日のお客様、「ポーターハーディング」「グレンロイヤル」コレクションからチョイスしてツイードジャケットとベストをご注文。。


スコットランドのツイード生地を生み出しているPorter&Harding(ポーターハーディング)から秋冬物コレクションGLENROYAL(グレンロイヤル)。






英国本国はもちろんのことカントリーライフに共感を持つ世界中の紳士から愛されつづけられているポーター&ハーディングのツイード生地は、強くそして暖かく、まさに男の為の一着に相応しいストーリー性溢れる服地です。





ツイードの中でも色鮮やかさは一番!!


それはチェビオット種とクロスブレッドと呼ばれる混血種のウールから紡がれた、2種類のヤーンから織り上げられたからなのです。


どのツイードの中でも色鮮やかさはこの「グレンロイヤル」以外はでない最高のジャケット地。




以前、私着用のスーツを制作した際に掲載したブログがあるのでご覧いただけたら音譜嬉しいな音譜


ポーターハーディングで仕立てた一着の詳しいことはこちらまでhttp://ameblo.jp/tailorwatanabe/archive1-201509.html



もう一点も続けてあるのでこちらまで。

http://ameblo.jp/tailorwatanabe/entry-12079144112.html




以前、こういったブログもありました。http://ameblo.jp/tailorwatanabe/entry-12082825102.html

 
ポーター&ハーディングは、

1947年にカントリースポーツを愛した2人の人物、ジョン・ポーターとビル・ハーディングによって設立されたカントリー服地専門マーチャントです。


英国原産のチェヴィオット種の羊毛を使用したツイード地が特に有名で、それらは創業当時と同じ製法で現在も織り上げられています。


.質実剛健でありながら、英国紳士のカントリーライフを彩るスーツ、ジャケット地として、英国本国は勿論のことそんなカントリーライフに共感を持つ世界中の紳士から愛されています。


厳しい気候のムーア(荒野)で鍛えられたポーター&ハーディングのツイード地は、強くそして暖かく、まさに"男の為の1着"に相応しいストーリー性溢れる服地です。




その中の「グレンロイヤル」コレクション



「ポーターハーディング」の「グレンロイヤル」は "ハーツイスト"とほぼ共通のスペックで織り上げられるこの服地は、同服地の軽量版として開発されました。







メイドインスコットランドの「グレンロイヤル」のコレクションは、軽量版で(目付け435g)以前は500gを越えるヘヴィーなものでしたが、日本の気候ならこれくらいがちょうど良く、ポーター&ハーディングの世界観をしっかりと表現しながらも、織りもしっかりしているので「カントリースーツを気軽に愉しみたい」という方々のシティーユースにも最適な、汎用性の高いカントリーツイード地です。

















「ポーターハーディング」「グレンロイヤル」でカントリージャケット、カントリースーツを仕立ててみませんか。



「ポーターハーディング」ツイードジャケットコレクションについての詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/porterhardingharisonsjacket.html


 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

   

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html





テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  




「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410



AD



今年の2月から新しいライニングが入荷し、お客様が早速そのライニングをご注文いただけるようになりました!!


「ハダスフィールド」「ライニングコレクションFLASH!1」の詳しいことはこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/hudersfieldflashliningcollection.html

ヨーロッパ、英国の高級紳士毛織物産地の中心、西ヨークシャー地方・ハダスフィールドに所属する英国毛織物のトップメーカー。


社名もその産地の名前にしている「ハダスフィールド」。毛織物の歴史に残る、数々のミルブランドを所有し、メーカーとして、マーチャントとして現在も尚、高級紳士服地サプライヤーとして世界のマーケットに認識されております。


今回ご紹介するライニングは色鮮やかな天然素材であるキュプラ100%のプリント柄。


これだけの鮮やかなプリント柄は世界中捜しても絶対にないはず。


今回のライニング柄はご覧の通り。


ディズニー映画の「ザ・カー」を思い起こす様な車のかずかず。






その他に

エロチックでアートなライニング。






何ともなまめかしいライニングでしょうか。





その他にも強烈な印象の「骸骨の」ライニング柄。






そして自転車の好きな方向きのライニング。








さまざまな趣味を持っている方には必見のライニング。


当店に寄ってみてこのコレクションをご確認下さいね。


2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  








     
AD
 



本日のお客様コートの他に同じ生地で「ポークパイハット」をオーダーでご注文。





「ポークパイハット」はクラウンの上部が、ちょうどポーク・パイ(料理の肉入りパイ)のような形に仕上がっているところからついた名称です。





クラウンの緑を残して、中央部が一段凹んだスタイルが特徴で、よくフランク・シナトラがかぶっていたのが、このタイプです。


別名、テレスコープとも呼ばれております。



当店では「ポークパイハット」の他に「ハンチング帽」「キャスケット」と色々のハットからキャップまでオーダーで仕立てております。


詳しい事はこちらまで    

http://www.tailorwatanabe.com/hatcapodermade.html


オーバーコートはシングルのチェスターコート。




上衿にベルベットを載せて、よりフォーマルさを演出しました。




濃紺「メルトン」はご好評により、あと一着のみとなりました。





ご注文なさる方はなるべくお早めにご連絡をください。


「フォックスフランネル」格安価格でお仕立ていたします。の詳しいことはこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/foxflannelspesyalprice.html


2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  








    
AD



ロロピアーナ2016年秋冬物スーツコレクション「プロポステアビティ」コレクションをご紹介いたします。


詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianaproposteabiti.html


ジャケットにて前シーズンに発表されたDREAM TWEEDのスーツ版として発表された素材です。




最大の特徴は4PLYです。縦糸、横糸共に4本撚りを施し、生地に膨らみ、立体感を与えています。


またムリネ-での色柄提案となっており、よりトレンド色の強い素材です。








ウールとシルク、それとリネンをブレンドさせることでスポーティでありながらエレガントな表情が特徴です


たてや横にランダムに入った白いリネンのスラブ糸がヴィンテージな趣です。


今シーズンのおすすめはWish FLANNELをご提案します。



極上の15マイクロンの原毛に世界一の生産量を誇る弊社のカシミヤをブレンドしこの上なく贅沢なタッチに織り上げました。


軽いアンコレティブなジャケットやスーツ、シーズン初めのコートにと幅広くお使いいただけます。


「TASMANIAN」名称は、オーストラリアの南東に位置するタスマニア島に由来します。この縞の気候は非常に良質なウールが取れるサクソン系Merino種の羊の生育に大変適してます。


ロロピアーナはこの羊毛を「TASMANIAN」の素材として選びました。ロロピアーナは毎年の競売でこのタスマニア産メリノウールの中でも「スーパー150s'」と呼ばれる16.0ミクロンの極めて上質の羊毛繊維を買い付け、ロロピアーナの最新テクノロジーをもって極細の糸にして織り上げた物が「TASMANIA」です。


ロロピアーナが持つアーカイブの中から生み出されたビンテージルックが特徴です。ただ単にリバイバルというわけではなく、現代に不可欠なストレッチにしておりコンフォータブルな要素も持ち合わせています。





あとまだご紹介しきれないファブリックコレクションがあります。


詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianaproposteabiti.html


2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  






   



「ロロピアーナ」から2016年秋冬物ジャケットニューコレクション「プロポステ ジャッカ」コレクションをご紹介いたします。



杢糸を撚り合わせ深みのある色やデザインをだすムリネ-と呼ばれる表面が特徴です。複雑な色合いや意匠糸がヴィンテージな趣を漂わせます。









その後のジャケットコレクションの詳しいことはこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianapropostegiacche.html

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  





 
 



「ロロピアーナ」の「エレガンツァ」「エレガンザ」は毎シーズン好評により品切れ状況が多く新しいバンチブックを熱望するお客様が多く見受けられておりました。


今シーズン満を持していよいよ刷新されたコレクションバンチの登場です!!


「ロロピアーナ」「エレガンザ」について詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianaereganza.html




「ロロピアーナ」のELEGANZAは前シーズンより引き続きトレンドでもあるシルク混素材で構成されています。


ロロピアーなの技術の粋を集めた商品で17マイクロンの厳選されたウール原毛に柔らかなシルクを20%巻き付け、上質で特徴的な光沢を表現しています。1m辺りのウェイト260gと、年間を通じてお召し頂ける理想的な素材に仕上がっております。








 


2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  





 


テーラー渡辺では夏の特別企画として「フォックスフランネル」を着数限定で格安価格でお仕立てしております。




今回のお客様は、ウェイトが830/860gの最上級の「ダブルメルトン」でステンカラーコートをご注文。




「現在メルトンの在庫状況は3着限定でしたがあまりにも大好評なので新たに数着仕入れました!!

フォックスフランネル
 
「メルトン」とははてなマーク
ダッフルコートやピーコートの素材に代表される、縮絨(しゅくじゅう)加工した、厚手の紡毛織物。


平織りか綾織りにして(今回の場合厚手なので二重織り)強く縮絨し、表面の毛羽をせんもうする。


今回の「フォックス」の「ダブルメルトン」は綾織り。表面は毛並みの揃わないフェルトのような毛羽で覆われ、手触りはソフト。


地合いが極めて密なので保温性も高い。




当店のオーバーコートにおいては「ステンカラーコート」もしくはダブルの「アルスターコート」に最適で、最高のオーバーコートになりますよ。


メルトンが一番問い合わせがあります。



フォックスフランネル


次はキャメルカラー、フランネルでのスーツ。

 

とっても綺麗なキャメルカラー。





メンズはもちろんのことレディースものやオーバーコートにも良いですよ。









ネイヴィーブルー地のフォックスの中ではめずらしくウェイトが270/300gのやや軽めのライトフランネル。「フランネルは重たくてね」という方には最良のマテリアル。


スタンダードな「ハウンドツース(千鳥格子)」。


コートにしても良し、スーツにしても素敵なオーダースーツになりますよ。


フォックスフランネル

ご注文なさる方は携帯電話にてお願いいたします。


この暑い夏が過ぎればもうすぐ冬になりま~す。


音譜お仕立てするのは今のうちですよ~音譜





2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  






本日のお客様

毎シーズンごとに注文頂き、今年で3年目になる大事なお客様。

常に「フルハンドメイド」でのご注文。


「フルハンドメイド」についての詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/handicraft.html


「ハリソンズ」「ミスティーク」コレクションからチョイスしてのオーダー。




「フルハンドメイド」の場合はシングルスーツオーダープライスが「ハイグレード縫製¥98000(税¥105840)」に「フルハンドメイド代」としてプラス¥70000(税\75600)=\168000(税\181440) した価格です。


裁断、仮縫い、縫製にいたるまで経験豊かな熟練者が細部に渡り匠の技術を結集し、「手縫い」時間をかけてゆっくりと仕立て上げる日本国中どこの店でも出来ない当店だけの最上級の仕立てを渾身を込めて私たちは仕立て上げます。


誰もが一度はこの着心地のよさを経験してもらいたいです。


「フルハンドメイド」のオーダーはどんなにマシン縫いが発展しようとも人間による運針の力の強さの塩梅(あんばい)にはかないません。





ハンドによる糸にかける力の甘さはマシンには到底出来ないものなのです。この運針による力の甘さが服を着続けることで、より人間の身体にゆっくりと徐々になじんでくるのです。

納得のいく最上級の服。他の誰にも着られない自分だけの大事な服。「いいね」「素敵ですね」と誰からもほめられる佳い服。大量生産では到底作れない味わいのある品格のある服。


最高に着心地のいい服はこうして出来上がってくるのです。時間をかけてじっくりと仕立てる。


これこそが究極の贅沢な着心地感につながるのです。



 

現在、「フルハンドメイド」の職人が夏の閑散期のため、仕事に余裕があります。


フルハンドメイドは日にち、時間がかかります。


10月11月になると繁忙期になり、年内に納めることが出来なくなる場合があります。


秋冬物のご用意が全て整いました。


今年、注文する予定の方は出来るだけお早めにご注文なさる事をお勧めいたします。



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order  



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410



テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  



 








「ロロピアーナ」コレクションにハイスペックな商品が加わりました。その名は「ハイテナシティー」。


詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianahightenacity.html


最大の特徴は強捻の高密度織りです。


高品質な原毛を66番手の糸に捻糸し、それを縦横共に2本撚り合わせて生地を作っています。


また、昨今のトレンドであるムリネ-(杢糸もくいと)を使用しています。


杢糸とははてなマーク

色杢(いろもく)とも言い、単色の糸だけではなく多色の色糸を紡いだ独特の織り柄。


個性豊かに紡いだ織柄は柄色に奥行きを与え個性的で最も贅沢な一着になります。


通常より高密度に織り上げる事により、反発から生地を守っています。


また、撥水加工を施し、水滴や汚れ、ホコリから生地を守っています。機能性、トレンド、高級感、イージーケアを兼ね備えた、日本のビジネスマン必須のアイテムと言える商品です。











 




2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order  



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410



テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  



 








2016年秋冬物において今回ご紹介するマテリアルは「ロロピアーナ」『ライトミルド』。


詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category3/loropianalightmild.html


「ロロピアーナ」へ特別に発注した最高品質コレクションです。素材は17マイクロン(SUPER130s')の厳選されたオーストラリア産メリノウールを使用し、秋冬物らしく表面を軽くミルド調にやや起毛させて、柔らかくふっくら感を出しました。


原毛は繊維が長く細いうえに伸縮性があり、非常に強靭。


クラシックで有りながら、モダンテイストを表現しています。


『フランネルスーツ』もいいけれど生地が厚くて暖かすぎるのがお嫌な方にはこの「ロロピアーナ」「スーパー130s'ライトミルド」は軽い、ミルド調なので滑らかで肌触りが良く、1m辺のウェイト280gと、重量感を感じさせない理想的な素材に仕上がっております。


こちらでオーダースーツとしてお仕立てすれば、軽い着心地と、しなやかな肌触り、しかも上品で優しい雰囲気に仕上がるので、きっとご満足いただけると確信しており、当店一番のお薦め品です。


色柄は基本的な濃紺、中鼠の無地からストライプと全部で20色柄。


今回「格安価格」にてご提供しております。











 





2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order  



2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410



テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html