正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法

$正しいネガティブのススメ悩んでいない人の悩み相談とは?杉田 隆史ってどんな人?

はじめてこのブログを読まれるあなたへ

はじめて訪れたブログって、どこから読んでいいかわからないですよね。

もしそうであれば、特に反響の大きかった、以下の記事からどうぞ。

何がしたいかわからない人が、よけいに何がしたいかわからなくなるパターン(1)
本当は人とつながりたいのに、「やりたいこと探し」をしちゃう人
子供は親に無条件の愛を持っている
その時、本人が感じたものが全て
絶望しないと希望は持てない
人は、自分で自分を傷つけている
「あの時」の自分に会いに行く
いきなり本丸に行く


その他、「今のあなたに合った記事」を テーマ別記事一覧 からどうぞ。



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ

テーマ:

自分に、「言葉を言い聞かせる」ことが、

あるあなたも
ないあなたも

こんにちは。

電車の中で私を見た赤ちゃんが
急にお母さんに強くつかまり杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、私、前にツイッターを見ていたら、

「フォローを外されても気にしない!」
「人からどう見られるか気にしてもしょうがない!」
「フォローとかどうでもいい!」

とか連続ツイートをしている人がいて、

「それって気にしてるでしょ!」

って思ったことがあったんですけど、(笑)

そんな感じで、ツイッターとか、フェイスブックとか見ていると、

「自分に言い聞かせている言葉」

って見かけることありますよね。

私の印象では、

「もう人のこと気にしない!」
「イイ人やめる!」
「どう思われてもいい!」

みたいな、

「人のこと気にしない系」の言い聞かせている言葉

って多い気がするんです。

あ、で、みなさん、どうでしょう。
こういう感じの「言い聞かせる」ってこと、やりますか?

あ、私、「言い聞かせる」って全然やらないんですよ。

というのは、たとえば、自分が当たり前のように「信じている」ことって、
いちいち、「信じる!」とか言い聞かせないですよね。

なので、「自分に言い聞かせる」って、

「私はそういう状態でありません」

って、わざわざ自分に宣言しているような気がするんですよ。

あ、ちなみに、セラピーを習った先生からは、

「絶対お母さん(お父さん)みたいにならない!」

とか、自分に言い聞かせているクライアントさんがいたら、

「その人は、お母さん(お父さん)みたいになっている」

と教わりました。(笑)

その人が本当に、お母さん(お父さん)みたいになっていなかったら、
いちいち言い聞かせなくてもすむはずだし、

そもそも、「お母さん(お父さん)みたいになっているかどうか」ってことが、
意識に上ってこないはずなんですよ。

本当にフォローを外されても気にしていない人は、
いちいち、「フォローを外されても気にしない!」とか言わないように。



あ、なんか話がそれてしまったんですけど、
多くの人が

「もう人のこと気にしない!」
「イイ人やめる!」
「どう思われてもいい!」

みたいに言い聞かせているってことは、

「人のことが気になる」

って、多くの人に当てはまる悩みなんだと思うんですね。

私のスキな本、「嫌われる勇気」という中でも、

「全ての悩みは対人関係の悩み」

って言ってましたし。

ただ、私が思うのは、この

「人のことが気になる」ってことを悩みとしてクローズアップしすぎてしまうと、
「いつまでも自分を悩んでいる人にしてしまう」


って思うんです。

というのは、そもそも「人のことが全く気にならない」なんて、
人間が動物である以上無理なんですよ。

動物って、他の生物から食べられてしまわないように、
まわりに意識を向けるようにプログラムされていますから、

「他人のことを気にする」って、いわば人間の「本能」なんですよね。

この「人のことを気にする」ってことを
私自身のことに当てはめて考えてみても、

やっぱり「いつも人のことを気にしている」って思うんです。

だって、もし私が本当に全く人のことが気にならなくなったら、

パジャマのまま外出したり、
電車の席で寝転がったりしちゃうと思うんですよ。(笑)

でもそんなことしたら、「人からヘンに思われる」とか、
「人から怒られる」から、やらないようにしているわけですよね。

そう考えてみると、私は、

「いつも人のことを気にしている」

んだと思うんです。

ただ、そんな「いつも人のことを気にしている」はずの私が、
「人のことが気になること」が大きな悩みになっていないのは、

「人のこと気になっちゃうのも、しょうがないでしょ。
 まぁ、こんなもんでしょ」

って思ってるからなんですよ。

あ、ちなみに、「人のことが気になる」という人の
セラピー的なゴールというのは、

「人のことが気にならなくなること」

ではなくて、

「人のことが気になっても、気にならなくても、どっちでもいいやと思えること」

なんですね。

なので、「人のことが気になる」という悩みは、
「人のことが気になったまま」でも解決するんですよ。

あ、この話、他にも多くの人が口にする、

「自信がない」

って悩みでも同様で、

「自信がある人」にならなくても、

「自信があってもなくても、どっちでもいいや」

って思えたらゴールなんですよね。



ということで、本能として他人のことが気になってしまう私たちは、

「人のことが気になる」

という悩みは、ある意味、永遠のテーマなわけで、

「もう人のこと気にしない!」
「イイ人やめる!」
「どう思われてもいい!」

みたいに、

自分に言い聞かせたくなったりもするわけですけど、

最近、フと思ったのは、

「人のことが気になるって悪いことばかりじゃないな」

って思ったんですよ。

あ、これ、どういうことかというと、
私、前にアップした記事で、「買い物」について書いたことがあって

「もし世の中に、あなた以外の人間が誰もいなくなったとしても、
 あなたはそのモノを買いますか?」

って質問をしたことがあるんですけど、

この質問を考えてみると、

いかに自分が、

「人から良く思われたいためにお金を使っているか」

がわかると思うんです。

もし自分以外の人間が誰もいなかったら、

髪型、整えますか?
メイクしますか?
アクセリーとか付けますか?
部屋着と外着の区別をつけますか?
ハイヒールなんて履かないんじゃないでしょうかね。

ね、自分でも気づかないうちに
人のことだいぶ気にしてるでしょ。

それに、本当に人のことが全く気にならなくなったら、

たとえば、東京駅の人混みの中にいるのと、
自然の中にいるのが同じになっちゃうってことですよね。(笑)

それって、逆に楽しくなさそうでしょ。

それに、自分のスキな人がどう思うか気になったりするのって
幸せなことじゃないですか。

気にならないほうが、張り合いがなくて、つまらなくなりそう。

そう考えると、「人のことが気になる」って
悪いことのように思われるけど、

「人のことが気にならない人生」なんて、
実に味気ない気がするんですよ。

いやぁ、人のことが気になって幸せだなぁ。(笑)



それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!


ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画「ロッキー」を

ご覧になったあなたも
ご覧になっていないあなたも

こんにちは。

ふとんカバーの内側の四隅にふとんの固く結び杉て
中からふとんを取り出すのに困難を極め杉田です。

1週間お疲れさまでした!



あ、今回は、ちょっといつもと違う感じで、

「杉田が、このブログとか、ワークショップとか、
 人に伝える仕事をしている時、何を意識しているか」

についてお話したいと思います。

エッ、「そんなこと興味ない。退屈そう」ですって?

キャー!(笑) 

それでもめげずに、以下、

「杉田が人に伝える仕事をしている時、意識していること」

を箇条書きにします。



 1番大切なことを惜しみなく伝えること

えーと、世の中には、

「こうすれば、うまくいきますよ」

みたいな講座って、たくさんありますよね。

私もそういう講座をたくさん受講したんですけど、
そんな中で私がガッカリしたのは、

「1番大切なことを教えてくれない講座」

だったんです。

あ、これ、どういうことかというと、
たとえば、

「毎日、『○○』って言葉を言っていたら、仕事がうまくいきました!」

みたいな話を聞くと、

「ホントそうなのかなぁ。
 その人がやっている、もっと他のことが、
 その人の仕事をうまくいかせたんじゃないのかなぁ」

なんて思うことがあったんです。

それをたとえて言うなら、

オリンピックで金メダルを取った選手が、
優勝インタビューで、

「試合の日、赤いパンツを履いたら、金メダル取れました!」

と言ったとしますよ。

でも、いくら本人がそう言ってるからといって、
その選手に金メダルを取らせた「1番の要因」て、

「試合の日、赤いパンツを履いたことじゃない」

と思うんですよね。(笑)

その人の、技術とか、練習方法とか、
身体的な特徴とか、試合の駆け引きとか、

もっと他に金メダルを取らせた「重要な要因」てあると思うんですよ。

でも、まぁ、その選手が、

「試合の日、赤いパンツを履いたおかげで、金メダル取れました!」

というのなら、

「その人の中ではそうだ」

ということは否定しないですけど、

でも、他の人にとって、

「赤いパンツを履くことが、勝つことにつながるか」

っていうと、そうは思えないんですよね。(笑)

そういうのが、

「毎日、『○○』って言葉を言っていたら、仕事がうまくいきました!」

みたいなことを言っている人に、私が感じる違和感なんです。

「あなたがうまくいったのは、もっと他に重要なことがあるはずなのに、
 それを話していないんじゃないの?
 
 あまり重要ではないけど、マネしやすいことを
 言ってるだけなんじゃないの?」

みたいな疑問を持っちゃうんですよね。


あ、で、私がこういう、

「1番大切なことを教えてくれない人」

って、2通りに分かれると思っていて、

(1)自分がなぜうまくいったかを、本当にわからない人(無自覚)
(2)確信犯的に教えてくれない人(笑)

がいると思ってます。

この

(1)自分がなぜうまくいったかを、本当にわからない人(無自覚)

っているのは、ある意味、しょうがないんですよね。

だって、自分がうまくいった理由を、
自分でわからなかったら、

あまり重要でないことを、「このおかげでうまくいきました!」
って伝えてしまうことは、あり得ると思うんですよ。

あ、そんな例として、私、昔、「名刺コンサルタント」
みたいな方にお会いしたんですけど、

その方、

「私は、この名刺にしてから、仕事がうまくいきました!」

なんて言っていたんですね。

でも、私のその方に対しての見方は違っていて、
その方、なかなかその辺にいないくらい、明るい方だったんですよ。

なので、この方だったら、たとえどんな平凡な名刺を配ったとしても、
会えばインパクトあるし、話も面白いので、

仕事のチャンスをつかむと思ったんです。

なので、この方の場合は、

「この名刺にしたから、仕事がうまくいった」

ではなくて、

「もっと他に仕事がうまくいった要因があるのではないか」

って思ったんですよ。

でも、本人はそのことに気づいてなくて、

「この名刺にしてから、仕事がうまくいった」

って思っていたみたいだったんですね。

あ、もちろん、これは私の見方にすぎないので、
本当のところはわからないわけですけど、

もし私がこの方から習うとしたら、
仕事についての「名刺以外のこと」を習いたいし、

もし名刺のことを習うとしたも、
「どういう名刺にするか」よりも、

「名刺交換する時、どういう話&振る舞いをするか」

のほうが知りたいなと思うんです。

あ、もちろんこの話は、
名刺の効果を否定したいわけじゃなくて、

私も、良い名刺を持つことが仕事につながるのは
よくわかっているんですけど、ただ、

「この方の場合は、名刺のせいで仕事がうまくいったわけではないって思う」

って話ですからね。

だって、この方から習った名刺の講座、
誰でも知っているような、すごく平凡な内容でしたから。(笑)


あ、それから、「一番大切なことを教えてくれない人」の
もう1つのタイプは、

(2)確信犯的に教えてくれない人(笑)

です。

これは、本人は「うまくいった1番の理由」がわかっているのに、
それを講座の中で意図的に教えてくれない人っているんですよ。(笑)
(意外と有名な人に多い 笑)

で、本当に大切なことは、「自分だけの秘密」にして、

「あまり重要ではないけど、マネしやすいこと」

を教えてくれるんです。(笑)
さっきの「赤いパンツ」の話のような。(笑)

あ、あなたも、こういう「赤いパンツ」みたいな話に
踊らされていませんか?

こういう話って、依存的な人ほど、踊らされちゃうんだよなぁ。


あ、ということで話がそれてしまいしたが、
私は、教えてもらう立場としては、

「1番大切なことを教えてくれない講座」

ってイヤだったので、

自分がワークショップとか、人に伝える仕事をしている時は、

自分がうまくいくようになった中で、「1番重要だ」と思うことを
出し惜しみなく話すようにしています。



 「そのことがスキじゃない人」でもできるコンテンツを話す

↑これが、「杉田が人に伝える仕事をしている時、意識していること」
の2つ目です。

このことに関しては、過去記事で詳しくお話ししましたので、
以下の記事をお読みください。

アドバイスされたことができない理由



 「ロッキー」を観ても変わらなかった人に話すつもりで

「杉田が人に伝える仕事をしている時、意識していること」
の最後の1つは、

「ロッキー」を観ても変わらなかった人に話すつもりで」

ってことなんです。

あ、これ、全然意味がわからないと思いますので、
もうちょっとご説明させていただくと、

たとえば講座とか、このブログとかで
もし私が、

「やればできる!」
「自分をあきらめない!」
「どんな時でも自分を信じる!」

みたいな、アツい内容の体験談を
私がアツくなって話すと、

その場は、なんか盛り上がったりするんですよ。(笑)

でも、そういう盛り上がりって一時的なものというか、

だって講座に来ている人や、ブログを読んでいる人って、
もうとっくに、

映画「ロッキー」を観たり、
オリンピックの感動話を聞いたり、
NHKの「ザ・プロフェッショナル」とか観たりとか、

私なんかが話すより、もっと良質のアツい話を
今までさんざん見たり聞いてたりしてきたと思うんですよね。

それに、その人自身だって、
さんざん自分で自分を鼓舞してきたはずなのに、

それでもアツくなれないし、
その人が望むような変化が起きていないわけですよ。

そういう人に、今さら私のアツい話をしても・・・

って思うんですね。

なので、私が、

「ロッキー」を観ても変わらなかった人に話すつもりで」

っていうのは、

そういう自分を鼓舞しようとしても変わらなかった人の
パターンを崩すには、

私までが「ロッキー」みたいな話をしていてはダメで、

「その人が今までしてきたことと、違うことをしないといけない」

わけですよね。

なので、「ロッキー」のようなアツい話ではなく、
むしろ逆の

もっと静かにジワジワくるコンテンツ
もっと内的なものを喚起するコンテンツ

を、サラッと出すほうが有効なんですよ。
「押してダメなら引いてみろ」というか。

エッ、「そういう静かにジワジワくるコンテンツって
どうやったら作れるか教えろ」ですって?

い、いや、そ、それについては、詳しく言えないのですが・・・

エッ、「そういうお前が、1番大切なことを伝えてないじゃん!」ですって?

・・・アッ!





それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!


ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「自分のやりたいことがわからない」

と悩んでおられたクライントさんから、

心理セラピーの個人セッションの後にいただいた感想です。

(ご本人の許可をいただいて掲載しております)



こんにちは。
△月△日△時よりセラピーを受けさせていただいた○○です。

早めにお礼のご連絡を、と思いながらも、
やっとセラピーの内容が頭と心に馴染んできた
このタイミングでのご連絡となってしまいました。

自分のやりたいことがわからないということと、
優秀でなくてはいけないという感覚を、
ずいぶん昔から抱えていましたが、
セラピーの中でそれらが母への依存に繋がるとは思いませんでした。

自分のやりたいことがわからない、と感じる原因は、
お母さん教の下ですべてを判断してきたために、
自分自身の価値観を形成してこなかったからなのですね。 

自分の心を感じることを疎かにしてきたという言葉を聞いて、
人間ってそんなふうになるものなのかと驚きました。

確かに、自分はお母さんとは違う人間なのに、
それを無視してお母さんと同じようになりたくて、
でもなれなくて、自己嫌悪を感じるの繰り返しでした。

自分の心で感じたことは、
当たり前だけとお母さんの価値観とはずれていて、
それだけで悪のような気がしていました。

本当は心はお母さんを目指すことに無理を感じていて、
でも頭が目指さなきゃ!
お母さんみたいにならないと幸せに生きられない!
って叫んで心を説き伏せていたように思います。

そんなことをしてるうちに自分が本当になにを感じているのかも
わからなくなっていたのですね。

まずは、これが悩みの本質だったんたっていうのがわかりました。

じゃあここからどうするか。

それは、お母さんを目指すのを止めること。
自分がお母さんとは違う人間なのだと認めること。

私は私になります。

これは自分にとっては結構勇気がいることでした。
なぜなら、いまは「私」がないから。
どう生きていけばいいのかわからないのです。

それにお母さんのような素晴らしい人間になりたい
という思いを捨てきれなかった。

セラピー中にも、この決心をするのが不安で、
杉田さんに促されてもなかなか口に出して言うことに
ためらいがありました。
でも、このままじゃ辛いのが続く。
自分にとってどっちがいいのかと葛藤しました。

確かにお母さんは素晴らしい人間ではあるけれど、
自分というのも見つけてみたら案外いい奴かもしれない、
と変なポジティブシンキングを持ち出してみたりしました。

それに、何より今の状況が辛い。
抜け出したいからセラピーを受けたんだ。
これを感じてるのは私の心だというのは明らかです。
だから従おうと思います。

そしてそのために、唐突でしたが彼氏を作って
実家を出ようと思います。
新しい価値観を取り込むために。

実は今までこの2つは何度も試みてきたけれど、
実現にはいたらなかったのです。
実行する勇気が出なかったのです。

でも、今回は危機感が勝っています。
このままの生活をしていても苦しいのが続く。
思い切って行動してみるべし!
と自分に言い聞かせています。

こう言うと「べき」で動いているようにも見えるけど、、
心が変わりたいって感じて、頭がじゃあこうすべきって考えて、
というように頭と心がちゃんとつながっている気がします。

下手な読者感想のような長文で失礼いたしました。

少し時間がたってセラピーの内容が染み込んできて、
改めて貴重な時間だったと感じております。

勇気を出して申し込んでよかったです。
本当にありがとうございました。



セラピーをしていると、クライアントさんが、親に対して、

嫌がっていたり、怒っていたり、

怖がっていたり、避けていたり、など、

何らかの「わだかまり」を持っていることは多いのですが、

そういうことがなく、親に対して、悪い印象はなく、

むしろ大スキなのに、

なぜか悩みを抱えてしまったりすることがあります。

たとえば、お母さん(お父さん)が、すごく優秀だったり、

とてもちゃんとした人だったり、

外見がバッチリだったりすると、

子供は、親から何か言われたわけでもないのに、

「お母さん(お父さん)みたいに、ならないといけない!」

と思うようになってしまって、

そうなれない自分を責めてしまうことがあるんです。

もちろん、そういう素晴らしい親のようになることを目指すことが

いけないとかいう話ではありません。

そうしていても違和感がない人もいます。

でも基本は、

「親とあなたは違う人間」

なんですよね。

セラピーでは、そんな「頭ではわかっている」ことを、

腑に落ちるようにサポートしていきます。


ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



コメント(0)  |  リブログ(0)