調教分析競馬

調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
新聞など一切みないで中間の調整を緻密に分析し自分の眼で調教を見て、
過去のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。


競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、


過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。


テーマ:

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


9月25日
中山11R 勝負レース オールカマー 3連複2710円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドアクターが1着


9月18日
中山11R 勝負レース セントライト記念 3連複770円
調教抜群鉄板軸馬ディーマジェスティが1着
事前公開の“危険な人気馬”マウントロブソンは“完全消し”


中山10R レインボーステークス 3連複8230円
調教抜群鉄板軸馬マローブルーが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ワールドレーヴは“完全消し”


9月17日
中山12R 3連複8750円
調教抜群鉄板軸馬レッドゲルニカが1着


9月10日
阪神12R 3連複3410円
調教抜群鉄板軸馬クリノラホールが2着


8月28日
札幌11R 勝負レース キーンランドカップ 3連複2190円
調教抜群鉄板軸馬シュウジが2着


新潟9R 五頭連峰特別 3連複4300円
調教抜群鉄板軸馬チャンピオンルパンが1着



・ミッキーアイル
栗東坂路 21日 52.1-38.0-25.2-13.1 一杯


宝塚記念後はリフレッシュ放牧にでて、


8月31日に戻ってきて9月1日から馬場入りを始めて、


9月4日、8日、15日、18日、21日、25日に栗東坂路で調教をやっています。


1週前の21日は坂路で3歳オープン馬ブラックスピネルと併せ馬をやってきて、


1馬身半ほど後方から追走して最後は1馬身ほど遅れてしまいました。


馬場が荒れ始めた6時6分で重馬場で松山騎手が乗って一杯で、


4F52.1秒、3F38.0秒は上々だが2F12.1秒、13.1秒と1秒も失速してしまいました。


ブラックスピネルは過去に2F24秒台をだした事が数えるくらいしかなく、


坂路で動く馬ではなく助手が乗って先行して2F12.3秒、12.8秒と、


0.5秒も失速しているのにミッキーアイルは追いつく事ができず1秒も失速したのです。


ゴール前で松山騎手が鞭を2発入れるが弾けず苦しかったのか、


最後まで逆手前の右手前のままだったので良い走りだったとは言えません。


最終調教を見てから最終判断しますが、


1週前がピリッとしなかったので現時点で不安材料はあります



シリウスステークスの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、カゼノコ、
キョウエイギア、トラキチシャチョウ、マスクゾロ、ランウェイワルツの6頭、

 

スプリンターズステークスの有力馬の調教分析はシュウジ、ダンスディレクター、
ビッグアーサー、ブランボヌール、ベルカント、レッツゴードンキ、レッドファルクスの7頭です。


デキ落ちの人気馬がいるので今日9月25日の23時以降に確認して下さい。

シリウスステークス、スプリンターズステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
事前公開は9月29日の18時になります。


詳細は 別館  または メルマガ


調教分析競馬 training analysis メルマガ 競馬TV   まぐまぐ


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす
 ホームページ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


9月25日
中山11R 勝負レース オールカマー 3連複2710円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドアクターが1着


9月18日
中山11R 勝負レース セントライト記念 3連複770円
調教抜群鉄板軸馬ディーマジェスティが1着
事前公開の“危険な人気馬”マウントロブソンは“完全消し”


中山10R レインボーステークス 3連複8230円
調教抜群鉄板軸馬マローブルーが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ワールドレーヴは“完全消し”


9月17日
中山12R 3連複8750円
調教抜群鉄板軸馬レッドゲルニカが1着


9月10日
阪神12R 3連複3410円
調教抜群鉄板軸馬クリノラホールが2着


8月28日
札幌11R 勝負レース キーンランドカップ 3連複2190円
調教抜群鉄板軸馬シュウジが2着


新潟9R 五頭連峰特別 3連複4300円
調教抜群鉄板軸馬チャンピオンルパンが1着



・ピオネロ
栗東CW 21日 84.4-68.8-53.3-39.3-12.1 一杯


BSN賞後はミニ放牧にでて9月14日に戻ってきて、


9月18日、21日、25日に栗東CWトラックで調教をやっています。


1週前の21日はCWトラックで単走でやってきました。


重馬場で助手が乗って一杯で6F84.4秒、5F68.8秒は少し物足らないが、


普段からCWトラックで動かないのであまり問題視しなくていいでしょう。


前走の直前が同じCWトラックの単走で3F39.3秒、1F11.9秒で、


21日はほとんど同じ時計だったので良い走りだったと言っていいでしょう。


最終調教を見てから最終判断しますが現時点で不安材料はありません



シリウスステークスの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、カゼノコ、
キョウエイギア、トラキチシャチョウ、マスクゾロ、ランウェイワルツの6頭、


スプリンターズステークスの有力馬の調教分析はシュウジ、ダンスディレクター、
ビッグアーサー、ブランボヌール、ベルカント、レッツゴードンキ、レッドファルクスの7頭です。


デキ落ちの人気馬がいるので今日9月25日の23時以降に確認して下さい。

シリウスステークス、スプリンターズステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
事前公開は9月29日の18時になります。


詳細は 別館  または メルマガ


調教分析競馬 training analysis メルマガ 競馬TV   まぐまぐ


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす
 ホームページ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


9月25日
中山11R 勝負レース オールカマー 3連複2710円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドアクターが1着


9月18日
中山11R 勝負レース セントライト記念 3連複770円
調教抜群鉄板軸馬ディーマジェスティが1着
事前公開の“危険な人気馬”マウントロブソンは“完全消し”


中山10R レインボーステークス 3連複8230円
調教抜群鉄板軸馬マローブルーが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ワールドレーヴは“完全消し”


9月17日
中山12R 3連複8750円
調教抜群鉄板軸馬レッドゲルニカが1着


9月10日
阪神12R 3連複3410円
調教抜群鉄板軸馬クリノラホールが2着


8月28日
札幌11R 勝負レース キーンランドカップ 3連複2190円
調教抜群鉄板軸馬シュウジが2着


新潟9R 五頭連峰特別 3連複4300円
調教抜群鉄板軸馬チャンピオンルパンが1着



今週は勝負レースのオールカマーの1レースだけの的中でした。


神戸新聞杯は鉄板軸馬ナムラシングンが坂の途中から伸びを欠いてしまい、
何も抵抗できずに6着に負けてしまいました。
4角手前で外からワンスインアライフが外から被せてきたので、
ナムラシングンは早めに動いてしまう形になりここで脚を使ったのが余計でした。


オールカマーは鉄板軸馬ゴールドアクターが押し切り的中できました。
事前公開していた“危険な人気馬”マリアライトはゴールドアクターの後ろにいて、
差せそうな展開だったのに失速したのでやはりデキが悪かったのでしょう。


来週はチャンピオンズカップを目指す上り馬が激突するシリウスステークス、
今年の秋G1シリーズの初戦のスプリンターズステークスです。


シリウスステークスはアツイ戦いになりそうです。


当初はアウォーディー、インカンテーションが出走予定だったが、
アウォーディーは9月28日の日本テレビ盃に選ばれたので回避して、
インカンテーションは11月6日のみやこステークスに出走する事になりました。


10月4日に金沢で白山大賞典があり10日に盛岡で南部杯があるので、
一流のダート馬の出走がなくピオネロ、キョウエイギア、アポロケンタッキーなど、
JRAの重賞実績はないが伸びシロがあり先々が楽しみな馬が出走します。


出走馬はここで賞金を加算しても11月3日のJBCの出走は不可能で、
11月のみやこステークスの結果次第になるがここで結果をだせば、
年末のチャンピオンズカップに出走できるかもしれないので、
ほとんどの出走馬は賞金を加算したいはずです。


今年はほとんどが上り馬で後先を考えずメイチの仕上げで、
賞金の加算をしたいはずなので中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。


スプリンターズステークスは各世代のスピード馬が揃いアツイ戦いになりそうです。


最近は勝ち負けできそうなフレッシュな3歳馬の出走がなかったが、
今年はブランボヌール、シュウジ、ソルヴェイグがでてきます。


2007年に3歳のアストンマーチャンが逃げ切って勝ったが、
2008年以降の3歳は全滅で今年の3歳の3頭は中山が初めてで、
斤量増になるので厳しいレースになるが一線級に見劣らないスピードがあるので、
デキが上昇していれば勝ち負けに加わるかもしれません。


高松宮記念を勝ったビッグアーサー、2着ミッキーアイルの実績が抜けていて、
ビッグアーサーは前哨戦のセントウルステークスを58kの斤量で勝ったが、
ミッキーアイルは6ヶ月半の休み明けの直行なので2強の臨戦過程は対照的です。


ビッグアーサーのセントウルステークスは強かったが、
行きたがる気性なのに逃げ切って勝ってしまい逃げはプラスはなくマイナスで、
ミッキーアイルは7月末の時点で直行を表明していたのに、
栗東に戻ったのが8月31日とかなり遅くなった事が不安材料です。


ビッグアーサー、ミッキーアイルに死角がありフレッシュな3歳も多いので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。


シリウスステークスの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、カゼノコ、
キョウエイギア、トラキチシャチョウ、マスクゾロ、ランウェイワルツの6頭、


スプリンターズステークスの有力馬の調教分析はシュウジ、ダンスディレクター、
ビッグアーサー、ブランボヌール、ベルカント、レッツゴードンキ、レッドファルクスの7頭です。


デキ落ちの人気馬がいるので今日9月25日の23時以降に確認して下さい


シリウスステークス、スプリンターズステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
事前公開は9月29日の18時になります。


重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)


通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース


重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。


秋のG1パックの受け付けを始めました。


スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。


詳細は 別館  または メルマガ


調教分析競馬 training analysis メルマガ 競馬TV   まぐまぐ


シリウスステークスの有力馬ピオネロ、
スプリンターズステークスの有力馬ミッキーアイルの調教分析は少々お待ち下さい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。