ざっくりとBLCD感想。

テーマ:

こんにちは。

最近ゲームしてないよ?って話はしましたが、アプリできゅんドキドキをいただけるのか?って思うじゃない?

「スタンドマイヒーローズ」これ、すごいからwww

カードストーリーが年齢制限に引っかかる寸前?いや、かなり爆死?するくらいには!!

メインストーリーで付き合うまでの過程が配信されているキャラは7人なんですけど、全員読んで私の一推しキャラは今大路峻です。

王子様キャラ・・・・えっ?嘘?いやいや、王子だから!的な?www

ちなみにパズルゲーです。時間めっちゃかかります←

もう一つの方は課金してシナリオ読む感じらしいので、やっぱパズルしながらがんばってます。

 

さーて、予定通りびーえる作品感想いってみようかぁ。

びーえるはジャケットきわどい作品はわりとやっぱりエッチぃなぁって印象があります。

そういうの全然無理っていう人でもキスまでしかない作品もありますし、初心者向けCDもいっぱいありますので毛嫌いせずに?お付き合いください。

ちなみに私はやっぱりゲームシナリオと一緒で「大人CD」も「びーえる」も付き合う過程がしっかり見える作品が好きです。

あっ、ということでジャケ載せるの面倒だし、きわどいのはちょっと・・・

なのでタイトルだけで(((*ノд`*)

また、コミックからのCD化が多いの全部原作未読です。というわけで、お話の感想というよりはキャスト様の感想となってます。

 

 

「伸るか反るか」

安元洋貴さん×佐藤拓也さん

40歳の同級生の二人。20年来の親友からって設定なの。

さすがに大人?おじさん?なので落ち着いているんだけど、南海(さとたく)がどうしてもワンコに思えて、超かわいいの!!

可愛いおじさんのさとたくを欲しているなら、これオススメ。

 

 

「カラーレシピ」

興津和幸さん×内田雄馬さん

サブに村瀬くん、山中さん、千葉さんなんですけど

この千葉さんキャラが?千葉さんの演技がキモくてねwwwすごいなぁ

脇キャラに上手い人が固められていてもメインたちは負けずと素晴らしかったです。興津さんはすごいなぁとしみじみ思った作品です。

普通に王道作品なのかと思いきや・・・最後の告白にびっくりさせられ、印象に残っています。

 

 

「愛の裁きを受けろ!」

興津和幸さん×斎藤壮馬さん

サブに松岡さん、平川さん、そしてわれらの中島ヨシキさんですかね。

虫擬人化。虫・・・すごいですね。発想力っていうか、すごいですね(2度言ってみた)

ちょっとハードな場面が多々ありなので初心者には向いていないのか?

ストーリーもう切なくてね・・・。そして陶也(興津さんキャラ)のカッコいいこと!!でも虫だからwww

これ、平川さん×松岡さんの「愛の罠にはまれ!」も出てるので、機会があればレンタルしてこようかなぁ?

 

 

「眠り男と恋男」

新垣樽助さん×佐藤拓也さん

眠りながら隣にいる人とセックスしてしまう奇病・・・設定がぶっ飛んでるwww

そんなノンケのロイス(樽様)とジェード(ツンデレさとたく♡)のお話。

ツンデレスキーの私がキャストさとたくで萌え?燃え?ないわけがない!!

ただ日本じゃないのがね・・・。名前カタカナなのがねwww

そして公式特典のキャストトークがまた楽しくて、夜中にブハッと笑ってしま

いました。

安心して聞けるキャストトーク!!最高っす!!

 

 

「キャンディミルク」

佐藤拓也さん×野島裕史さんと興津和幸さん×村瀬歩さん

2枚組ですが、2CPなのでそんなに長い感じはしなかったかな?

SMプレイあり?サブのM、ミルク役に寺島淳太さん

さとたくさんと野島兄さんのCPは反対でもたぶんイケるよね?でも、攻めの低音さとたくもたまらないぃぃ。そんでもってかなりのツン!!しかもドSだからねーーー!!

 

 

「ポルノグラファー」

古川慎さん×新垣樽助さん

ポルノ小説家の口述筆記。すごい設定ですねーってさっきから言ってるようなwwwポルノ小説家の実験愛玩具っていうのは大人CDであったけど。

これ聞いたのずいぶん前であんまり覚えてないけどまこっちゃん目当てで聴いたNちゃんが絡みなかったって言っていたので、ないのかも?

でもまこっちゃんの自慰シーンはエロかったよ!!あと、ポルノ小説の口述なので樽様の読み方は棒読みなんだけど、色気がダダ漏れててセクスィーすぎてですね。絡みがなくてもエロい作品だと思います

 

 

「花椿秘恋唄~100年先まで」

立花慎之介さん×佐藤拓也さん(リバースあり)

泣きました!!ボロボロ涙流れました。

お話、すごくいいです。感想とかいらないっ

でも初心者向けではないかも!!なんて言っても男花魁ですからねー!!しかもリバありだから。ほとんどは桐生(さとたく)目線の語りです。

ってことで、特典キャストトーク話題でwww

まず本編に入ってるキャストトークで慎様は例の花魁写真をスタッフやさとたくに見せるという。自由だなぁ(笑)

で特典の方はガラっと趣旨は変わり?相変わらず、物欲がありあまってる慎様と賑やかなこと大好きなさとたくの和気あいあいとしたキャストトークでした。後輩←さとたくに悶えれるかも!?

 

 

あと「男子高校生、はじめての」セカンドシーズンアフターストーリー」と「恋とはバカであることだ」は短編なので聴いたけど感想省略←

わりと珍しいメンバーも参加しているのでフリートークで意外な一面を見れました。

 

 

「生意気ヒエラルキー」

島崎信長さん×江口拓也さん

ツンツンのみっきー(信長君)の語り。えぐの声が私の大好きトーン(ちょい可愛い高め)です。

ほのぼのとしたストーリーですが、もうね、絶対攻めると思っていた唯(えぐ)がみっきーに攻められたのは笑ったなぁ。

 

 

「僕らの恋と青春のすべて case:02 同級生の僕ら」

古川慎さん×小林裕介さん

小林くんキャラが「誠」なんですよ!なので、キャスト古川君の名前と被ってるーーwww

高校生ストーリーなので、まぁ←

これもあんまり覚えてなくて、でもどっちも目線の語りがあってそういうの大好きなのでよかったなぁって思った記憶が!!

 

 

というわけで11月、12月に発売された作品で聴いたもの感想です。

それでは次は1月~の感想書こうかなぁって思ってます。このスパンで書けたら昔の私だwwwでは、まったね~!

 

 

 

 

 

 

AD