本日のお客様


スーツの聖地「ロンドン・ボンドストリート」の一角にある、有名老舗マーチャント「ウィリアムビル」から「ファイン・アイリッシュリネンズ&ピュア・コットンズ」コレクションからアイリッシュリネンスーツをご注文。




夏の代表的な服といえば、やはり麻(リネン)ですよ。



通気性に一番優れ、着た時にはさっぱりとした感触を肌に与えてくれるシャリッとした麻の質感は、まさに盛夏の素材に最適です。




汗がたくさん滴り落ちるほどの夏の暑ささえも、麻のスーツ(リネンスーツ)麻ジャケット(リネンジャケット)を身に着けただけで幾分和らいでくるから本当に不思議です。


しかし、気になるのは麻に付き物のシワの存在です。


「麻は着たいけど、シワになりやすいのが、ちょっとねえぇ・・・」。なんておっしゃる人は結構いらっしゃいますよね。


暑い季節ならではの麻の風合い。その快適さを身体が知ってしまったら、シワなんて気にならなくなるほど麻の着心地に病み付きになりますよ。


シワを恐れず、皆さん一度はお試しになってみてください。




今回のお客様


裏地を極力無くした「アンコン」仕立て。


「アンコン仕立て」とははてなマーク


つまり中身がないという意味で、極力付属品をのぞいてジャケット自体軽量化を図り、軽く涼しく着こなすことをコンセプトとした仕立て。


肩パットも無くしたノーパットセットイン。


肩先もギャザーを入れた「マニカカミーチャ」。






背中だけのライニングも目網目模様のメッシュタイプ目


通気性抜群で、「ウォッシャブル」効果もあり音譜自宅で洗濯可能音譜のライニング。


盛夏には最良の仕立て上がり。


釦もめずらしい、牛の骨の「ボーン釦」。


味がありとってもクラシカルな雰囲気になります。



素敵な一着になりました。


その他の色柄はこちらまで







色々な要望を取り入れたオリジナルのリネンジャケットはいかがでしょうか。


「ウィリアム・ビル」コットンコレクションについての詳しい事はこちらまで
http://ameblo.jp/tailorwatanabe/entry-12124399956.html



リネンコレクションについての詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/linensuit.html


2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order




2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html





AD





2016年年春を迎えるにあたって「テーラー渡辺」では、「エルメネジルドゼニア」「トラベラー」を特別企画として本日から格安にてお仕立ていたします。


「エルメネジルドゼニア」「トラベラー」特別価格にてお仕立ていたします。の詳しいことはこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/ermenegildzegnespecialpricetraveler.html




エルメネジルド ゼニアの最高級オーダースーツ生地、オーダージャケット生地で最もポピュラーなマテリアルである「トラベラー」。



残り物のキャリーものではなく今年仕入れた新しいコレクションです。




今回の色柄は全部で22種類。


特別価格のためオプションは全部頂きます。品数は少量となっており、品切れ次第終了とさせて頂きます。








「エルメネジルドゼニア」「格安」企画、この機会をどうぞお見逃しなく。



お問い合わせのご連絡お待ち申し上げます。


「エルメネジルドゼニア」トラベラー」は

整理工程において、高度な防皺・摩擦加工を加える事により、機能性を高めており、出張などの際にできた皺も一晩ハンガーにかけておけば翌朝回復しやすい素材となっております。




2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order  



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html  


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410  


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行) http://www.tailorwatanabe.com/index.html  




AD



本日は西ヨークシャー州の有名マーチャントブランド「ベイトマン・オグデン」のご紹介。


「ベイトマン・オグデン」の詳しいことはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/batemanogudenmatyanto.html




ベイトマン・オグデン社の歴史は1881年、ベイトマン氏とオグデン氏によって英国服地生産の中心でもあるヨークシャー州ブラッドフォードにて新しい服地業を始めました。


贅沢なスーツ服地を扱う上質な服地商社の1つとして世界中で有名になることなど、130年前に創業した彼らからは想像できなかったことでしょう。


今日、審美眼のあるお客様に上質な服地を提供し、選び抜かれた服地の種類の幅広さや、より良いサービスを提供できるよう努めています。

特に英国製の服地に特化しており、ヨークシャー州にある優秀な服地メーカーとの友好な関係を築いていることで、伝統を重んじ、その中に先進的なデザインを取り込みながら上質の服地を常に提供できるようにしています。




「ベイトマンオグデン」「パナッシェ」に関しての詳しい事はこちらまで http://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanogdenpanache.html

「ベイトマン・オグデン」「パナッシェ」コレクションは280gmsの100%ウーステッド、平織りの軽く通気性に富んだ盛夏用スーツ素材です。


この素材から作られた糸は強く撚られ、特殊な加工が施され、張りと腰を持たせ驚異的な復元力を持っています。


強捻糸(きょうねんし)を使用した事により夏物独特の皺のなりやすさを克服。盛夏用スーツ地としては最適なマテリアルです。


色柄はフォーマルに使えるブラックからアクティブなスタイルで仕立てられる大胆な大柄ストライプ柄まであらゆるビジネスシーンに対応可能なスタンダードなものを数多く取り揃えました。


夏のワードローズに一着は欲しいスーツ地の色柄が満載です。「ベイトマンオグデン」「パナッチェ」コレクションでオーダースーツを仕立ててみませんか。




「ベイトマンオグデン」「モヘヤ」に関する詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanmohaircollection.html


「ベイトマン・オグデン」の「モヘア」コレクションのご紹介。張りとこしがあり、独特な風合いのあるモヘヤの魅力が詰まったコレクションです。


通常モヘアは世代によって夏物の定番素材でもあり、目新しい素材でもあります。

真新しく映る若い世代のお客様向けにスタンダードでのモヘア入門編としてご用意致しました。

貴重なキッドモヘヤ混からピリング(毛玉)が起きにくい最新素材トレビラ混のものなど現代的でありながら素材のよさを身にまとえるコレクションです。

「ベイトマン・オグデン」「モヘア」コレクションを着てこの猛暑の夏を涼しく過ごしましょう。





「ベイトマンオグデン」「シンフォニー」に関しての詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanogdensymphny.html


「ベイトマン」「シンフォニー」はヨークシャーの恵まれた軟水を使ったスーパー100s'メリノウールのスーツ地コレクションです。


長年の伝統で培ったフィニッシング加工を施しており、今までにない特別な風合いを兼ね備えております。


軽量で現代のトレンドを反映したこの「シンフォニー」は一年を通して快適にご着用頂ける服地です。

この服地の持つ抜群のハリとコシによって実現される仕立て上がりの美しさと、優れた回復力は高い評価を受けております。


ベイトマンオグデン」「シンフォニー」コレクションでオーダースーツを仕立ててみませんか。



「ベイトマンオグデン」「ファイン&ダンディ」に関してkの詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanfinedandyjacketiongcollection.html

「ベイトマン・オグデン」「ファイン&ダンディ」は名前通り、身にまとうすべてのものにこだわりを持ったダンディな紳士に勧めたいジャケットコレクションです。


ウィンドペーン、グレンチェック、ブラックウォッチとバラエティ豊かなチェック柄ばかりで、英国を感じられるスタイリングになります



2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html






AD



本日のお客様


スーツの聖地「ロンドン・ボンドストリート」の一角にある、有名老舗マーチャント「ウィリアムビル」から「ファイン・アイリッシュリネンズ&ピュア・コットンズ」コレクションからアイリッシュリネンスーツをご注文。




夏の代表的な服といえば、やはり麻(リネン)ですよ。



通気性に一番優れ、着た時にはさっぱりとした感触を肌に与えてくれるシャリッとした麻の質感は、まさに盛夏の素材に最適です。



汗がたくさん滴り落ちるほどの夏の暑ささえも、麻のスーツ(リネンスーツ)麻ジャケット(リネンジャケット)を身に着けただけで幾分和らいでくるから本当に不思議です。


しかし、気になるのは麻に付き物のシワの存在です。


「麻は着たいけど、シワになりやすいのが、ちょっとねえぇ・・・」。なんておっしゃる人は結構いらっしゃいますよね。


暑い季節ならではの麻の風合い。その快適さを身体が知ってしまったら、シワなんて気にならなくなるほど麻の着心地に病み付きになりますよ。




シワを恐れず、皆さん一度はお試しになってみてください。


今回のコレクションは、その中でも、ヘビーウェイトで肉厚で他に類を見ないビンテージコレクションで時代に逆行する圧倒的名存在感を持った、麻本来の持つ風合いを楽しんで頂ける素材に仕上がりました。





ジャケットはもちろんのこと「リネンスーツ」には画期的な素材です。




アイリッシュリネンとははてなマーク

北アイルランド地方で栽培・収穫されたフラックス(亜麻アマの繊維名)を紡いで織られた、しなやかな繊細な質感を持つ最高級リネンです。



イギリス王室御用達の最高品質リネンとしても知られる。


リネンは「柔らかく、さらりとした肌触りで、吸水性・発散性・速乾性に優れた高機能が特徴の天然素材」。で、その中でも最高峰。



しかも艶があり金色っぽい色が特徴で「ゴールデン・アイリッシュ」とも称される。








「カントリーウェア」の名門らしい高いクオリティーと豊かな色調で、明るい季節の初夏からの装いが音譜楽しくなりそうですよ音譜


「ウィリアム・ビル」コットンコレクションについての詳しい事はこちらまで
http://ameblo.jp/tailorwatanabe/entry-12124399956.html



リネンコレクションについての詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/linensuit.html


2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order




2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html













本日は有名ブランド商品「ロロピアーナ」「ジランダー」&[ゼニア」「クールエフェクト」「ヘリテージ」「ウール&シルク」を超特別価格にてお仕立ていたしますの企画はいよいよ明日までとなりました!!


超格安価格、シングル上下オーダープライス¥68000(税¥73440)

着数は各3着ずつで品切れになりましたら終了させて頂きます。


特別価格なのでオプションは頂きます。


ご連絡頂いてから約10日以内に御来店になれる方のみとさせて頂きます。







ロロピアーナ社からお勧めするコレクションは【ジランダー・スーパー130s'】「ZELANDER」です。


「ロロピアーナ」「ジランダー」はオーダースーツ業界では最もポピュラーで人気のある、艶が良くて肌触りもデリケートで着心地の良いコストパフォーマンス抜群の機能性豊かな最高素材です。


ロロピアーナのジランダーZELANDER」は、素材に繊維が長く耐久性に優れるニュージーランド産メリノウールの中から格別に白くて綺麗な原毛を厳選し織り上げています。


ロロピアーナは、この選りすぐりの素材に対して、独自に開発されたスピニングという織りの特殊技術を加えることで更なる質の向上に成功し、より力強くしなやかで軽やかな素材となっています。


こちらでオーダースーツとしてお仕立てすれば、軽い着心地としなやかな肌触りできっとご満足いただけると確信しており、当店一番のお薦め品です。









エルメネジルド・ゼニアが毎年、夏の定番商品オーダースーツ生地が「クール・エフェクト」です。


「クール・エフェクト」の生地は細さ17ミクロンのオーストラリア産ウールを原材料としてつくられ、生地の染めと仕上げの段階で特別なトリートメントが施されています。



そのことにより真夏の太陽の下、スーツを纏う際、生地の表面温度を10度(ゼニア社での実験により算出)下げることを可能にいたしました。


これにより外気温が40度の場合でも、体感温度はそれ以上に涼しく感じられます。





「ロロピアーナ」「ウール&シルク」は最もラグジュアリーなマテリアル。


肌触りが良くて落ち着いた輝き。






オーダースーツを仕立て始める初心者の方には最高のマテリアルかと存じます。



どうぞこの機会にご注文なさることをお勧めいたします。


2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order






2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html







本日は「ベイトマン・オグデン」「ファイン&ダンディ」ジャケットコレクションのご紹介。


本日は「ベイトマン・オグデン」「ファイン&ダンディ」ジャケットコレクションについての詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanfinedandyjacketiongcollection.html




「ベイトマン・オグデン」「ファイン&ダンディ」は名前通り、身にまとうすべてのものにこだわりを持ったダンディな紳士に勧めたいジャケットコレクションです。


ウィンドペーン、グレンチェック、ブラックウォッチとバラエティ豊かなチェック柄ばかりで、英国を感じられるスタイリングになります。




20.5マイクロンの糸を2/2のツイルで紡績し280gms~310gmsに織り上げ、ソフトで暖かみのあるフィニッシュで仕上げた100%ウールのオールシーズン冬ジャケット地ファブリック。英国定番ジャケット素材のマットな表面感はスタンダードなジャケット地には最適です。







色柄はオールシーズンものらしくアースカラーを基調にタウン&カントリーをコンセプトに取りそろえました。



100%スーパー120ウーステッドのハイツイストの糸で織り上げた230/250gと軽量なジャケッティング素材です。


原料はオーストラリア大陸の南東にある高地で、住んだ清楚な水とそれを湛える多くの湖、自生する豊かなハーブで有名な牧畜が盛んなエリアで丹精に育て上げられたメリノ種の羊です。


その原毛は長く独特の縮れを持っているた為、紡績した糸は通常のウール素材より格段に温度と湿度の調節能力が非常に優れています。


独特の縮れは染色にも有利で特に淡色の染まり具合が綺麗で落ち着きもとても良く自然素材独特の光沢感が際立ちます。また若干のストレッチ性も持ち合わせる為、皺に対する復元力の高さも秀逸しています。

この17.5マイクロンの双糸をプルンネルウィーブで織り上げることにより細かい色柄も綺麗に表現出来ています。


合春素材としては勿論合冬素材としても適していますので、長いシーズンお召しになれるジャケットが仕立て上がります。




色柄は綺麗なチェック柄を中心にヘリンボーンと多岐にわたり織り上げました。、色目も綺麗な色の原色まで当店では取り揃えました。






100%スーパー120ウーステッドのハイツイストの糸で織り上げたラグジュアリーなウールに綺麗な光沢を放ち滑らかな肌触りを感じるシルクをブレンド。








これほどの上品な素材はないほどの素晴らしいジャケット素材です。


「ベイトマン・オグデン」「ファイン&ダンディ」ジャケットコレクションでオーダージャケットを仕立ててみませんか。


2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html





本日は西ヨークシャー州の有名マーチャントブランド「ベイトマンオグデン」「シンフォニー」のご紹介。



「ベイトマンオグデン」「シンフォニー」に関する詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/batemanogdensymphny.html


「ベイトマンオグデン」「シンフォニー」はヨークシャーの恵まれた軟水を使ったスーパー100s'メリノウールのスーツ地コレクションです。


長年の伝統で培ったフィニッシング加工を施しており、今までにない特別な風合いを兼ね備えております。


軽量で現代のトレンドを反映したこの「シンフォニー」は一年を通して快適にご着用頂ける服地です。



この服地の持つ抜群のハリとコシによって実現される仕立て上がりの美しさと、優れた回復力は高い評価を受けております。


ベイトマンオグデン」「シンフォニー」コレクションでオーダースーツを仕立ててみませんか。
















2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html







本日のお客様


遠く関西からわざわざ御来店なさった、とってもありがたいお客様。


「アリストン」「4スタジョーニ」からチョイスしてオーダースーツをご注文。





アリストン】から出されている4stagioni(スタジョーニ)はオールシーズン着ることが出来る、合物素材。【アリストン】の中でも得意としているツイル織り。




ツイル織りとは?
ツイル織りとは、斜文織りとも言いまして織物の三原則(基本となる3つの組織)のひとつで、斜めに畝(うね)がミル組織のことを言います。


ツイルという場合は綾目のはっきりした織物を言います。特に【アリストン】から出されておりますツイル織りはダブルツイスト。



つまり縦糸が双糸は勿論、横糸が本来単糸が多いようですが双糸で織っておりますので、しわになりにくく丈夫で、ツイル織り独特の表面の綺麗な光沢のある艶、そして肌触りの良さは絶品です。


見た目が小粋でおしゃれな色柄が多いです。【アリストン】の中でこちらのコレクションでオーダースーツをお仕立てすればとても素敵な1着になることでしょう。


今回のお客様




ベスト付きのスリーピースをご注文。


ベストのデザインはめずらしくダブルブレステッドのベスト。





ダブルのベストは注文なさる方は数少なくめずらしいですが、品格もあり、ややクラシカルな雰囲気を持ちます。


三つ揃えでかっこよく決めましょうよ。





2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html









本日は「ホーランド&シェリー」「ラグジュアリーモヘア」のご紹介。


「ホーランド&シェリー」「ラグジュアリーモヘア」コレクションの詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/hollandsherryenglishmohair.html




「ホーランド&シェリー」「ラグジュアリーモヘア」は 310gmsの70%のウーステッド&30%モヘアと230gmsの60%サマーキッドモヘア&40%スーパー120s'ウーステッドの2品質で構成された高級夏物スーツ素材です。




モヘア世代によって夏物のイメージの方が強いかもしれません。その独特の硬めのシャリ感がハイツイストのウーステッド素材と違い、仕立て映えして皺に強い素材です。




目付以上に重さを感じてしまうことや独特の光沢感をもつ為好みの分かれるスーツ地ではありますが、素材自体は高温多湿の日本の夏には最適です。



色柄は「ホーランド&シェリー」らしく、盛夏用といってもあまりライトカラーに拘わらず、あらゆるビジネスシーンに対応可能なスタンダードなものを多く取り揃えました。夏のワードローブに一着は欲しいスーツ素材です。







2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order




2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html






本日は「ホーランド&シェリー」「イングリッシュモヘア」のご紹介。


「ホーランド&シェリー」「イングリッシュモヘア」の詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category2/hollandsherryenglishmohair.html


「ホーランド&シェリー」「イングリッシュモヘヤ」スーパー100s'ウーステッドに20%サマーキッドモヘアを混紡した糸で織り上げた230mgsの盛夏用スーツ地コレクションです。


この素材はホーランド&シェリーの長年に渡る定番素材のひとつですが、近年モヘア素材の需要は世界的に減少しており、婦人の冬物に使う紡毛のものも含め、紳士のスーツ地にウールと混紡できる原毛自体が少なくなってきています。





加えて糸自体を生産できる紡績工場や張りのある特殊な糸を巧く織り上げられる織り元も限られてきています。


イタリアや高温多湿のアジアではまだまだ夏素材として人気のあるモヘア混のスーツ地ですが、張りのある素材感と独特の光沢感に対する好みが分かれてきているのが現状です。







残念ながら近い将来にはモヘア混のスーツ地は希少なものとなるかもしれません。色柄は「ホーランド&シェリー」らしく、盛夏用といってもあまりライトカラーに拘わらず、あらゆるビジネスシーンに対応可能なスタンダードなものを多く取り揃えました。


夏のワードローブに一着は欲しいスーツ素材です。











2016年フリーペーパー「rozirozi」に当店が掲載されました。詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order



2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html


「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html