菊地たかよし(仙台市議会議員)のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

実は、わたくしは予備自衛官です。

過日、関係する機関誌の創刊号に投稿をしました。

以下、掲載しますので、ご覧ください。

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////

 

予備自衛官 予備二等陸佐 菊地 崇良 

(職業/仙台市議会議員)

 

 防衛省移行10周年の記念すべき年に、宮城地方協力本部から予備自衛官に関する機関紙が発行されましたことについて、心よりお慶び申し上げます。

 私は、一般幹部候補生として平成5年に陸上自衛隊に入隊し、主に普通科部隊、東北方面総監部、陸上幕僚監部等の勤務を経た後、思うところがあって平成22年12月に依願退職をしましたが、私たちの愛するふるさとの平和と独立に万一のことがあれば進んで事に臨まんとの思いで予備自衛官に登録しております。

この10年の間でも、あの東日本大震災をはじめとする地震・豪雨等による国内外での数々の災害対応、南スーダンや海賊対処などの国際平和協力業務等、また、わが国周辺で繰り返される核・弾道ミサイル開発のほか、不透明な軍事力の強化を背景とした国際秩序に反する敵対的行動や、初めて年間1,000回を超した領空侵犯等への対応など、私たちの生活を脅かす事態は多発しており、自衛隊の存在はますます重要度を増しております。現役の隊員諸官の日々のご尽力と献身に深く思いを致すものです。同時に、防衛力の一部をともに担う私たち予備自衛官の責務と役割に身の引き締まる思いが致します。

本機関誌の創刊にあたり、予備自衛官制度創設60周年記念に寄せられた内閣総理大臣からのメッセージを読み返しながら、その歩みと期待について確認したいと思います。

----------------------------------------------------------

(前略)~ 国家の緊急事態において、防衛力を迅速に拡充し得る予備自衛官制度は、我が国の安全保障の最終的な担保であり、文字通り、我が国防衛の礎であります。予備自衛官一人ひとりの存在が、国民の命と平和な暮らしを守り抜くとの、我が国の確固たる意志を示すものと言えるでしょう。先の東日本大震災においては、陸・海・空あわせて約1,700名が招集され、極めて過酷な条件の下、被災者支援の任務を見事に完遂したのは、我々の記憶に新しいところです。雇用企業の皆様も、これを誇りに思われているということを伺い、大変嬉しく思っています。

 平素は社会人や学生など、多忙な時間の中で訓練に励み、事に臨んでは、自衛官として身をもって責務の完遂に努め、国民の負託に応える、高い志をもつ予備自衛官の姿は、心強く、頼もしく、我が国の誇りであります。自衛隊の最高指揮官として、改めて深甚なる敬意を表します。

 予備自衛官がその職責を果たすためには、ご家族や雇用企業の皆様など、周囲のご理解とご協力が欠かせません。多くの皆様に支えられてこそ円滑に運営される制度といえます。ご家族の皆様、雇用企業の皆様はじめ、予備自衛官を支えて頂いている皆様に、心から感謝申し上げます。

 我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。我が国の平和は、我々自身で築き上げるほかに道はありません。予備自衛官の諸官の一層のご活躍と、予備自衛官制度の充実・発展を祈念いたします。
(平成26年8月25日 内閣総理大臣 安倍晋三)
----------------------------------------------------------

現在、予備自衛官等の員数は6万人余りとなっており、陸・海・空の常備自衛官約25万人と省職員を合わせた計約33万人の内、いまや2割を担うまでになっております。

平成25年に策定された新たな防衛計画の大綱と中期防衛力整備計画(26~30年度)で目指す補完的防衛力としてのみならず、社会の広範な分野でそれぞれ活躍する予備自衛官の知識と経験、また、地域社会におけるネットワークは、有事は言うに及ばず、平素から地方公共団体や関係機関、民間団体や地域住民等との連携強化にも大きな力を発揮し、家族支援も含め総合的防衛体制の構築に大いに寄与する力を有していると確信しております。

今後、私自身もわが国防衛になお貢献するとともに、更なる予備自衛官の登録のための周知・広報に努めて参りたいと思います。

 
発行:自衛隊宮城地方協力本部予備自衛官課
『予備自通信/平成29年11月7日〈秋号〉』
//////////////////////////////////////////////////////////
 
   ↓  情報小隊長時代を思い出します。 ↓
 

 

 


テーマ:

 平成29年第一回定例会にあたり、仙台市は 「子どもを生み、育てやすい環境づくりを進め、未来を担う子供が元気で健やかに育つことができるよう、家庭における子育てを地域社会全体で支える取り組みを推進」するため、10を超える新規事業を立ち上げ、『すこやか子育てプラン』事業費として、612億円余の当初予算案を編成しました。3月10日で予定する議決を経た事業展開に期待します。

 

 これまで仙台市議会においては、子ども子育ての充実は喫緊の課題として、数々の議論が重ねられてきました。

 

 議会が継続して取り組み、実現したひとつとして、子ども医療費助成制度の充実強化をあげることができます。

 27年度、宮城県に対し、制度の充実強化に関する意見書を提出し、28年5月には、会派・自由民主党をはじめとする4会派での市長への要望、さらに同年6月定例会での我が会派による代表質疑によって、市は、平成29年10月から、仙台市独自の拡充を行うことに決しました。 (この動きを受けて宮城県も支援の拡充を予定することになりました。)

   ☆ 意見書 http://www.gikai.city.sendai.jp/kekka/ikensyo/image/H27-I-3.pdf

 

 継続は力なり。

 

 引き続き、人口減少・少子高齢化を見据えた各種施策の策定について知恵を絞り、市と両輪となって、或いは、時には是々非々での立場で、未来のため議論を展開して参ります。

 

 

【仙台市民の通院における医療機関での窓口負担金助成の予定】

 

現     行

拡 充 後 (29年10月~)

対象年齢

利用者一部負担金

対象年齢

利用者一部負担金

 

0歳~2歳まで

 

 

無料

0歳未就学児まで

(6歳到達年度末まで)

 

無料

 

3歳~小学3年生

(9歳到達年度末まで)

 

初診時 500円
再診時 無料

小学1年生

   中学3年生まで

(満15歳になる日以後の、最初の3月31日まで) まで

初診時 500円
再診時 無料

 

 ※ 市制度における所得制限は現行と同じ532万円/年(扶養親族等が0人の場合。一人増

  えるごとに38万円が加算される。)

 ※ 入院での助成 : 現行どおり、対象年齢は0~中3まで。利用者一部負担金は小学生

  以上が一日あたり500円(11日目からは無料)

 

 

(参考)子ども医療費助成制度における県と市の予算拠出割合等(ⓒ仙台市HPより)

 

子ども医療費助成制度(通院時と入院時)

 

 


テーマ:

 国の地方創生策のひとつで、申請・認可された指定地域における規制改革によって民間力を一層高めるため 「日本再興戦略 -JAPAN is BACK-」として平成25年に創設された制度です。

 

 仙台市は、私の数度の議会質問を受け申請し、27年8月に指定され、その後、復興と地方創生のけん引役となるべく、順次、適用範囲を広げているところです。今後の効果が期待されます。(現在、全国で10ヶ所の地域が指定)

 

 これに加え、28年9月の市決算等審査特別委員会では、足腰の強い地方圏をつくるため、この特区制度や国の連携中枢都市圏構想などが、地方にとってより使い勝手が良く、広域連携をより助長するように研究を求めているところです。

 

 現状への不平と不満ばかりで民心を煽るのではなく、地方・現場の実情に即した改善策を、あらゆる分野で展開するための、ひたむきな努力と創意工夫が、政治はもちろんのこと、私たち市民・国民にも求められていると思います。

 

 

【現時点で仙台市が認定されている特区メニュー】

☆ 起業支援

 ➾ NPO法人の設立手続き期間の短縮(2ヶ月→2週間)

 ➾ 雇用労働相談センターの設置(仙台市情報・産業プラザ/仙台駅前AER7階)

 ➾ 創業の各種手続きの窓口を一本化 等

 

☆ 女性活躍

 ➾ 都市公園内への保育所設置の解禁による待機児童対策拡充(中山とびのこ公園)

 ➾ 地域限定保育士(3年間は市内で勤務)試験の実施

 

☆ 医療技術改革

 ➾ 日本では未承認の、欧米等認可医薬品・技術使用などの先進医療の特例提供

 ➾ 東北大学病院における新医療機器開発・実用化を加速させる臨床試験期間の短縮 

   など 

 

☆ 近未来技術実証

 ➾ 電気自動車、ドローンなど各種の先進技術プロジェクトの支援(荒浜海岸)

 

☆ 公共空間利活用による地域の賑わい創出

 ➾ 公道等でのイベント開催やオープンカフェの設置(中心部商店街、泉中央駅前広場)

 

まだまだ、挑戦は続きます。

 

仙台特区

http://sendai-tokku.jp/

区域会議の開催、区域計画の認定状況http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/jigyou_all.pdf

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

自動代替テキストはありません。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/jigyou_all.pdf

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。