正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:


誰かのサポートにまわるのが

スキなあなたも
あまりスキでないあなたも

こんにちは。

シリアルは牛乳少なめのほうがスキ杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、私のセラピーでは、

「何がしたいかわからない」

というご相談て多いのですが、

そのテーマについていろいろお話していくとですね、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて
 工夫するのとか楽しくって。
 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」

みたいなことを言われる方って、結構いらっしゃるんですよ。
(特に女性の方に多い)

 

で、そういう方のお話をお聞きして私が思うことなのですが・・・


あ、その話の前にですね、

1つご紹介したい言葉があるんですけど、

 

先日ワークショップをした時、

アシスタントをしてくださった方が、

 

こんな話をしてくれたんですよ。


「杉田さん、誰が言ったか知りませんが、

 

 不安には耐えられるけど、不満には耐えられない人は、フリーランスに向いている。
 不満には耐えられるけど、不安には耐えられない人は、サラリーマンに向いている。

 

 なんて言葉があるそうですよ」


で、私、この言葉を聞いて、

「ウォ!、それ超名言!

 たしかに不満に耐えられない人がフリーランスに向いているって

 その通り!」

って思ったんですけど、

 

その理由は、私自身が、単に不満に耐えられないからだけではなくて、(笑)

 

私、

「フリーランスって、新しいアイディアを出すのが得意な人に有利」

って思うんですよ。

なぜなら、フリーランスって、競合にどんなに大手や有名人がいても、

お客さんに、

 

「他ではなく、あなたにお願いしたい!」

 

って思ってもらわないといけないわけですよね。
となると、「他といかに違うか」ってことが重要になってくるわけですよ。

そうなると、フリーランスに向いている

 

「不満に耐えられない」って資質って、

 ↓

「私だったらこうやるのに!」ってことにもつながってきますから、

 

ある意味、「新しいアイディアが出やすく」なると思うんですね。
ほら、新製品て、けっこう不満から考え出されたりするじゃないですか。

なので、不満を感じやすい人って、新しいアイディアも出やすいわけで、
そういうのってフリーランスするのに有利だなって思うんですよね。

あ、でもこの、「新しいアイディアを出す」ってことですけど、

私は、わりとはっきり得意不得意が分かれるものだと思っていて、

あなたのまわりでも「アイディアマン」て数が限られてませんか?
全員が全員じゃないというか。

なので、「新しいアイディアを出す」ことが全然できない人が

フリーランスをすると、

 

ちょっと大変なんじゃないかって思うんです。



あ、で、話を戻しますが、先ほどお話した、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて
 工夫するのとか楽しくって。 

 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」


なんて思っている方って、

 

「ゼロをイチにする」

「どっちに行くか方向を決める」

 

みたいな感じの「新しいアイディアを出す」は、

得意じゃないと思うんですよ。

でも、きっと、

 

「方向が決まっているものを改良する」

 

のが得意なんでしょうね。

あ、私、そういう、「方向が決まっているものを改良する」のが得意というのも、
「新しいアイディアを出す」と同じ価値を持つ能力だと思っていて、

むしろ、そういう方が、

「誰かのサポートなんて主体性がないし、
 私も新しいアイディアが出せる人にならないと!」

みたいに思っているほうが、逆に、

「自分じゃないものになろうとしている」

って気がするんですよ。


あ、でも、もしかすると、

 

会社で、その人の決めたこと次第でなんでも進んでいく、

経営者とか、○○部門のトップみたいな人から見れば、

「誰かのサポートだなんて主体性がないことは、

 「やりたいこと」だなんて認めない!」

なんて思うのかもしれないですけど、

よく考えてみれば、

経営者とか、○○部門のトップみたいな人がやってることだって、

「会社のサポート」

なんですよね。

なので、「誰かのサポートするのが楽しい」って言っている方って、

そのサポートの対象が「会社」ではなく、
 

「人(誰か)」なだけだと思うんですよ。

 

きっと、「誰かのサポートにまわるのが楽しい」って言っている方って、

「会社」とか、「組織」のサポートとか言われても全然ピンとこないけど、

 

顔の見える「一個人」のサポートとかだとスイッチ入る方なんでしょうね。

 

なので、

 

「どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて
 工夫するのとか楽しくって」

 

って思うなら、その「楽しい」を信じてイイんじゃないかって。
「それ、やりたいことでしょ!」って。

もちろん、同じ「誰かのサポートをする」をやっていても、

それを「楽しい」と感じない人には、

 

それが「やりたいこと」とは言えないわけですけどね。


あ、ということで、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて
 工夫するのとか楽しくって。
 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」

なんて思っている方に私がお伝えしたいことは、


「いいじゃないですか!
 それ、YOUのりっぱな「やりたいことで」しょ!」

って思うし、

 

なんてもかんでも、「自分が自分が!」とかではなくて、

誰かのサポートにまわることを心から愛する人っているよね、

 

って話でしたとさ。



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ

 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


コメント(0)  |  リブログ(0)


北海道に旅行したことが

あるあなたも
ないあなたも

こんにちは。

小さい頃、数時間だけ滞在した函館の記憶がなさ杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、いきなりですが、
今回は北海道でのワークショップ開催のお知らせです。

あ、今回の開催に至った経緯をお話するとですね、

私、昨年、6年ぶりに北海道でワークショップを開催したんですけど、

その時、参加してくださった方たちが、
ワークショップの後も飲み会をするなど交流を深めて、

ある時、

「杉田さんをまた北海道に呼ぼう!」

なんて盛り上がってくださったそうなんですよ。

で、そのお話を頂いた時、私は、

「なんともありがたいお話だなぁ。
 ん?でも、北海道、昨年行ったばかりだぞ。
 しかも6年ぶりだったのに」

って思ったんですけど、

「人数を集めてくださったら、行きますよー!」

ってお返事したんですね。

そしたら、本当に人数を集めてくださって、

しかも気がつけば、

なぜか関東やら、関西やら、東海やら、北陸やら、
九州からも参加する方もいらっしゃるんですよ。札幌開催なのに。(笑)

ということで、私、2年連続で北海道に行くことになりました!

私をまた北海道に呼んでくださったみなさん、
本当にありがとうございました!超ウレシーです!

あ、なので、もし今後、みなさんの中で、

「人数集めますので、私の街にもワークショップに来てください!」

なんてご要望がありましたら、
ホームページのお問い合わせからご連絡くださいね。

私、懇親会もご一緒しますので、
お話を時間がたくさん取れると思いますよー。


さ、ということで、今回は、

「自分の心の声を聴く フォーカシング・ワークショップ in 北海道」

開催のお知らせです。

あ、この「自分の心の声を聴く フォーカシング・ワークショップ」
の内容ですが、

「悩みとうまく付き合う方法」にご参加いたたいだ方はご存知の

「フォーカシング」 という心理セラピーの技法を 
1日かけてじっくり学びましょう!

というワークショップです。

内容を一言で言うなら、

「自分の心の声を聴く練習会」

と言ったらいいのでしょうか。

こってり濃いコンテンツをご用意しましたので、

フォーカシグがスキな方はもちろんのこと、

「あまりフォーカシグがうまくできない」と思っている方にも、
「そもそも感覚とは何か?」という基礎からみっちり学べますので、

もっと深くフリーダムに、フォーカシングを使いこなせるようになれますよー。

エッ、「そんなこと言われても、フォーカシングを知らないので、
全然内容がわからない」ですって?

おっとっと、そんなあなたには、
過去にこのワークショップの参加された方の声をご覧ください。

 

 

 

フォーカシング・ワークショップ参加者の声

 
今回は、心の感覚の変化を感じるシンプルな方法を試したり
  そもそも「感覚」「意識」ってなんなの?
  という基本的なことから教えていただけたので
  無理なく理解し掴みながらワークを進めていくことができました。


フォーカシングのワークをすると、
  負の感情(不安や悲しみや妬みなど)にのまれそうな時、
  そこから少し離れて自分の内面をみつめる余裕ができるので、
  感情に振り回されることがなくなります。


最近では、何気ない心からのシグナルに
  ちゃんと耳を傾けることができるようになり、
  より楽に、よりおだやかに日常を送ることができるようになったように思えます。


パワフルな効果や即効性はもちろんのこと、
  フォーカシングのワークで1番ポイントと感じたのはシンプルさです。
  とてもシンプルなワークなのに、私が望んでいる心の状態に
  スッといとも簡単にもっていけたので驚きました。


誰も傷つけず、誰に気兼ねすることもなく、
  自分の中にもともと持っている内なる叡智とつながることで、
  自分の可能性とも繋がり直し、
  なんとも言えない平安や自己信頼の気持ちがわくのを体験しました。


クリアリング・ア・スペースは、日常生活に使えそうだなと思っています。
  怒りや罪悪感など、感情があふれて自分が飲みこまれてしまいそうな時に
  体と言葉を使って、あふれる感情と適切な距離を保てる、
  とても分かりやすいワークでした。


自己啓発でもスピリチュアルでもなんでも、
  「あなたはそのままでいい」とか「生きてるだけですばらしい」とか
  いくらでもその手のメッセージはあるのですけど、
  そんな言葉を一切使うことなく、
  他人から承認されたり与えられることでもなく、
  自分の中から暖かな泉のように
  こんこんとわき出る"自己肯定感"を感じられたこと。
  それを感じられる自分を発見した喜び。
  私にとって、今回のフォーカシングWSで得た最大のものはそれです。


あと夢のフォーカシング!!!
  あれはすごかったですね~。
  何の脈絡もない、支離滅裂な夢を扱ってフォーカシングしたのですが
  自分でも意識していなかったような心の動きを感じ、
  自分の口から言葉にすることができて
  こんな答えが自分の中に眠っていたのだと自分でもびっくりしました。
  「答えは自分の中にある」ということを素直に実感した瞬間でした。


今の私にとって、フォーカシングはなくてはならない人生の宝となっています。
  「やさしいフォーカシング」の著者が"はじめに"で
  「…それよりもフォーカシングを生きるという方がぴったりです」
  と書かれていたのが、今はとてもよく分かる気がします。


(体験者の声全部はコチラからどうぞ)
自分の心の声を聴く フォーカシグワークショップ体験者の声

 


なになに、

心からのシグナルにと耳を傾けることができる?

自己肯定感"を感じられる?

内なる叡智とつながる?

夜見る「夢」をあつかう?

フォーカシングを生きる?

なんか楽しそうだなぁ。(笑)

そんな楽しげなフォーカシング・ワークショップの詳細は
以下の通りです。(*ご注意 参加資格がございます)

 

 

「自分の心の声を聴く フォーカシング・ワークショップ in 北海道」ご案内 


■日時 2017年6月17日(土) 10時30分~18時30分 

終了時間は30分ほど前後することがございます。

ワークショップは、「その場での体験、練習」を重視して、
「まったりと」進めていきます。

ランチ休憩や、小休憩もたくさんと取りつつ、
お菓子ポリポリ食べながら、楽しくやりましょう!

■場所 北海道 JR札幌駅周辺

詳細はご参加いただく方にのみ、個別にメールでご連絡いたします。

■参加資格

ある程度の知識や体験が必要なので、今までに杉田主催のワークショップ
「悩みとうまく付き合う方法」(旧「正しいネガティブのススメ」ワークショップ)
に参加された方限定です。


■ 懇親会 

ワークショップ終了後にご希望の方のみ、
JR札幌駅周辺の居酒屋で懇親会を予定しています。
(ご出欠は正確にお願いいたします)


お申込み、料金その他の詳細はコチラからどうぞ

フォーカシング・ワークショップお申込みページ 

 

 


★最後に杉田からのメッセージ

私は、新しいコンテンツを世に出す時は、

クライアントさんから、

「杉田さん、こういうのやってください」

とご要望をいただいてから作ることが多いんですけど、
今回は自分から作りました。

というのは、私、この「フォーカシング」という技法に関しては、
セラピストとして駆け出して頃から知っていたんですけど、

この2年ほど改めて学び直してみたんですね。

そしたら、セラピストとして経験を積んできた
「今だからこそ見える」ってことがたくさんあって、

「ウォ!フォーカシングって、こんな素晴らしかったのか!
 これ、みなさんに伝えるしかないでしょ!」

って思ったからなんです。

私がフォーカシングを素晴らしいと思う点は3つあります。


セルフセラピーとして最高!

いろいろセラピーの技法を学んできましたが、
「自分1人できるセラピー」としては、フォーカシングが最高だと思います。

やり方がシンプルだし、場所を選ばずできます。
一度覚えれば、ずっとあなたの人生にお供してくれます。


いろいろな悩みに使える

フォーカシングは、

「性格の悩み」とか、
「こういう場面でつらい」といった

一般的な悩みだけではなく、

「転職したいのか?したくないのか?」
「明日どのように過ごしたいか?」
「今度のイベントはどんな企画にしたいか?」  (← 私はよくやります)

など、「いくつかの選択肢で迷っている時」や、
「アイディアを出したい時」などでも、フォーカシングは役立ちます。


自分がわかる

セラピーをしていると、

「自分がどう思っているかかわからない」
「自分が何をしたいかわからない」

という方が多くおられます。

こういう方は、

「本来1つであるアタマとカラダが分離してしまっている」

んですよね。

そんな方に、フォーカシングはピッタリです。

フォーカシングは、カラダの感覚に丁寧に寄り添っていくことで、
「自分の心の声を聴いて」いきます。

まさに、「自分がわかるようになる技法」だと思います。



それではご一緒に「自分の心の声を聴く」旅に出ましょう!

Don't think. Feel!

フォーカシング・ワークショップお申込みページ 



それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「自分の気持ち」がわからないということが、

よくあるあなたも
あまりないあなたも

こんにちは。

またバスの「後輪の上の席」に
私と同じくらいダイナミックな体格の方と一緒に座ってしまい
「急角度体育座り」のまま硬直し杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、私のこのブログって、1つの記事が長いですし、

10年も書いていますから、かなりの数の記事があるんですけど、

 

セラピーに来る方の中には、

 

「杉田さんのブログ、何度も全部読みました!」

 

なんて言われる方もいらっしゃるんですよ。

 

私としては、

 

「エッ、あれだけの量、よく読みましたね。しかも何度も!」

 

って驚いてしまうんですけど、

 

でも、おもしろいのは、そういうヘビー読者の方でも、

 

このブログで何度も説明していることを

結構わかってないことも多くて、

 

そういう方が、セラピーで腑に落ちた時、

 

「杉田さんと話してみて、やっとわかりました」

「何度も読んでいたのに、全然わかってませんでした」
「そういえばブログに書いてありましたよね」

「自分があの記事に当てはまると思ってませんでした」

 

みたいに言われることって結構あるんですよね。

 

でも、「自分のことってなかなか客観的に見れない」ですから

そういうことが起こるのもしょうがないですし、

 

やっぱり実際に体験するって全然違うんですよ。

 

なので、セラピーに来る前に、

全部の記事読む必要なんてないですからね。(笑)
 

 

あ、ということで、今回の記事の内容も
もうこのブログの中では何度もお話してきたことなんですけど、

 

最近のセラピーで、

今回ご紹介するような内容で引っかかってる方がとても多かったので、

 

改めてお話してみたくなりました。

 

テーマは、

 

「自分の気持ちがわからない」
 

です。


「自分の気持ちがわからない方」って、
↓セラピーでこんな感じのことを言われること、結構あるんですよ。


「友達と会った時、その友達が、
 「これからの時代は、1つの会社に勤める時代じゃないから、
 自分でスキルを磨いていかないと生き残れない」
 って話していて、
 私もその話を聞いて、「たしかにそうだ!」と思って、
 ○○の資格を取ろうと思って学校に入ったんですけど、
 全然ヤル気が起きないんです。
 友達は、すごくガンバっているのに・・・。
 私、本当に○○の資格を取りたいのか、
 自分の気持ちがわからなくなってきました」


で、こんな感じの相談があった時、
私は、以下のような質問をしたりします。
(杉・・・杉田 ク・・・クライアントさん)


杉 「○○の資格は、「取ったほうが良い」 o r 「取りたい」のどっちですか?」

ク 「・・・・そう言われてみれば、「取ったほうが良い」ですかね」

杉 「「やったほうが良い」って言われてることってたくさんありますよね。
  たとえば、
  「早寝早起きしたほうが良い」
  「朝フルーツを取ると良い」
  「週3回、30分有酸素運動したほうが良い」
  「姿勢を良くしたほうが良い」
  「食べ物は30回以上噛んだほうが良い」

  「防災グッツの食べ物の賞味期限を確認したほうが良い」
  「トイレットペーパーを使った後、三角にしたほうが良い(笑)」
  ・・・
  他にも、まだまだ「やったほうが良い」って言われていることは
  たくさんあると思うんですけど、
  ○○さん、これ全部やってますか?」


↑私がこんなふうに言うと、
たいていクライアントさんはニヤニヤし出して、

いろいろなことに気づかれるみたいなんです。(笑)


あ、で、この話から、何をお伝えしたいかというと、

「○○の資格を取ったほうが良い」と
「○○の資格を取りたい」は、イコールとは限らない

ってことなんですね。

「やったほうが良いけど、やりたくないこと」
「やったほうが良いけど、それほどやりたいとは思わないこと」

ってあるじゃないですか。

つまり、世の中、「やったほうが良い」って言われていることなんて
山ほどありますけど、

人は、単に「やったほうが良い」だけの理由で
なんでもかんでもできるわけじゃなくて、

最終的には、純粋な「カラダの感覚」として、

「自分がそれをどれだけしたいか」

が、「やるかどうか」を決めるんだと思うんですよ。

ところが、ここで相談例としてあげた、

「私、本当に○○の資格を取りたいのか、
 自分の気持ちがわからなくなってきました」

みたいなことを言う方って、

これまでの人生、あまりにも当たり前のように、
「やったほうが良い」ばかり優先してきて、

「自分がどれだけしたいか」ってことを感じてこなかったので、

 

「やったほうが良いこと」 = 「やりたいこと」

だと思ってしまっているんですよね。
実際は、この2つはイコールとは限らないんですが。

だから、そういう方に、
「やったほうが良いことが、やれない」という事態が発生すると

「アレ、私、やりたいはずなのに、なぜできないんだろう?おかしい!」


みたいになってしまって、

「自分の気持ちがわからない」

って言ってしまうんです。

 

ということで、今回の相談例の方を気持ちを言語化すると、

 

「自分でスキルを磨いていったほうが良いとは思うけど、

 ○○の資格をそれほど取りたいと思っていないので、

 やれない」

 

ってことが起こっているのではないでしょうか。

 

 

あ、で、今回ご紹介したような

「自分の気持ちがわからない」という悩みって、

セラピーで、今回のようなやり取りをしただけで、

 

「あぁ、そうか!それならやれなくてもしょうがないですよね。

 ○○の資格を取りたくない自分に気づいてませんでした!」

 

みたいに腑に落ちる方は、それで良いと思うんですけど、

こういう話をしても、まだ、

 

「○○の資格を取らない自分はダメだ!ウォー!」

 

みたいに自分を責め続ける方には、
セラピーのあるワークをするんです。

 

すると、


「だから私は、自分の「やりたい」という感覚がわからないのか!」

って気づきますし、

その体験で癒されることによって、少しづつ、

自分の内側にある「やりたい」という感覚に

アクセスしていけるようになったり、
 

自分を責めないようになったり、

なんてことになるんですよね。



あ、ということで最後にまとめますと、

「やったほうが良い」と「やりたい」はイコールとは限らない。

もう少しわかりやすく言うと、

 

「やったほうが良いこと」には、

1 「やったほうが良いけど、やりたくないこと」
2 「やったほうが良いけど、それほどやりたいとは思わないこと」
3 「やったほうが良いし、やりたいと思うこと」

があって、

その「やれていないこと」が、

1~3のどれに当たるかを考えてみると、
 

自分の気持ちもちょっとわかってきますよ、

てな話でしたとさ。



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ

 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


 

コメント(8)  |  リブログ(0)