2007-02-25 10:43:27

1年ぶりのトンゼミでした♪

テーマ:学ぶ
トントンさんこと、中谷昌弘さんは

北海道トンデンファームのウエブマスター。


「10万人のメルマガ読者を笑わせられる」ヒト
自分ブランディングの第1人者でもある。



ネットライターの仕事の上では密かに

(おおっぴらには言えません・って・・・
言ってるけどここで(^^;;)

「師匠」と呼んでいる方のおひとりです。



そのトントンさんにお会いするために
先週の週末、仙台まで行って来ました♪



いつものことながら
時間設定が読めない
「福島の田舎モンのおばちゃん」(私)は

セミナー開始時間の、1時間以上前に現地に到着。


会場である仙台市民会館には
お医者さんがたが、
なにやら勉強会をやられていた模様で

まるのまま普段着の私は、
思いーーっ切り浮いてました(^^;;;


「その辺で、ぶらぶらして出直そう!」と、
外に出たら

偶然にも(嬉)
交差点で、トントンさんたちとすれ違い、


主催者こばちゃん「あら、takeさん、これから会場開けるのよ」
私          「何か、手伝いましょうか?」
主催者こばちゃん「ううん、大丈夫だよ」
私          「あっ、そう。
            じゃ、その辺ぶらぶらしてくるから」


こんな、おばちゃん同士の会話を
ニコニコしながら、トントンさんは、聞いていました。

(交差点の真ん中で・・・(^^;)





講座開始10分前。

会場に到着し、しばらくすると
トントン先生がわざわざ「お元気ですかぁー」と、
声をかけてくださったのに

「福島のおばちゃん」でありながら、
小さい声で「はい」と返事するしかできない私。


おーーい、
それでも「おばちゃんと言えるのかあ~」と、自分に突っ込み(^^;;



肝心の講義は、
ネットショップさんむけの本格講座の
前フリに過ぎなかったというのに

充実して、あまりある。


サイト構築の方法を、
メルマガのライテイングに置き換えて
講義の、ひとつひとつをメモメモφ


希望すれば、もっともっと濃密な?
講座を受けられるネットショップさんは、いいなぁ~

と思いながら、帰路についたのでした。


 ・
 ・
 ・
 ・


ところで

トンゼミって、何?


と思った方は、コチラ↓

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-02-13 19:12:26

北朝鮮て、外交上手なの??

テーマ:ひとりごと
さきほど、6カ国協議の結果のニュースが流れました。

NHKによると、アメリカが、大幅に折れて
北朝鮮の核開発断念によって
いろいろの援助を再開するのだとか。


アメリカは、大統領選挙を前にして
イラク問題への国民の反発を解除したいらしいです。


拉致問題の解決なくして、援助なし

とした日本側の主張は
北朝鮮よりの中国、韓国により、排除されているとか。


ちがうんじゃないの・・・

納得いかないなぁ。。。

北朝鮮代表の笑顔に似た表情が

なーーーんとも、にっくらしい!!! 




安倍政権の良し悪しは、わかりませんけど
拉致問題に関しての、断固とした態度には、強く共感を抱いています。


それが、国際問題の中で、浮いてしまうなんて・・・・



どこか、サラリーマン社会にも似た構図に
悲しい思いがしますよねー。




個人的には、ほんとに北朝鮮が核を手放すとは思えません。

全くもって、コンチクショー






民意を反映しなくてすむ国家って

どうにでも操縦可能だからいいですよね。


早く、滅びろ、金政権!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-12 06:13:31

あるメールマガジンを読んで

テーマ:仕事
きのうの朝、起き抜けに届いた1通のメルマガを読みました。

起業家を応援している
あるNPO法人の代表の方が書かれているのですが

いつも届いてすぐに読むことはないのに
なぜかきのうは、すぐに読んでしまったのです。


メルマガには、起業家が事業を始めて
何年かたつと訪れる、ジレンマや苦しみが書かれていました。


読み進めていくうちに、ふと
「どこかで聞いたような出来事だなぁ」と思っていたら
私のよく知っている方のお名前を見つけました。


ふだん顔をあわせているわけではなく
ネットを介してのつながりでしかすぎないので

どこまでわかっていたかというと
胸をはって言えるわけではありません。

ただ・・・
同じ出来事を、違う方が語ることによって
物事が違う目線で見られることって、ありますよね。




なので・・・・

改めて、ああ、そういうことなんだなぁ・・・と。



ちょっと雲をつかむようなお話で申しわけありません。
起業する、経営する、ってことのむつかしさを改めて考えたのでした。



創業するときには、好きなこと、あるいは、理想をいだいていても
事業が大きくなるにつれて
いつの間にやら、数字とか、一緒に働いてる人たち。

ことに創業者をしたってくる人たち。
そんな人の気持ちのあれこれに振り回されて
創業者自身の気持ちが、見えにくくなることってありますよね。

創業者身の気持ちが、離れていってしまうと

当たり前のことですが
どこかでひずみがでてくるのだなぁと。

そんなことを改めて。



随分前に、創業者が言っていることと
実際に会社がやっていることの矛盾・というか

トップの意向が、下の方たちに
上手く伝わっていないように見受けられる会社を見たことがあります。

いま、改めて思うのには
創業者の「思い」が、どこかで忘れかけられていて
下で働いている人たちに、伝わっていなかったのでしょう。

その会社が、いま、どうしているのか。

もはや私には、知るすべもないのですけれど。






その先、私自身が何者になるのか
まだまだ、わかりませんが、

自分の心が、のびのびできるような
仕事の仕方。

それが通るような働き方をしていきたい。

できればいいなぁと
しみじみ思ったのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-05 13:13:10

心にストン!と落ちました♪

テーマ:ライター
ご縁をいただき、
以前に、読売新聞ほのぼの@タウン で取材させていただいた

福島県郡山市で「けるぷ農場」を経営しながら
歌を歌い続けている さとうさぶろうさん。

私の人生の師匠のひとりでもあります♪


その方が、

ラジオ福島で、毎週月曜日12:30~放送されている

さぶろうラジオ

の中で、

詩人 佐藤さらおさんの、詩の朗読を聞きました。


   -------------------------------------

    佐藤さらおさんのお父様は、
    人生劇場の詩を書かれた方で

    この方と、さぶろうさんは、
    20年ほど前に出会われたのだそうです。

    いくつかの詩に曲をつけて、
    さぶろうさんは、コンサートの時に歌われています。

    よく歌われる

     親孝行のうた 

    義父がなくなった直後に聞いたときには
    思わず涙がこぼれたものでした。

  --------------------------------------


いま、問題になっていることをテーマにした詩を
番組の中で朗読されたのですが

聞いていて、心にストン!と
落ちたのです。


いずれ、曲をつけて歌われる予定だとのことなので
詩の題などは、伏せさせていただきますね。


近いうちに、佐藤さらおさんの詩集を購入しようと思います!

佐藤 沙羅夫
腹の奥の本当の自分


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-02-04 05:26:06

夫から仕事観を聞く

テーマ:仕事
節分の夜なのに、へそまがりの妻(苦笑)の用意した
豚しゃぶに、上機嫌の彼を前に
仕事の話しをひとくさり。

ほそぼそですが自営業の私と
サラリーマンの彼とでは
大変なところと、ラクなところが、微妙に違います。

しかし!
それでも参考になることは、たーーっくさん。



工作が好きな少年は
製造業を営む会社に就職しました。

いろいろな部署をまわり、いまはお客様対応の部署に。

何かの折には、会社を代表して
お客様にお詫びにいったりすることもあり


気苦労の多い部署です。

この部署にうつってからというものの
出張も増え、土曜日の出勤も増え
帰宅も遅くなり・・・


彼もめっきり老けました。


そんな彼の仕事観。


「オレは、自分がいっぱいいっぱいになっても
決してそれを人に言うことはしない。

オレにできると思って、この仕事が与えられたわけだから
ただ淡々と、業務をこなすのみだよ。

組織で動いているわけだから、
そして、上司もいるわけだから
オレなりに仕事をやって、なおかつ足りないところがあれば
それは、オレにその仕事を与えたものの責任にもなるし。

第一、この景気の中で
『降参』て、ひとこと言ったら
『ああ、そう』って、言われて
それなりのことを、覚悟しなければいけないかもしれない」って。

与えられた仕事を
粛々とこなす。


これは、辛抱のできない私には
なかなかできない業よのぉと、感心した次第。



ただ、、、

夫も言っていましたが、
人生と同じように、仕事にもサイクルがあって

定年まで、あとわずかの彼にとっては
ぎらぎらと目を光らせて、仕事に燃えた日々は
すでに過去のことなのだと。
(ぎらぎらしていた時期も、あったそうです)


いまは、入社して以来ずっと
彼なりに会社で築いてきた仕事の『集大成』の時期なのだと。




まだまだひよっ子のわたしには
すべてマネできることではないけれど
何か、教えられた彼のひとことでした。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。