「子どもを守る結城市民」のブログ

茨城県西地域から
ゆるゆるスタンスでできる事を継続していきます。
空気は読んでも流されない。

※皆さんにとって良い意見交換の場となれば良いなと思い県西地域メーリングリストを作りました。
参加希望の方はお住まいの地域、名前、登録希望のメールアドレスを記してtakalocachあっとgmail.comまで(あっと→@にして)メールください!

テーマ:
知る・考える・ドキュメンタリー市民上映会

9月の結城まちなかシネマ+α
https://www.facebook.com/yukicinema/

映画鑑賞と井戸端会議。持続可能な社会について知る・考える場を共有しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「フォークス・オーバー・ナイブズ
 – いのちを救う食卓革命」

https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=21
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

膨大なインタビューと科学的検証を通じて、”食”の常識に鋭く切り込む。
加工食品に偏った手軽な食生活。肉を食べないと力が出ないという思い込みなど、日常に潜む問題点に警鐘を鳴らし、食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする問題作。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命」
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=42
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「料理で世界は変えられる」 ガストンは言います。 “世界を変えられるのは、「できる」と信じて疑わない、情熱をもった人々だけだ。”
料理を武器に国を変えたひとりの料理人に迫る、壮大で美味しいドキュメンタリー映画。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●日 時:9月10日(土)
●参加費:1,000円(学生・子供無料)
●定 員:各回30名
※参加作品数によらず同一参加費となります※予約・当日参加共に定員に達し次第受付終了。予約は下記問合せ先まで。

□ 映画「フォークス・オーバー・ナイブズ – いのちを救う食卓革命」
14:00~15:40 ~ 休憩 + 井戸端会議 ~
□ 映画「料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命」
16:00~17:20 ~ 休憩 + 井戸端会議 ~

●会 場:酒のたまごや2階ギャラリー
※茨城県結城市結城7056-1※国道50号下り松交差点そば※駐車場有り
●問合先 mail : takalocach@gmail.com tel : 070-5593-9727 (小林)
●主 催:小林 隆、子どもを守る結城市民の会 後援:結城市教育委員会
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
知る・考える・ドキュメンタリー市民上映会
結城まちなかシネマ+α
https://www.facebook.com/yukicinema/
映画鑑賞と井戸端会議。持続可能な社会について知る・考える場を共有しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-」
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=24
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

東北を、日本を、花火で、元気に。東日本大震災から5ヶ月後の8月11日、23400発の奇跡の花火が打ち上がった。東北を元気づけるために立ち上がった男たちの情熱と真実のストーリー。ナレーションは女優の黒木瞳が担当。 テーマ曲と音楽には坂本龍一が参加。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「ハッピー・リトル・アイランド -長寿で豊かなギリシャの島で-」
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=31
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

お金も物も僅かなこの島には 老いることを忘れた老人たちが 活き活きと暮らしているらしい。長寿で有名なギリシャの離島、イカリア島へ経済危機で希望を失った若者たちが移住した。大都会から離島に移住し、人生を再出発した若者たちのドキュメンタリー。監督のニコス・ダヤンダスも自らイカリア島に暮らしながら、新たな生活を始めたばかりのトドリスやアナの悩みや学びを追いかけ、どんな社会状況であろうと長寿で幸せに生きるイカリア島の老人たちの幸せの秘密迫っていく。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●日 時:8月13日(土)
●参加費:1,000円(学生・子供無料)
●定 員:各回30名
※参加作品数に関わらず同一参加費となります※予約・当日参加共に定員に達し次第受付終了。予約は下記問合せ先まで。

□ 映画「LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-」
14:30~16:10 ~ 休憩 + 井戸端会議 ~
□ 映画「ハッピー・リトル・アイランド -長寿で豊かなギリシャの島で-」
16:30~17:30 ~ 休憩 + 井戸端会議 ~

●会 場:酒のたまごや2階ギャラリー
※茨城県結城市結城7056-1※国道50号下り松交差点そば※駐車場有り
●問合先 mail : takalocach@gmail.com tel : 070-5593-9727 (小林)
●主 催:小林 隆、子どもを守る結城市民の会 後援:結城市教育委員会
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
知る・考える・ドキュメンタリー市民上映会
結城まちなかシネマ+α
https://www.facebook.com/yukicinema/
持続可能な社会について知る・考える場を共有しませんか?

好評につき追加上映!松井久子監督作品
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」
http://fushigina.jp/


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
=映画HPより一部転載=
<監督メッセージ>
憲法には「私はどう生きるべきか」が書いてある。
この映画は、憲法論議が政治によって進められるのでなく、主権者である 私たち国民の間に広がることを願ってつくられたものです。 
国のかたちをきめる憲法に、誰もが当たり前に関心を持ち、正しい知識を得、そして理解を深めるために、歴史的事実を重んじながら「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾けます。 
怒りや憎しみから出発する議論は広がっていきません。 
対立よりも冷静な選択を—。 
私たち一人ひとりが個として大切にされる自由な社会を守りたい。 
映画にメッセージがあるとすれば、その一点の「希い」のみです。

<映画の内容>
●立憲主義って何? ●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法の成立まで) ●Peopleを主役に(国民主権) 
●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重) ●封建的家族制度からの解放(男女平等) 
●進む憲法の空文化(9条・戦争放棄をめぐって) 
●戦後の日米外交史 ●沖縄は憲法を手にしているか ●未来に向けて—18歳選挙権と若者の政治参加 
●そしてあなたは何を選ぶのか?(自民党の改憲案・護憲派の主張・護憲的改憲派からの提案)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2016年6月26日(日)
会場:公達コミュニティーセンター
※茨城県結城市結城9784-3※駐車場あり(30台程度)
上映時間:10:00~12:00
定員 30名
参 加 費  1,000円(学生・子ども無料)
※託児あり。希望される方は事前にご連絡ください。※予約参加・当日参加共に定員に達し次第受付終了となります。※ご予約は上記「チケット入手可能」リンク先にて承ります。

主 催: 子どもを守る結城市民の会
問い合せ:takalocach@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
知る・考える・ドキュメンタリー市民上映会
結城まちなかシネマ+α

映画鑑賞と井戸端会議。持続可能な社会について知る・考える場を共有しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「バベルの学校」
https://vimeo.com/114641603
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ある教師の人生最後のクラスにそれぞれの事情をかかえて集まった国籍がバラバラの生徒たち…。出会い、そして別れ。国境を超えた友情に心温まる感動のドキュメンタリー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「抱く(HUG)」
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=39
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

命の輝き、母の愛、この世界に生きるということ。 

水を飲み、大きく息を吸うたびに赤ちゃんへの影響が心配になる。福島で出会った母たちの苦しみが、そのまま自分のものとなりました。そして、生まれてはじめて自分にカメラを向ける決心をするのです。 
40歳での初めての出産、そして放射能の不安との闘いの日々。壮絶なつわり、緊急搬送されるまでの激痛。これは年齢のせいなのか、それとも放射能の影響なのか。取材を続けるべき?それとも? 
監督は、迷い、苦しみながら自身にカメラを向け続けます。何もかもが変わってしまったこの世界で、母となる意味を記録する為にーーーー。 
ここに、ひとりの母親による心揺さぶる魂の記録が誕生しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●日 時:6月11日(土)
●参加費:1,000円(学生・子供無料)
●定 員:各回30名
※予約・当日参加共に定員に達し次第受付終了。予約は下記問合せ先まで。

□ 映画「バベルの学校」14:30~16:10
~ 休憩 + 井戸端会議 ~
□ 映画「抱く(HUG)」16:30~17:50
~ 休憩 + 井戸端会議 ~

●会 場:酒のたまごや2階ギャラリー
※茨城県結城市結城7056-1※国道50号下り松交差点そば※駐車場有り
●問合先 mail : takalocach@gmail.com tel : 070-5593-9727 (小林)
●主 催:小林 隆、子どもを守る結城市民の会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月の「結城まちなかシネマ+α」 定期上映会は今週土曜日です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ファッション業界でも大量生産・大量消費が問題化 。誰かの犠牲の上に成り立つファッションに変化が起き始めた! 
トレンドはエシカル&フェアトレード・ファッション 。ファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー 。華やかなファッション業界の裏側の知られざる真実とは?
ファッションを取り巻く悲惨な状況には何度見ても涙が出る ― サフィア・ミニー(ピープル・ツリー代表) 
なぜピープル・ツリーのコレクションのデザインをしたのか知ってほしい。ザ・トゥルー・コスト を見て! ― エマ・ワトソン(女優)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「変身 - Metamorphosis」~日米原発メルトダウン事故の実態に迫るドキュメンタリー、解禁!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
京都国際インディーズ映画祭2013 特別賞受賞! 
ジャーナリスト堀潤が日米で起きたメルトダウン事故を追いかけた渾身のドキュメンタリー。 

原発メルトダウン。 
知らされることもなく、 
未来は奪われていた。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

上記2作品を上映します。
「井戸端会議」と合わせて、持続可能な社会について知る・考える場を設けます。

●日 時:5月14日(土)
●参加費:1,000円(学生・子供無料)
●定 員:各回30名
※参加作品数によらず一律1,000円です。
※予約参加・当日参加、共に定員に達した場合は受付終了となります。ご予約は予約フォーム http://goo.gl/forms/cOeF7pcT1q もしくは下記問合せ先まで!ご予約の際には参加作品をお知らせください。

映画「ザ・トゥルー・コスト」~ファストファッション真の代償 14:30~16:10
(予告編)
- 休憩・井戸端会議 -

映画「変身Metamorphosis」
~日米原発メルトダウン事故の実態に迫るドキュメンタリー、解禁! 16:40~17:50
(予告編)
- 休憩・井戸端会議 -

●会 場:酒のたまごや2階ギャラリー
※茨城県結城市結城7056-1
※国道50号下り松交差点そば
※駐車場有り

●問合せ先
mail : takalocach@gmail.com tel : 070-5593-9727 (小林) 
主 催 :小林 隆、子どもを守る結城市民の会
https://www.facebook.com/events/252120288470217/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「中国残留孤児の父」 といわれた山本慈昭さんの生涯を生い立ちからたどった感動の物語

映画「望郷の鐘」結城上映会

のお知らせです。



「満蒙開拓団として日本各地から満州国へ渡った日本国民がいた。第二次世界大戦の敗戦を経て苦難の末に日本に帰国した人がいた。その一方では多くの子ども達が中国に残され中国残留孤児となり、年月を経て日本に帰国した人々がたくさんいた。」

満蒙開拓団については学校の授業でも取り上げているのかもしれませんが、私たちの多くは漠然とこのくらいの知識しか持ちあわせていないのではないでしょうか。
ここに至るいきさつ、当時の状況、背景、立場による受け止め方の違いなど、考え・理解する方は周辺を見回しても多くはありません。

--------------
国家の政策に純粋に
協力しただけと言っても

この事実は一人一人が責任を
問われる事になる。

国家に尽くした日本国民は 
加害者であって

被害者であったのです——
--------------

上記は映画のHPサイト内の一節です。
http://www.gendaipro.com/bokyo_new/introduction/introduction.html

(予告編)
http://www.gendaipro.com/bokyo_new/index_top.html

結城上映会スケジュールは下記となります。
皆様のご参加、お待ちしております。

上映日:2016.5.13(金)
会場:結城市民文化センター アクロス小ホール
上映時間:①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
前売り鑑賞券 一般1,000円 (当日1,300円 、小中高生500円)


※前売り鑑賞券予約は下記リンクからどうぞ。
http://goo.gl/forms/9qrT5JA0EX
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月の結城まちなかシネマ+αは
本日開催です。
お気軽にお越しください。

「物々交換」が一番の魅力となり、出会った人たちが心を通わせていく台北のカフェを舞台とした映画「台北カフェ・ストーリー」、混迷を極めるシリアの若者たちを追った命懸けのドキュメンタリー映画「それでも僕らは帰る」の2作品を上映します。物の価値はお金で計れる?平和はいつでも私たちのそばに?「井戸端会議」と合わせて、持続可能な社会について考えます。

●日 時:4月9日(土)
●参加費:1,000円(学生・子供無料)
●定 員:各回30名
※予約参加・当日参加、共にお受けいたします。定員に達した場合は受付終了となります。ご予約は下記問合せ先でお受けいたします。このページやDMでも承ります。ご予約の際には参加作品をお知らせください。

□ 映画「台北カフェ・ストーリー」
14:30~16:00
http://www.taipeicafe.net/story


~ 休憩 + 井戸端会議 ~

□ 映画「それでも僕は帰る
~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~」
16:30~18:00
~ 休憩 + 井戸端会議 ~

●会 場:酒のたまごや2階ギャラリー
※茨城県結城市結城7056-1※国道50号下り松交差点そば※駐車場有り

●問合せ先 mail : takalocach@gmail.com tel : 070-5593-9727 (小林) 
主 催 :小林 隆、子どもを守る結城市民の会
後 援 :結城市教育委員会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月の「結城まちなかシネマ+α」開催は本日3/12(土)です。
お時間のある方、ご参加いかがでしょうか。

4月の電力自由化を前に海外でのエネルギー問題に対する考えや取り組みをまとめたドキュメンタリー映画3作品を上映します。国内での取り組みは?電力自由化?「井戸端会議」と合わせて、持続可能な社会について知る・考える場を設けます。

●日 時 3月12日(土)
(1部)参加費:無料
□ 映画「シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~」
14:30~15:50
□ 電力自由化前の井戸端会議
16:00~17:00

(2部)参加費:1,000円 (学生・子供無料)
□ 映画「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」
https://youtu.be/XdaHWgptfts
17:10~18:40
□ 映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~」
https://youtu.be/GqqxcNsF2Fs
18:50~19:40

●場 所 結城市民情報センター3階会議室
※地下駐車場3時間無料
●問合先
tel : 070-5593-9727 (小林) mail : takalocach@gmail.com(小林) 
主 催 :小林 隆、子どもを守る結城市民の会



□ 映画「シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~」
http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/eiganaiyou.html
(上記サイトより)
ドイツ南西部にあるシェーナウ市。2500人の小さなまち。チェルノブイリ原発事故の影響は、ここシェーナウ市にもおよびました。そこでシェーナウ市の親たち数人が子どもたちを守るため「原子力のない未来のための親の会」(親の会)を結成しました。
まず始めたのが、街中に放射能から身を守るための情報を発信する情報スタンドを設置することでした。また原発依存から脱却するためには、エネルギー使用の意識変化も重要であると考え「節電キャンペーン」や「節電コンテスト」を行いました。 
さらに住民グループは、シェーナウ市と独占的に契約を結んでいたラインフェルデン電力会社(KWR)に対し、原発に頼らない電力供給、エコ電力の買い取り価格の引き上げ、そして節電を促すために基本料金を引き下げ使用料金を引き上げる比例料金制度を提案しますが、冷たくあしらわれてしまいます。
そこで住民グループ(親の会)は「それなら自分たちで電力会社をつくってしまおう!」と立ち上がり、シェーナウ電力会社(EWS:Elektrizitätswerke Schönau)を発足させます。
彼らはKWRを相手に2度にわたる住民投票を勝ち抜き、シェーナウ市の電力供給の認可を勝ち取ります。しかし、電力供給を実現するためには、当時KWRが所有していた電力網を買い取る必要がありました。
シェーナウ市との電力供給契約を失ったKWRは、この電力網の引き継ぎにあたって不当なまでに多額の価格を提示します。それでも住民グループは諦めませんでした。社会目的に積極的に融資をするGLS銀行や広告会社の無償の協力、さらには人々の善意の寄付のおかげで無事電力網を手にするに至りました。
1997年、EWSは念願の電力供給を開始します。チェルノブイリ事故をきっかけにした親の会の発足から、操業に至るまで実に10年もの歳月が流れていました。
苦労も喜びも分かち合い、皆で共に支えあい、励ましあい、そして時には息抜きもしながら、EWSで働く人たちは、今日もドイツにいるたくさんの人たちに原発に頼ることのない自然エネルギーをメインとしたエコ電力を供給しています。




□ 映画「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」
https://youtu.be/XdaHWgptfts
(上記サイトより)
再生可能エネルギーへの100%移行は可能! 
2010年ドイツで13万人が感動!ドイツを脱原発に導いた作品! 
東日本大震災後の日本の再生可能エネルギーへのエネルギーシフトのためにドイツより日本に紹介した作品で、2012年から日本全国で数百回の上映運動が続いています。本作は10か国の再生可能エネルギーの導入事例を4年の歳月をかけて取材し、世界的に「第4の革命」といわれる再生可能エネルギー革命が起きていることを訴える。 
今こそ一点集中型のエネルギー産業から小規模分散型へとシフト 
していく時。これを実現させるためにはみなさんひとりひとりの力が必要です。 
この映画を広め、一緒に日本・地球の未来を作っていきましょう! 
- 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)



□ 映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~」
https://youtu.be/GqqxcNsF2Fs

(上記サイトより)
人々に力を!人々に電力を! 
自然エネルギーにエネルギー転換を実現し、小規模分散型社会を実現しているデンマークなどの事例を紹介する自然エネルギー業界ではバイブル的なドキュメンタリーとして紹介され続けている作品! 
「15年前にデンマークの小さな島で出会った一人の男が掲げた「未来への夢」が、今やかたちとなり、世界中の人々に光と力を与えている。 
3.11後の日本に生きる私たちには、すでに技術も政策も資金も方法もある。今こそ、石油や核の独占と争いから、太陽による平和と自立へと、自分自身の手で未来を取り戻した彼の挑戦の後に続くべき時だ。 
未来は予測するものではなく、選び取るものなのだから。」 
- 飯田哲也 (ISEP環境エネルギー政策研究所所長)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の結城まちなかシネマ、上映する作品は 「幸せの経済学」 です。

ぜひご参加ください。

(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=iqjvmV4qOe0

上映日時:2016年2月11日(木・祝)19:00~20:10
会 場 :結城市民情報センター3階会議室 ※結城駅北口右手 徒歩1分
 ※地下駐車場3時間無料
参 加 費:1,000円(学生・子供 無料)
主 催 : 小林 隆、子どもを守る結城市民の会
問い合せ:Mail:takalocach@gmail.com


~プレス資料より~
あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。
50 の言語に翻訳され、世界各国で高い評価を得ている「懐かしい未来ラダックから学ぶ(Ancient Futures)」の著者であり、世界のローカリゼーション運動のパイオニアでもあるヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん。彼女の最新ドキュメンタリー「幸せの経済学」が 5 年の歳月をかけて 2010 年に完成致しました。この映画は、「グローバルからローカルへ」をテーマに、世界
中の環境活動家たちがこれからの「豊かな暮らし」について語るドキュメンタリー映画です。消費型社会を見直し、地域に眼を向けることによって、その土地にある資源や文化を再認識し、人と人、人と自然との関係を紡いでいく「コミュニティの再生」の重要性を訴えています。
今まで世界では国の豊かさを測る指標として「GNP(国民総生産)」や「GDP(国内総生産)」などが使用され、どれだけ経済成長したかということが「豊かな国」と定義だと信じられてきました。この考え方はグローバリゼーションの波に乗って世界中に広がり、世界の様々な地域に「開発」という名の「消費社会」が流れ込みました。結果、便利で快適に生活できるなどの正の側面がある反面、負の側面ではコミュニティの伝統的な暮らしが崩壊し、かつてはそこにはなかったはずの「新たな貧困」が生まれるようになったことも事実です。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。
◆これからのライフスタイルをつくるキーワード、「ローカリゼーション」
「幸せの経済学」は、開発という名の消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿を追い、世界の環境活動家たちが「本当の豊かさ」について説くドキュメンタリー映画。民族紛争や異常気象、多様性の損失、失業、アイデンティティの崩壊など、グローバリゼーションの拡大が引き起こす問題ついて述べながら、これらの解決の糸口となる「ローカリゼーション」について語ります。行き過ぎたグローバリゼーションから離れ、切り離された人や自然とのつながりを取り戻し、絆を強めていく世界各地のコミュニティや、ローカルムーブメントの成功事例も
登場します。
3・11 という大きな震災を経験した私たちがどうやって持続可能で幸せな暮らしを作っていけるでしょうか?真の豊かさ、幸せとは何でしょうか?この映画は幸せに暮らすためのさまざまなヒントを私たちに与えてくれます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「超高層のビルやマンションに被害を与える「長周期地震動」の影響を検討してきた内閣府の専門家検討会は十七日、南海トラフで巨大地震が起きた場合、大都市圏の超高層建物では最上階の揺れ幅が最大六メートルに達する可能性があるとの評価をまとめた。大きな揺れによって骨組みなどに損傷が起こらないか、建物ごとにあらためて確認することが必要だとした。」

『長周期地震動 超高層ビルの揺れ最大6メートル 南海トラフ想定』
(’15.12.18東京新聞2面)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201512/CK2015121802000130.html


検討会のコメントでは、強度に一定の余裕があり骨組みがゆがむなどして建物が使えなくなるようなことは基本的に起こらないとのことですが、3.11の時はにエレベーター等の設備が壊れて、しばらくは大変な思いをした、高層部での大揺れにはかなりの恐怖感を味わった、そんな方も多いのではないでしょうか。

福島第一原発の事故はまだ収束しておらず、茨城は東海第二原発をはじめとした核関連施設も抱えていますので、これも大変です。

複合的な災害を考えると、関東で超高層マンションに住むには覚悟が必要ですが、どこでも空き家が増えていますので、特にお子さんのいる家庭は低層建物への引っ越しを検討していただきたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。