自灯明寺

釈 正輪 オフィシャルブログ


テーマ:

【釈正輪メルマガ1月6日号】日々是好日


(2015/1/6配信)

【有無同然】
 
 陽春の候。謹んで新年のお慶びとともに、皆様におかれましては今年も恙無き1年でありますよう祈念申し上げます。
 
                                                  合掌


 
 現代の私たちはあれもこれもあり、少し努力すれば何でも手に入ります。しかしそれでいて心は満たされず、いつも寂しさの喪失感がただようのは何故でしょうか。
 
 私たちに足りないのは幸福の材料ではないと、お釈迦さまは教えられています。
 
 マガダ国の王・ビンバシャラと韋提希(イダイケ)夫人はある日、重臣たちから釈迦の噂を耳にします。
 
「数あるさとりの中でも、最高の仏というさとりを開かれた方。いろいろな苦しみも解決してくださると、専らの評判でございます。」
 
 王様夫婦として何もかも恵まれながら、阿闍世(アジャセ)という親不孝な子供を持ち、お先真っ暗な地獄で苦しんでいた二人に、お釈迦さまの教えを一度聞いてみたい、という心が芽生えました。法話会場に到着した王夫妻は、象に乗ったまま最後列に陣取る。庶民も金持ちも老若男女入り交じった聴衆たち。登壇された釈尊(お釈迦さま)の尊い姿を一目見て、王夫妻は心打たれました。やがて静かに説法が始まりました。
 
「人々よ。心の頭を垂れて、わが言葉を聞くがよい。人は苦をいとい幸せを求めている。だが、金を得ても財を築いても、常に苦しみ悩んでいる。王や貴族とて皆同じである。」
 
 静まり返った竹林に、釈尊の言の葉がしみ通っていきます。
 
「それは何故か。苦しみの原因を正しく知らないからである。金や名誉で苦しみはなくならぬ。無ければ、無いで苦しみ、有れば有るで苦しむ。有無同然である。毎日を不安に過ごしている。例えば、子供のない時はないことで苦しみ子供を欲しがる。しかしあればあったで、その子のために苦しむ。」
 
 ギクリとする王と韋提希夫人。
「この苦しみの原因はどこにあるのか。それは己の暗い心にある。熱病のものはどんな山海の珍味も味わえないように、暗い心の人は、どんな幸福も味わえないのだ。」
 
 二人の心に衝撃が走る。
「心の闇を解決し、苦しみから脱するには、ただ仏法を聞くよりない。この法を求めよ。心の闇が破れ、真の幸福が獲られるまで。たとえ大宇宙が火の海原になろうとも…」
 
 説法が終るや否や、ビンバシャラ王と韋提希夫人は象から降り、お釈迦さまの前へ歩み出て、恭しく合掌礼拝をしました。以後深く仏法に帰依し、真実の教えを聞くようになりました。
 
 苦しみの原因は私たちの暗い心にあります。心の暗い人はどんな幸福も味わえないのです。
 
 今年は蒙を啓き真実の人生を仏法から学んでみませんか。
 


平成二十七年(2015年)吉日
 
                                               釈 正輪 九拜

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【釈正輪メルマガ12月30日号】日々是好日


(2014/12/30配信)

【幸せを生む善行】
 
 今日十二月三十日は小晦日(こつごもり)。明日三十一日はいよいよ大晦日(おおつごもり又はおおみそか)です。皆様におかれまして、平成26年は如何な1年であったことでしょうか。
 
 私は昨年に続き、今年も人生の岐路に立たされた年でしたが、人さまの情を迷うことなく受け入れた時、生かされた感謝を、心から悦ぶことが出来るようになりました。初老の円熟も悪くはないものです。
 
 さて今年最後の法話は、布施「親切」についてお話を致します。
 
「実行すれば必ず幸せになれる」とお釈迦さまが教えられた「六度万行(ろくどまんぎょう)」別名六波羅(ろくはらみつ・ろっぱらみつ)は、仏教に説かれている多くの善を六つ「布施=親切、持戒=言行一致、忍辱=忍耐、精進=努力、禅定=反省、智慧=修養」にまとめられたものです。その第一が「布施=親切」です。
 
 どんなにささやかなことでも相手に配慮し、思いやりの心を持って行う善は、尊い布施の行となります。大切なのはその心掛けだと教えられています。
 
 過日のことでした。母子家庭の檀家様宅に年末の大祓えの祈願に伺った時のことです。奥様の仕事の都合で毎年御祈願は夕刻から致します。祈祷を終え、何時ものようにお斎「食事」を戴こうとした時でした。最終の宅配便が届き、1人娘のお嬢さんが荷物を受け取り、外灯を消そうとすると、母親は「ちょっと待って、もう少しつけておいてあげて。」と言いました。
 
 娘さんが不思議に思うと、「ほら、宅配便の車がまだ外に止まっているでしょ。我が家の周辺はこの時間になるとどの家もたいてい外灯を消すから辺りは真っ暗だから、最後まで見送ってあげないとね。」母親の優しさは娘さんにしっかり受け継がれ、今では稀に見る優しく素敵な女性に成長されていました。
 
 また先週のことです。ファミレスのトイレに入った時でした。中学生くらいの男子がティシュで便座を拭き、ゴミを拾い、散乱しているスリッパをきちんと並べていました。私は「ありがとう」と言うと、その子は一瞬驚いた様子でしたが、赤面しながらも笑顔で軽く会釈をして、さっさとトイレから出て行きました。実際に、後の人と顔を合わせるわけではないから、散らかしたままでもとがめられることはないと、大人たちは無造作に汚します。
 
 しかし、後の人が「清々しい気持ちで使えるようにしようとする気配り」は相手を思いやる親切ですから、顔の見えない相手にも気遣いができる彼はとても立派でした。人に優しい両親に育てられたことだと容易に想像ができます。
 
 このようなことは無意味なことのように思われるかもしれませんが、こんな小さな見えない親切が広がれば、きっと感謝し合える「やさしい社会」になることでしょう。
 
                                                   合掌
 
 日常のほんの小さな心掛けが、幸せへの大事な種まきとなるのです。
 
 皆様どうか、どうか、御幸せになってください。
 
                 2014年 12月30日 (月籠り)
  
       

                                                 釈 正輪 九拜

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【釈正輪メルマガ12月23日号】日々是好日

(2014/12/23配信)


【報恩謝徳】

 昨日22日は19年に一度、太陽と月と銀河の中心が同方向に並ぶ、「朔旦冬至(さくたんとうじ)の新月」でした。この現象は「復活の日」といわれ、北方亜細亜民族では「三神(チェルシン・月星太陽)」が揃う稀な現象といわれ。平安時代の陰陽暦では吉日とされ、宮中では盛大に祝宴がひらかれたといいます。またネイティヴアメリカンの人々は銀河のお正月と呼んでいるそうです。

 さて新暦では今年も残すところ9日、皆さんにとりまして如何なる年でしたでしょうか。

20日、私は滅罪消滅の祈祷儀式、修験道の秘儀『北斗妙見柴燈護摩供養』をし皆様の復活を祈念致しました。(この修法が無事に厳守できましたのも、快く場所の提供と、大変な作業の加担をしてくださいました石井家の皆様の施心があればこそです。紙幅を御借りして御礼申し上げます。)

 ところで私たちは日頃『恩』に感謝し報いているでしょうか。

 仏教は「恩の宗教」ともいわれています。人間の評価も、どれだけ恩を知らされているかの「知恩」、どれだけ恩を感じているかの「感恩」、どれだけ恩に報いようとしているかの「報恩」などがあります。また恩を忘れる「忘恩」や恩に背く「背恩」、更には恩を仇で返すなどの「逆恩」などといった背徳もあります。

 私たち人の生活はこの恩なくしては成り立ちません。日本人はその恩を「情」という言葉に置き換えました。それが日本人の礼儀作法などの『和法』となりました。

                                                   合掌

   恩を知るは大悲の本なり、
   善業を開く初門なり。
   恩を知らざるものは畜生よりも
   甚だし   

              釈迦


 恩知らずは犬ネコ畜生にも劣ります。私たちのよく知る昔話や説話にも、動物の恩返しを描いた「報恩譚」が多く見られます。

 人として「ご恩を感ずる心」を失っては「畜生にも劣る」というものでしょう。

 今年お世話になった人々に、感謝の気持ちを今年中に返してみませんか。


如来の大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし

(阿弥陀如来の洪恩は、身を粉にしても報い切れない。その弥陀の大悲を伝えてくだされた方々のご恩も、骨を砕いても済みませぬ。)

        (親鸞聖人・恩徳讃)

                                                 釈 正輪 拜

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【釈正輪メルマガ12月16日号】日々是好日


(2014/12/16配信)

【盲亀浮木の譬喩】
 
 師走も中頃となり、なにやら忙しく感じられる今日この頃ですが、日本列島は寒波の真っ只中。御見舞い申し上げます。
 
 さて十三日は正月の事始めの日でした。新年を迎える支度をするために、寺院では先ず煤払いから始めます。一年の汚れを落とし、穢れを浄める大掃除をします。皆さんの年末年始はお歳暮や年賀状など、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える機会が多くあることでしょう。
 
 ところで心から感謝を述べることを仏教では『心施』と言います。お釈迦さまが勧められる布施行の一つです。「ありがとう」は、「有り難う(有ることが難しい)」と書き、本来は「めったにない」の意味です。
 
 欲深い私たちが、他人にものを差し上げたり、親切にするのは大変難しいことです。そんな為し難い「善」を私たちのためにしてくださった、という感謝の言葉に転じたのです。
 
 そのような有り難いことは世の中にいろいろありますが、中でも稀なことは、「生まれ難い人間に生まれたことである」とお釈迦さまは、こんな喩え話で教えてくれています。
 
「大海の底に1匹の目の見えない亀がいる。その亀は百年に一度、海上に浮かびあがるのだ。広い海には浮木が流れていて、浮木の真ん中に一つの穴がある。盲亀が百年に一度浮かび上がった拍子に、丁度浮木の穴に頭を突っ込むことがあるだろうか」と尋ねられた。
 
 阿難という弟子が、「そんなことは毛頭考えられません」と答えると、お釈迦さまはこのように言われました。「誰でもそんなことは有り得ないと思うだろう。だが、何億兆年永い間には絶対に無いとは誰も言い切れないだろう。人間に生まれるということは、この喩えよりも有り得ない、ありがたいことなのだ」。
 
 これは『盲亀浮木の譬喩』といわれる有名なお話しです。
 
 私たちは、せっかく受け難き人身を受けながら、当然のように生きて、命を粗末にする人がいかに多いことでしょう。人生を心から喜べないのは、人間に生まれねば果たせぬ大事な目的があることを知らないからです。
 
                                           合掌
 
  人身受け難し、今已に受く。
  仏法聞き難し、今已に聞く。
  この身今生に向って度せずんば、さらにいずれに向ってこの身を度せん。
 
                                    釈迦


 
『人間に生まれて良かった。』と思えるまで、どうか皆さん真の仏法をお聴き頂きたいと願います。
 
                                             釈 正輪 九拜
 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【釈正輪メルマガ12月9日号】日々是好日


(2014/12/9配信)


【貧者の一灯】
 
 大雪(たいせつ)の候。
昔の日本人はよく知っていました。ふとした瞬間の新しい季節の訪れを。
 
 それを春夏秋冬の四季の他に、二十四の気という季節に分類し、更にそれを七十二もの候に分て、季節の移ろいを表現しました。
 
 二十四節気の中で、小雪の次は大雪です。大雪とはいよいよ本格的に雪が降り出すころを言いますが、何と大雪に入るやいなや、日本上空付近の偏西風の北側にある寒気が、偏西風が南に蛇行したことで、一気に寒気が南下し、とても強い冬型の気圧配置となり、東北や西日本の日本海沿岸部では大雪となり、一部地域では甚大な被害も出ています。
 
                                                    合掌
 
 

私の幼少期には雪は静かに降って来たものですが、昨今ではいきなりの豪雪です。ゆっくり雪化粧や雪景色を楽しむなどといった、情緒は感じられなくなりました。
 
 皆さんは雪の結晶を見たことがありますか。雪の結晶はまるで華のようです。「雪の花、六華(りっか)、銀花」と昔の人は呼んでいました。また降り積もった一面の雪景色を眺める雪見は、江戸時代の粋な人に好まれたそうです。
 
 木やポストの上にちょこんと積もった雪を冠雪といい、木の枝から雪が滑り落ちることを垂雪(しずりゆき)といいます。


 
   雪の日も小窓をあけてこのひとと
   光をゆでる暮らしをします
 
              雪舟えま


   
 ところで後二週間もするとクリスマスです。街では早くもイルミネーションが飾られています。私はこの時期になるとアンデルセンの「マッチ売りの少女」やウィーダの「フランダースの犬」を思いだします。何れも誰もが知っている、幼い貧しい少女と少年のお話です。悲しい事に彼等の最後は、「幸せな笑顔」で亡くなって逝くのですが、如何にも「イエスの死」を彷彿させる結末です。
 
 仏教には之と対比する話しがあります。お釈迦さまの時代に、ナンダという貧しい女性がいました。彼女は乞食(こつじき)しながら命をつないでいました。 
 ある日、町の人々がお釈迦さまに灯を布施するのを見てこう思いました。みんなは仏さまに布施をして仏縁を深めているのに、貧しさ故に自分は出来ない。そこでナンダは、自身の為ではなく、お釈迦さまへの布施のために乞食しますが、なかなか誰も恵んでなどくれません。
 
 やっと1人の慈悲深い人からわずかなお金を恵んでもらい油屋に急ぎました。しかしナンダのお金では一灯分にもなりませんでした。無理を承知で懇願するナンダに店主は尋ねました。
 
 彼女は言いました。「ほんの少しでもお釈迦さまに灯を布施をさせて頂きたいからです」と。ナンダの尊志に感動した店主は、足りない分を自分が布施をし、ナンダに油を分けたのでした。そしてナンダは一灯を寄進することがでました。
 
 貧者の一灯ではありましたが、その灯火は万灯の中でひときわ明るく燃えていたといいます。翌朝、仏弟子の目蓮が消そうとしますがどうしても消えません。 
 お釈迦さまは言われました。「おまえの力ではあの火を消すことは出来ない。たとえ大海の水を注ごうとしても燃え続けるであろう。なぜなら、あの灯は海よりも広大な布施の心から灯されたものであるからだ」と。
 
 年末になり街頭募金も活発になります。私たちは生活に苦しむ人に、まとまった義援金を出さなければならないと、つい思ってしまいますが、少年少女が欲しい物を我慢し節約し、毎月のお小遣いを精一杯貯めて集めた、五百円や千円の布施する心が何よりも大事であることを、よく知っていただきたいと思います。
 
                                                   釈 正輪 九拜
 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。