ほいみんの のんびり日記

人生は旅である。誰もが言っているつまらない言葉だけど
本当なんだからしょうがない。



テーマ:

年末ぐらいからトレードをやる時間が長くなって

家にこもるようになってまた耳の調子がおかしく

なってきたので、気分転換に、ということで4泊で

メルボルンに行ってきました。

 

通常のツアーではなかなか自分の行きたい場所に

自由な時間で行けないので、プライベートツアーで

お願いして、特に何も目的もなく動物を見てきました。

 

オーストラリア固有の動物がメインのサンクチュアリで

1

お約束のコアラ見て

2

セキセイインコをなぜか見て

セキセイインコ(この色)は豪州原産です

オカメインコもそうです

3

ペリカン・・・はどこにでもいますが、カモノハシとか

まーいろいろ見て和んできました。

 

2日目は、コッカトー(キバタン)の餌付けが出来る

場所に行ってきました。

4

10年ほど前に行った時はもっと自由に餌付けできたの

ですが、人が増えて観光地化するにつれて、変な餌を

あげたり、いろいろと悪い人も出てきたので決められた

場所でチケットを買って餌をもらいます。もちろん餌場

以外にも野生のキバタンはたくさんいますが。

5

かわええ・・・

6

餌待ちで並んで待ってる・・・

7

頭も良くてとても長生きします。

8

しかし両手は最後は傷だらけで血がたくさん・・・

この鳥の事をよく知らずに安易に餌をやろうとした

人たちは、たいがい手に乗った時に爪が食い込んで

ギャーッと言って餌入れを放りだしてましたわ・・・

9

で、お約束の蒸気機関車に乗って

10

森を散歩して

11

これはアカクサインコという鳥らしいです。

 

本当はこれで終わりなんですけど、個人チャーター

なので、また元に戻ってもらって餌付けの場所で

ずーっと鳥と戯れてました。

13

翌日もペンギンツアーに行く途中で

12

カンガルーに餌付けして

14

写真撮影禁止なのでモニターだけ撮ってますが

海から帰ってくるリトルペンギンの大群を

ほえええーーかわええええーーーと言いながら

眺めて、

15

最終日は水族館に行って、自分で書いた魚を

スクリーンで泳がすことが出来るというので

ホイミスライムを泳がせてきました

16

メルボルンもどんどん大都市化してしまい、昔の

穏やかで落ち着いた街並みとはだいぶ変わって

しまいましたが、自然や動物にたくさん触れられて

いい骨休めになりました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

実現損益 + 833万 ぐらい

 

本日分の損益がいまいちはっきりしないですが微差です。

 

今月から、正確には今月の中旬から、バリュー投資家()への

転身を図って、いろいろ柄にもない銘柄研究とかやってました。

 

バリューなんたらは冗談としても、今のIPO上場直後セカンダリ

では私が得意とするような環境はもはや望めず、トレードを

するならば何かしらやり方は変えなければなりません。

 

とは言っても、まずはその前に買っていた銘柄の後始末も

ありますし、資金配分とかもろもろ試行錯誤にならざるを

得ないわけですが、自分としてはまるで人のポートフォリオを

眺めているような内容になりつつありました。

 

とか言った途端に出会い頭の交通事故に巻き込まれて

数百万食らったんですけどね・・・(´・ω・`)

いや、事故と言ってはいけないんですが、これはわりと

事故っぽい・・・

 

とりあえず順調なスタートを切れたと思ったらそんなに

甘くありませんでした。

 

買い余力はたっぷりあるので、これから徐々に増やして

いきたいと思います。

 

持ち株 5銘柄 買い金額順に

6○○○ 7○○○ 3○○○ 6○○○ 3○○○

先月からの持ち越しは1つだけ。含み益4つ。

 

食らいそうだけど逃げるに逃げられないものが1つ

長い勝負覚悟が1つ

あとは適当

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年秋から庭木の入れ替えとレイアウト変更を

一気に進めましたが、ほとんどが落葉樹なので

冬の見た目は何も変わらず。

 

ただ今年は周辺で開発が進んだせいかどうかは

わかりませんが、普段はあまり住宅地の中に入り

込まない鳥までよく見かけるようになりました。

 

冬の間は渡り鳥や山から降りてくる鳥にとって

とても厳しい季節なので、その時期だけは毎年

えさやりをしています。

 

よく、野鳥には絶対に餌をやってはいけないと

勘違いしている人がいますが決してそんなことは

ありません。鳥は、飛ぶために体を軽くする

必要があって栄養を貯蓄できないので、雪や

荒天などで簡単に死んでしまいます。

 

暖かくなればいつのまにかいなくなりますので

それまでのおつきあいです。

1

 

鳥の水浴びや水飲み用に用意しているお皿も

カチカチに凍るような寒い朝はちょっときつい。

皿の氷をはずしてもホースから水が出ないので

お湯を沸かして溶かしたり・・・。

 

2

 

一番人気のゼリーは真っ先に食べつくされます。

メジロは私が近くにいる時のほうがほかの鳥に

邪魔されないので、むしろ寄ってきて一生懸命

ついばんでいます。

3

今は5羽ぐらいになりました。近くの森が減った

のであまりこなくなりました。

4

住宅地にはほとんど見かけないヤマガラが

今年はきています。明治神宮なんかで餌付け

されている鳥です。人懐っこくて近寄ってきます。

5

カメラを向けても逃げずに、不思議そうに

こちらを見ています。

6

かわゆす・・・

7

だいたいヤマガラと一緒にいることが多い

シジュウカラ。この子はわりと住宅地に普通に

いて、都市部の緑化の指標みたいなものに

されているらしいです。うちではヤマガラと

シジュウカラにはヒマワリをあげてます。

8

この子はもうずっとこの辺に住んでいるキジバト。

ドバトと違って群れず、単独かつがいでいます。

 

この子のためにハトの餌をたまにあげるのですが

近くの公園でドバトに餌をあげている人が多い

関係で、ドバトが寄ってくるようになるとエサやりは

できなくなります。

ドバトは野鳥ではなく、餌やりは基本ダメという

ことになっています。

 

9

キジバトは臆病、というかあまり人に慣れない

のですが、この子は私が近づいてもあまり

逃げません。

10

ドバトに次ぐ厄介者はこのムクドリ。よく夕方に

大群で空を飛びまわったり、街路樹に群れて

問題になるアレです。

 

ただ、うちに来ている子はこの2羽のつがいと

羽がまだきれいに生えそろっていない子供だけで

仲間は呼んでこないので今はまだ放置して

いますが・・・

11

果物係は夏からずっとこの辺を縄張りにしている

ヒヨドリなのですが、ムクドリのほうが強いみたい

で、最近はちょっと困っているみたい。

12

今年からバードフィーダーを買って、いくつか

セットしています。

 

餌は果物と穀物、あとはドイツから輸入して冬の

野鳥のための餌を何種類かあげてます。

あちらでは普通にスーパーでも売ってたりする

そうです。とは言っても日本とは住宅事情が違う

とは思いますが。

13

例年は公園とか空き地にいるツグミが、今年は

なぜかうちに一羽だけ来ています。この子も

ヒヨドリより強くて、今年の冬はヒヨさんは受難の

年になってます。

14

こいつらは一年中こんな感じですね・・・

 

ここ数年はジョウビタキは住宅地の方には

来なくなってしまいましたが近所にはまだ

きているので、だいたい毎日探しに行きます。

15

ここ数年、小川や公園周りの樹の剪定がきつく、

鳥が冬を越すにはちょっと厳しい場所になって

しまいました。

16

雪の日のジョウビタキさん♀さむくて

ぷっくりふくらんでます。

17

モズもだいぶ減りましたが、たまーに見る

ことができます。今も開発が進んでいるので

これからもどんどん減ってしまうのでしょう。

 

少しずつ減っていたキジはとうとういなくなり

ました。その気になれば緑化できる場所は

まだ結構あるのですが・・・。

 

18

冬の我が家の前だけは小鳥たちの憩いの

場所になっています。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)