ご縁あり、福島県民になって15年。

人も、環境も、食べものも素晴らしい
福島県のことを綴り続けるうちに
いろいろな方とご縁をいただきました。

「どんな状況においても、前を向いている方が大好き」

震災後は、福興ライター(R)として
福島県に関わる人たちのことを綴っています。



またこれからは少しずつ、福島県民のみなさんが
「自らのことを綴っていく」ことのお手伝いを
していきたいと考えています。


  ▼福興ライターとは?


仕事のご依頼、お問合せは下記よりお願いします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-16 08:41:01

九州のみなさんのご無事をお祈りします~記録活動の中で知ったこと

テーマ:福興ライター(R)
この度の地震で被害に遭われた方
度重なる余震に、心ふるわせていらっしゃる方に
心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災のときの経験から、
私にできることは、わずかなことだと知っています。




その中で、私が記録活動を通して、
知ったことを書きます。

みなさんの周りにいらっしゃる
障がい者の方に目をくばってください。

人一倍心が痛む方がいらっしゃいます。
体が思うように動かない方がいらっしゃいます。
「見る」「聞く」「話す」が不自由な方がいらっしゃいます。

一見、健常者のように見える方がいらっしゃいます。
でも聞こえないことで、必要な情報が入ってこない方がいらっしゃいます。

みなさんのお隣に、
もしも、そんな方がいらっしゃったら
少しだけ気を配ってください。


九州に直接のお知り合いがいないので
ネット検索で見つけた団体をここに書きます。

関係者の方々のご無事をお祈りしています。

   一般財団法人 熊本県ろう者福祉協会

  一般社団法人 全日本ろうあ連盟


AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-12 06:58:15

受講生募集☆ 「自分史で、ふくしまをおもしろく」

テーマ:自分史活用アドバイザー
ふくしま自分史1

ふくしま自分史2


「まだ席はありますか?」
 「こういう講座、今までなかったですよね」

昨日、4月5日に福島民報
「郡山版」に掲載された記事を見て、
問合せしてくれた方がいらっしゃいました。

掲載日からすでに1週間がたっているのに
このようにお電話いただいて
私はとっても嬉しかったです(^^)


 「全部出席できないかもしれないけど
 申込みさせてください」
40代くらいの男性の方からでした。



首都圏在住の
自分史活用アドバイザーを
郡山にお招きして開く
ビジネスに効く「自分史講座」


  ▼まだお申し込みを受け付けております。
   詳しくは下記をご覧ください。
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-01 22:32:56

福島県内に「自分史」文化が育ちつつあります

テーマ:自分史活用アドバイザー
新年度になりました。

今年度は中通りにある数校で
「自分史」の授業を開催することが決まっています。

また来年度は、
自分史を授業に取り入れたいと希望される
学校に出向き、教え方のコツや考え方を
お伝えする予定です。



ここに至るまで、いくつか壁はありましたが
自分史を愛する仲間たちと、

私たちの活動を見守ってくれている
協議会の仲間に支えられてきました。

引き続き、
我が福島県に「自分史文化」が根付くよう

微力ながらも仲間たちと一緒に
活動を続けていこうと思います。











   ※今日はエイプリールフールです。
    でも、本音(宣言)も入れて書きました。



▼その第一歩は、コチラから!

 ご自身の生業に「自分史」を取り入れたい方
 受講されてみませんか!
 あなたからのお申し込みを、お待ちしています♪
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-09 07:00:34

昨日とは違う景色を眺める

テーマ:自分史活用アドバイザー
認定講座福島


海なし県「埼玉県」で生まれ育った私にとって
山は海よりもずっと身近な存在でした。

遠足で行った長瀞、秩父の山々
臨海学校はなかったけれど
林間学校では富士山麓に行きました。

大人になってからは
すっかりご無沙汰していますが
でも、山を登る途中のつらさ、
山頂に登ったときの爽快感は体で知っています。


  私は今、山に登り、
  平地とは違う景色を眺める爽快感を
  感謝の気持ちと共に味わっています。


このブログでもずっとご紹介してきた

「自分史活用アドバイザー認定講座」
おかげさまで3月5日に無事に終了しました。

受講生のみなさま
ふくしまに熱い思いを抱く講師陣
応援にかけつけてくれたアドバイザー仲間
そして、福島での開催を応援してくれた
全国各地のアドバイザー仲間に
改めて感謝いたします。

「ふくしまの自分史」という山の
5合目にたどり着きました。

これからもゆっくり登り続けます。
登山仲間も大歓迎ですよ!


自分史に関するご相談・お問合せも
お気軽にどうぞ!



いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-18 19:29:11

自分史活用アドバイザーの役割とは

テーマ:自分史活用アドバイザー
自分史講座の受講生さんの中には
ごくたまに
不幸な過去を切々と語る方がいらっしゃいます。

終戦後の辛かった食糧難
親が決めた結婚
その後のなりゆきなど…。

客観的に見ても
それは不幸な出来事だったと思われます。

が、少し周りを見渡したとき
その不幸は、時代が、世相が、
そういう環境を生み出しただけなのかもしれません。

大切なことは、その経験を
どう活かしていったのか。

その生き様を次世代に
伝えていくことなのでは、ないでしょうか。

  まずは話を受け止めて、
  そのあとどう進展させていくか。
  その道筋をつけてあげるのも、
  アドバイザーの役割の一つです。

文章、写真、映像など…。
いろいろな手法を使って
表面的な事実を綴っていくことは、
誰にでもできます。


  アドバイザーの役割は
  そこから一歩踏み込む。深掘りする。
  そこに醍醐味が隠されているように
  私は思います。


   であるから執筆業、
   出版関係だけではなく
   「自分史」は、様々な分野に役立つのです。


開催まで、あと2週間と少しになりました。

  ▼福島県で初めて開催される
  「自分史活用アドバイザー認定講座」のお申し込みは
   以下のフォームからお願いします。
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-14 08:14:00

2/14放送の「がっちりマンデー」に自分史が紹介されました!

テーマ:自分史活用アドバイザー
自分史活用アドバイザー仲間の間でも
話題になっている 雑誌型の自分史。

今朝放送された
がっちりマンデーでは
「自分史ではありません」
と話していましたが、
これも立派な自分史の一ジャンル。

   つまり家族史です。


   自分の人生を「本にする」
   だけが自分史じゃないんです。


自分史を綴るサイトがWEB上にもありますし
iPadにソフトを入れて、自分史を綴るやり方は
高齢者の方が多く通うパソコン教室で好評だそう。


ほかにもね、
今は写真自分史も注目されています。
そんな、様々な自分史の方法を
お伝えするのもアドバイザーの役割の一つなんですよ。



▼3月5日(土)は、福島県で初めて開催される
 「自分史活用アドバイザー認定講座」



まだお申し込みを受け付けています。
多くの方とお会いできるのを、楽しみにしています!
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-07 12:41:14

届いたのは新聞と資料でした

テーマ:福興ライター(R)

「ピンポーン」

休日の日中、佐川急便のお兄さんが
朝日新聞と先日の取材の時に
お渡しした資料を届けてくれました。

私の転機


呼び鈴の音を聞き、いつのまにか
2階の自室から、リビングに降りてきた夫が
私が手にしている新聞を見てひとこと。


 「美味いものでも届いたのかと思った」



あのね~(^^;)


届いた新聞の記事はWEB版にも掲載されました。
よろしかったらご覧ください。


いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-06 09:15:20

▼「あれからずっと1本筋の通った活動をされていたのですね」 というメールをいただきました。

テーマ:起業
実は先日「私の転機」というタイトルの
取材を受けました。

朝日新聞の記者さんからお電話いただいたときは
「私なんか、何もすごいこと、ないですよ」
と言って、いったんはお断りしたのです。

そのあと再度お電話をいただき
「武田さんは、今、自分史の活動をされているのですね」
と言われ、その一言が決め手になり
取材をお受けすることになりました。

  ・
  ・
  ・
が、常に前を向いている
・・といえば、聞こえはいいのですが

過去のことを、なかなか思い出せず
3時間の取材時間は、正直いって苦痛でした。

ほんとに、ほんとの最後に

「私は、ずっと福島の人たちに認められたくて
活動してきたんです」

「だって福島が
私の夢を叶えてくださったんですから」

とぽろりといったら

記者さん、うーんとうなって
「それを最初に聞きたかった」とひとこと。

そんな経緯があって
掲載された記事をみた
数年前にある勉強会であった方から
いただいたメールが冒頭のひとことです。

正直なところ
記事になるまで気持ちの葛藤はありました。

が、このような形で

私の軸について
感想を言ってくれる方がいたことで
私自身の気持ちを再確認できましたし
取材をお受けして、よかったな って思いました。


  よろしかったらお読みください。

   ◆私の転機(朝日新聞)
  復興目指す姿 インタビュー
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-28 06:00:00

なぜ自分史活用推進協議会が設立されたのか?

テーマ:自分史活用アドバイザー
3月5日(土)に、郡山市で開催予定の
「自分史活用アドバイザー認定講座」


案内チラシに続いて、
プレスリリース用の原稿を書いています。

そのために、改めて協議会のサイトを読み返し。
何度読んでもグッ!とくるのが

  「自分史活用推進協議会の設立趣旨とビジョン」

です。一部引用しましょう。



------------------------
自分史というと、会社を定年退職した高齢者が、
自分の生きてきた軌跡を文章にまとめ、自費出版で本にする
というイメージを持っている方が多いと思います。

確かに庶民の歴史の記録としての自分史の効用は大きいですが、
自分史の魅力はそれだけではありません。

自分史は、自分のことを客観的に振り返り、
より深く自分を知るために役立ち、
また自分をPRしたり、
ほかの人とのコミュニケーションをよくしたりする
ツールとしても役に立ちます。
-------------------------

つまり

  自分史=高齢者のもの

ではないのです。


どんな人の人生も歴史があります。
ドラマがあります。

ただ、それを、振り返るだけでなく
振り返りながら、よりよい人生を見つけていく。
そのためのツールの一つが「自分史」なのです。


さらに、アドバイザーは
引き出し役、ナビゲーターです。

自分史というツールを用いることで
いろいろな方と接し、
それがまた、自分に返ってくる。

素晴らしい仕事ですよ。


私と一緒に、自分史を広めていきませんか!

    3月5日(土)
    郡山市にあるコワーキングスペース
    co-ba koriyama でお会いしましょう!



いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-26 21:24:01

福島県初!自分史活用アドバイザー認定講座 チラシ作り

テーマ:自分史活用アドバイザー
3月5日に郡山市で開催する予定の
自分史活用アドバイザー認定講座の
チラシ作りをしています。

実はチラシ作りの経験が、ほとんどないため
かなり苦戦しています。

最初はワードで作っていたのですが
途中でパワポで作ったほうが自由度があると聞き
パワポ相手に奮闘中・汗

改めて、ウェブデザイナーさんの
仕事ぶりに頭が下がります。

ああ、、、
明日は仕上がりますように・・・


認定講座0126


自分史活用アドバイザー認定講座in郡山市

お問合せ、お申し込みは、下記アドレスまでどうぞ!
たくさんの方のお申し込みをお待ちしております♪

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。