1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年11月30日

議会初日~初めて条例提案者として登壇

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

市長部局からの提案説明の後、委員会付託省略の案件を処理(質疑、討論、採決)しました。
気になったのは「専門員」の報酬が新設された条例改正案。
この議案、基本的にはさまざまな委員の報酬を削減して行革の一助とする趣旨です。市政の新しい課題を調査研究する専門員月額20万円という提案があったので質問しました。
答弁から想像するに、公務員の再任用ではなく、どうも理研ベンチャーなどに関する調査や下交渉的な仕事になりそうです。
短期間しか実務を知らないのですが、一応はベンチャーキャピタル出身の私なので興味津々。どんな人が来るのか楽しみです。できればたっぷりと語りたいもの。
この件は可決されました。
また、乳児のみの受け入れで人気がなかったみなみ保育園分園の廃止を決定。ちなみに、来春も民設民営保育園が開園します。


午後は議員の費用弁償の廃止が議員提案で可決され、その後恐怖の時間がやってきました。
生まれて初めて議案(条例)の提案者として登壇。
内容は議員の2名減員です。
私の基本的なスタンスは、予算が無限にあるなら議員はたくさんいて報酬が高いというのも良い選択肢だが、公的セクターの現状はそれを許せる状況ではない、というものです。
また、理事者側に厳しい縮小を求めている私だから、議員だけが例外というのは理屈が通らないと感じています。
共産党3名、樹の会、緑風会、市民クラブ、社民党から、時期が遅い、市民の意見をくみ上げられなくなる、などの趣旨の質問をいただきました。まだまだ至らない経験不足の私ですが、とにかくできる範囲で答弁させていただきました。
そして、私は降壇。
討論を経て採決。
今回は賛成7名、反対12名、退席1名で否決という結果になりました。
本来9月に提案したかった内容なのですが、病欠の議員が2人とどうも空き巣的な感じがして前回は見送った内容です。そして、今議会でも議会運営委員会で否定的な結論が出て提案をあきらめようかと思った経緯は先般お示しした通りです。
そして、とにかく会派では削減という方向性を考えていたので、とにかく提案してみよう、という結論が出たのがここ数日。会派の先輩である菅原満議員がいろいろな準備をほとんどお膳立てしてくれました。さすがベテラン。
ただ、残念だが事前調整では何回足し算しても過半数には行きそうになく、そんななかでのチャレンジでした。
今後は定数の削減を中期的な宿題として持っておかなければならないですね。
小さな政府が必要なのは理事者側も議会も同じ。
もちろん、小さな政府でも大きな安心、大きな公共が理想なのですが。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年11月30日

夕張・第3セク「石炭の歴史村観光」、自己破産を申請

テーマ:自治体の分析

「夕張・第3セク「石炭の歴史村観光」、自己破産を申請

2007年度から財政再建団体入りする北海道夕張市が出資する第3セクター「石炭の歴史村観光」(社長・後藤健二市長)は29日、札幌地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。 負債総額は74億8171万円。従業員38人は全員、解雇される。・・・以下略」


ポイントはどの金融機関がたくさん貸し込んでいたかということ。

第三セクターは自治体が保証をつけない債務だから、債務超過部分は踏み倒しのはず。この調子でバタバタ行くと、地域の中小金融機関もおかしくなる。おかしくなるという究極の形はもちろん、金融機関の破綻。そうなると、自治体の放漫経営が地域経済を滅ぼす、かもしれません。
ちなみに、土地開発公社については自治体が債務保証できます。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年11月29日

駅頭活動(和光市駅北口) /木曜日は定数削減(2人減)条例の提案を行います

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

少し古いネタのビラを配布させていただきました。
6月定例会で職員公益通報条例に関する質問をして県内で初めて「条例化します」という答弁があったことを報じた6月末の埼玉新聞の記事です。
これは、今回の議会でその後の進捗状況を確認する一般質問を行うための伏線です。

県内某市では要綱で公益通報を制度化していますが、市長の知人の弁護士が窓口だったりしてまともに機能する感じがないです。やはり、条例化が正道です。


なお、木曜日は議会初日です。

初めて提案者として条例改正の提案説明を行います。

内容は議員定数の削減。

2名削減という地味な案を提案します。現時点で実現性のある程度見込める最大限の案です。

ただし、現状は小差で否決の見込みです。

何とか可決にもって行きたいものですが・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年11月27日

12月定例会一般質問のお知らせ

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

早いもので12月定例会の一般質問の通告書を提出してきました。項目は下記の通りです。

7日の4番目、おそらく14時30分ごろからになります。(当日の進行状況により異なります。)

傍聴は簡単です。直接議会事務局に行き、お申し込みください。


1 残土条例(施行後の効果と事業者への指導状況/今後の対応)

 条例施行後も条例が守られていない現状について、行政の取り組み状況などをただします。


2 公益通報制度(検討状況/条例化の見通し)

 公益通報制度の検討状況について質問します。


3 障害児への対応(地域に密着した特殊学級の設置を/養護学校との連携/市内で通級指導を)

 地域に密着した特殊学級の編成、つまりできるだけ各学校に特殊学級を設置すべきではないか、という質問などです。

4 民営保育園(6月に発生した事故への対応について/監督権を保持できる形への補助金要綱等の変更を)

 市が多額の補助金を出しながら直接には県の監督下にある民営保育園について、市の指導権能の強化策を考える質問です。


5 図書館、学校図書室(図書館の休館日の見直しを/公民館図書室の利便性向上を/放課後の学校図書室の解放を)

 図書館については月曜に祝日を持ってくる制度になったのだから、月曜休刊は見直すべきではないか、という趣旨です。公民館図書室は公民館職員が機械を操作すればよいのではないかという趣旨。


6 道路整備(道路計画にかかる地域住民との調整について/市道72号線の整備の方向性)

 地域住民向けのアンケートを踏まえての道路計画だが、今後の市民との調整をどうつけるのか。また、72号線(浅久保通り)の整備の優先順位が高くなっているが、歩道中心の整備となるのか。


7 薬物乱用(市内における状況/学校における取り組み)

 駅周辺で薬物の取引があるとされるが、市はどの程度把握しているのか。また、薬物被害を予防するための学校での取り組みはどうなっているのか。不足に感じるが。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年11月27日

巷で流行るもの、「市場」叩きの的外れ~ミルトン・フリードマンが亡くなってふと思うこと

テーマ:自由の価値

<今日は多少マニアックな話なのでパスの人はスルーしてください。>

最近、言論界で「市場原理主義批判」という疫病のような流行があります。

「小泉改革は市場原理主義で、この流れに沿った改革が日本社会を破壊した。さあ、時計の針を戻そう」というものです。

この主張が「経済の関係の言論で飯を食っている人のものであってしかも本気」なら、その主張をしている人は思考力がないか経済に関する知識が議論する資格が無いほど乏しいかのどちらかです。(確信犯で欺いているなら詐欺師です。)

なぜなら、小泉改革とは日本の経済を市場にゆだねるという趣旨のものではなく、既得権益層の一部取替えをしただけのもだからです。(既得権益層の取替えの際に一部の権益が外国に流れた。)

道路公団民営化で何が既得権益から開放され、市場にゆだねられましたか?

郵政民営化で市場に開放されたのは何ですか?

これが市場原理主義なんて・・・そんなわけないじゃないですか。

皆さんに衷心から申し上げますが、日本に市場原理主義など存在しないし、新古典派の理論が正確かつ大規模に実行されたことはありません

(さらに、新古典派の志を継承する人々が市場原理主義者かというとそんなことはありません。)日本は今も昔もコネ社会です。コネを持つ人の入れ替えはありましたが。

また、今のゆり戻しで得をする人がいるとすれば、旧来のエスタブリッシュメントだけです。

(変な議論をしている人はエスタブリッシュメントの御用評論家?)

本当は、今度こそ本気の「改革」をすべきなのです。市場にどこまでゆだねるべきかは議論と試行錯誤が必要ですが、少なくとも「発展途上国よりは見た目が100倍スマートなコネ社会日本」では、私たち一般人レベルでは市場の強化は必須事項でしょう。年収が低い社会でも、物価が低ければ生活は守れます。名目の年収300万円というものをどうこう言う時点で詐欺ですし。

サービスは電気のようなもので、総量が増えれば基本的に社会は豊かになります。一方で金の額面とは記号に過ぎず、それ自体に意味を求める風潮を煽るのは愚かです。(ちなみに、金も電気に似ている面がありますね。)

コネ社会で吊り上げられた名目の価格に騙されちゃいけないと思います。しかも、現在は労働の対価のみ低くなり、物価は十分に下がっていないのです。

日本独自の談合資本主義、国家社会主義からの決別が必要なのに、変な人々の反動(笑)的な大合唱が受け入れられています。それこそ階級を強化するものです。

ちなみに、小泉改革に成果があったとすれば、「鉄壁の既得権益層にひびを入れた」というものでしょう。

なお、現政権は小泉政権よりはるかに既存のエスタブリッシュメントとの結びつきが強固ですから、放っておいても時計の針はある程度戻されると思います。

それが良いかどうかは別にして。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み