強き二人の愛

テーマ:

昨日のレッスンではこんな曲をやりました。

Led Zeppelinの「強き二人の愛(what is and what should never be)」という曲です。

この曲は、今回生徒さんが持ってきてくれるまで知らなかったのですが、とてもカッコいい曲ですね。R&B風のメロディの部分と、いかにもロックといメロディの部分と対比が面白いです。

R&B風の部分ではベースを中心にバッキングがされていて、モータウンの曲で聴かれるような6thを強調したメロディアスなフレーズになっています。一方ロック風の部分では開放弦をうまく利用した、ロックの定番フレーズになっていますね。どちらのフレーズも印象的で、思わずコピーしたくなる感じです。

ちなみにこの曲はツェッペリンの2ndアルバムに収録されていて、発表されたのは1969年とのことなのでもう50年近くも前です。。今聴いても全く古さを感じないですね。


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。
横浜でのレッスン開始しました。
体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。