民主、国民新の与党2党と、自民、公明、共産など野党6党の国対委員長は9日午前、菅政権発足に伴う国会日程について協議した。与党側は、菅直人首相による所信表明演説を11日に行うことを提案。しかし、野党側は、首相出席の下での予算委員会開催を確約するよう求め、折り合わなかった。午後も引き続き協議する。
 与党は、所信表明演説に対する衆参両院での各党代表質問を14、15両日に行いたい考え。
 16日の会期末を控え、焦点となっている延長問題に関しては、政府・民主党内で調整が続いており、与党側から具体的な提案はなかった。
 一方、野党は、「政治とカネ」の問題を問われる民主党の小沢一郎前幹事長の国会招致を要求。協議を幹事長・書記局長会談に格上げすることも要請した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏

<労災認定>会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署(毎日新聞)
哨戒艦沈没対応で連携確認…日韓外相が電話会談(読売新聞)
87%の自治体が「未推計」=公共施設更新費―首都圏白書(時事通信)
9月に自殺予防対策セミナー-日精看(医療介護CBニュース)
<米映画>「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判(毎日新聞)
AD