【講演会のご案内】


6月19日(日)午後3時半ごろ~
「2016年の世界とパレスチナーアメリカ大統領選挙と中東」
会場:中央大学駿河台記念館610号(JR御茶ノ水駅下車3分)
要予約
申し込み:パレスチナ子供のキャンペーン事務局
電話03-3953-1393 FAX03-3953-1394


10月9日(日)10時30分~12時
『「イスラム国」の野望!』
場所:放送大学大阪学習センター
(JR寺田町またはJR天王寺駅より7分)
詳細未定


2017年1月21日(土)午後2時~4時
三重県 菰野町よもやま歴史サークル
『ユーラシア史の中の世界宗教』
詳細未定

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-16 09:36:12

日本にとって、いちばん危険な戦争

テーマ:イエメン

現在の中東ではいくつもの戦争が同時に戦われている。いわゆる「イスラム国」と各国の戦争、トルコとクルド人の戦争、リビア人とリビア人の内戦、そしてイエメンでの戦争である。その中で比較的に注目度が低いのが、イエメンでの戦争だろうか。ヨーロッパから遠く、難民が押し寄せる心配がないからだろうか、欧米や日本のメディアは、この問題に関して多くを語らない。


この戦争は、イエメン人同士が戦っている内戦である。しかし、同時にサウジアラビアなどが介入しており、単なる内戦ではない。いずれにしろアラブ世界の最貧国であるイエメンを豊かな産油諸国が爆撃している。その混乱の中でアルカーイダ系の組織が増殖している。もともと貧しかったイメメンの民衆の生活はさらに悪くなった。戦火の中で多くの人々が苦しんでいる。国際機関の援助も滞りがちである。シリアの情勢にも比べられる程の地獄絵ではないだろうか。


この地獄絵の背景となった「アラブの春」とはイエメンにとっては何だったのか。そもそも、それ以前のサーレハ大統領の長期支配とは何だったのか。どのようなメカニズムが長期支配を可能にし、アラブの春以降の情勢は、そのメカニズムを、どのように破壊したのか。そして内戦に至る経緯の詳細は、どうだったのか。イランの介入は本当にあったのか。あったとすれば、どの程度なのか。サウジアラビアの介入の決断の裏には何があったのか。多くの疑問がわいてくる。


しかも問題はイエメンの悲劇に止まらない。この戦争での出費と犠牲が、サウジアラビアやアラブ首長国連邦の政権の正統性を脅かしかねないからである。イエメンはサウジ王家にとってのベトナム戦争になりつつある。かつて1960年代にイエメンの内戦に介入したエジプトは、この国の山岳地形の中での出口のない戦いで消耗した。イエメンはナセリズムの墓場の入り口になった。イエメンの悲惨な戦争の風景の中にサウジアラビアなどの産油国の安定が吸い込まれて行くのではないか。黒い雲のような懸念がわく。サウジ王家の不安定化は、石油供給の混乱を通じて世界経済を動揺させるだろう。そして中東原油への依存度の高い日本経済を直撃するだろう。日本にとって、いちばん危険な戦争とタイトルをつけた所以である。イエメンをめぐる見えない未来が暗く立ちはだかっている。


問題の重要性にもかかわらずメディアに流れる情報はあまりにも断片的であり分析は極めて皮相的である。単にサウジアラビアとイランの代理戦争と一刀両断に語るだけで良いものであろうか。


必要なのは、混沌とした現状ばかりでなく、イエメンの歴史をも射程に収める分析である。サウジアラビア、イランなど地域諸国の視点からも光を当てたい。包括的、多面的、重層的なアプローチが不可欠である。今こそ、各分野の研究者たちの力の結集が求められている。この特集号は、その結集の場である。


※「巻頭エッセイ/日本にとって、いちばん危険な戦争」、『アジ研 ワールド・トレンド』(イエメン特集号)2016年6月号、1ページに掲載されたものです。


国際理解のために (放送大学教材)
高橋 和夫
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 247,109
AD
いいね!(23)  |  リブログ(0)
2016-05-14 09:58:44

ラジオ出演のご案内

テーマ:その他
5月16日(月)早朝 電話出演
NHKラジオ『マイ朝ラジオ』、『社会の見方・私の視点』
「関係深めるイスラエルとクルド人 中東情勢への影響」
AD
いいね!(9)  |  リブログ(0)
2016-05-06 09:54:43

砂漠のスケート・リンク(2)

テーマ:中東全般

イランでは20 世紀初めに石油が発見され、生産が始まった。大産油国ではあるが、人口が多いので、国民1人あたりの収入は、それほど高くない。


第1次世界大戦後にはペルシア湾の南側のバーレーンで石油生産が始まった。さらに第2次世界大戦後に他の国々でも大規模な石油生産が始まった。これにより、石油は中東の時代に、中東は石油の時代に入った。奔流のように押し寄せる石油収入がペルシア湾岸の風景を一変させた。なにもなかった寂れた港町が姿を変えて未来都市になった。過去が現代を飛び越えて未来になったようだ。アラジンのランプから飛び出した魔人が、急に働き始めた。そのような印象を受ける。


しかし、クウェートの、ドバイの、カタールの風景につきまとうのが、リアリティーの欠如観である。なにか地に足がついていないという感覚である。ディズニーランドにいるような雰囲気なのだ。石油収入という魔法が解けてしまうと、一瞬にして元の砂漠に戻ってしまうのではないかとの不安感である。


サウジアラビアやクウェートでは、膨大な埋蔵量からして、石油が枯渇するとは予想されていない。問題は人類が石油から「降りる」ことである。つまり他のエネルギーに依存するようになる懸念である。石器時代が終わったのは石がなくなったからではない。人類が鉄器を使うようになったからである。同じような心配が石油に関してもつねに漂っている。


石油収入の魔法が解けるときに、魔人はスケート・リンクの冷却装置のプラグを電源から抜き、古びたランプに入ってしまうだろう。そしてスケート・リンクを含めすべてが、砂漠に戻ってしまうだろう。



ドバイのスケート・リンク(2016年3月)


-了-


※『まなぶ』2016年5月号、44~45ページに掲載されたものです。



中東の予防外交 (総合叢書)

信山社
売り上げランキング: 1,283,612
AD
いいね!(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。