ご縁あり、福島県民になって15年。

人も、環境も、食べものも素晴らしい
福島県のことを綴り続けるうちに
いろいろな方とご縁をいただきました。

「どんな状況においても、
前を向いている方が大好き」


震災後は、福興ライター(R)として
福島県に関わる人たちのことを綴っています。


またこれからは少しずつ、
福島県民のみなさんが
「自らのことを綴っていく」ことのお手伝いを
していきたいと考えています。



  ▼福興ライターとは?


仕事のご依頼、お問合せは下記よりお願いします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-01 06:43:42

ふくしまFM「サードプレイス」にゲスト参加しました

テーマ:福興ライター(R)

ふくしまFM「サードプレイス」という番組にて

12月1日(木)から、3回にわたり

震災後のインタビュー経験や、

自分史を福島県内に広げる活動のこと。

 

活動に関する思いなどを

社会学者開沼博さん、詩人和合亮一さんとともに

語らせていただきます。

 

放送時間は 

木曜日5:30~ 再放送が土曜日5:00~ です。

 

身分不相応な、素晴らしい紹介文を書いていただきましたので

以下に転載します。

-------------------

和合亮一、開沼博、

「この震災を語る本当の言葉を探して」。
詩人、和合亮一さん、社会学者、開沼博さんお二人による
インタビューを通して、

‘東日本大震災を語る本当の言葉’を
探してまいります。

福島県郡山市在住、武田よしえさん。

インタビュアー、ライターとして
さらには福島の福と書く、福興ライター、
そして自分史活用アドバイザーとして

様々な媒体で活躍を続けていらっしゃいます。
震災後には

『福島県民23人の声〜3.11大震災と原発を乗り越えて』、
そして『浜風商店街 ふるさと久之浜で生きる』を
出版されました。

自らに科したミッションは、
“福島県の輝いている街や人を

言葉の力で多くの人にお伝えすること。”
言葉の力を信じ、福島で暮らす人々を見つめ、

その人生に光を灯し続けていらっしゃいます。

彼女自身が震災後に福島で成してきたこと、
そしてそのアクションを通して考えること とは・・・
“この震災を語る本当の言葉”
武田さんとともに探してまいります。


今回のお話は、「インタビューをするということ」

-------------------

 

のちほどポッドキャストでまとめて聞けるそうですが

リアルタイムで聞ける方は、ご感想などもお寄せください。

ドキドキしながらお待ちしています。

 

プロフィール作成・自分史作成のご相談も承ります。

以下をクリックして、お申し込みください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-30 07:08:47

福島から避難してきたことを口実に、いじめにあった子どもたちのこと

テーマ:福島県の出来事

横浜市で起きた出来事には

本当に怒りを覚えましたし、

 

いじめにあったお子さんが

生き抜くことを選んだことに感謝しました。

 

またこの報道があったのち

  「ようやく明るみになったか」

  「前からあったよね」

という声が、私の周りで聞かれました。

 

私自身は、幸か不幸か

今まで知らなかったこの事実に

驚愕し、かつとても悲しかったです。

 

-----------------------

避難して学校生活を送っているみなさんへ


 神奈川県横浜市で福島県から避難している中学生がいじめにあったという報道がありました。みなさんは避難先の学校でどのように生活されているでしょうか。震災、そして原発事故を経験し、様々な苦労をしているかと思います。いじめは絶対に許されない行為です。もし、同じような経験をして悩んでいる場合はすぐに学校の先生や家族、友達に相談しましょう。

 また、双葉町教育委員会でもみなさんが強く、たくましく未来に向かって前進できるよう全力でサポートしていきたいと考えています。電話でもメールでもかまいませんから、困りごとや悩みごとがある場合はいつでも相談してください。


 

 保護者のみなさまへ


 横浜市で福島県から避難した中学生がいじめを受けた問題が全国的に報道されました。いじめを受けていた生徒やご両親が学校や教育委員会に訴えていたにもかかわらず、見過ごされてきた事実は決して許されるものではありません。いじめは絶対に許されない行為であり、早期発見が早期解決につながります。お子さんがいじめを受けている兆候をつかんだ時は、行動に移すことが大切であると考えます。もし、避難先で誰も手を差し伸べてくれず、困った時はぜひ、双葉町教育委員会にご連絡ください。避難されたお子さんの助けになるように全力で取り組んでまいります。 

 

双葉町教育長 半谷 淳

---------------------

引用元:双葉町教員委員会HPより

 

今朝の地元NHKのニュースで知りました。

福島県の自治体から、

このようなメッセージが出ています。

 

「福島のこどもたちを、福島の大人たちが守る」

 

これは見方によっては

当たり前のことかもしれません。

が、私はこのことを嬉しく感じました。

 

たまたま「福島から避難した」ことが

いじめの標的になっただけなのかもしれません。

 

いじめがこんなにも陰湿になる事実。

これは、みんなの問題です。

 

未来ある子どもたちの心が

まっすぐに育つように。

 

私たち大人1人ひとりが考え、

行動していきたいものです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-15 08:00:00

6月から聞き書きの勉強に通っていました

テーマ:自分史活用アドバイザー

奥会津にある、ある高等学校に

この6月から通い続けていました。

教える方のご厚意によってです。

 

その成果が、まもなく実りそうです。

下書き段階では、ほぼできているのですが

じっと我慢して、完成品ができるのを待ちます。

 

 

ご希望があれば、

次はみなさんと一緒に

作り上げられるかもしれません。

 

まずは、その一歩を

ご一緒しますか?

 

「郡山自分史クラブ」の開催は

今週末です。お待ちしています♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-01 07:47:58

【第4回】郡山自分史クラブ開催のご案内

テーマ:自分史活用アドバイザー

 

●私が取材を通してお聞きする
さまざまな人生を、ご自分の手で残してほしい!

 

●当時者でないと語れない
東日本大震災の記録を残していただきたい!

 

そんな思いから始まった「自分史」も
おかげさまで少しずつ広がりをみせています。

 

また私自身の自分史も残しておきたい。
ならばクラブを作ってしまえ!
というのが、そもそもの発想でした。

 

8月から開始して、
あと3回を残すところとなりました。

 

▼これから参加する方へ
 ゴール設定をお聞きし、それに見合ったプランを
 アドバイスいたします。

 

▼単発でご参加を希望する方へ
 作りたい形をお聞かせください。

わかる範囲でお伝えします。

 

武田自身も作業しながらのクラブなので
自分史の講義はいたしません。
あくまで「仲間として」共に時間をすごします。

ご関心ある方のご参加をお待ちしています。

 

------------------------

日程:11月19日(土)10:00~12:00
場所:福島コトひらく

    郡山市富久山町久保田字下川原199-1

    Tel:024-983-1157( NPO法人コースター内)

 

費 用:1,000円/回
用 具:好きな筆記用具、

あるいはノートパソコンをお持ちください。
定 員:6名


<11月以降の開催日> 
12月17日(土)、2017年1月21日(土)まで。
いずれも10:00~12:00

------------------------

 

お申し込み、お問い合わせは

コチラからお願いいたします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-21 07:53:29

人に会い、話を聞き、良いところは取り入れる

テーマ:道を究める

世の中は今、どんどん変化しています。

進化している部分はある。

同時に厳しくなってきている部分はもっとある。

 

かつてやり、上手くいったことが

再び同じことをやって上手くいくかどうかが

見えなくなっています。

 

それでも進むためにはどうするか。

 

周りを見て「これだ!」と思う場所に行き

見て、聞いて、確かめる。

 

良いと思えば「良い」といい

マネではなく自分流に取り入れる。

(マインドとかをね)

 

がんばっている人の懐に入り込まないと

本当のことはわかりません。

 

とかく外側だけ見て

かつての自分の経験値だけで

評価する人がいますが

 

真の努力と実践を重ねている側からみたら

おかしいこと。

 

そのおかしさがわかったら

同じ過ちは犯さない。

 

真の努力を重ねている人に失礼です。

そして次に行くときに

受け入れられなくなるのは自分自身ですから。

 

プロフィール作成・自分史作成のお問い合わせはコチラから!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-20 04:57:33

プロの仕事

テーマ:ライター

今の自分をワンランクアップさせるために

さまざまな機会をいただいて

勉強しています。

 

一つはマネジメントの勉強。

もう一つは企画の勉強。

もちろん自分史を深める勉強もしていますよ。

 

その中で、自分だけではとけない課題があって

中小企業診断士をしている方に

アドバイスをお願いしました。

 

東北出張の途中、福島駅に途中下車してくださり

喫茶店でお茶を飲みながら約30分。

課題をとくヒントを順番にいただいたのですが…。

 

答えは出しません。

出すのは、私が間違って書いたという指摘だけ。

あとは思考方法をしめしてもらい

私に考えさせてくれる。

 

なぜなら…。

コンサルタントの仕事は

「相手に解を与えることではなく」

「相手から解を導き出すこと」だからです。

 

私のささやかな経験からで恐縮ですが

コンサルタントを仕事にしている方

もしくはコンサルタントをしてくださる方の中でも

ここまでしてくださる方は少ないです。

 

おそらく、アドバイスしてもらう側が

(私の場合は、すべて私のことですね)

 

あまりに稚拙すぎて、

見ていられないというのが本音でしょうけれど

自分から解を出してしまう方がほとんど。

 

そうするとアドバイスをもらった側は

一瞬は楽ですが

 

自分の頭や心から出てきた解ではないため

どこかが苦しくなって

実行できなくなるのです。

 

答えのヒントをだして

あとは相手が自分の中から解を出すのをじっと待つ。

 

目の前の相手への期待と、根気の勝負です。

プロの仕事に出会って、

私ももうひとがんばりしなきゃと

襟を正しました。

 

 

プロフィール作成

自分史のお問い合わせはコチラまで

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 10:25:03

毎月第三土曜日に「郡山自分史クラブ」を開催中です★

テーマ:自分史活用アドバイザー

今日から日本橋三越本店

「はじまりのカフェ」で

自分史フェステイバルが始まりました!

 

期間中は毎回楽しいワークショップ&講座が開かれ

会場内にはちょっと懐かしい「昭和の品」やブロマイド、

ソニーが開発した初代ウォークマンなどが展示されています。

 

そしてアドバイザーが書いた

「1枚の自分史」が100点以上展示されています。

私が書いた物もありますから、いらっしゃる方はぜひ

見つけてくださいね!

 

さて、ここからが本題です。

 

先月から月に1回、

自分史を一緒に書くクラブを開催しています。

自分史を書きたい方なら、誰でもOK!

どう書くかなどの決まりもありません。

 

ただし、迷ったとき、書き進められないときは

ご一緒する自分史活用アドバイザー、武田が

アドバイスさせていただきます。

 

今月の開催日は17日(土)10:00~

参加費は1,000円/1回です。

 

以下、詳しいご案内をいたしますね!

-------------------------

月に1回、自分史を仲間と一緒に書く会を開催します。

分史を書きたい人のための集まりです。

メリットは、自分史活用アドバイザーと一緒に

作業を進められること!

アドバイザー:武田悦江 
自分史活用アドバイザー/ 自分史活用マスター

/自分史活用マイスター

((社)自分史活用推進協議会認定)

-----------------------
◆自分史クラブ参加のメリット◆

  ・定期的に自分史クラブに通うことで

着実に進みます
  ・自分史活用アドバイザーが

進みぐあいに応じてアドバイスをいたします。
  ・仲間との自分史談義を楽しみながら

自分史が作れます。
  ・出版などのご要望にも応じます。

(費用別途応相談
------------------------

場所:福島コトひらく

〒963-8071 福島県 郡山市富久山町久保田字下河原191-1


日程:9月17日(土)10:00~12:00

<10月以降の開催日> 
10月15日(土)、11月19日(土)、12月17日(土)、

2017年1月21日(土)の6ヶ月間。 いずれも10:00~12:00


費 用:1,000円/回
用 具:好きな筆記用具、

あるいはノートパソコンをお持ちください。
定 員:6名

 

お申し込み、お問い合わせは

こちらをクリックしてくださいね★

 

一緒に自分史を楽しみましょう♫

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-09 06:53:16

自分史フェスティバル「日本橋三越編」のご案内

テーマ:自分史活用アドバイザー

ブログをお休みしている間に

いろいろなことがありました。

 

2013年に自分史活用アドバイザーになり

2015年に自分史活用マスターになりましたが

この夏、福島県内での自分史普及活動が評価され

2016年度自分史活用マイスター「復興部門」をいただきました。

 

同時に「自分史フェスティバル2016」も

すでに始まっています。

 

9月14日からは日本橋三越「はじまりのカフェ」で

1週間、楽しい展示とワークショップで盛り上がりますよ。

 

中には福島県にまつわる講義や

私が福島県で開催した「自分史講座」の受講生さんも

登場されます。

 

来週は日本橋三越「はじまりのカフェ」へ!

どうぞ、お越しくださいね!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-07 07:44:39

雨降りの日は執筆日和

テーマ:ライター

雨降りの今日は執筆日和。


昨年からコツコツ聞き歩いた方々の
原稿おこしも終盤にかかっていますが、

まだまだ先は長く、
依頼主から「待ちくたびれた」と
言われやしまいかという恐怖心と闘っています(^^;

 

今朝は、お会いしてすぐに
一目惚れした(なんのこっちゃ)
素敵な男性の原稿起こし。

 

地域の方々からも
大尊敬されていらっしゃるとか。

おい、よしえ!がんばらんかぃ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-24 05:43:23

手放す言葉

テーマ:ライター
子どものころからなじんでいた言葉。

時には力をもらい

時には自分のお尻を叩いてくれた

この言葉を手放そうと思います。



「すべき」「しなければ」「義務」



この3つは自分を外側から抑え込む言葉なんですね。


そのことに気が付いたのは、

私と同じような言葉を

よく使っている人の存在があったから。



その人の言葉を読むたびに、

心が窮屈になる自分に気が付いたのです。



…ということは、

私もその言葉を使うことによって

他の人を窮屈にさせていたっていうことですよね。


あとはね…。

20代の頃から習っている

テニスのコーチから言われた言葉があったから。

そのことはまた、気が向いたら書きましょうか。


今日も良き日に。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。