1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年01月20日

恒例和光産野菜の木曜市。今月は20日(今日)です

テーマ:農と言える和光

恒例の木曜野菜市の日がやってきました。

10時から13時まで、市役所の中央玄関前です。

いろいろな品物から選びたい方はぜひ、早めにお越しください。

夕食は地元の安心・美味しい野菜三昧で!

タジン鍋で温野菜などいかがでしょうか。

ポン酢もいいですが、岩塩などもお勧めですよ。


※出品予定の和光産野菜・花卉・果樹等
・いちご       ・みかん
・赤カブ       ・チンゲン菜
・人参        ・カブ
・キャベツ      ・ネギ
・小松菜       ・白菜
・サニーレタス   ・ブロッコリー
・ほうれん草    ・大根
・カーネーション  ・バラ
・チンゲン菜
・和光産の野菜を使った沢庵、白菜漬、キムチなどのお漬物

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月17日

阪神淡路大震災の日

テーマ:防災・防犯

阪神淡路大震災の日がやってきました。あの日から16年です。

私が生まれ育った兵庫県明石市、そして、青春時代のたくさんの思い出がある神戸市中央区などが一瞬にして大きな被害を受けました。

特に驚いたのは両親がタンスの下敷きになったことです(無事でした)。

震災の影響で私が子供のころにしばしば海に連れて行ってくれた叔父は早死にし、私の生まれ育った家も「全損→建て替え」になりました。


私が政治に関心を持った大きなきっかけであり、あの時の衝撃の光景は今でも鮮やかに脳裏に浮かびます。

以前、この件ではブログ記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

http://ameblo.jp/takeyan/entry-10194074085.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年01月12日

埼玉改援隊地区マニフェスト(和光市)

テーマ:ブログ

埼玉改援隊の地区別マニフェストをお示しします。

各項目の柱が5首長の共通マニフェストです。

埼玉改援隊が和光市で市議候補を推薦する前提条件として、このマニフェストの各項目と埼玉改援隊としてお示しする共通認識(後日掲載)の方向性について理解し、承認していただくことになります。


マニフェストは政策論争や議会活動の基本的なあり方についての指針的な位置づけで作成しました。作成にあたり、くれぐれも私の政策への踏み絵とならないように配慮しました。これは、5首長が話しあって共通の方向性として合意したものです。

なお、報道で具体性に欠けるとの批判がありましたが、それは当然のことです。具体的な政策の踏み絵という方向性では、二元代表制を生かしきる、という我々の趣旨とはかけ離れたものになります。

政策論争は、前提として一定の危機感さえ共有できれば、あとは自由に、論理的に、市民本位に行えばいいと思います。


「地区マニフェスト(和光市) 
1.埼玉の独自性(歴史、文化)と地域の課題を踏まえ、市民の声、市民との対話を重視した政治、行政の実現
★国の政党の枠組みを超え、市民本位、政策中心の市民に開かれた議会を目指すこと。
★地方の実情を踏まえた政治活動・審議をすること。
 
2.“依存から自立” ―市町村等の基礎自治体を主体とした地域が主役の国家づくりの実現
(1)自治体を縛る地方負担の廃止、地域の実情に応じた施策を可能とする権限や地方の自立を促す税源の移譲
(2)市民生活関連の施策は地方が実施し、国は外交、防衛等に特化する棲み分けの徹底
★地方が主役の時代を目指して、各所への積極的な働きかけをすること。


3.徹底した無駄の排除と財政の健全化、持続可能な地方自治体経営の実現
★客観的な合理性を欠くサービス拡大を主張しないこと。
★職員定数適正化、人件費削減、公平な評価システム確立、料金体系適正化の方向性を志向すること。
★官民協働(PPP)について偏見無く議論すること。
★市の財政状況について十分な危機感を持ち、それぞれの解釈により市民に説明すること。 
 
4.市民の自立と参画による協働型の自治体の確立
★市民協働による財政白書の作成と、財政危機を未然に予防する健全財政条例の制定を推進すること。
★市民提案の強化など市民力を生かした地域経営を推進すること。
  
5.ビジョンを持ったまちづくりの推進
★和光市の強みである自然環境の保全・緑化の施策を推進すること。
★遅れている都市基盤整備をまちづくりの重点課題として認識していること。
★介護・子育て支援・教育への投資を推進すること。
★多様な研究成果に配慮した、科学的な環境施策を推進すること。
 
6.政策本位の議会改革、選挙の推進
★ワンフレーズでない、明確な公約を示すこと。
★全市的な視点でしがらみなき政策判断を行うこと。
★二元代表制の下、制度趣旨を踏まえた緊張関係を維持しつつ、合理的な審議、政策論争をすること。
 
7.市制・議会の情報公開の推進
★公約への取り組み状況や議会での発言・賛否等に関する市政報告を毎年必ず発行するとともに、ITを活用した情報発信を行い、市民への説明責任を果たすこと。


8.議会のスリム化・適正化の推進
★既に定数削減を実施したことを踏まえて、今後の議会定数、報酬について、議会で積極的に議論すること。」

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年01月10日

成人式

テーマ:活動日記

9日は和光市の成人式でした。

成人式では昨年と同様に、成人になって最も大切なことは(飲酒でも喫煙でもなく)投票する権利を得たということ、そして、それを得たということは社会に対する責任(私はこういう場では義務という言葉はあまり使いません)を負って行くことだというところを強調しました。

私もまた、大人になって20年と少し生きているけれど、私も含めて今の世の中を投票で作ってきた過去からの大人は今の世の中に責任がある。不景気で失業があるなど、暗い世の中になってしまっているが、過去の投票の結果がここにある、だから、皆さんには投票によって、より明るい日本を作ってもらいたい、というような話です。

私自身、20代の時は世の中に対する当事者意識を持つことが難しかったけれど、投票の積み重ねで世の中はできているので、投票で世の中は変えられると私は信じている、と強調しました。


また、興味を持ってもらえそうな話題として、サンデルについて少しだけ触れました。サンデルは、「善より正」「手続き的な正しさ」を強調したジョン・ロールズへの批判で知られる人物であること、そして、サンデルはコミュニティ(言い忘れましたがアイデンティティも)を強調したコミュタリアンといわれる系譜の中心人物であることを話し、「今日は故郷である和光市を離れている多くの新成人も地域に戻って、旧交を温めている。故郷で友や知人と語り合うことでコミュニティ(やアイデンティティ)について考える機会にして欲しい」と強調しました。

(サンデルを出すほどの話ではないのですが、話しの掴みとして。まあ、あまり言っているとボロが出ますので、これぐらいにしておきましょう。)


投票もコミュニティも、おそらく二十歳の多くにはリアリティに欠ける存在ですが、投票とコミュニティについてしっかり意識し、行動する若者が増えれば、このまちはもっともっと良くなる、と信じています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年01月06日

埼玉改援隊の政治団体登録に行ってきました

テーマ:ブログ

埼玉改援隊は、地域が主役の日本を実現するために「埼玉」を切り口に行動するローカルパーティとして、政治団体登録を済ませました。

また、本日正式に清水雅之神川町長が加入されました。

今後は五人の首長で活動を進めます。

なお、4月の統一地方選に向け、今週末に共通・地域別のマニフェストを公表します。


多数のマスコミの方々の取材があり、ただただ驚きました。


我々は大阪や名古屋とは趣の違い、ワンフレーズの派手さはないものの「二元代表制の趣旨を生かしきる」、基本に忠実な改革を目指して行動してまいりますので、よろしくお願いいたします。

議会が活性化し、首長と両輪としてしっかり動けば、国や県も今までとは対応を変えると思っています。


ちなみに、我々は候補を擁立(公認など)するつもりはありません。あくまで候補者の「推薦」という形を取っていきます。マスコミによっては「独自候補の擁立」と書きたがりますが、これは誤解や思い込みです。新人も「推薦」しますが、あくまで推薦なのです。

これは、当選後の議員を囲い込む意思がないことの一つの意思表明であるとご理解いただければと思います。

首長が議員を囲い込めば、二元代表制は機能しません。

マニフェストについても、その点について相当程度配慮して作ることは各首長で合意しています。


(追記)マニフェストの中身を確認せずに「二元代表制を脅かす」などとウェブ上でお書きになっている方を散見しますが、我々はそんなことは目指していません。また、「何をやりたいのか分からない」という声もありますが、それはそうです。まだ未公表なのですから。ぜひ、8日に公表する、我々のマニフェストをご覧ください。

もっとも、地方政治家の行動指針的なものが多く、これがマニフェストか、というお声はあろうと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース