将棋界の気になるつぶやき






新しい将棋サイトをOPEN!


『 慶春onLINE 』

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月29日

本日は第29期竜王戦決勝トーナメント/準決勝「丸山九段-深浦九段」

テーマ:ブログ
第29期竜王戦中継サイト  

決勝トーナメント表  

中継ブログ  



居飛車の戦略家対決。。



本日の将棋界では

第29期竜王戦決勝トーナメントの準決勝

注目の「丸山忠久九段-深浦康市九段」が

東京・将棋会館にて行われてます。



2


2手目△3四歩。


上図での持ち駒


▲丸山九段: なし

△深浦九段: なし


振り駒の結果

先手となった丸山九段の初手は▲7六歩。

対します、深浦九段も2手目に同じく角道を開ける

△3四歩と返して、対局はスタートとなりました。。



6


6手目△8五歩。


上図での持ち駒


▲丸山九段: なし

△深浦九段: なし


次に両者は息を合わせて飛車先を決め

「横歩取り」を目指す序盤の出だしに。。


15

15手目▲3四飛。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩3

△深浦九段: 歩2


そのまま一気に定跡手順で進行し

互いに飛車先で歩を交換してから、丸山九段が

2筋に浮いた飛車でお隣り3筋の歩をかすめとり

戦型は「横歩取り」に決定。。


上図から次に

深浦九段は3筋に回った先手の飛車先を

角で受けます(16手目△3三角)。。



23


23手目▲6八玉。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩2


飛車を8四の地点に引いてから

玉を立てた深浦九段に対して(22手目△5二玉)

丸山九段は追随はせず、「△6八玉型」を採用。。



29


29手目▲5九金。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩2


深浦九段が流行形である

自陣の右側に「美濃囲い」を築くと

丸山九段は自陣の中央に「美濃囲い」を築き

まずは玉の安定化を図ります。。



32

32手目△7五歩。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩2


先に仕掛けたのは、深浦九段。

丸山九段が玉を最下段に下げた(31手目△6九玉)

次の瞬間、7筋の歩を突き合わせました。。



33


33手目▲1七桂。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩2


しかし、丸山九段は

突き合わされた歩を取り込むことなく
右の桂馬を1筋へと跳ね、力を溜めます。。


この局面で午前の対局は終了となり

お昼休憩に突入。。


【 お昼のオーダー 】


丸山九段: 天ざるそば

深浦九段: なし



34


34手目△3八歩。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩


午後の対局開始の一手で

深浦九段は敵陣3筋に嫌らしく歩を垂らし

陣形を乱しにかかります。。


この手をみて、丸山九段は長考へ。。



35


35手目▲2二歩。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩

△深浦九段: 歩


1時間35分に及ぶ大長考の末

丸山九段も敵陣2筋に熱く歩を叩き込み

「激辛流」の本領発揮。。

深浦九段に△同金(36手目)と取らせてから

7筋の歩を取りこみました(37手目▲7五歩)。。



40


40手目△6五桂。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩3

△深浦九段: 歩2


一方の深浦九段は

3筋に垂らした歩を成り捨ててから

右の桂馬を二度目の跳躍。。


「横歩取り」の主役である

桂馬を起点に攻勢を強めて行きます。。


上図から、以下

▲7六飛~△2四飛~▲2五歩~△4八銀に

下図46手目△5七桂成と進行。。



46


46手目△5七桂成。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 歩2

△深浦九段: 歩3


深浦九段はウォーミングアップがてらに

浮き飛車を左右に振ってから5筋に合わせると

その先に桂馬を飛び込み、強く踏み込みます。。



51

51手目▲6八銀。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 角、歩

△深浦九段: 角、歩4


守勢に回った丸山九段は

後手の飛車先で角交換を成立させてから

何とか中央突破阻止にかかります。。



55


55手目▲8二角。


上図での持ち駒


▲丸山九段: 桂、歩

△深浦九段: 角、銀、歩4


丸山九段が敵陣に手持ちの角を打ち込んだ

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩に突入。。



【 夕食のオーダー 】


丸山九段: ヒレカツ定食、赤だし

深浦九段: なし



「丸山九段-深浦九段」の棋譜中継はこちら



現局面では後手良さ気。。

丸山九段としては得意の激戦に持ち込み

終盤勝負に持ち込みたいところ。。


深浦九段の豪腕が炸裂するか。。

「激辛流」丸山九段の反撃なるか。。


将棋界屈指の実力者同士の

終盤のねじり合いは必見であります。。




□□□


羽生三冠の今期成績一覧


王位戦/第2局・一日目の所感


守るのか、攻めるのか。。



慶春onLINE








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月29日

第57期王位戦7番勝負/第2局「終局直後」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト

中継ブログ


【 投了図・106手目△5七角成 】


106


投了図での持ち駒


▲木村八段: 飛2、角、金、銀、香、歩4

△羽生王位: 金2、歩2


昨日、決着をみました

注目の 第57期王位戦7番勝負/第2局は

上図106手までで、後手・羽生王位が勝利。



「羽生王位完勝、番勝負は振り出しに」



得意の「矢倉」で完勝を飾った

羽生王位が今シリーズ初勝利を飾り

番勝負は1勝1敗の振り出しに戻りました。



【 終局直後 】


羽生王位


── 一局を振り返っていかがでしたか?


早い段階で駒がぶつかって、ちょっと

まとめ方が難しい将棋になってしまったかなと

思いました。



26


26手目△7五歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


── 封じ手あたりの印象は?




49


49手目▲5八飛。

(この局面で、羽生王位が次の手を封じる)


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩2

△羽生王位: 歩



こちらの大駒が使いにくいので

うまく手ができればいいかなと思ったのですが

自信がない将棋になってしまいました。



── その後、4七に成銀(66手目)ができて

5一に飛車が回った(50手目)あたりは?


70  


70手目△5一飛。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩4

△羽生王位: 角、歩


すごい長い将棋になる可能性もありましたし

本譜のような攻め合いも、よく分からなかったです。

ずっと形勢ははっきりしないと思っていました。


── どのあたりで勝ちを意識しましたか?


△7五香(86手目)を打ったあたりは

面白くなったかなと思いました。



86  


86手目△7五香。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、銀、歩5

△羽生王位: 角、金、歩




完勝で初白星  



木村八段


── 封じ手あたりは、積極的に動かれましたが?



50  


50手目△2二玉(羽生王位の封じ手)。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩2

△羽生王位: 歩


前例があるのを工夫したつもりでしたが

結果的につまらなくしてしまったかもしれませね。


ただ意外と大変なんじゃないかと思って

ついていくつもりで指していたのですが、結局

少し足りなかったです。



── 飛車を成った(61手目▲5二飛成)あたりは?



61  


61手目▲5二飛成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩2

△羽生王位: 角、歩2


勢い重視だったのですが

勢いだけで終わってしまいましたね。

ちょっと作戦が反省点でしょうか。




積極策が裏目に。。  



王位戦/第2局の棋譜中継はこちら




□□□


羽生三冠の今期成績一覧


王位戦/第2局・一日目の所感


守るのか、攻めるのか。。



慶春onLINE






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月28日

第57期王位戦7番勝負/第2局「羽生王位完勝、番勝負は振り出しに」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト

中継ブログ


6連覇を目指す羽生善治王位に

木村一基八段が挑戦する、第57期王位戦7番勝負。

開幕戦を木村八段が制して迎えた注目の第2局が

昨日より、兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」にて開幕。。



第57期王位戦/第2局



王位戦/第2局・柔らかいプレビュー   


第2局の先手は木村八段。

開幕連勝へ意気あがる本局の初手は

普段通りに角道を開く▲7六歩から。。


2


2手目△8四歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


対します、羽生王位は

2手目に飛車先を突く△8四歩と返して

対局はスタートとなりました。。


早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

先手の作戦が明らかとなるのが、次の3手目。


木村八段は生粋の居飛車党。

▲6八銀なら「矢倉」、▲2六歩なら「角換わり」が

それぞれ有力となりますが。。


3


3手目▲6八銀。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


木村八段は3手目▲6八銀とし

十八番に据える「矢倉」を指向しました。。


10


10手目△4二銀。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


羽生王位も先手の駒組みに追随。

いざ、「相矢倉」を目指す序盤の出だしに。。



13


13手目▲6七金。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし
△羽生王位: なし


先に動いたのは、木村八段。

左の金を保留したまま右の金を自陣三段目へと

繰り上げ、現在流行中の「早囲い矢倉」投入を示唆。。


18


18手目△7四歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


着々と「早囲い」の準備を進める

木村八段に対して、正調に駒組みを進める

羽生王位は上図の局面で7筋の歩を突いて

「早囲い」対策の常套手段「急戦」投入を示唆。。


26


26手目△7五歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


木村八段が居玉を解除した(25手目▲4八玉)

次の瞬間、羽生王位は7筋の歩を突き合わせ

狙いすました仕掛けを開始しました。。


しかし。。



37


37手目▲3五歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩

△羽生王位: 歩


木村八段は受けには回らず、強気に応戦。

戦場で揉み合う、激しい展開となりました。。



「力を溜めて。。封じ手は羽生王位」



【 一日目終了図・49手目▲5八飛 】


49


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩2

△木村八段: 歩


一日は上図49手目まで進行。

木村八段が焦点の5筋に飛車を振った局面で

羽生王位の考慮中に終了時刻(午後6時)となり

そのまま次のてを封じて、一日目終了となりました。。


一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。。


50


50手目△2二玉。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩2

△羽生王位: 歩


注目の羽生王位の「封じ手」は

大方の予想通り、最も自然な△2二玉。。

まずは「矢倉囲い」の中へ玉を入城させて

自陣の駒組みを完成させました。。



51


51手目▲7四歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩

△羽生王位: 歩


羽生王位の「封じ手」をみて

木村八段は7分の考慮ので気息を整えてから

7筋に歩を垂らし、攻勢を強めます。。


次に、羽生王位が

飛車を構えた9筋の歩を突くと。。

(52手目△9四歩)



53

53手目▲5四歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩2

△羽生王位: 歩


木村八段は突き合わされたままだった

5筋の歩を、このタイミングで取り込みます。。


羽生王位は△同銀(54手目)で歩を払い、以下

▲5五銀~△4五銀~▲6六銀引~△3六銀に

下図59手目▲9一角成と進行。。



59


59手目▲9一角成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩2

△羽生王位: 歩2


羽生王位が銀交換には応じず

先手の角目掛けて斜めに勢い良く銀を繰り出すと

木村八段はギリギリまで引き寄せてから、ズバッと

角を後手陣に飛び込ませて、香車を捕獲。。


羽生王位に飛車で馬を取らせてから。。

(60手目△同飛)



61


61手目▲5二飛成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩2

△羽生王位: 角、歩2


木村八段は飛車を走らせ

狙いの中央突破に成功しました。。


この局面で

切りよく午前の対局は終了となり

お昼休憩に突入。。


【 お昼のメニュー  】


木村八段: 玉子とじそば膳

羽生王位: 肉うどん膳


62

62手目△7六歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩2

△羽生王位: 角、歩


午後の対局開始の一手で

羽生王位は7筋で先手の銀を歩で叩き

反撃の狼煙を上げます。。



66

66手目△4七銀成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩4

△羽生王位: 角、歩


木村八段が▲同銀(63手目)で応じると

羽生王位はもう一発叩きを入れて(64手目△7五歩)

さらに木村銀を吊り上げてから(65手目▲同銀)

先手陣4筋に銀を成り込みました。。


さらに。。



70


70手目△5一飛。


上図での持ち駒


▲木村八段: 香、歩4

△羽生王位: 角、歩


桂馬をオトリに(68手目△9三桂)

先手の龍をおびき寄せると(69手目▲8二龍)

羽生王位は飛車を5筋に合わせて、自らも

中央突破を目指します。。



71


71手目▲5六香。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩4

△羽生王位: 角、歩


木村八段は香車を打ち込み

羽生王位の中央突破の阻止に出ますが

以下、△5五歩~▲同香~△同飛~▲同銀に

△7五角~▲6六銀~下図78手目△4二角と進行。。



78


78手目△4二角。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、歩5

△羽生王位: 角、銀、香


羽生王位は香車との交換で飛車を切り

さらには角で銀を捕獲。。。


後手が角を自陣へと引き戻し

手番を握った木村八段は上図から次に

5筋に歩を打ち込みますが(79手目▲5三歩)。。



80

80手目△5八銀。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、歩4

△羽生王位: 角、香


羽生王位は構うことなく

手持ちの銀を先手陣へと打ち込み

終盤戦突入を高らかに宣言します。。



この手をみて、木村八段は。。



81


81手目▲2三歩成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、歩5

△羽生王位: 角、香


果敢に2筋の歩を取りこみ

攻め合いでの勝負に打ってでました。。



88

88手目△5五角。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、銀、香、歩5

△羽生王位: 金、歩


そのまま激しい撃ち合いとなりますが

羽生王位は天王山5筋の位に絶好の角打ち

龍取りと左右の香取りを仕掛けます。。


木村八段が銀を引いて

この角に当てると(89手目▲6六銀)

羽生王位はノータイムで龍を捕獲(90手目8二馬)

攻防の主導権を握ります。。


98


98手目△6九飛成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 飛、角、金、銀、香、歩3

△羽生王位: 金、歩2


龍を抜かれた木村八段は

小駒で反撃するも事実上の形作りに留まり

最終盤戦は羽生王位の独壇場。。


迫力満点の攻めで、木村玉へと迫ります。。


王位戦/第2局の棋譜中継はこちら



【 投了図・106手目△5七角成 】


106


投了図での持ち駒


▲木村八段: 飛2、角、金、銀、香、歩4

△羽生王位: 金2、歩2


羽生王位の圧倒的な寄せの前に

上図の局面をみて木村八段、無念の投了。。


後手番で強さを存分にみせつけた

羽生王位が完勝で、番勝負初白星を飾りました。。



□□□


王位戦/第2局・一日目の所感と封じ手予想


守るのか、攻めるのか。。



慶春onLINE








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。