中禅寺湖畔で 現場調査

テーマ:

今日は中禅寺湖畔で不同沈下修正工事の現場調査。



こんなシチュエーションの現場です。仕事ではなく遊びでゆっくり来たいような場所です。



床下に入り基礎状況を確認すると、

本来基礎があるべきところに基礎がありません。



基礎は無筋基礎で、大きなクラックも入っています。


新耐震以前の建物にはこういう基礎が多くあります。

沈下修正はもちろん、基礎の靭性補強の工事も必要です。




AD

昨日、西葛西オフィスは清澄白河オフィスに引っ越しました。


ご挨拶代わりの6月安全祈願参拝は、清澄白河オフィス近くの出世不動尊に参拝しました。


これからは度々お世話になる不動尊です。



前の道路を掃除する人もいて、すがすがしい朝でした。




今月は、忙しくなりそうですが、安全作業で宜しくお願いします。


AD

土台上げ工法のジャッキアップが完了してできた、土台と基礎の隙間を無収縮モルタルで充填しています。

外部はこのように比較的楽なのですが、

床下からの充填は、無収縮モルタルを床下に運んで充填します。

実は結構な重労働ですが、家上げ職人は元気いっぱい施工してくれています。


AD

土台上げ工法

テーマ:

土台上げ工法でのジャッキアップ完了です。


床下の配管を仮切断しています。 配管の離れ分だけ沈下修正のジャッキアップしたことになります。



このあとすぐに配管を接続して、使用できるようにして、お客様にご不便をかけないようにします。


鋼管杭圧入工法には、基礎直下に鋼管杭を圧入するアンダーピニング工法と基礎横に鋼管杭を圧入するサイドピニング工法があります。


今日はサイドピニング工法のジャッキアップを紹介します。



基礎直下を掘削しないので、施工もしやすいのですが、詳細な構造の検討が必要ですから、沈下修正業者の誰でもできる工法ではなく、建築・土木の詳しい知識と技術が求められます。


5月安全祈願

テーマ:

連休休みがあったため、今日が5月最初の営業日。

六日になりましたが、今月の安全祈願で西葛西の八幡神社に参拝しました。



西葛西オフィスで仕事することが多いので、この4年間は八幡神社には何度も参拝しました。この間、おかげさまで無事故・無災害で沈下修正工事をさせていただきました。


今月中に西葛西オフィスは清澄白河オフィスに引っ越しする予定です。

今までのようには参拝できないかな~、としばらく感慨に浸っていました。


さあ、今月も安全作業で宜しくお願いします。


本日不同沈下修正工事を着工した現場です。


この狭い敷地を掘削して耐圧版工法の施工をします。


建物はべた基礎で基礎は外側に出ていないのですが、フェンスが乗るCB塀の基礎が出ているため、実質的な施工範囲幅は約30センチ。

それでも、家上げ職人は元気いっぱい取り掛かりました。


頼もしい仲間達です。


今日は静岡県で不同沈下した建物の調査です。


朝早く西葛西オフィスを出発して雨の現場に到着。外周を中心に沈下レベルの測定をしました。雨が降り続いているため、測定値の整理は車中で行います。福島さんが慎重に清書しています。



ボーリング調査調査会社さんも、雨の中頑張っています。


沈下レベル結果と、クラック等の状況、地盤調査データを元に、原因の究明・修正工法の検討・基礎損傷の復旧補強の検討を行います。


今日から4月。新年度始まりでもあり、気が引き締まる一日です。


一日恒例の安全祈願参拝は、東京事務所の最寄りの神社でもある「福徳神社」に参拝しました。


芽吹神社とも呼ばれる神社ですが、千年以上前からこの地に鎮座していたと伝えられ、徳川家康公も参拝されたそうです。



最近では、蒼井優の宝くじCMの舞台になった神社です。



参道の位置にあるビルの谷間の通路は、春らしい設えです。



近くの日本橋たもとの桜は満開。毎年のことですが、四月一日の安全祈願参拝は、桜満開で元気になる参拝です。



今月も、今期も、より一層安全作業で頑張っていきます。宜しく、お願いします。


東京事務所近くの「日本橋さくら通り」、満開までもう一息です。



満開の桜は白いイメージがありますが、つぼみの時はピンク色なのですね。


これはこれできれいです。


冬の間は、現場仕事は大変なのですが、ようやく暖かくなってきました。


桜が満開になると、日没も遅くなり、暑くも寒くもない、現場作業がはかどる季節となります。


さあ、仕事仕事!!!