2015-08-23 06:15:44

地方のことを知りたいなら 地方紙を!

テーマ:福島県の出来事
福島県には「福島民報」「福島民友」の
2つの地元新聞があります。

中でも「福島民報」は、251,718部(2014.10月現在)と
福島県内で一番の読者数をもち
かつ、FBでも記事を掲載しています。

ことに3.11後は、原発事故をはじめとする
放射線に関する県内の情報をいろいろ発信。

福島県に関係ない人たちが
自身の視点でつづる福島県のできごとよりも
はるかに正確であると。
現在福島県に住んでいる私は
感じています。

話を元に戻しましょう。
福島民報社では、毎日午前10時ごろ
その日の1面をFBに掲載しています。
  ↓
以下のURLです。

最近は復興に関するニュースが日々流れており
福島民報と共に、全国紙も購読している私は
取り上げられる記事の違いを見ています。

福島県に関心のある読者のみなさんには
ぜひ、ご覧いただくことを
希望します。



自分史で福島県を元気に!
お問合せページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-17 09:05:25

「それがないとまずいよね」になっているかどうか

テーマ:道を究める
東日本大震災の月命日である
7月11日にお会いした、

ある社会起業家の方が
お話しされた言葉を
今日はご紹介します。

  「あったらいいね」じゃなくて
  「それがないとまずいよね」

  とみんなが思う理由がないと広がらない


事業でも、市民活動でも同じですね。

 

今私が、福島県に広げよう
広めたいとしていることは

福島県の人にとって
「それがないとまずいよね」
というものになっているかどうか。

私が広めたいと思っていることに対して
賛同する人は、協力してくれる人は
どのくらいいるだろうか。

 他人事なら見えてくる
 でも自分事だと目がくもる


心をしっかりもって
一歩一歩です。
やがて大きな幹になる日を思いながら


自分史で福島県を元気に!
お問合せページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-12 19:40:53

支援、拡散希望!「貧困家庭向けの子ども食堂を開きたい」

テーマ:福島県の出来事
子どもの貧困というと、日本のことではない
別の国のことだと思っていませんか?

違うんです。
おそらく私たちが知らないだけで
我が国でも、大変な思いをしている子どもはいるのです。

福島県会津若松市にて
早くから、子ども支援をしている団体が
この度、貧困家庭の子ども向けに
「子ども食堂」の取り組みを始めました。

目標金額に達成したあかつきには
地元の各団体と連携した、具体的なイメージも
できているそうです。


思い出してみてください。
私たちにとって、一番身近な「食」のこと。

これが軸になって、
私たちは大人になったのではないのでしょうか。


  子ども食堂を会津若松に作りたい!

多くの方のご支援、ご賛同を
私からもお願いします。




レディーフォー
関連サイトはコチラです!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。