サイト売買のサイトストック

2005年10月04日

判決文---全文---

テーマ:判決

10月1日(土)の昼……。

簡易裁判所から最後であろう書留(配達記録)が届いた。


判決の正本である。


判決を言い渡しで聞いているので、随分安心して開封。



随分と粗悪なA4の藁半紙である……。


全部で7枚。

両端をホッチキスで留め……その真ん中に複製防止の「裁」の文字のパンチ……。



ここからが判決正本の全文である。



------------------------




平成17年9月25日判決言渡  同日原本領収  裁判所書記官


平成17年(ハ)1345号 損害賠償請求


口頭弁論終結日  平成17年9月17日



判    決



クジラ県カツヲ市サンマ区メダカ町1-2-34モロコアパート303


        原告        川畑 カズオ


クジラ県カツヲ市サンマ区メダカ町1-2-12


        被告        山田 タロウ


主    文



1 原告の請求を棄却する。


2 訴訟費用は原告の負担とする。



事 実 及 び 理 由



第1 請求の趣旨(原告の請求)


  1 被告は原告に対し、110万758円及びこれに対する平成17年4月27日から支払済みまで

    年5パーセントの割合による金員を支払え。


  2 訴訟費用は被告の負担とする。


第2 事案の概要


  1 請求原因(原告の主張)


   (1) 被告は遅くとも平成17年1月27日から同人住所地で別紙写真の猫(以下「本件猫」という。)を

       占有して飼っている。


   (2) 原告は平成17年1月27日から被告住所地の南側に隣接する駐車場に所有する自動車

       (登録番号 カツヲ333カ1234) (以下「本件自動車」という。)を駐車している。


   (3) 本件猫は、平成17年1月27日ころから平成17年4月27日までの間に本件自動車の上に

       たびたび登り、その爪で本件自動車に傷を付けた。


   (4) これにより、原告は本件自動車修理代金相当額である110万758円の損害を被った。


   よって、原告は被告に対し動物の占有者の不法行為責任として110万758円及びこれに対する

   平成17年4月27日から支払済みまで年5パーセントの割合による金員の支払いを求める。


  2 被告の主張


   請求棄却の判決を求める。


   請求原因事実中、原告が数ヶ月前からその所有する本件自動車を原告主張の駐車場に

   駐車していたこと、被告が猫を飼っていることは認めるが、被告の飼い猫が本件自動車に

   傷を付けたことは否認する。被告が飼っている猫は本件猫とは別の猫である。その余は知らない。



第3 争点及び当裁判所の判断


   中心的争点は、被告が本件猫の占有者と言えるか否かである。


  1 甲第3号証の1から15まで、甲4号証、証人引田マモル、同山本カズエの供述及び原告本人の

    尋問の結果によれば、次の事実が認められる。


   (1) 平成17年1月27日から同年5月ころまでの間に、多いときには週3,4回程度少なくとも

       週1回は本件猫が本件自動車の屋根の上、本件自動車の下、本件自動車が止めてある

       駐車場のコンクリートの上等で寝ているところが目撃されていた事実


   (2) 証人引田が同猫を追い払うと、2回に1回程度は、隣接する被告宅にその開け放しになっている

       サッシの窓から逃げ込んだ事実


   (3) 本件猫は被告宅の1階駐車場に面した部屋に置いてある猫の餌箱の餌を食べているところを

       証人引田が4,5回目撃している事実


   (4) 証人山本が原告の相談を受けて、原告とともに本件自動車が止めてある駐車場に調査に

       出向いた際にも本件猫が同駐車場におり、やがて、被告宅の駐車場に面したサッシの窓から

       被告宅に入り、1階駐車場に面した部屋に置いてある猫の餌箱の餌を食べた事実


   (5) 本件猫は、人に慣れており、首輪をしているなど、飼い猫らしい立ち振る舞いで合あった事実


  2 しかしながら他方、甲第3号証の1から15まで、甲第4号証及び甲第11号証並びに乙1、2号証

    及び第4号証並びに被告本人尋問の結果によれば、


   (1) 被告宅では本件猫とは別個の猫を飼っていた事実


   (2) 前記の被告宅の部屋の餌は、その猫に食べさせるための餌である事実


   (3) 被告は、本訴訟前の平成17年5月27日に原告から本件猫が本件自動車を傷付けているとして

       別の訴訟を提起され、初めて原告が被告に対して損害賠償を求める意思を持っていることを

       知ったが、それより前の平成17年2月14日に、カツヲ市保健所に対して本件猫を迷い猫として

       その保護について届け出ていた事実


   (4) 被告自身も本件猫が被告宅1階の部屋で飼い猫用の餌を食べるのを週1、2回くらい目撃し、

       その都度家から追い出していた事実


   (5) 本件猫が入り込む1階の部屋の奥には業務用の冷蔵庫があり、その熱を発散させるために

       同部屋の駐車場に面した窓は開け放しにしている事実


   がいずれも認められるのであって、前記1の事実を持ってしても被告が本件猫の占有者であると

   認めるに足りず、ほかに被告が本件猫の占有者であることを認めるに足る証拠はない。


  3 なお、善解すれば、原告は、被告が、本件猫がしばしば自宅に入り込んで被告の飼い猫の餌を

    食べていることを知っていながら、その都度追い払う以外に出入り口となっている窓を閉める等の

    適切な対策を講じておらず、半ば本件猫が被告宅に入り込んで餌を食べるのを放置していたとして、

    被告に対し、一般不法行為の責任による損害賠償を求めるかのごとく解される。


    なるほど、証拠によれば、これらの事実が認められ、被告自身も猫を飼っており、猫の習性を

    熟知していたことを併せ考えると、一方で自分の飼い猫でもない猫に餌場を提供するかのごとき

    状況を放置しながら、他方でその猫が周囲に与える迷惑については考慮しようとしない被告の

    態度は、動物を飼っているもののマナーとしてはいささか無責任な態度であると言える。


    しかしながら、他に特段の事情がない限り、前記の事実があることをもってそれが直ちに

    不法行為としての違法性を有するものであると評価することはできない。本件においては、

    特段の事情を認めるに足る証拠は認められないのであって、結局、前記の事実によって

    被告の不法行為責任を問うことはできない。


  4 以上によれば、その余の点について判断するまでもなく、原告の請求は理由がない。




                     カツヲ簡易裁判所

                                   古畑   ショウイチ



------------------------



そして一番最初の訴状に添付されたシロクロの車に乗っている写真が4枚。ウチに上がっている様子が2枚



------------------------



こ れ は 正 本 で あ る 。


平成17年9月25日




      カツヲ簡易裁判所



                    裁判官書記官         北川   マサル



------------------------



いわゆる「お墨付き」である。





とりあえず私の感想


前半は事実のとおりなので申し分ない。


出来れば「女の子」の件と証拠調べが粗雑な点を入れて欲しかった。



裁判官の心象は「3 なお、善解すれば~~~」からの様子であるが……

ワタシなりに解釈すると


「100歩譲って原告よりで考えて……被告のネコマナーは悪いけど……だからと言って

シロクロを飼っているとは言えんだろ……。それ以上の証拠も事実も無いんだから……。」


と言ったところであろう。



ワタシ100歩譲って少々怒られた様子である。




最後の「その余の点について判断するまでもなく」に

「それ以上は調べる必要も話すことも無い」ってのが凝縮されている。


濃縮還元200%である。


川畑が控訴した場合……この200%は本件以上に大きな壁である。





以下次号。

AD
いいね!した人  |  コメント(104)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

104 ■観客2

上の意見に賛成です。
カワバタ氏は普通の人ならこういう行動をとるはず・・という期待通りにはいかないように思います。つまり想定外の行動をとるタイプに思えます。まさかそんな馬鹿なマネはしないだろうとタカをくくってると取り返しがつかない二次被害にあってしまわないだろうかと第三者から見て心配です。通りすがりの観客2でした。
私のサイトにリンクさせてもらいましたので念のためご報告しておきます。

103 ■無題

 いつも楽しく読ませていただいています。まずは、勝訴おめでとうございます。
 一観客から少しつぶやかせていただくと、カワバタ氏に対して訴え返しするのは、タロウさんにとっても不利益ばかりではないでしょうか?今回の裁判でもわかったとおり、金銭と時間と労力を費やして勝っても得られるのは、とうていペイする金額ではありません。それは訴えて勝ったとしても同様です。
 名誉回復という意味でも懲罰という意味でも、今回のカワバタ全面敗訴判決で充分だと思います。なにもこれ以上タロウさんが身を削る必要はないのではないでしょうか?
 確かにカワバタ氏の行動、言動すべて腹が立つ事ばかりですが、これ以上この基地外に深入りしてもロクな事にならないと思います。
 まだ控訴するかどうかわからないということなので、何とも言えないのでしょうけれど、このままこの判決が確定するのが、タロウさんにとって一番ハッピーな事だと思います。
 一観客のつぶやきでした。

102 ■びっくり!

したね~。
どんな猫なんだろう?
書き込む場所違う気がするけど、内飼いか外飼いか自由飼いか?なんて言ってられないね。

101 ■猫怖いよ、猫

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051008dde041040071000c.html

100 ■タロウさんはO型かなー(自分大好き?)

裁判官の心証として「100歩譲って原告よりで考えて・・・」ではないと私も思ったなー。裁判官はすこぶる冷静で客観的で中立だと思いました。
文面を読んだ感じでは
『カワバタくん。アンタ裁判舐めちゃいかんよ。食べてますばっかりでもー。そしてタロウくんもタロウくんだよ。こんなバカげた訴えなんて千円くらい払って取り下げてもらえばいいでしょう。自分は悪くないのになんで!って気持ちもわかるけど、裁判にかかる時間をお金にかえたら千円じゃすまないでしょう。自分のペットじゃないからって胸はって反論してたけどさー。写真やらビデオやら書類もたくさん・・・。いい大人が弁護士&探偵ごっこしないの。だいたい、家の中をシロクロがうろうろしてんのを見てんのはカワバタくんだけじゃないし、それの証人は確実に二人いたんだから。カワバタくんがアンタが飼い主だと思うのは全然不思議じゃないわけよ。やり方によっちゃアンタ負けてたかもしれないんだからね』
と読めました。

99 ■そーぞーりょく

原告よりだとか、控訴による逆転勝訴の可能性を示唆しているか、あるいは、原告へや被告へのメッセージだとかなんとかって・・・みなさんなんともソーゾーリョクの豊かなことで・・・。
第3-3は判決を補完するための文言としか読めませんが・・・(私は、法律・裁判の知識はありませんが、日本語として、べすぱさんと同じに読みました。)。

ところで、タロウ氏はこの判決を弁護士の浦野さんには報告したのだろうか?浦野弁護士のご意見やいかに・・・?

(裁判についてのおもしろいコメント増えないし、ミドリちゃん談義もつまんないので、余計なコメントしてしまいました。)

98 ■続きそう^^;

 わざわざ裁判官が第3-3を付け加えたせいで、川畑氏が「裁判官は俺の味方みたいだ。上告すればいける!」って考えちゃいそうな気がします。
 偏見ですが、川畑氏は自分に都合の良い所しか読まなそうな気もしますし・・・

97 ■無題

>動物を飼っているもののマナーとしてはいささか無責任な態度であると言える。

100歩譲らなくても怒られてますね。
裁判官もこのブログ読んでるんでしょうね。

96 ■無題

善解すれば~の部分って

「食べてます、食べてます」しか言わなかったから負けたけど、
それ以外のことを言えば勝ちって判決したかもよ?

っていうように読めるんですがどうですか。
控訴するなら「食べてます」以外の主張をしなさいというアドバイス。

95 ■私も乗り遅れつつ

タロウさんお疲れ様です。

判決3-3って
原告の立場でこれだけ考えてみたけれど
それでも被告に責任を問う事は難しい。
原告の意見を充分考慮した上での判決なので
納得はいかないだろうが、これで納得して頂きたい。
という感じに敗訴側を納得させるための記述だと思いました。
なので私はタロウさんが怒られたわけではないと感じたのですが…
でも自分で怒られたと意識して今後に活かすのも良い事ですよね^^

94 ■ご注意

今後、ネコの云々に関する記述は「タロウと雑談」内のネコは外飼い?自由飼い?でお願いします。

このコメント以降のそれに類する書き込みは削除いたしますので予めご了承ください。

93 ■お疲れ様です。

すごいたくさんのコメントだな~

読んでいて思ったことは、昔は野良猫がうろついて家の中でご飯食べていようが、マナーがどうとかの問題にまでならなかったろうにな…ということ。

人が多い都会は、いろいろ大変だね。
ウチなんて未だに鍵なんて夜でも掛けないよ。

92 ■無題

乗り遅れたかな。

裁判官が敗訴側の主張を「善解」し、判決文に併記するのは珍しいことではないです。

特に今回のような当人裁判の場合、敗訴側の説明能力の欠如や訴訟能力の稚拙さが原因で、不利な判決に至ることがままありますので、そのあたりを警戒して予め「裁判官としては、ここまで考えました」という意志表示をしておくわけです。

特に裁判官として懲罰的訓示的意図があったのかといえば、特段にそう判断すべき要素ではないように思います(そういうの大好きな判事さんは口頭で言うんではないでしょうかね。山室さんみたいに。)

91 ■あらマヌケなやつがいる

>猫やら飼い主に文句を言う前に自衛に励みなさい!

泥棒に入られても泥棒が悪い訳じゃなく、鍵をかけなかった本人が悪いってことですか?
あくまでも悪いのは侵入した方ですよ。

90 ■無題

ネコの嫌がる臭いグッズ買ってきたりいろいろ対策しました。でも庭が広すぎて効果なしです。「たまにトイレ代わりにされるくらい我慢しろ」なんて書いてるバカがいますが、うちは毎日被害に遭ってます。飼い主に苦情も言いましたが、「ネコを見かけたら水をかけて追い払って下さい」としか言いません。
ネコって一度嫌な目に遭うと学習するって聞いたので、うちの敷地で毒入りエサを食べたら「あの家はヤバイ」って学習しませんかね。

元はといえばネコエイズ等の危険やよその家に迷惑をかけることを想像できないバカ飼い主が悪いんですけどね。
室内飼いしてる、マナーのきちんとした飼い主さんに不快な思いをさせたとしたら謝りますが、外飼いするバカがいなくならない限り「自由に外を歩くネコ=害虫」のスタンスを崩しません。

89 ■守れてるよ (^^

>自分の縄張りを守れなかった動物ごときが何を言っておるのだ。

マーキングしてるんですもん。縄張りは守れてますよ。

>自衛の結果が毒餌

『動物ごとき』とおっしゃれる位な人間にしちゃ情けない結果だね。
せめて猫のマーキングより『高等』な手段で自衛できないとねぇ。

と書いてみたり

88 ■動物ごときが

自分の縄張りを守れなかった動物ごときが何を言っておるのだ。
間違って毒を食らうようなのはたしかにまぬけやろうだが。そんな子供をほったらかす親が・・・最近増えたような??
自衛の結果が毒餌であるならよいのだなw

とか書いてみたり

87 ■なんか勝手に人間が言ってるよ

「家の庭で用を足されて困る」だって?
「毒餌を撒くって」って?
猫の縄張りに勝手に庭やら家を作っておいて、何を勝手な事言ってるんだ?

撒いた毒餌を人間の子供なんかが間違って口にでもしたらホントマヌケだね。

飼い猫だろうが野良猫だろうが我々猫は人間が勝手に作ったルールの外で生きるよ。

猫やら飼い主に文句を言う前に自衛に励みなさい!

86 ■李下に冠を正さず

って諺皆さんご存知ですよね?
タロウさんは散々「自分にはまったく非はない」と仰っていますが、疑われる原因の一部をつくってはいるわけです。
判決文にあるのもこういうことじゃないんですかね?
示談を薦められたときにも「貴方にもまるっきり非が無いわけじゃない」みたいなことも言われていましたし。

あと、猫の外飼い云々ですが、猫が庭に入って多少用を足したくらいで憤慨している人はちょっと気持ちに余裕を持ったほうが良いんじゃないかと思います。
まあ、気持ちはある程度理解できますが、その程度のことで毒入り餌とか言い出すのは常軌を逸しているかと。
そのうち「子供が騒いでうるさいから植木鉢を落とす」とか言うことに発展しますよ。
世の中、暮らしてゆくだけで知らず知らず多少の迷惑を他人にかけたりかけられたりしてゆくのもです。
あまり細かいことに目くじらを絶てて常に怒っているよりも、余裕を持って平和に暮らしてゆこうではありませんか。

85 ■だから、

あ さん
毒入りの餌が売ってるのか作るのか知りませんけど、うっとおしいというだけで=殺す方向はどうかと思いますが。
立ちションしてる輩に迷惑してる家が、した人間相手に毒撒くようなもんでしょが。
変でしょうか? さんや他の人も書いてるように、先になんらかの対策せんと、カワバッタと同じですわ。
NKIAさん
ゴキブリなどは害虫として分類されてます。そんなの保護してたら細菌ばらまいて
世の中人間住めなくなりますよ。
個人の倫理がまかり通る世の中じゃなくなってるからそういう法律が出来てしまったんでしょ。
確かに、動物愛護団体は過敏すぎてNOですが。

84 ■NKIAさんへ

タロウと雑談
3.ネコは室内飼い?外飼い?自由飼い?について
↑にふさわしい話題になってきたようですね。

 書いた私が言うのもなんですが、この法律ちょっと無理がある感が否めませんね。

83 ■網戸に

裁判官はニャン太がいなくなった後も、猫の進入を防いでいないことに関して、言っておられる気がします。
66番に書いてあります。

82 ■動物愛護法反対

> ■猫いじめないでね
> 動物愛護法だったかな?
> 懲役1年以下または100万円以下の罰金
なので”訴えられる”ではなく”取り締まられる”または”捕まる”が先になるとおもいます。

生類哀れみの令のような動物愛護法に反対します。
ネコは虐待しちゃ駄目なのに、ゴキブリ、ネズミ、羊、などは殺しても自由な訳ですよね。
そもそも人類のための法律で人間以外の特定の生物のみを極端に保護して、
人間を罰するなんて不合理です。

とかくと、生き物がかわいそうだのと動物愛護法を援護する方が出てきますが、
蚊もゴキブリの犬などと同じ生命体だということはご存知ですか?
動物を愛護したいなら蚊もゴキブリも殺さないで下さい。

自分が好きな特定の生物のみを守りたいという心理があるのは分かりますが、
それらは法律では無く各個人の倫理によって行うべきだと思います。

自分の敷地内に入ってきたネコの糞などに迷惑していても電流を流したり、
床にくぎを置いて浸入を妨害しただけでも
現在では動物愛護法違反として罰せられる可能性が高いのです。

実際に、知り合いにネコに困っていて浸入ポイントにくぎをおいたり、
敷地外に投げるなどで防衛してつかまった人もいますし。

現在、法律として存在するので動物愛護法は守るべきでとは思います。
しかし、不合理な動物愛護法に反対して、
廃止になるように働きかけたいとおもいます。

81 ■無題

判決が言いたいことは・・・
「なお、善解すれば」というのを「最大限、原告の立場で考えたとして」と置き換えると丁度いいくらいかと思います。

でも、たしかに原告の立場に配慮しただけにしてはキツイ言葉だよなぁ。「いささか無責任な態度であると言える。」の部分は「いささか無責任な態度に見えたとしても仕方ない。」ぐらいに止めそうなものだと思うけど。ま、何かあるんでしょう。裁判官も人間ですから。

結局は立証不十分で蹴っているので、立証を尽くせば認容できる可能性がないではないけど、立証は難しいでしょうね。私、ネコの所有者として争っているのかと思っていたら、占有権が争点だと書いているのを読んで、その時点で足元崩れていると思いましたもの。今日判決読んでそれが本当だったので、ちょっと驚きました。

タロウ氏にもちょっとチクリとされてますけど、ベースは「この訴訟は無理だよ」というメッセージかな。争ったら逆転できそうな場合には決して「善解すれば」なんて助け船、出しませんよ。

80 ■判決ひとつで。

皆さん、解釈がいろいろですね。日本には、法律って基礎授業があった方がいいのかもしれません。

判決の構成は、
1、原告の主張、事実、2、被告の反論、事実、 3、裁判官の判断 4、結論
となるので、3の判断については、裁判官は、判例を織り交ぜつつ、判断しますので、必要があれば、判決に直接関係のない部分も入れられます。

善解については、原告寄りと言うことではなく、「原告の主張を、めいいっぱい、拡大解釈して、判断をする」という形です。

裁判官の肩を持てば、猫の占有は、無理だから、不法行為で責めるのが妥当だが、特段の事情に値するような証拠を上げてこなきゃ、認めようがないよ。

と読むことが出来る。

79 ■善解

「文脈から適切に解釈してあげること」らしいです。

ようするに、原告の言ってること、不明瞭なんだけどこういうことでしょ? と言ってるのが「善解~解される」。

言ってる事に一理はあるかもしれないけど、それでも勝てないよ。と言ってるのが「なるほど」以降。

で間違ってますか?

78 ■あ さんへ

直接、苦情をいうと逆恨みされる恐れは確かにあります・・・
ので、匿名で手紙を出されてはどうでしょうか。

一回目 糞で迷惑している旨

(↓収まらない場合)
二回目 法的措置(はったりで充分)の検討を伝える

77 ■毒入り餌か・・

撒きたい気持ちはわかる。
動物好きだけど、庭に入り込まれるのは不快だもんね。
ただ、やばくないですか?
訴える人や絡む人がでてくる可能性があるような気が。

76 ■猫いじめないでね

 動物愛護法だったかな?
懲役1年以下または100万円以下の罰金
なので”訴えられる”ではなく”取り締まられる”または”捕まる”が先になるとおもいます。

75 ■理由なき訴え!?

私も「善解すれば~」以下は川畑氏に、
どうやっても敗訴&控訴するなメッセージだと思いました。

でも、それより「原告の請求は理由がない。」に爆笑!

判決文の常套句か独特の言い回しでしょうが、
そのままに受け取ると、川畑氏の訴えが
『理由なき訴え』だったみたいなんだもん!

74 ■あ さん

あぁ…確かにその気持ちは分かります。(気持ちはですよ)
でも、何か対策をされましたか?話合いとか?
いきなりなら、カワ氏と同じかと…

73 ■確かに

自分なら家にノラネコが入ってこれるような状態のままにはしておかないなー。
それ以前に正直飲食店でネコを飼ってること自体に抵抗がある。

72 ■のみさんへ

雑談その2に書いておきます。

71 ■無題

うちの庭をトイレ代わりにされてるのがうっとうしいので、
毒入りのえさを仕掛けるつもりです。
別に訴えられてもいいですよ。

70 ■無題

> 登録番号 カツヲ333カ1234
タクシーでつか??
軽自動車以外は平仮名が「あいうえをかきくけこ」の場合は緑ナンバー

69 ■無題

上のは私のです。慣れてなくて・・・。

68 ■無題

 三毛猫さんの書き込み前段に関してですが、本件において証明された事実においては、タロウさんがやったことは違法ではない。と言うほうが正確だと思います。
 後段については「4 以上によれば、その余の点について判断するまでもなく、原告の請求は理由がない。」の意味は、「まあこれ以外にもいろいろ証明されてない事実とか周辺事情とかあるだろうけど、そういうのは別に判断する必要ないと思うので、オレは原告の請求を認めないよ」てなとこだと思います。原告の請求は理由がない=本件で証明された事実では原告の主張を裏付けることができない、の意ではないでしょうか。

67 ■裁判官のお叱り

タロウさんへの少しのお叱りは、タロウさんが反撃にでるのを抑えるためだと思うのですが・・・

誰しも泥沼裁判はお互いのためにも良くないですよっていう意見に見えます。

66 ■のみさんへ

>前記の事実があることをもってそれが直ちに不法行為としての違法性を有するものであると評価することはできない。
(タロウさんがやったことは事実だが違法ではない。)

>その余の点について判断するまでもなく、原告の請求は理由がない。
(被害、つまり車の傷には言及していない。)

65 ■あ さん

>ちなみに私は外飼いしてるネコの飼い主ははネコに対してどんな危害を加えられても文句言うなよというスタンスです。

「さお」さんとは、違う観点から…飼い猫は、飼い主の所有物ですから、器物損壊にあたりますよ。
貴方の言い分だと、「車は有害な排気ガスを撒き散らす。鍵の掛かる車庫に入っていない車は、ぶっ壊されても」文句言いませんよね?

64 ■無題

>「特段の事情」があれば、判決の中心的争点である、「被告が本件猫の占有者と言えるか否かである。」
についてはタロウさんの「負け」となって、次の争点に移るのでしょう。

 そうではなくて善解以下の文では「あんたのネコじゃなくても不法行為責任が成立する場合があるよ」と言っているんであって、そこではそもそもネコの所有権は問題になりません。
 では何が問題になるかと言えば、たろうさんがノラ猫を呼び寄せる原因を作っていたかどうかです。間接的に被害をもたらした、といえるからです。ただ、実際にはたろうさんが直接関係してはいないので、それと同視できるくらいの「特段の事情」が必要なわけです。

63 ■そもそも

環境庁の見解『猫に餌をやっていても本人が猫の飼育を認めなければ飼い主とは認めない』を忘れてる人が多そうですね・・・
この件においては、「マナーとしてはいささか無責任」と「不法行為」の間には越えられない壁があると思うのですが。
それを前提に読めば・・・

>外飼いしてるネコの飼い主ははネコに対してどんな危害を加えられても文句言うなよというスタンスです。
と言ってる方がいますが、動物虐待は犯罪です。自分ルールで行動して訴えられても文句は言わないでくださいね。

62 ■無題

ね さんに全く同意です。
私も「善解すれば~」以下は川畑さんへの配慮かなと感じました。
タロウさんには、100%勝訴&完璧な配慮は難しい、気をつけましょう、
川畑さんには、100%敗訴&なだめ→控訴するな、裁判するな、するな・・・・・・
というメッセージに受け取れました。

61 ■川畑氏でも理解できるように

誰か裁判官の意図を汲んだわかりやすい文章に直してあげましょうよ

判決を見ても、川畑氏よ控訴しないでくれもう裁判しないでくれって言いたげなのが見て取れるので。

特段の事情を見つけてくれば今度こそ勝てるとか川端氏が判決よく読まずにに勘違いしてそうですごい怖い。

60 ■無題

 「善解すれば~」以下は実はすべて川畑向けの可能性もあります。
 訴訟で完全勝訴した側はいいですが、完全に負けた側はかなりむかつきますよね。感情的になってしまう可能性もあります。
 それに対して、勝った側にも悪い所がありますよとして、負けた側の感情をなだめつつ、そこをついても無駄ですよと言っているのでは?
 つまり、全部川畑に対する「ガス抜き」&「釘刺し」ではないかと思いました。

59 ■無題

勉強になりました。(´∀`)

58 ■無題

「特段の事情」があれば、判決の中心的争点である、「被告が本件猫の占有者と言えるか否かである。」
についてはタロウさんの「負け」となって、次の争点に移るのでしょう。
最初のハードルで躓いているので、カワバタさんの勝訴は遥か遠くですが。

そして、裁判官の「マナーが悪い」云々のところは、タロウさんにも
悪いところがあると、釘をさしているのだと思います。
周囲に被害がある・該当ネコが自宅に出入りしている、ということから
「疑われる可能性を認識」しつつも放置していると捉えられていると
思います。
つまり、仕返し裁判起こしても、「疑われるようなこと放置してたあんたも悪い」
と棄却されそうな気がしますね。

57 ■何だか…

突然タロウさん批判が増えた気が…?
このブログはそれこそ裁判所の中立の立場の人が書いているワケじゃないし、『主観的(客観的じゃないよね)』というのは的違いな気がします。
私も昔はイッパイ猫飼ってたんで、外飼い猫に対する意見は耳が痛いですが…

56 ■無題

「善解すれば~」以下は川畑さんの請求とは論理構成が違いますよね。つまりこれは「こういう風に相手がきたらあんた負けてたかもわからんですよ」という意味だと思います。
そこで「特段の事情」が問題になりますが、たとえば川畑さんや他の人が例の猫のことで苦情とか相談をして来たのに無視したとか、この訴訟のあとに何も対策を講じなかったりしたら認められるかもしれません。その他にもいろいろたろうさんに問題があることが必要でしょうが。ただ、裁判官はたろうさんにネコ害の原因の一端があると感じているようです。
たろうさんはいまいちわかってないようですが、今後川畑さんは執拗にからんでくるかもわかりません。「特段の事情」をつかむために。泥沼化しないことを切に願っています。

55 ■う~ん

タロウさんちの窓が開いていようが、ネコを外で飼っていようが、野良猫に侵入されようが、
なんでその件を注意しろと裁判官に言われなければならないのかがわからない。
タロウさんも悪いなんて、なんで?
(まあ、単に心証が悪かったって言うのならわかるが、それなら、なおさら、この件には関係ないじゃん!)

たとえば、タロウさんが、ネコが入ってきて困ると、ネコ飼い主を訴えたが、窓を開けて餌箱をおいているから、どっちもどっちだと言われるのなら理解できる。
でも、野良猫が車を傷つけられた。たぶんここんちのネコらしいと疑われたのは、窓が開いてたそっちも悪いなんて変な話じゃない?
それをいうなら、ほんとうにその野良猫が付けた傷かどうかも問題になるんじゃないのか?裁判官。

な~んだか、納得いかないな~。

タロウさんがシロクロをおいでいいでとよびよせたわけじゃなく、シロクロの方がよってきたのに、タロウさんに責任があるのか~。

う~~~ん。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。