近年、消費者センターや無料相談センターに

持ち込まれる苦情・相談の内容が「こまかく」なっているといいます。

 

私が相談に乗っているネット上でも、

少し前までなら「そんなことは言わなくても常識、当たり前のこと」

で済ませていたことが、今はそうはいきません。(iДi)

 

良い意味でも悪い意味でも均質化から多様性、

そして個性の時代へと社会は変遷してきています。

考え方視点重点は千差万別です。

 

そのような社会環境の変化の中で、

不動産に関する質問を大別すると「契約の解除」と「瑕疵担保責任

に集約されます。

そしてそれは詰まるところ重要事項説明書いわゆる

重説」に行き着きます。

 

問題は重説で記載されていても、また、

不動産業者が買主に充分説明したとしても、

買主・購入者が理解しているかどうかは又別の話です。

言った言わないというよりも購入者が理解しているかどうか

が近年の争点なのです。

 

そこまで重要事項説明の説明責任が問われてます。

 

 

 

 

AD