社長らしい男の、社長らしくないブログ

札幌一小さい広告代理店の一人社員一人社長・溝手孝司のブログ。広告、イベント、アフィリエイトや仕事や日常やソフトバンクホークス、札幌駅ランチの事を書いています。


テーマ:

何度か書いていますが、

20代のころ演劇をやっていました。

 

芝居が好きだったわけでも

舞台に憧れがあったわけでもなく

 

むしろ演劇を十代のころに一度も見たことがなかったし

芝居ってものの知識がほぼなかったにもかかわらず

 

20歳から25歳までのおよそ5年間

札幌で演劇をやっていました。

 

演劇をやっていた理由は創作の仕事がしたかったから。

 

放送なり、出版なりの業界で働きたかった。

 

だけど高卒でタダのフリーターの自分には

そんな仕事は回ってこない。

 

そんな時にできる創作活動と言えば

自主○○

 

バンドを作ってライヴハウスで演奏したり

自主製作映画を作って上演会を開いたり

踊りの世界や美術の世界

コミケの世界なんかもありますわな。

 

しかし溝手は

歌も歌えないし楽器も弾けない

踊りも出来なければ撮影の機材も持っていない

絵心もないしね。

 

そんな消去法から選んだのが演劇だった

・・・って書くと、本気で演劇やってる人から怒られるよね。

 

まぁそんな生半可な気持ちでやってたから

人気も出なかったし、芝居じゃ食えなかったのだが

 

なんやかんや5年間

本書いたり舞台作ったり

演技したり喋ったりのキャリアのおかげで

 

25歳の時にラジオパーソナリティになれて

30歳の時に雑誌のライターになれた。

 

放送や出版の仕事をしたいから演劇を始めた。

 

20歳の時そういったら

「なんで???」

と多くの人に言われたが

とりあえずは5年間続けた先に

やりたい仕事はできたわけだ。

 

あの頃はインターネットなんてものが存在していなかった。

 

だからやりたいことを表現するためには

リアルに動かなければいけないわけだ。

 

そして時間もかかる。

 

もし・・・自分が今二十歳だったら。

 

20歳の時にインターネットが普及されていたら

 

劇場を借りて演劇をするという作業ではなく

インターネットの中に自分の創作活動の場を探したであろう。

 

まぁ、一億総表現者である今と

限られた人しか創作活動をしていなかった昔との差があるから

 

二十歳から創作活動をしたところで飯が食えるようになったかはわからないが、

 

少なくても結果はリアルにやっていたころよりも早いだろう。

 

 

 

そして

 

「まだ若いから」

「もう歳だから」

 

はインターネットの中にはない。

 

小学生からだってブログをはじめられるし

70歳からだってせどりをスタートできる。

 

自分のしたいことをインターネットで始め

仲間を増やしたり

ファンを増やしたり

そして収入だって得られる。

 

あなたが何歳でも

何の仕事をしていても

 

たった今から新たなステージを展開できる。

 

それがインターネットです。

 

そんな展開の方法

成功するためのテクニック。

 

2月26日札幌でお話しします。

自分の特技や好きなことをお金に変えるインターネット大活用法

 

札幌じゃいけないけど話が聞きたい、その方法が知りたいという方は

コチラからお問い合わせください

 

PS

写真は25歳の時、シナリオで札幌市民芸術祭の奨励賞をもらった時の取材記事。

23年前。若すぎるぜ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。