1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年03月28日(水)

富士見の「丘」ならぬ富士見の「道路」

テーマ:仕事のこと

急速に春めいてきた。高知では桜が満開だそうである。先日の日曜日に駒沢オリンピック公園に散歩に行ったときの桜はまだすべて「つぼみ」の状態だったが、今週末からは咲き始めそうだ。


さて、我が家から歩いて1分のところに、富士山を眺めることのできる「丘」ならぬ「道路」がある。といっても、今のような乾燥して空気が澄んだ冬場から春頃の季節だけであるが、完全な平地にもかかわらず、世田谷区の住宅街から富士山が見えるのだ。


通常はありえないことである。マンションの10階に住んでいるならまだしも、地平線上では何か建物の陰となって到底見えることはないのだが、駒沢から弦巻の方面へ向かって一直線にのびている道路(幹線道路ではなく、住宅街を通り抜けるための道路)は、何ら視界を遮るものがなく、晴れて乾燥した日には雪を戴いた富士山がくっきりと見える。


今から8年前、この地に引っ越してきた時にすぐに気がついた。初めて見たときは信じられなかった。あれから8年たったが、未だに遮るものが何もない。別にこの道路が「富士見の道路」として有名であるわけではないが、地元の人なら大概知っているはずである。


「世田谷駒沢、静域の至邸」 ―。

我が家から徒歩1分のところに新しくマンションが完成することになり、その広告にも「現地付近から富士山を望む」というキャッチフレーズが写真とともに紹介されていた。これはマンションの販売会社の人が気がついて驚き、掲載したものに違いない。そういえば、先日もケータイで写真を撮っている人がいるのを見かけた。


こういう記事を書きながら、肝心の写真を掲載するのを忘れた。というか、あまりにも日常のことなので写真を撮ったこともないのだが。


いつまで富士見ができるのか、気になるところだ。


太田忠の縦横無尽 2012.3.28

『富士見の「丘」ならぬ富士見の「道路」』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年03月14日(月)

激甚災害の混乱の中で

テーマ:仕事のこと

3月11日午後2時46分 ―。


私は机の上で仕事をしていた。一瞬、ぐらりと来たので、すぐに地震だとわかったが、その感触は通常と異なっていた。全く地面がなくなってしまった感じなのだ。すぐに激しい横揺れが。「関東大震災が来た」ととっさに頭に思い浮かぶと同時に「この世の終わりが来た」と感じた。


時間が経過するにつれ、被害の状況は誰も見聞したことのないほど甚大なものであることが判明。現地でまだ取り残されている方々、避難生活を強いられている方々への迅速かつ適切なサポートを願うばかりである。そして、命を落とされた数多くの方々には同じ日本人として心から哀悼の意を表したい。


電力の供給問題や、交通機関の乱れ、その他もろもろにおいて東北および関東地方においてこれから当面の間不自由が続くと思うが、現況を受け入れてベストの行動することである。今は非常時である。愚痴や文句を言っても仕方あるまい。


3月12日に太田忠投資評価研究所は2周年を迎え、3年目に突入した。着実に前進する経営を積み重ね、弊社としても微力なりにも社会に貢献できるビジネスをおこなっていきたいと思う。


後ろ向きの考えはシャットアウトして、今できることをしっかりとやっていくことが重要だ。


太田忠の縦横無尽 2011.3.14

『激甚災害の混乱の中で』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年02月03日(木)

太田忠投資評価研究所の株主総会を今年も節分の日に開催

テーマ:仕事のこと

今日は「節分の日」


節分とは、読んで字の如く「季節を分ける」という意味を持ち、春夏秋冬の各季節が始まる日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日を「節分」と呼ぶ。ただし、江戸時代になってから「節分の日」は立春の前日を指すのが恒例となり、現在の暦上の記載に至っている。季節の変わり目は邪気が起こりやすく、それを祓うために「鬼は外、福は内」とやる。


ちょうど1年前のブログ の最後に私はこう書いた。

「来年の株主総会も縁起の良い2月3日の開催といきたいものだ」


約束通り、昨年に続いて太田忠投資評価研究所株式会社 の株主総会を本日午前9時より開催し、無事終了した。


弊社は上場会社ではないため、株主総会といっても株式を保有する役員だけが参加しておこなうこじんまりしたものだ。議事進行をスムーズにするために会場の最前列に陣取ったサクラの社員もいなければ、株主総会想定問答集もない。実にシンプルで、邪魔者もなく自分たちの意志が100%反映された総会となる。…あ、同じことを昨年も書いたか。


今年の株主総会の議題は2つのみ。ひとつが2010年12月期の決算確定、そしてもうひとつが今年度の役員報酬額の決定である。


決算確定については、弊社は未上場企業であるにもかかわらず月次決算をしているため、1月初め頃にはすでに年間の決算数字がほぼ固まっており、最後に売掛金・買掛金・未払金の調整をおこない、最終チェックを会計事務所にやってもらって2月1日には「第2期決算報告書」が出来上がっていた。


2009年度の第1期は実質9ヶ月決算で創業コスト負担が大きく赤字であったが、2010年度の第2期は大幅増収とともに黒字化し、営業利益率も13%とまずまずの収益力をつけることができた。もちろん我々の努力もあるが、これもひとえに弊社に厚い信頼を寄せていただいている皆様のおかげである。御礼申し上げたい。


役員報酬に関しては改定をおこない報酬額を引き上げた。株主が経営陣だけの場合、役員報酬の決め方は基本的に自由だ。これが会社勤めのサラリーマン時代と決定的に違うところであり、自分たちの報酬額を自分たちで決めることができる。もちろん、責任の大きさは単なる雇われのサラリーマンと比べると比較にならないほど重いが、自分が稼いだものを会社に理不尽にピンハネされることなく、自分たちに反映させることができるのだ。これは大きい。まさに、「自分の人生は自分で決める」というのを地で行く感じである。

さて、第3期もさらなる飛躍をはかり、顧客にますます喜んでいただける経営をおこなっていくことが私の責務である。


明日は立春。新たな季節が始まる。



太田忠の縦横無尽 2011.2.3

『太田忠投資評価研究所の株主総会を今年も節分の日に開催』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>