写真家&ジャーナリスト高橋智裕『そこにあるもの』

JPU 協同組合日本写真家ユニオン会員 / JSPA 日本風景写真家協会会員
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi
Copyright©Tomohiro Takahashi All rights reserved.



-ご 案 内-

北陸中日新聞「伝えたいこと」を隔週連載中

7月26日(土)午前10時~
 小松市社会福祉協議会主催講演会
 場所:小松市すこやかセンター

テーマ:
3連休最後の日、皆さんは楽しく過ごしましたか?
近畿・東海地方では梅雨明けが発表され、本格的な夏を迎えました。
間もなく関東地方も梅雨が明けるでしょう。
金沢も朝から眩しい日差しが降り注ぎ、暑い1日になりました。

さて、昨日、夜の大神神社(奈良県)の夜の撮影のために午後から奈良県に向かい、撮影後、とんぼ返りして、金沢に戻ったのが午前3時過ぎ。
今日はゆっくりした時間を過ごさせて頂きました。
夕方、皆さんには毎度お馴染みになりました白山市にある鳥越城跡へ♪
何だか好きなんですよね、この城跡。
小高い山の上にある城跡、城下の町並みや、夕陽を浴びる石垣や、復元された門は、とても美しい姿を見せてくれます。
陽が暮れるまでの数時間、ボーッと過ごしました。
あ、大切なこと!!!
今日、鳥越城に向かうと、山頂までの道や山頂の天守など、奇麗に草刈りがされていました。
地元の方々をはじめ、遺跡を継承して行きたい方々のこういった管理などの努力が後の人たちにも伝わって行くのだなということを実感することが出来た風景でした。
遺跡や名所など、訪れた際には、感謝の気持ちを持ちたいですね。













Tomohiro Takahashi Photo Gallery
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
奈良県桜井市にある三輪山は、日本最初の歴史書『古事記』にも出て来る神の神域です。
その麓にある大神(おおみわ)神社は、その三輪山をご神体にしています。
三輪山には、大国主神(おおくにぬしのかみ)が自らの魂を大物主神(おおものぬしのかみ)の名前で鎮めた山で、現在でも入山する場合には下記の約束事が存在します。

・襷(三輪山参拝証)を首に掛けて登ること
・タバコをはじめ、火気は絶対に使用しないこと(火気厳禁)
・カメラ類などを持って入らないこと(撮影禁止)
・草木・キノコ・鳥獣・土石類を持って帰らないこと
・お供え物・ゴミは放置せず、必ず持ち帰ること
・飲食をしないこと(登拝に際しての水分補給を除く)

そして、3時間以内に下山しなければなりません。

大国主神は、そもそも出雲の国を治めていた神で、大和の国を収める天照大神に譲ったとされています。いわゆる武力で大和の支配下に治めたということですね。
しかし、天照大神は、強大だった出雲の国を治めた大国主神を重んじ、その魂を三輪山に鎮め大和の国の守り神として祀り続けました。
この強大な二国が1つになり、大和律令国家が成立されたということから、大国主神は国造りの神と崇められ、この三輪山は国家完成の地とされています。

最近、三輪山へ入山する人たちのルールやマナーの悪化が見られるそうです。
携帯電話で写真を撮ったり、堂々と一眼レフカメラを持ち、撮影したり、歓声を上げながら歩いたりと・・・。
世界遺産となった、日光・熊野・神宮・富士山などでもマナーの悪い人たちによって荒らされているそうです。
神社仏閣などをはじめとした信仰の場は、流行りで行くところではありません。
そして、いにしえから伝わるその姿を穢してはなりません。
ひとりひとりが、自分だけではなく、後世の人たちにも同じ姿を伝えて行かなければならない義務を負っているということを自覚しなければなりません。
いにしえから伝わる、歴史と伝統を現代の我々で途絶えさせてはならないのです。
それが、世界遺産をはじめとする歴史遺構の真の意味ではないでしょうか。




(大神神社参道)


(大神神社拝殿)


(三輪山登山拝口。入山は、午前9時~午後4時、受付は午後2時まで)


(大神神社境内に鎮座する成願稲荷神社)


(大神神社境内に鎮座する崇神天皇を祀る天皇社)


(大神神社境内に鎮座する市杵島姫(いちきしまひめ)神社)


Tomohiro Takahashi Photo Gallery
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
福井県と隣接する加賀市は、加賀藩3代藩主前田利常が隠居する時に、三男利治に大聖寺7万石を分割、大聖寺藩が起こり、その城下町として栄えました。
石川県を代表する山代・山中両温泉もこの加賀市のなかにあります。
今日はこの加賀市の神社5社をご紹介です。

八幡神社
ご祭神は、応神天皇・表筒男命・中筒男命・底筒男命・大御食神・菊理姫神。
住吉社・葦宮・白山社・菅原社も合祀されています。







高宮白山神社
ご祭神は、菊理姫神。





横北白山神社
ご祭神は、菊理姫神。
境内のシダジイの巨木で有名。







江沼神社
ご祭神は、菅原道真・前田利治
大聖寺藩の園庭が美しい。







多知波那神社
ご祭神は、天照大神。







Tomohiro Takahashi Photo Gallery
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
加賀百万石の藩主前田家の菩提寺宝円寺で初めての撮影を行いました。
今日は、妻にも同行してもらっての撮影でした。
ご住職と初対面の妻は、前田のお殿様の毒味役を拝命していた家で、その功績が認められ、恩賞として越中に土地を頂いたことを説明すると、「そうそう毒は入っていなかっただろうから、殿様よりも先に美味いものにありつけてたんだね」というご住職の言葉で3人で爆笑しました。
そうなんです、私のお嫁さまの家は、江戸時代、代々、前田家藩主の食事の度に、藩主よりも先に味見をして、毒が入っていないか確かめる役を与えられていたのです。
当時、徳川家の次に大きな石高を誇っていた大大名の前田家の当主は、いつ誰に命を狙われるかわからず、いつも命の危険を抱えていました。その1つが食事に毒が入っていないかという不安。
そこで、当主よりも先に別の人間が食べて確かめるという役を作りました。
もし、その食事に毒が入っていたら・・・、そう、ご想像のとおりです(^_^;)
藩主もご家来衆も、大変な世の中だったのですね。

まず、撮影初日の今日は、無難な感じでの撮影でした。
これから、いろんな魅力と出会えるのかなと、楽しみです。

(本堂は、さすが前田家菩提寺と息を呑む程の豪華絢爛さ。)


(襖には金で前田家の家紋が。)


(前田家代々と、その妻たちの位牌が安置されている。)


(本堂2階の大広間。)


(前田家にゆかりの墓所。前田家が神式を執ったため、前田家の墓地には鳥居が建てられている。)


Tomohiro Takahashi Photo Gallery
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
富山県と石川県にまたがる石動山。
山岳信仰の霊場として古くから栄えた山で、現在も山腹から山頂にかけて多くの遺跡が残っています。
南北朝時代は足利尊氏の勢力に、戦国時代には織田信長の勢力により焼き討ちの憂い目に遭い弾圧を受けています。
明治の神仏分離により石動山山岳信仰は衰退し廃寺になりました。
しかし、伊須流岐比古神社は今も残り、伊弉諾命・伊弉册命が祀られていて石動山山頂の大御前には本社跡が残ります。
伊須流岐比古神社周辺には、緑に囲まれた参道が石動山山岳信仰の遺跡と共に残ります。
広大な石動山遺跡は、一見の価値ありです。
ゆっくり時間を取って散策してみては如何ですか?

~伊須流岐比古神社~








~伊須流岐比古神社 本社跡~


~石動山山岳信仰遺跡群~









Tomohiro Takahashi Photo Gallery
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード