1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-02-11 00:07:18

webコンバージョンと言うものを考えてみる

テーマ:経営戦略
現在、弊社ではクライアント様のwebコンバージョンを上げる事を管理している事の方が多い(新規の制作・開発案件はお断りしている為)のでwebコンバージョンと言う言葉を良く使います

実際にはコンバージョンの定義と言うものはサイトによっても運営者の考え方によっても少し異なる部分もありますが、私はいつもそのサイト・アプリケーションがweb上で得る事の出来る目標地点をwebコンバージョンと呼んでいます

文章では正しく伝える事がやや難しいのでしが、そのプロセスに対してではなく結果に直結する部分で、尚且つweb上で実現可能な地点と言うような概念です。

通販サイト外の運営者様にとっては、本当のコンバージョンというものは契約完了や手続き完了、来店完了と言う風に「金銭などが発生するポイント」になってくると思いますが、これらはweb上だけは完了しづらいものですので、web上で達成できるポイントとして「サイト訪問者とサイト運営者に接点が生じる場所」をwebコンバージョンと言っています。

例えば、集客が目的のクライアントであれば「問い合わせ」や「予約」がそれにあたりますし、通販のようなサイトの場合は「新規会員登録」や「商品購入完了」がそれにあたるようになります。

ですから、こういう概念が明確になりづらいサイト(飲食店など)のお仕事は弊社が手を出さない分野でもあります。

やはり、クライアントさんには体感的な部分でも感じてもらいたいですが、それプラス明確な数字でも感じてもらえる事が必要だと思いますし、そういうやり取りを真に行い続ける事が長いお付き合いをさせて頂く為には重要だと感じます。

浅く広くではなく深く狭く やっていますから逆にプレッシャーは大きい部分もありますが結果が出たときの喜びや満足度は高い仕事が出来ている事も実感します。


◆コメントやお問い合わせに対応できない事を予めご了承ください
現在、記事に対しての質問や各仕事の相談など個別への対応は行っていません。予めご了承ください。但し頂いた質問に関しては内容によって今後の記事作成時の参考とさせて頂きます。

またwebに伴う仕事の依頼に関しましても、現在お受け付けしておりません。悪しからずご了承ください。

但し福岡でフリーランスで活動されているwebプログラマーやデザイナーさんとは、今後ご縁があれば一緒に色々なプロジェクトをご一緒に実施して行ければと考えております。ご興味あれば御通知ください。但し、福岡以外の方は不可。審査・面接はございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>