1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年03月30日

アメリカ社会における寄付のココロ~小さな政府の真髄はここにある

テーマ:ブログ

慶長さんという有名ブロガーがいます。(ワシントン通信 2.1~地方公務員から転身した国際公務員のblog )

地方公務員から国際公務員へと転進した、異色の経歴の方です。とにかく読んで楽しい記事が多いので、常時監視しています。(笑

さて、彼のレポートを見て素晴らしい記述を発見したのでリンクを示し、概要を転載させていただきます。小さな政府に欠かせないのが寄付の心なのですが、彼のレポートを読んでいただくと、アメリカ型のそれがよく分かります。

小さな政府とは、役所を経由しない公が大きい社会を言う、とも(勝手に)定義できると思います。

その日本的な姿を模索していきたいですね。

慶長さんのレポートへのリンク  

リンク先記事の抜粋「僕はアメリカのオクラホマ大学で修士号を取りました。(中略)過去5年間にのべ7万2千人の卒業生が、オクラホマ大学に寄付をしているということです。年間平均1万4千人で、一口50ドルからなので、最低でも年間70万ドル集めています。(中略)僕は日本では、某国立大学を卒業しましたが、その日本の母校からは、ただの一度も寄付の要請を受けたことがありません。国立大学だから、国からの補助金がかなり注ぎ込まれているのでしょう。日本は税金で強制的に集めて、お上がそれを分配する。アメリカは市民が寄付をしたいところに寄付をする。これは実に対照的なことですが、この日米の違いは、何も大学への寄付に限ったことではないような気がします。税金で分配するより、個人の意思による寄付に頼った方が、寄付をするかしないか、そして寄付をする場合でも、金額や寄付をする相手を自分で決められるという利点があります。(中略)ということで、今年もアメリカの母校に50ドル寄付します。最低金額ですいませんが...。」(部分的に赤文字にしたのは松本)

ちなみに、私の母校は私学なので寄付しろとやたらうるさいです。ただ、理事会がやたら無駄遣いをするので、(以前は最低限付き合っていたのですが)それが疎ましくなって以来、寄付はしていません。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006年03月28日

永田町勉強会「日本人とはなにか?映画「千と千尋の神隠し」にみる民衆文化と官製文化」のお知らせ

テーマ:ブログ

これはお知らせ記事です。一般記事は次からです。


表記のタイトルの勉強会が参議院議員会館において、リーダーシップインスティテュートジャパンと私も参加しているJTRの共催で行われます。突然で恐縮ですが、明日水曜日です。(笑

よろしければご参加ください。

なお、私は10時過ぎに参議院議員会館のロビーに行きます。

10時15分までにロビーに来ていただいて、案内の看板などを持っている方に和光市議の松本の知り合いと名乗ってください。私もいます。拉致の青リボンか市議会議員バッジを付けてうろうろしていることにします。私に名乗り出ていただいても結構です。

内容は下記です。

なお、この記事は勉強会終了後は削除します。


「あなたの宗教はなんですか?」と聞かれたとき貴方はなんと答えますか?

日本人の宗教観を明快に答えられますか?

日本人はどこから来て何処に向かうのでしょうか?

 日本には民衆の文化と官製の文化がありました。靖国問題や皇室典範問題は、日本人のこれらの文化のとらえ方に大きく依存します。

 今回の正木講師の講演は、映画「千と千尋の神隠し」を通じ、知っているようで知らなかった日本人の本質を楽しく説明してくれます。

キーワードは「アニミズム」。これこそ、民衆文化の原点です。

本公演は、大きく変容しようとしている日本社会において変えてはならないものを再認識させてくれることでしょう。

 万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

開催日時 平成18年3月29日(水)10:30~12:00

開催場所 参議院議員会館 第5会議室

     (10:00~10:30、ロビーにて入場券をご用意しています)

     講 師 正木晃(まさき あきら)氏

     1953年生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。

     国際日本文化研究センター客員助教授、中京女子大学助教授等歴任

     慶應義塾大学非常勤講師。専門は宗教学(主にチベット密教など)。

     NHKラジオ「宗教の時間」やTBSオウム特集等に出演。

     著書:マンダラ塗り絵(春秋社),立派な死(文藝春秋)など多数

     オウム裁判において早川、新見被告の参考人なども務めています。

主  催 Leadership Institute Japan(代表 田中 甲)

        JTR日本税制改革協議会(会長 内山 優)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年03月27日

青年地方議員の会の仲間と伊奈町、菖蒲町、久喜消防事務組合の視察に

テーマ:行政・地方自治
菖蒲町にて ←写真はJA菖蒲の直売センターにて

定例会の会期が終わったので、今日は視察の日。

青年地方議員の会という、埼玉の地方議員の勉強会で伊奈町、菖蒲町(役場、給食センター)、久喜消防事務組合に行ってきました。

伊奈、菖蒲両町では改革プランを中心とした意見交換を行い、いろいろと参考になりました。やはり、首長さんと直接意見交換をするというのは勉強になります。

特に菖蒲町のプランはさまざまな市民サービスの見直しを具体的に示しています。町長さんの改革への強い意志と、勇気を感じました。

(どうやら、定員を平成22年までに5パーセント減らすというのは世間相場のようですね。そして、和光市もその水準のプランとなっています。それでいいんですかね。私は少なくとも納得していません。)

県内一の繁盛直売センターであるJA菖蒲では、美味しい手打ちそばを食べました。その繁盛振りには驚きました。ちなみに、もちろん自腹です。(笑

(菖蒲苺のイチゴ狩りができなかったのが心残りです。)

また、菖蒲の給食について、地産地消への取り組みが興味深かったです。

米どころであり、県が推薦している「彩のかがやき」という銘柄米も大量に産している菖蒲町では、米はすべて町内産を使う条件で見積り合わせが行われているそうです。しかも、新給食センターから炊きたてが届くため、子どもが国の基準よりも多く食べてしまう傾向にあり、嬉しい悲鳴だそうです。

さらに、キュウリ、梨、苺も地域のものを使っているます。しかし、果樹が得意な地域の農家の不慣れとする葉物野菜については、一度は栽培してもらったものの、品質管理がうまくいかず結局やめてしまうことになったという話もありました。

最後の消防組合では、GPSを使った新しいシステム等について説明を受けました。

なお、新しいシステムでは携帯電話の着信も地元で受けることができる仕組みに変えたものの、かなりの確率で隣の消防に繋がってしまうそうです。やはり、通報は固定電話が一番です、とのことでした。

一日がかりで県内の東部をうろうろした一日でした。

車に同乗させていただいた鈴木健一東松山市議と今日のコーディネートをしてくれた久喜の石川忠義市議にお礼申し上げます。

今日はまともらない記事ですが、ご報告ということで。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年03月26日

今日は団地総会。なんと4時間弱の長丁場でした

テーマ:マンション問題

今日は団地の予算総会でした。

午後1時半から始まった総会はなんと5時過ぎまで続きました。

いつも長引く総会なのですが、今年は一段と長かったです。

区分所有者の発言を大別すると2つに分けられます。「管理会社がなっていない」「理事会は管理規約や諸法規を理解して運営していない」「理事会などの内部での議論の情報提供が十分でない」という毎年お決まりの意見(まあ、それだけ大切な話でもあるのでしょう)。そして、今年独自の論点もいろいろ提示されました。少なくとも、総会で議論が盛り上がるのは良いことだと思います。そして、盛り上がることで少なくとも出席者は問題意識を共有できます。

ただ、1ついえるのは、予算総会では既に議案が固まっているので、基本的にその場での問題提起は問題提起以上のものにはなりえないということです。要は事前に提案できるものはできる限り、予算の議案が公表される以前に提起されてしかるべきだということです。議決権行使書での参加者や委任状での参加者が多数派なので、当日の議案変更や動議の提出は不可能ですから。

それと、せっかくのご見識はやはり、積極的に役員として披瀝していただきたいですね。勿体ないです。

なお、私はいつも「市の補助金を受け取る団体の意思決定の中心人物には議員倫理条例との関係でなれません」と申し上げていますが、あくまで意思決定の中心人物を避けているだけです。補助的な立場でのお手伝いはいたします。

現に「青少年を育てる会」では役員としてお手伝いをさせていただいています。

また、「いつもブログを読んでいるよ!」という声をかけていただきました。これは嬉しい反面、緊張します。もちろん、緊張感を大切に続けて行きたいのですが、それにしても緊張します。

ぜひ、いろいろと生の声を聞かせていただきながら、活動を改善していきたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年03月25日

ビオトープ改修講座を受講

テーマ:教育

作業中

今日は学校ビオトープの改修講座に私も受講生として参加。子どもたちと一緒にドロドロになりながら、外来種を取り除いたり、水をくみ出したり。

好天の下、泥んこの半日でした。

夏にはトンボがたくさん来るといいな、と思っています。

これから洗濯です(笑。

なお、ビオトープについて詳しくはリンク先の過去記事 にてご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み