詩的恋愛体質~be faithful in word~

言葉の熱量をあげてくれた、出逢いがある。
愛したいと想える、言葉がある。


みんなの持ってるやさしさは、

僕の想うそれとは違うかもしれない。


それでもこうして、誰かを想い、

ときに手紙のように、ときにいつか見たシーンのように、

恥ずかしげもなく言葉にできるのは、

強さとやさしさを、手から手へ、繋いでくれてるからなんだよ。


感情が感情を生むように、

言葉にするよりはやく、僕は、

その瞳を、その手の感触を、これからも、

たとえ見えなくても感じていたいと想う。


from hand to hand

右手は強さを、左手はやさしさを。

その両の手で伝えていけたら、僕は今日も仕合せです。


takamuseum


テーマ:

 

 

心も濡れる 潤い充ちた景色

 

炭酸の弾ける音と酔わされる自分という他者

 

冷静になれば月はいつも僕の目の前に在る

 

 

 

こんなときに限って言葉にはできないものだね

 

満ち溢れる想いとは見上げる夜空そのもの

 

遠いものだから信じたくなる

 

隔てるものがないから愛したくなる

 

言葉のひとつ 捜しながら




 

2013年5月1日 詩的恋愛体質よりアンニュイ酔わされ推敲

お酒モチーフに書き変えてみた。

今日21日、神戸初のナイトプールが始まりましたね。

夜景とシャンパン、週末DJパーティとまぁゴージャス。

詳しくは→http://travei.mdpr.jp/travel/detail/1687839

僕は最近もっぱら発砲清酒。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

いまを、初夏をめいいっぱい楽しめばこそ繋がる夏がある。

 

人は狂った歯車を急には軌道修正できない。

もしかしたら悪い流れを持ち込んでしまいかねない中で、

時間をかけ血が全身を廻るのを待っているんだ。

 

雨降りな一日にも良いことは雨に打たれるように転がっていて、

ついついそれを拾うことを億劫がってなかったことにしてしまう。

そこにあるものは自分ならしないファッションだったり、

普段聴かない音楽だったりするかもしれない。

 

だけどそれを拾ってみてから始めてみるのも悪くないのかもね。

 

 

こんなツィートがきてた↓

 

野外ロックフェスにまさかの欅坂出演!

いいのか?!とも思うが、すごいことだよね。これは!

どうもロッキン・オンの代表取締役社長の渋谷さんは箱押しで、カタカナけやき加入を目論んでるとか。笑

 

 

カタカナけやきとは・・・

「カタカナケヤキ」の画像検索結果

 

土田晃之・亜門虹彦・澤部佑・サンドウィッチマン・デンジャー川上・内村光良などからなる男性ユニット。現状は表立ったユニット活動はないが、個人の仕事において欅坂46を活かした活動をしている。直近では舞台にて欅坂の不協和音ダンスを取り入れるなどその実力は証明済み。なお、運営・製作スタッフ、作曲家などからなる裏欅も存在する。裏欅の総合プロデューサーは秋元康

商標:カタカナけやき / 出願人:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

youtube:欅坂46/エキセントリック(カバー)


仕組まれたシステムはキッカケでしかない。
どんなに言葉を尽くしても、相手に響くことはない。


だから踊るんだ。
だから歌うんだ。
魂を震わせて。


パフォーマンスとは小手先の技術じゃない。
「難しい振りや美しさじゃない」ってTAKAHIROさんは言う。
伝えたいことを表現する、その術を身につけたとき
はじめて坂道を登ることができるんだ。


変わり者だらけの欅坂の中で、個人では限られてしまうことも、
グループだから出来るようになる、動けるようになる、
みんな生きることに不器用で、人見知り。
だからこそ結びついたときのチーム力があるんだよね。
個人の可能性を高めているのはチームで、
チームの可能性を高めているのも個人なのだ。


誰か一人でも居ないと完成されない。
誰か一人いなときは1,05倍頑張ることで補完する。
そんな誰か一人を想い、曲やパフォーマンスにメッセージを残す欅はやっぱり強い。

(ちょっと感動秘話があったのであえてのエキセントリック)

変わり者。
それは見かたを変えると面白いということでもある。
その他大勢の評判より、まず自分が面白いと思えること。
それは秋元さん自身なんだよね。


欅坂が売れた理由について秋元さんは解らないと言う。
きっと誰も解りえないことなんだろう。
ただひとつ、売るためのシステムはある。
だけどそれは過去の成功例でしかなくて、欅坂もまた異色な存在。
細部に至ってはすべてが手探り。
それでいいのかもしれない、だからいいのかもしれない。

(なんて書いてるけど僕は欅坂以外まったく解りませんし興味ないのです。)

今日は秋元さんの誕生日。59歳?
この歳でもなお、言葉にできることの強みを嫌と言うほど感じてしまう。
おめでとうございます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

吸いこまれるほどの奥行きを見せる 夏の青も

優しいほどの曖昧さを見せる 春の心地よさも

際限ない広がりを見せる 秋の雲も

 

無垢なきらめきを見せる 冬の空気も



空という 君の心模様



見つめるように 抱きしめるように

ひとつひとつの変化を愛しむ



一秒一秒を焼き付ける

ふたりでひとつの one stage

 

 

 

詩的恋愛体質-another side-(2010年)よりネガティブ推敲

 

 


ここ用に書き変えようかなっとも思ったけど、

めんどくさくなっちゃったのでほぼほぼそのまま。笑

 

4月ももう終わります。

ほんの少し、身体が軽くになった気がしませんか。

窓際の席、吹き込む風が心地良い。

そんな季節感。

ほんのり香る一年草の花たち。

宿根草も5月が待ち遠しく首を長くしています。

 

自分の気持ちをはっきりと受けとめてみませんか?

この草花のように。

きっと乾燥肌も夏肌になる。いや、自分が心強くなる。

きっとね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



永遠に始まり続ける季節を、

いつかまた違う視点で、

だけど、

好きなものはやっぱり好きなものとして、

めぐり来る季節に重ね合わせたりして、

いつかと同じ。

同じだけど、やっぱり違う。

そんな麗しいほどの、些細な変化の中で、

永遠に始まり続けるのだろう。



2011年4月5日 詩的恋愛体質「季節に迷っても、愛おしく抱きしめていたい」より


youtube:不協和音(Mステ)



今回はMVではありません。
三度目欅坂スペシャル。(しつこい?)

先日ミュージックステーションで放送されたものですが、
この映像の何がすごいて、その完成度なんです。
想いのこもった、熱の入ったパフォーマンス。
そしてMVとは違う振りになっているのですが、
より立体的に、より攻撃的なフォーメーションが観るものを魅了します。
どうも欅坂のライブは、作曲家のAkira Sunsetさんの話だと、
「体感する現代アート!!!!」らしいのですょ。
(気になるのですが、まっ僕が業界の人間でもない限り行く勇気はありませんのであしからず・・)


そしてこの曲のパフォーマンスに一役買っているのが、衣装担当の尾内貴美子さん。

この方は紅白衣装も担当され、そのために生地から新規に作り
欅坂にスペシャルな衣装をセットアップしてくれた人なんですが、
今回使用された衣装の何がすごいのか、それはスカート。

映像後半のワンシーン、スカートが綺麗に開きしゅっと閉じる、
まるで傘のように見えるシーンがあるのですが、それが実に美しい。
やはりそこにこだわって作られたようで
「パタンナーの方を困らせた」なんてツィッターで話されてました。

わずか一瞬のためにこだわり抜いた衣装。まさに職人です。

TAKAHIROさんしかり、尾内さんしかり、バグベアさんしかり、
この作品における、いや欅坂に関わるすべての方のクオリティが高くすばらしいのです。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。