Amazon著者ページ
Amazonマイストア
企業コンサル
取材などの問い合わせは
堀江貴文事務所
info@takapon-jp.comへ。

★ニコニコ動画★
ホリエモンチャネル
オフィシャル有料動画サイト

★YouTube★
ホリエモンチャネル
オフィシャル無料動画サイト

★Twitter★
twitter.com/takapon_jp
オフィシャルつぶやきサイト



2009-12-13 23:48:40

新聞と雑誌の購読が減っているもう一つの理由

テーマ:マスコミ批評
インターネットの普及により、雑誌の講読が減っているのは明らかですしその流れは新聞にも及んでいます。twitterをはじめてからは、さらにその動きは加速してきました。

http://twitter.com/takapon_jp

なんせ、数十人の各界の有識者をフォローしているだけで、その業界の必読情報がつぶやかれます。興味があればリンクを踏んで見に行けばいい。iPhoneで見るようになってからはよりその流れは加速してきました。なんせ持ち歩けるしソフトバンクの3GかWiFiに繋がれば、いつでもどこでも購読が可能。さらにブログリーダーアプリを入れていれば、メールチェックとそれらだけで、移動時間は全て埋まってしまうようになりました。

おかげで雑誌や新聞を見るのは、飛行機での移動中だけになってしまいました。しかも最近忙しいので飛行機は仮眠の時間になることが多い。車の中は未読の雑誌だらけになってしまい、仕方なく雑誌を読むスタイルを変えざるをえなくなりました。以前は隅から隅まで読んでいたんですけど、気になった記事だけにすることにして、読む時間を相当短縮しました。新聞はもう時間的に読めません。

と、私は時間がインターネット、特にtwitterやブログに取られるようになってしまったので、購読をストップする方向に行っているのですが、その話をするとさらに経済的理由で雑誌の購読が停止されていく方向にあることが分かります。

例えば、子供が出来たので教育費のために旦那のお小遣いが減らされ雑誌の購読を止めてしまった人は相当多いらしい。あるいは1つか2つの雑誌に絞るようになってきている。確かに一冊350円 x 4 = 1400円/月はそれなりの出費であり、最近のデフレ弁当なら4食分になってしまいます。

さらに、新聞も月の購読料が3000-4000円程度でしょうか。これも特に若い層でリストラされつつあります。販売店も無理して未購読の家庭の郵便箱に新聞を突っ込んだり、3ヶ月無料キャンペーンをごり押ししたりしているようです。これは末期症状になってきているという証拠でしょう。これからますます日本の経済状況は悪くなってくるはずですから、真っ先にインターネットに代替できる新聞・雑誌の淘汰は続きそうです。

さて、12/14のお昼から日本外国人特派員協会で「パネルディスカッション: 検察の権力とメディアの現状 Karel Van Wolferen氏、郷原信郎氏」やります。ニコニコ動画ホリエモンチャネルでたぶん録画放送やります。

あと、夜19:00-から新宿ブックファーストで「『「希望」論』刊行記念 堀江貴文氏トークイベント&サイン会 at ブックファースト新宿店・1Fブルースクエアカフェ内イベントスペース」やります。


んで、最近献本受けた本。最初のほうだけ読んでみたんですけど、結構おもしろそう。

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
マネー・ヘッタ・チャン
経済界
売り上げランキング: 50


著者の名前が、「マネー・ヘッタ・チャン」ってのも笑えます。

いいね!した人  |  コメント(46)  |  リブログ(0)

takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

46 ■どちらも大切

自分の興味の中だけで生きていくなら、様々な情報がある一定の限られたスペースで掲載されている紙媒体は、確かに不要かもしれない。

でも、そればっかりでは面白くないと思っているので、自分は新聞、雑誌を大事にしています。

紙の手触りも好きですし、何か大切にしたくなるんですよね。

何か調べたり、対象が決まっているものはネット。
知識を広げたり、趣味として楽しむのは紙。
そんな使い分けで、どちらも質の高いものが共存してくれればと思っています。

別に、お互い敵視したり、対照的なものと捉えすぎかなと。

45 ■ヘッテルとフエーテル感想

今日、手元に届きましたので早速読んでみました
名は体を現すというか、タイトルのセンスそのまんまの面白い中身で一気に読んでしまいました


文字も大きく、難しい内容をわかりやすく書いてくれてますので、ぜひぜひ小学生ぐらいのお子様にも読んでもらいたいですね



44 ■僕などは

最新記事のリアルタイムはネット、
じっくり読む特集記事は新聞という感じ。

新聞のいいところはその「強制感」にあると思ってます。
ネットだとどうしても自分が読みたい記事のみをみるという傾向になりがちですが、
紙面だと別に関心ない内容でも強制的に目に入る。
そういう一見関心ない記事を、
飛ばさずに読む確率はネットより新聞の方があると思いますし、
日経夕刊のコラムなどは個人的に充実してるなあなどと思ったりします。

とはいえ、
こういう意見は少数派なんでしょうけど(笑

43 ■久しぶりに見に来ました。

最近バイト東京を巡る機会が多い受験生です。
紙媒体の広告メディアの新しい形態を考えたので一回堀江さんとメールなどでお話してみたいです。

やはり紙媒体=読まない部分の多さ=無駄=環境に悪いという等式があると思います。
今までその等式を崩そうとするアグレッシブな人間が新聞業界にはいなかったのでしょう。

自分の考える新しい地域広告媒体なら、折り込みの1/5~1/10程に紙の使用量が抑えられるのですが。

42 ■おかしいのよねえ。

日本が海外支援してもほとんどニュースにならないものだから、日本人が自分達の税金が何に
使われてどのような貢献をしたのか言えないの
よねえ。

なのに、日本のネットニュースなのに、
「韓国が北朝鮮にーーーな援助をした」とか
海外の国の貢献については報じられるのよね。
おかしいわよね。

結局ニュースも海外メディアが伝えるコピー
をいろんな国で翻訳して伝えているだけじゃないの?新聞やテレビもそうだけど、大手が流すようなネットニュースもなんだかなー、ってものが有るわよね。

一部の権力者が「このニュースを流そう」って
なれば、情報操作なんて簡単に出来てしまうのでは?

しかし、日本のメディアでまともに日本のニュースを伝えてくれる所は有るのかしら?

日本の優良企業はいい加減目を覚まして、
いつまでも馬鹿なメディアのスポンサーをして
いないでメディア企業の1つでも作れば良いのに。

最近大手企業が番組丸ごとスポンサーに
なっているのを見かけるけれど、そんな事
していないで、製作会社と良い番組を作って
ネット配信などでcm付きで世界に配信
すればすごい宣伝になるのにねえ。

万が一リコールなどがあっても、すぐに
真摯な対応をすれば、それがまたファンを
増やすだろうし、既存のメディアを介すよりも
コスト削減になるでしょうね。
ブログなどと連動すれば、消費者から生の声
を吸い上げられるし。

良く考えると、メディアを始め、仕組み自体、
何かがおかしいわよねえ。
日本の本当に良い物が表に出ないように
なっているわね。

41 ■続き

国内専用通貨を作って、国民皆にたくさん持たせて安心できれば、日本らしい新しい産業も出来るでしょうけれど。で、死んだら、皆で山分けと。
つまり、何が大切かと言うと、たくさんの財産を
抱えたり、大きすぎる家や物を残すことではなく、
その人は自分の力でどんなプロジェクト、何を残せたか。例えば、しっかりとしたコンセプトを持つ起業家が残したものはずっと継承され、
それがまた他の人とのコラボで新しいものが
できたり、と正の連鎖が生まれます。
(持ち家も住人の頭数で広さ制限すれば、
お金持ちの買占めは出来なくなり、より多くの人に手頃な不動産が行き渡るのですよね。)

税制の見直しや、何で稼ぐのかなどアウトフレームをしっかり打ち立てなければ、国民も協力の
しようが有りませんよね。

あ、あと、税制、大企業は上手に赤字ギリギリ
にしてほとんど税を納めないようにしている
と聞きますが、サラリーマンは無理です。
がっちり取られ、おまけに、退職して収入が
なくなっても所得税は次年度も前年度の稼ぎ
分で計算されて取られます。ひどい話です。
年金もすぐに出ないのに。

起業家なども、最初は給料が出ないほど大変
ですが、そういう時に今まで納めた税金を
かえして欲しいものですよね。マイナス時は。

堀江さんも、そう思いませんか?

大手でもボーナスが16%ダウンなのに、
公務員はたったの6%ダウンとか??
それで、赤字国債ですか?
おかしすぎる。塊より始めよ、で公務員から
削るべきなのに。この国は、民間人の負担が
重すぎる。補助金などにも騙されてはいけない
ですよね。あれ、国民が作ったお金ですから。
(ほとんど国民の借金だから)

40 ■鳩山氏と税金とその他 

昨日、とある番組で鳩山氏の元秘書(?)で
現在ジャーナリストの上杉氏が例の税金の
問題について内情を話していましたね。

「奥様(母:安子さん)は、税金は払いなさいという
意見のほうだった。」というような事を。

「あしなが基金などの寄付も結構な額をしていた」との事でしたね。

事実はどうか裏が取れていませんが、
本当だとすると、どうも、海外のように資産家の
家庭なのにちゃんとした会計士が居なかった
のかもしれませんよね。

もし、たくさん寄付をした=税金を納めたようなものというような意識であったら??

海外などは寄付金は税控除になったりする
らしいですから、そういう意識で居たのかな?

いずれにしても、ここは日本。
感情で流されないで、しっかりとした説明と
裏付け・証拠が必要ですね。

思うのですが、日本は日本人から税を搾り取るのではなく、モナコなどのように、観光客や
外国人企業、カジノ(国民は利用不可。これは
モナコもそうらしい)などからグイグイ国益を
あげる仕組みにすれば良いのに。
優秀な医療や温泉療法なども使えますよね。
北海道の土地なども海外に売っている場合では
ないのですよね。レンタルにして、継続的に
観光客をひきつけて、収入を得る仕組みに
しないと。

日本人が馬車馬のように働いて、外国人投資家
を儲けさせることよりも、日本人同士が協力して
海外の人にもいいサービスを提供して喜んで
頂いて、国内外ハッピーになりつつ、しっかり
国益も確保する事が理想ですよね。

税金も、国のしっかりとしたアウトラインやベクトルが提示されないものだから、ばらばらやりたい放題だし、国民も不安で目の前の利益ばかりに吸い寄せられてしまうのですよね。

39 ■無題

昨日、日本テレビの午後の番組の最後の方で、徳光氏が爆弾発言しましたね。
「近い将来、民放5局が3局に再編されるだろう」と、、、
おそらく、チャネル数はそのままなんでしょうけどね。
(ミヤネ屋の前の番組です、事情通には爆弾発言ということもないと思いますが)

38 ■はじめまして

来年卒業の大学生ですブログの方、いつも楽しく見させてもらってます。また何気に勉強になるので一石二鳥でブログを使わせていただいてます
突然なのですが、ホリエモンさんが考える今後の石油業界というものをお伺いしたいです。時間があれば、ぜひお願いいたします。

37 ■はじめまして。

現役の女子大生です。いつもブログ楽しく拝見しています。
楽しそうな本なので、早速アマゾンで注文しました!ご紹介ありがとうございます。

今日はどうしてもお聞きしたいことがあってコメントしにきました。
というのは、堀江さんは自称脳機能学者の苫米地英人さんと本当にお知り合いなのですか?友人だということを苫米地さんは彼の著書で述べていましたが、本当のところはどうなんでしょうか。というのは、彼のアファーメーション論?自体がかなり学説的に説明できないものであり、私自身は(脳神経を少しかじった程度ですが)彼の主張を全く信じていませんし、すくなくとも学術的見解とは言い難いと思っています。
また、堀江さんが彼の説を信じているとも思えません。とするとただのご友人ということなのでしょうか。もしくは、ただ苫米地さんが堀江さんの名前を勝手に使っているだけなのでしょうか?
どうしても気になったので愚問ですがご回答宜しくお願いします。
・「努力はいらない!夢実現脳の作り方」
 苫米地英人著 より

36 ■だじゃれ・・・

ヘッテルとフエーテル・・だ、だじゃれ!?おやぢギャグ? 経済界ょ。。
面白そうな本ですね、でも、うちも緊縮財政だから立ち読みか図書館に現れるのを待ちます。
 独り暮らしの時は、新聞は割愛してたけど、結婚してから夫が読むのでついでに読んでます。
 読んだら読んだで、楽しい。いっぺんにざっと見られるし、国語力低下を食い止めてくれる気もするし。ついでに、古紙回収電話一本できてくれてトイレットペーパーもくれるからそれもポイント高いです。
 あと、なにより、広告が欲しいんです。ローカル情報や自分で意図してなかった情報が手に入るから。えぇ、主婦の声です♪
 教育費が無駄とおっしゃる方もいるみたいだけど、親になったとき、自分の頭脳遺伝子によっぽど自信があれば、削ってもいいと思いますょ。
うちは、無理(∩.∩)。

35 ■有料配信で購入希望

紙面とネットの無料配信では中身が違います。
今は仕方なく
毎朝購読してるけど、有料配信になれば、変えますね。
雑誌もブログやtwitterよりも中身はおもしろい
と思うしね。
だいたい大型書店で立ち読みしてしまいますが、
紙での販売は見切りをつけ
質の高いネット配信を構築してもらいたいです。

34 ■日経MJはオススメ

これはパパッと読めます
最新トレンドを復習がてら読むにはオススメだよ

33 ■無題

自分ももう5年くらい新聞読んでいませんね。
特に問題もない。
ウチの地域は新聞が「早くに来るので情報が遅い」です。
普通なら朝刊の分が間に合わず夕刊だったり。。。
テレビもテレビで同じ話題を繰り返し、最近は偏向報道で見ていられません。

ところで堀江さんは有料ニュースはどう思いますか??
自分は総合ニュースサイト(ポータルやgoogleニュース・はてなニュース的な)の定額支払いなら別に払ってもイイかなとは思います。
何でも無料の時代は悪循環を招くかと。

32 ■雑誌は

0円がデフォでしょ、R25みたいに。

31 ■無題

なう、はじめてコメント?拝見致しました(^人^)〃

30 ■こんにちは☆☆

堀江さん、新聞と雑誌の購読が減っているもう一つの理由、のお話ありがとうございます☆☆
>業界の必読情報がつぶやかれます>twitterとブログの時代ですね。
新聞と雑誌の情報のスピードはネットをしていると遅いです。堀江さんのお陰で新聞を止めて正解でした。4年前には1年契約で止めたい時に止めれなく48000円弱無駄にしました。半年分の洗剤でした。
これからは販売店の方は大変だと思います。
堀江さんのブログが一番大切な情報源です。
ネットは沢山の情報がありますので、信じる方を見極める力が必要な時代に思います。
マスコミの嘘と捏造でだいぶ見極める力がついて来ました。
>最近のデフレ弁当なら4食分になってしまいます>
雑誌、新聞を止めるとお弁当、食費も助かります。時代の流れですね。
私は気になる雑誌、週刊朝日は購入しております。
ネット利用者が増えると大変な時代ですね。
>日本外国人特派員協会>
検察の権力とメディアの現状、ホリエモンチャンネル楽しみにしております♪
>著者の名前が、「マネー・ヘッタ・チャン」>とても楽しそうです♪
堀江さん徹底応援しています!!
大好きです!!未来の情報ありがとうございます!!
お身体を大切に☆☆トークイベントお楽しみ下さいませ☆☆

29 ■無題

雑誌は休日時間ある時に、読めば良いですよ。

雑誌はパラパラできる所が良いですね。

新聞は微妙ですね。幅広いニュース見る事できるけど、ネットで隅々やればいいし、テレビもあるし。

28 ■無題

朝日新聞が廃刊の危機になったら国費が投入されるんでしょうかねぇ(笑)

27 ■見てみて

堀江さん、今日の、なおきんさんの
「東京イラスト写真日誌」を見てみて。

分かりやすく漫画で教えてくれています。

アメリカの基地問題、どうやら、移転したくない
のは日本の一部の人+アメリカ海軍など
たくさんの予算でいい思いをしてきた人達
みたいですね。

マスコミは大問題だと叫んでいますが、
本当になおきんさんの分析の通りかも。
最高と、最悪しか言わない人達。(笑)

なおきんさんみたいにちゃんと分析できて
説明がうまくて、おまけに絵までプロ並み
な人、堀江さんやヒロユキ氏の会社で
コラボすればいいのになあ・・・。
そしたら、もっと多くの若者に政治や経済
のニュースが広がって皆が考えるように
なるのになあ・・・。

なおきんさんの日記って、すごく価値があると思うのです。世代を超えても、こんな事が有ったとか継承される価値の有る物だと思います。

著作権管理して書籍化とかアニメ化とかして、
日本の新しい産業に出来るものって、結構多い
ですよね。まあ、既得権益者はそれが面白くないから、知財の流失を見てみぬふりをしているの
でしょうけれど。知財で稼ぐほうが既得権益者を
超えたら、世の中の勢力地図はクルリンパと
変わるでしょうね。
また、日本は世界に先駆けてそれが必要では?
知を持つもの同士のいかしあいが。

26 ■無題

>2
>いや、すでにネットはテレビを越えてるのでは?

さすがにそれはないですよw
所詮ネットなんてまだまだです。
もちろんネットを使う人は多いでしょうが、見るところが人によって全然違います。
ネットは統一されていないところが弱点だと思います(ネットに繋げば誰もが目にする特定の場所がない)


>これからますます日本の経済状況は悪くなってくるはずですから

堀江さんなんとかしてw
もうこの国の未来が見えない

25 ■第二の窓

堀江さん、思いませんか?
何故、政治家は自分のブログなどを全ての人が持たないのか。それと、コメントなどで一般人からの意見を自由に集める努力をしないのか?

公僕であれば、国民にとって手間や時間や経費をかけないで意見を寄せてくれるように最大限の努力をして当然ですよね。

意見を集めて、しっかりと公表して共有して、
どのような意見が寄せられ、何から優先的に
取り組み、どのような活動をしているのか、
それは公表されてしかるべき。

だけど、ブログをやっているのに、コメントを
受け付けていない人達も居ますよね。
そういう人達はあれだろうか?
自分の思うとおりにやりたい事が出来るように
人からとやかく言われたく無いとか、やるべき
意見も無かった事にしたいのでしょうか?

皆のコメントの非公表や、誹謗中傷以外の
貴重なコメントの一部削除、手紙やFAXのみで
の受付、などは疑う余地がアリアリですよね。

一般人ならば選択の余地が有っても良いですが、公職である場合、個人の感情次第で
情報操作はあってはいけないですよね。

また、名古屋の河村市長も言っていましたが、
議員が本職になったらあかんのよ、と。
議員職で食っていこうとするから、金儲けや
癒着などが起こる。これは、北欧などでは考え
られない事みたいですね。

議員は日中しっかりと街中で働いている普通の
人であり、夕方から議会に出るとか。
そこには勿論議員特権なども無く、自分達の
生活に直結しているので法案などもかなり
現実的だとか。(自分、同僚、家族、近所の
意見がそのまま反映されるし、女性議員も
約半数を占めるとか。)

目を大きく開くと、日本の異常さが分かりますね。
仕組みそのものがおかしいので、国会も、社会も
おかしくなるのでは?

全ての議員には第二の窓というネット上にオフィスを持っていただき、情報開示や国民とのコミュニケーションを義務化して欲しいですね。
まあ、コメント一つ一つに返事は無理でも、
活動日記を通してちゃんとやってますよのアピールは出来るでしょう。

24 ■んー

新聞と雑誌の需要は変化し続けそうですが、それがどこまでかわるのかはまだ分かりませんね


気になってはいたのですがネットは新しいという感覚をまだもっていそうな気がします

ネットでサービスや技術が新しく開発されていても
ネットそのものは古いですよ
今年大学に入学する人が幼稚園のころにネット業界が誕生しましたから

23 ■我が輩なんかは

自身としても、ネットなどを活用して、ニュース、ブログなんかはそれなりに読んでいるが、新聞は欠かせない。
新聞のいい所は、自身が意識的に、欲していない情報(たとえば、文化欄など)にいい記事がでていたりする場合もあるので、これは、これでいい。
ネットだとどうしても、政治なら政治だけ、企業経営なら企業経営だけと情報が偏る可能性が無いわけではない。(かといって、文化面のネットをわざわざ、見に行くこともしないので・・・)
まー、情報の取得の仕方は、人それぞれだと思うし、新聞、雑誌がこの先淘汰されていくことは、間違いないと思うけどね。
あと、新聞社の功績としては、文化、芸術関連(絵画、伝統芸能、囲碁将棋、スポーツ、科学などなど)に多大に資金を提供しているということ。(地方紙も含めて)
ネット企業だと、自社利益(もちろん株主利益、従業員利益も含む)にならないことに関して、積極的に行っているとは思えない気がする。(ヤフーやライブドアが絵画展の後援になるなんてあんまり聞かないかな)
どちらにしても、今の活字出版はすたれていくのは目に見えているし、ネットが拡大することも確実であろう。そうしたときに、日本の文化、芸術への後ろ盾となるものがなくなり、すたれていくのはちょっと悲しいかな。(事業仕訳でもバッサリやられてましたし・・・)

22 ■新聞&希望論

ぼくも個人的には新聞なんて読まなくても、インターネットで充分こと足りるのですが、親父がどうしても新聞がないと寂しいというので、仕方なく購読しています。
そのかわり地方紙に変更しました。
あれだと大体半額で済むんです。(ウチの場合、月1995円)

そして、遅ればせながら、「希望論」読ませていただきました。
検察ってそんなにタチが悪いものだったんですね。
やはり脱官僚を徹底的にやれる人が、政治をやるべきですね。
個人的には「みんなの党」がいいと思ってますが、それでも物足りないくらいです(笑)

個人が自己実現を果たせるような国に、早くなってほしいものです。

21 ■チラシ目的

名古屋なので中日新聞をとっています。
新聞記事は不要ですが、
カミサンが、広告がいるというので、
仕方なくとっています。
新聞屋も広告だけで月1000円とかにしてくれればいいのに。
頼んだのにそれは無理と断られました。残念。

20 ■無題

急に冷え込んでますね。
風邪ひかないで頑張ってください!

19 ■時間とお金の節約

 小生も雑誌の購入は最近減りました。以前はビジネス雑誌を1冊/月は購入していましたが、出費を押させるためと集中して読んで時間を節約するのために、気になる記事の要点だけ立ち読みですませることにしています。
 BLOGを読む機会が増えると雑誌の記事が冗長に思えて読みにくくなります。原稿料を稼ぐためか、あるいは重箱の隅をつつくような批判を避けるためか、長々と記事を書かれるのでしょうか?

18 ■中身

記事の中身でしょう、一番の問題は。

スポンサーがらみなど、いろんな制約があるのでしょう、新聞などは。なので、読者が本当に必要としている情報がなかなか得られない=離れる
、ただ、それだけでは?まあ、高いし。

ブログなどは、無料でありつつも、かなりの情報量(取捨選択するのは大変ですが)と、
良心的なブロガーなどはかなりのレア情報まで
提供してくれ、その辺の書籍よりも知識を与えて
くれます。それは、加速的に皆の目を、大衆
ひとまとめの魔法から覚ます事に貢献してくれているのですよね。

そうそう、堀江さん、昨日の夜のNHKのドキュメンタリー見ましたか?中国企業の買収合戦の。
確か、プロジェクターの企業だったような?
個人が入り込んで企業に転売してその値段が
3倍に膨れ上がって・・・・とかやっていました。
で、狙うは日本企業だとかやっていましたが。

特許のある起業はとにかく高く売りたい。
でも、世の中は新しい価値観ですでに動き出している。例えば、会議。
プロジェクターその他以前の機器を使って
皆で集まって同じ画面をにらんで会議するって
事がいつまで続くかですよね・・・・。

若い人はもう気づいているけれど、会議室は
何も会社の1部屋ではないのですよね。
古いものにしがみつく事の危機と、
また、テレビも随分古い情報を流すようになった
なあ・・・と感じました。(笑)

中国のプロジェクターの企業よりも、日本の
新しい産業を作り上げている企業の紹介を
してくれたほうが、視聴者にとっては有意義
なのにねえ。どうしてしまったのだろう??

17 ■無題

いままで新聞が担ってきた役割って大きいけど、新聞がなくてもニュースを知る手段がいくらでもあるから、私も今は新聞をほとんど読まなくなりました。

16 ■いいデフレ対策になるかも。大笑い

新聞を大切にしよう! 笑

新聞購読を、税控除対象にして、低所得者には料金をかわりに政府が払って無料にする、学生には新聞を読むと奨学金がでる! 笑

デフレ対策でいいんじゃないかな。

情報消費は大切だしさ。情報は高価であるべきだし。笑

で、新聞勧誘の人もやりやすくなるでしょ。

「オタクは、無料で新聞が読めるんですよ!」

こんなこと大声で、玄関で、となりに聞こえるとまずいからといって、払いますとかも増えるかもしれないし。笑

ま、でも、ま、オレはいらないな。新聞なんて。記者が命懸けでペンを握っているなら読みたくなるけど、机の前で鼻くそをほじっているとしか思えないし、どこの新聞も談合していて競争していないわけでしょ。なんで、必要なのか、さっぱりわからない。中国の新聞の方が立派なように思えてしかたがない。だいたい、脱税なんか、新聞社がガンガン告発すべきもんじゃないのかね。合法の税務は告訴できないけど、別に報道することは犯罪ではないと思うけどな。第一、読者は大喜びでしょ。マルマル税金をとられている人たちからは。ま、その前に新聞社の税務が知りたい。チャンチャン!

15 ■教育費

教育費って無駄ではないですか?
予備校、塾、家庭教師、大学、高校
そういったものに費やす金が消費に回れば
内需拡大になるし
少子化にブレーキもかかるのでは?

話はそれますが、公共工事も人と金を
福祉の方にシフトして行かざるを得ないのでは?

ホリエモンさんは民主党政権に批判的ですが
政権交代は意味があったとは思いませんか?
今のままの自民党で政権を続けるのは無理
そうなれば、みんなの党か
自民の改革派に期待するしかない
そういう流れを作ったのも政権交代
次の選挙でも民主に勝たせて
自民の守旧派を追い詰めないと
政治はまともにならないのでは?
民主だって過半数確保の次は
旧社会党系を排除でしょう

14 ■情報

私も新聞は大きい文字の見出ししか読んでません。他の小さい文字は目が悪くなりそうなんで。
その点携帯は文字を大きく読み易いように設定できるからむしろ年配者には良いと思うんだけど、年配者ほど新聞購読の必要性に肯定的なんですよね。
最近はローカルな情報も携帯電話のインターネットで収集できる様になってきたから新聞が要らなくなるのは時間の問題です。

13 ■地方の情報

まさにその通りの感じがしています。
でも、地方の場合、結構、新聞が貴重な情報源だったりします。なので、新聞をやめにくい。
でも、これも時間の問題か。

12 ■無題

僕は新聞が大好きなので購読してますが、かなり割り引きして貰いますよ‥確かにネットの普及で真っ先に切られた媒体ですが長年の習慣で必要なのです。

11 ■うーん。。

全てをネットで任せるのは今なら可能かと思いますが、最近は果たしてこれで良いのだろうかと迷ってます


かと言ってホリエモンの意見が間違いという訳でもないけれども。。



個人的な意見を言うとするなら、本を選ぶ楽しみがなくなってしまうのも困るし、新しい発見がしにくい環境になるのも何か嫌だなーと思う



面倒なことをしてでも、得られる情報もあると思います

10 ■その通り

携帯電話で、インターネットが安くできるのが一番大きいだろうね。

オレのブログにも、携帯からたくさんくるし、マイクロアドの広告もクリックしていく。携帯でゲームもできるのだろうけど、夢中になりすぎるのもよくないのだろう。だから、ちょっと検索してということなんだろうね。ということで、新サービスとしては、暇潰し検索で面白い結果がでることなんだろうな。アメリカ人は、twitterをブルーベリーでちゃんとやっていてパソコンではやっていないはず。だから、twitter検索が重要なんだ。

さて、新聞は、いつまで紙面を重要視していくのだろう。さっさっと、携帯電話にP2Pで、最新の最新の速報をどんどん流せばいいんだよ。ニュースというのは、政治や経済だけが大切じゃない。交通情報だって、お店の情報だって、なんだって本来はニュースになるんだよ。各店舗の最新安売りだってニュースなんだよね。新聞も雑誌もダメなのは、自分の提供している情報の速度とのかねあいがわかっていない。

新聞は、とくに、外報なんかも、ニュースという事実をどんどん流せばいいのに。だいたい、なんで、新聞が思想の押し売りするんじゃ。あほらしい。

9 ■確かに‥最近雑誌読みたいと思わない!

堀江さんが10年以上前から言われてるみたく‥
インターネットが全てを網羅する時代になったんですかね~(^-^)v(^-^)v(^-^)v

8 ■堀江さん

新聞や雑誌は
小学校の図工で仕方なしに使う材料(笑)ですのう。。
もう雑誌じゃなくても
新聞じゃなくても
紙の無駄づかいせんで
人は【今】を知ることのできる時代になったのに
なにょにまだ人は紙を無駄使いしゅるのれす(笑)!

客は
紙の手触りは要らない。
価値ある情報に金を払ってるんじゃ。。

物は頭の中に持てばいい。
古くなった情報
これからおく場所もなくなっていく紙に縛り付けた情報は
ネットの中におけば
おく場所は無限になる。

例えば3045年に行けば分かる。今さっきそれがしが見てきたら、紙はなかったですわい。。
今まで不器用で自然とうまくやっていけんで、ドメスティックバイオレンスだった人間だものも、それじゃなんか行き詰まるのーと思ったらしく、
緑は目にいいなあと
自然は心にいいなあと
うまく自然をごまかせて(笑)たようですじゃ。。

ああ、でめたしでめたし!
ストップ!紙の無駄使い!
ダメ!ゼッタイ!紙の無駄使い!

本当は紙の無駄使いもあんま考えてない立教新座福祉のやたろうれした(笑)!

7 ■無題

年齢層や個々の習慣にもよると思います。必ずしもパーセンテージだけが結果だということではないと思います

6 ■無題

まじほりえもん頑張って!
まあ、そう言うのも無責任だけどね。
あなたに品はないと思う。でも、そこには大事な勢いがある
完璧な人なんかいないさ。ヒトラーでもマザーテレサでもその辺の田中さんでも同じ。ほりえもんも。
素晴らしい役目だよね。
俺らはあなたの仕事を全部見れるワケじゃないけど、伝わるモノはある。
噛み付け堀江。戦士は闘おう。
Go!堀江!Go!

5 ■グリム童話

名前の由来が興味をそそりますね。
まっ、私が読んで理解できるかは別ですが。笑

4 ■検察の暴走について

検察の権力の源泉はやはり検察特捜部の逮捕権にあると考えます。
鈴木宗男代議士が主張している取り調べ時の可視化の必要性もさることながら、堀江氏が主張する検察の逮捕権の剥奪も重要です。

3 ■たしかに

マネーヘッタチャンとは
おもしろすぐるー

2 ■おしゃる通り

以前、堀江さんが常々話していた“インターネットがテレビを越える。ネットとテレビの融合”は時間の問題かと。いや、すでにネットはテレビを越えてるのでは?

1 ■うちでも実家でも

新聞っていうのより、テレビとかの方がリアルタイムだし、見てるのは番組欄や広告だったりって言ってました。
私はそもそも取ってないし、新聞は一月取ると結構なゴミになるから、少し郵便物としても邪魔って感じで、ネットでも用は足りるし、必要ないって思ってます。
でも最初に書いたように、新聞でも、部分的に見てる人の必要な情報っていうのを拡大していけば、毎日取ってくれる人っているのかもって思ったりしますね。
ちなみに、広告に入ってくる無料チケットなんかはありがたいかと。(^人^)

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み