贈りました。

http://ameblo.jp/takeyan/entry-12006029534.html

憲法は、そして、政治は政党のものでも、政治家のものでもありません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月14日

保育料の値上げの本質は助け合い

テーマ:出産・育児

保育料の値上げについて、すでに説明会等でお話しさせていただいたところですが、補足させていただきます。

(今年度の通知は8月にお届けできる予定です。市県民税基準になることと、激変緩和措置があるため、大幅な変化がある方もおられますことをご承知くださいね。)


制度が決定された議会に先立っての説明会では、こども子育て新制度の施行により、従来よりは国の示した料金体系に沿った形にしたということ(これにより、国と比較して大幅に割安だった中間層に大きい値上げ幅が生じています)、他のサービスと比較して自己負担比率が低かった点を他のサービスに近い水準にさせていただいたということをお話しさせていただきましたが、併せて、激変緩和措置として時限的な値上げ幅の圧縮措置を導入しています。


さて、値上げの本質ですが、これにより、園の新設等の財源が用意できる、という意味では値上げは保護者間の助け合いなんです。
今回値上げしたお金は保育サービスの改善の原資になっています。

大切なことは、高くて多くの園が、定員がご用意できる市と、安いけどそこで財源の多くを食ってしまい、トータルの定員が少ない市ではどっちが公平・公正ということなんですね。


自分の子どもは入れたからそれでいい、安くしてほしい、という方と、しっかり負担するからみんなに保育を、という方、両方があるかもしれません。


私はどちらかというと後者の意見を重視して施策を展開しています。なぜなら、保育には介護と違って明確な期限があるのだから。だからこそ、限られた間のご負担をお願いしたいのです。そして、保育は喫緊なのだからできるだけ多くの方にサービスを提供したいのです。
そして、子育てで本当にお金がかかるのは保育期ではなく、中等教育、高等教育等の間なんです。


今回値上げをしなかった自治体も次年度、その次、と上げざるを得ないと思います。


今回は「料金体系を変えますからご意見くださいね」とかなり力を入れて申し上げ、私も出席しての説明会をさせていただきましたが、残念ながら決定前のご意見はほとんどいただけませんでした。
その後、気をもんではいましたので、あらためて説明させていただきました。


なお、今後の計画については、子ども子育て支援計画にお示ししています。説明会を行い、意見募集を行い、議会で議決させていただいたものです。

リンク先 をご覧ください。


追記:リンクをしてもリンク先はご覧いただけていないようなので、加筆します。
ナンバリングでP85に財政構造の課題が、P105に今後の整備計画が掲載されています。
なお、負担軽減の対象となる方には通知が届きます。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース