子育て絵本アドバイザー 中尾 敦子(兵庫県)の絵本×音楽の楽しい日々♪

大人のための、絵本を使った癒しのワーク講座を開催しています♪

≪ お問い合わせ先 ≫

絵本講座・絵本セラピー(R)のご依頼など、
お問い合わせはこちらまで♪


中尾 敦子
メール acchan320@gmail.com




≪ 今後の絵本講座・イベントのお知らせ ≫

※詳細はブログ記事や上部リンク「絵本講座・イベント」をご覧ください♪




【和田山子育て学習センター 絵本講座&絵本セラピー(R)】

■日時:1月25日(水) 
10時~11時30分

■内容:絵本講座「読み聞かせがはぐくむ豊かな心」&
「絵本セラピー®~大切なもの~」

■講師:中尾 敦子(子育て絵本アドバイザー®&絵本セラピスト®)

■会場:和田山子育て学習センター(和田山公民館内)

■参加費:無料


※前半は、自分らしく、楽しく子育てするための「絵本講座」、
後半は、お母さん自身の心にそっと寄り添い、元気付けられる「絵本セラピー®講座」です♪




~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~




「魅力あふれる絵本選び&効果的な読み聞かせ方講座」

「大人のための癒しの絵本セラピー(R)講座」

「ISD個性心理学を使ったコミュニケーションアップ講座」


などを、随時開催しております♪

講座のご依頼など、
お問い合わせはこちらまで♪

メール acchan320@gmail.com

子育て絵本アドバイザー(R)
絵本セラピスト(R)
ISD個性心理学インストラクター

中尾敦子


~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~



【ISD個性心理学を使った、個別セッションを始めました♪】

「ISD個性心理学」とは、「動物占い」が進化し、
あなたの本質・表面・意思・レール・能力・リズムなどを総合的に診断する、
生年月日を基にした統計心理学です♪

自分を知り、相手を知り、自分と相手との違いを知ることによって、
家族の、パートナーとの、職場内でのコミュニケーション改善に
役立ちます。

「総合分析」「あなたの本質」「適正能力」シートつき、合計お一人様5,000円のところ・・・。

ただ今、お試し価格!

●お二人分3,000円、
●一家族(四人以内)5,000円
(五名様以上は要相談)

対面(お近くの方)又はお電話・スカイプでのカウンセリング付きで、
セッションをさせて頂きます♪

お名前(ふりがな)・生年月日(出来れば生まれた時間も)が必要となります。

お問い合わせ先はこちら♪
メール acchan320@gmail.com
件名「家族診断」
ISD個性心理学インストラクター 中尾敦子まで♪

テーマ:

絵本「しろくまのそだてかた」(うつみのりこ作・飛鳥新社)の作者の

うつみのりこさんから、

昨年、ご自身が書かれた絵本についてのメッセージをいただきました・・・!

 

うつみのりこさんのブログはこちら♪

 

 

 

私がこの絵本を読んで最初に感じたのは、

「ああ、私の末娘が教えてくれたことが、

いっぱい詰まった絵本だわピンクハート

ということでした照れ

 

私には3人の子どもがおり、

末娘は現在、小学2年生。

 

末っ子ということもあり、とっても甘えん坊で、

今でも「ママ大好き!」と言ってくれたり、

抱っこしてくれたりと、

私を幸せな気持ちにしてくれるんです爆笑

 

私が忙しくて、ついイライラして大きな声を出してしまうと、

「ママ、怒らないで~!

いつものやさしいママに戻って~!」

と言うほどです(笑)

 

そう言われると、私は気が抜けて、

イライラした気持ちもどこかへ吹き飛んでしまうんですよね~ウインク

 

 

その娘と一緒に、

この絵本を読んでみると・・・

 

「ないたときは とにかく ぎゅっと だきしめて」

のページで、娘は、

私をギュッと抱きしめてくれて。

 

「なにより だっこが すきなんです」

のページでは、

娘が「私も抱っこが大好き~♪」と、

私に抱きついてくれたんですラブラブ

 

そして、

娘は「私もママの笑顔が一番好き~!」

と、満面の笑顔で言ってくれました爆  笑

 

 

娘にとっては、

「自分の素直な気持ちをそのまま表現してくれる、

とってもうれしい絵本」、だったようです♪

 

そして私にとっても、

子育てをする楽しさ、うれしさが実感できて、

ほっと安心できるような、

あったかい気持ちになれる絵本でした照れ

 

もちろん、中にはこういうことをなかなか言ってくれないお子さんも

多いと思いますが・・・。

(うちの上の子も言ってくれません~ぼけー

 

それでも、子どもはみんな、

「お父さん・お母さんのだっこが大好きピンクハート

「笑顔が一番好きピンクハート

 

これは誰もが望んでいることなのではないかな?

と思います。

 

だけどつい、忙しくて・・・、

つい、「後でね!」と言ってしまって・・・。

ほんの数秒の「だっこの時間」さえ削ってしまったり、

「最近笑ってないな・・・。」

なんて感じてしまうのは、

悲しいですよね・・・ショボーン

 

だから、1日5分でも、10分でもいい。

 

「親子で絵本を読む時間」を作って、

子どもとスキンシップをとったり、

子どもと笑い合う時間を、

意識して取るようにしてほしいな、と思いますウインク

 

この絵本は、「親のために描かれた絵本」のようにも取れますが、

私は、

「子育てを通じて、子どもからもらえる幸せ」を

感じることができる、

素直な気持ちになれる、

親子で気持ちを確かめあえる絵本なのでは?、と感じています爆  笑

 

ぜひ、手に取ってみてくださいねニコニコ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます鏡餅

本年もどうぞよろしくお願いいたします絵馬

 

さて、私が12期生(平成27年)「絵本講師養成講座」を受講しました

NPO法人「絵本で子育て」センター では、

年6回、「絵本フォーラム」という冊子を発行されているのですが・・・。

 

2017年1月10日発行 第110号の「わたしの絵本体験記」に、

私の記事を載せていただきました~カナヘイうさぎ

 

 

以下、私の記事の部分を転載いたしますねウインク

 

ここから

↓↓↓

 

絵本フォーラム わたしの絵本体験記 

「子どもからもらう幸せ」

 

 私は以前、子どもとどうやって接したらいいのかが分かりませんでした。

自分の子どもが生まれて、赤ちゃんとどうやって遊んだらいいんだろう?と思った時に

「絵本は子育てにいい」という話を聞き、

まだ0歳でしたが、150冊ほどの「良質絵本セット」を一気に購入しました。

 

手の届く所に沢山の絵本がある環境。

これがとても良かったようで、

私も子どもも、どんどん絵本が好きになっていき、

抱っこしながら、一緒に寝転びながらの絵本タイムはとても楽しいひとときとなりました。

 

「はじめてのおつかい」

「しょうぼうじどうしゃじぷた」

などのお気に入りの絵本は、私も子どもも文章を全て覚えてしまうほどでした!

 

 

 

 

 

 

「ばばばあちゃん」シリーズ(さとうわきこ作・福音館)も大好きで、

私の祖母の姿と重なったらしく、

子ども達は曽祖母を「ばばばあちゃん!」「ばばぁばあちゃん!」と呼んでいました(笑)

 

 

 

 

 

 

末娘はもう小学2年生ですが、

今でも「セリフを交代で読もうよ!」と言ったりして、

親子での絵本タイムを楽しんでいます。

 

先日「しろくまのそだてかた」(うつみのりこ作・飛鳥新社)を読んだ時には、

しろくまは抱っこやあなたの笑顔が好き、のページで、

娘が「私もママの笑顔が一番好き~。」と、

ぎゅっと私に抱きついてきてくれました♪

 

 

 

絵本を通して私自身が、子どもから沢山の愛情と幸せをもらっているんだと

改めて気づき、とても嬉しくなりました。

 

絵本を通して子育てする楽しさや子どもからもらっている幸せを、

沢山の方に知っていただけたらと思っています。

 

中尾敦子(兵庫県朝来市)

 

↑↑

ここまで。

 

最後にご紹介した「しろくまのそだてかた」は、

次の記事でもご紹介しますが、

ほっと心温まる、

子育てに関わる方にお勧めの絵本ですよ~ラブラブ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

絵本作家 くすのきしげのりさんの講演会に行ってきました爆  笑
すっごく良かったです~照れ
(昨日、学校厚生会主催にて♪)

 

「一人一人が みんなたいせつ
~子どもの心に気づくとき~」

と題して、
子どもの心にも、そして大人の心にも響く
「物語る力のある作品」を目指しておられること。

 

くすのきさんの作品には、
魔法もファンタジーも出てこないけれど、
日常の出来事の中で揺れ動く心模様を
丁寧に描かれているお話
など・・・。

 

まさに、「共感」・・・!!


一人ひとりの心に寄り添い、掘り下げ、
周りの人の心の温かさに気づかせてくれる
くすのきさんの作品たちに、
多くの人たちが共感し、感銘を受け、
読み継がれているのが分かりましたキラキラ

 

そしてスクリーンに絵本を映して、
たくさんの絵本の読みきかせをして下さいましたピンクハート

 

「おかあしゃん。 はあい。」

 

 

「おこだてませんように」

 

 

「ええところ」

 

ええところええところ
1,404円
Amazon

 

「ふくびき」

 

ふくびきふくびき
1,620円
Amazon

 

「ぼくのジィちゃん」

 

 

「Life ライフ」

 

Life(ライフ)Life(ライフ)
1,404円
Amazon

 


などなど、私も大好きな絵本ばかり♪♪

 

知っている絵本でも、
読んでもらうことで絵本の世界に浸れて、
いっぱい笑って、
いっぱい涙して、
いっぱい感動しましたピンクハート

 

サイン会でもにこやかに対応してくださって♪
本当に本当に、素敵な時間をありがとうございました爆笑

 

 

 

新刊の「あなたの一日が世界を変える」も、
早速注文しました!
くすのきさんご自身が生死の境をさまよった際に、
自分自身に毎日問いかけた、10の質問のお話だそうです。
届くのが楽しみです。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「物語の背景にあるものは?」
10日、永田萠先生(イラストレーター・絵本作家)をお呼びしての講演会
無事に終了しました爆笑

 

 

私たち小学校読み聞かせボランティアたちのグループ「あさごおはなしねっと」の主催で、
たくさんの方たちに受付・駐車場係・司会・案内係などをお世話になり、
ロビーには今までの活動パネル(第1回~7回おはなしフェスティバル)の展示もおこないました爆  笑

 

 

一昨年、いつか有名な作家さんを呼んでみたいね~と話していたのが、
ついに実現
しましたクラッカー


協力してくれた皆さま、ご来場下さった皆さま、
本当にありがとうございました・・・!

 

永田萠先生は、小柄ながらもとってもにこやかでしっかりとされた方で。
ますますファンになりましたニコニコ

 

講演会は「夢見る力が育んだもの」と題して、
先生が挿絵を描かれた絵本
「赤いろうそくと人魚」
「人魚姫」
を大きくスクリーンに映しての朗読も
して下さいました!

 

 

 

 

大きく映し出された先生のイラストが、

本当に美しくて、
物語の世界にゆったりと浸ることが出来ました照れ

 

講演会では、この物語を作った作家さんのお話、
人魚姫の思いや文に描かれていない部分にまで

想いを馳せてイラストに描ききることなど、
先生の熱い想い
が伝わってきました。

 

2つとも「人魚」が出てくるお話だけど、
捉え方は全く違ったり・・・。

 

どちらもハッピーエンドではないお話の中で、
作者が訴えたかったものは何だろう・・・?


人間って本当はどういうもの・・・?
愛を守り抜くことって・・・?

 

そんな深い所まで、物語を通して考えさせられる、
とっても素敵な講演会でしたニコ

 

「赤いろうそくと人魚」では
最初は愛にあふれていた老夫婦が、
どうして変わってしまったのか・・・!?


「子どもにどうして?と聞かれたときに、
あなたなりに答えられるように考えておいて欲しい」
と先生。

 

本当に、そうですね・・・。
(ぜひ作品を読んでみて下さい~♪)

 

 

 

物語の背景にあるものに、
もっと想いを馳せてみようと思いました。


本当にありがとうございましたドキドキ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月1日、小学校読み聞かせボランティアの活動として、
年1回の昼休みおはなしイベントを開催しました~♪

 

パネルシアター「りんごがたべたいねずみくん」は、

次々と出てくる動物たちがりんごをとっていくけれど、

ねずみくんには長い鼻も木を揺らす力もないし・・・というお話。

 

でも最後にはあしか君と協力して、

ちゃーんとりんごを採ることができるんですチョキ

一人では無理なことでも、

仲間がいれば、

協力しあうことで、

不可能を可能にすることが出来るんですよねクラッカー

 

動物たちのしぐさや最後のあしか君の動作に、

子どもたちも大喜びしてくれましたよ~爆  笑

 

 

 

 

ペープサート「青倉さんの不思議な水」は、
この地元に伝わる昔話

 

「青倉さんの不思議な水」とは・・・


昔、山でうどが目に刺さってしまった父親を助けるため、
神様のお告げを聞いて山奥に入った息子が、
岩の陰から湧き出る水を汲んで帰り、
父親の目につけると治った・・・というお話。

 

青倉神社には、
今も奥にご神体の大きな岩と、
目の病気にいいとされる湧き水
があり、
ひと昔前までは駅から数キロの参拝者の行列が出来るほどだったそうです・・・!

 

ほとんどの子が

「行ったことがある~!でもそんなお話があったんだ~!」と、

興味深々に聞いてくれて、

とっても嬉しくなりました爆笑

 

地元に伝わる昔話を、

こういう形ででも、ずっと伝えていけたら嬉しいな、と思いますガーベラ

 

 

見に来てくれた子どもたち、先生方、
読み聞かせボランティアのみんな、

本当にありがとうございました爆笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)